« スタン、10戦ぶりの勝利!3差でG直接対決へ。 | トップページ | メッセ、力投の9回途中で無念の降板。サヨナラ負け。 »

2011年10月10日 (月)

能見、中4日でG倒&10勝!逆転勝利であと2差!

20111010 巨人●3-6○阪神(東京ドーム) 勝利打点:新井⑫

BS日テレで完全中継。今日の先発は能見(中4日)、巨人・西村健。3ゲーム差で迎えたCS攻防戦。初回、柴田が三振ながら12球粘り。2回、2死1,3塁のピンチをしのぐと、両先発の投手戦に。ラミレスの右中間フェンス際、柴田のダイビングキャッチも。

5回、能見をよく打っている谷、脇谷の連打で1死1,3塁とされると・・・西村のセーフティスクイズの間にジャイアンツ先制。2死2塁と形が変わり、坂本敬遠で追加点は許さず。ここで高橋由を下げてきました。すると6回、1死から平野がチーム初ヒット。2死2塁から鳥谷が右中間オーバーのタイムリー2塁打で同点!さらに新井も詰まりながらレフト前へ落とすタイムリーで勝ち越し!

7回、小宮山の送りバントで1塁ベースカバーの寺内が落球。この後、代打・上本のバントが決まって1死2,3塁とすると、左の高木にスイッチ。ここで平野がサード後方へ落とす2点タイムリーで4-1!そのウラ、福原が前日の勢いを買われましたが、痛打の連続。それでも鳥谷のうまい打球処理、平野の連続ファインプレーで無失点。

8回、マートンが球団新の29試合連続ヒット。俊介が送り1死2,3塁として、代打・桧山が空振り三振。それでも代打・関本がライト前へ2点タイムリー!6-1となり、渡辺がマウンドに上がりますが・・・四球とヒットで無死1,2塁になり、たまらず榎田にスイッチ。満塁に広がり、フルカウントからラミレスの犠牲フライで1点。さらに代打・矢野のタイムリーで6-3。またも球児8回投入が近づきましたが、谷、脇谷を打ち取り。

9回は球児。3連投のせいか今日は空振りをとれず、ほとんど140キロ中盤で苦労しましたが・・・3人で抑えてゲームセット。江夏豊氏の通算193セーブに並びました。能見は2年ぶりの10勝到達。

「トーナメントの気持ちで一戦一戦がんばります」 by 新井
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 鳥谷 柴田 関本 能見 藤川
新井
ブラゼル 福原
マートン 小宮山 俊介 上本 榎田
金本 大和 藤井
桧山 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは●。【G】⇔2差⇔【T】⇔8差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「12」。(残り13試合) もしよければ1クリックお願いします。

|

« スタン、10戦ぶりの勝利!3差でG直接対決へ。 | トップページ | メッセ、力投の9回途中で無念の降板。サヨナラ負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/52960061

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、中4日でG倒&10勝!逆転勝利であと2差!:

« スタン、10戦ぶりの勝利!3差でG直接対決へ。 | トップページ | メッセ、力投の9回途中で無念の降板。サヨナラ負け。 »