« ヤクルト、初のファイナルへ!竜に雪辱なるか。 | トップページ | オレ竜の集大成。2年連続の日本シリーズ進出へ。 »

2011年11月 5日 (土)

ホークス全勝でCS突破。8年ぶりの日本一ダ!

プロ野球クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージ(6試合制)は5日行われ、パ・リーグ第3戦(ヤフードーム)はソフトバンクが西武に延長12回、2-1でサヨナラ勝ち。アドバンテージの1勝を含め無傷の4勝とし、日本一に輝いた03年以来8年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。2試合で先制打を放った内川が最優秀選手に選ばれた。

第1戦 ソフトバンク○4-2●西武(ヤフードーム) 勝利打点:内川
ソフトバンクが逃げ切った。3回2死1,3塁で内川がライトオーバーの3塁打で2点先行。6回に多村の3塁線へのタイムリー内野安打で一挙に2点を加えた。和田が低めを突いて7回1失点と好投し、ファルケンボーグ、馬原の継投で反撃をしのいだ。西武は帆足、救援の岡本篤の出来がいまひとつ。7回に中村のソロ、8回に秋山の3塁打などで2点差に追い上げたが、及ばなかった。 

第2戦 ソフトバンク○7-2●西武(ヤフードーム) 勝利打点:松田
ソフトバンクは初回、内川の2塁打で先制。2回に逆転されたが、6回にカブレラの犠飛と松田のソロで再びリード。1点リードの8回には代わった牧田から松中の代打満塁本塁打で突き放した。攝津が7回まで2失点と好投したのも大きかった。西武は2回無死1,3塁から浅村の内野ゴロと大崎のタイムリーで一度は逆転したが、岸が粘れず。8回1死3塁のチャンスを逃したのも響いた。 

第3戦 ソフトバンク○2x-1●西武(ヤフードーム) 勝利打点:長谷川
ソフトバンクが3連勝。1-1の延長12回、福田の2塁打と敬遠で無死1,2塁とし、長谷川がサヨナラ打を放った。杉内と涌井の投手戦で9回までは無得点。西武は10回に中村、フェルナンデスの連続2塁打で待望の1点を取り、杉内が涙の降板。その裏、2死から長谷川の2塁打で同点に追い付き、降板の涌井も泣き崩れた。12回表終了時、ホークスの引き分け以上が決まりCS突破が決定。さすがに12回ウラのライオンズは気持ちが切れたか。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« ヤクルト、初のファイナルへ!竜に雪辱なるか。 | トップページ | オレ竜の集大成。2年連続の日本シリーズ進出へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホークス全勝でCS突破。8年ぶりの日本一ダ!:

« ヤクルト、初のファイナルへ!竜に雪辱なるか。 | トップページ | オレ竜の集大成。2年連続の日本シリーズ進出へ。 »