« 大和、チェンキラー発揮。4連敗でCS争いは不穏に。 | トップページ | 岩田、8回続投も12敗め。ミス多発で自力V消滅。 »

2011年9月14日 (水)

大和、2出塁からの逆転劇!連敗4で止め再出発!

20110914 阪神○3-2●中日(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑧

サン→ABC→サンのリレー中継、BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、中日・山井。昇格したを初のセンター起用。初回、ブランコのレフトフェンス直撃のシングルがタイムリーとなり、ドラゴンズ先制。3回、能見自らヒットで出塁すると、平野はセーフティ気味のバント。ただこの後、大和が初球内野フライで無得点。

5回、平田が強引に高めを引っ張った当たりで、目測を誤った柴田が落球。普段とは違いレフトの守備のせいもあったのか、神宮での悲劇を再び思い出しました。しかも山井のタイムリーで2点め。鳥谷のファインプレーで後続を抑えると、そのウラ、2死2塁で平野がレフト前ヒットを放ちますが、一気にホームを狙った藤井がタッチアウト。

6回、先頭・大和が振り逃げで出塁。1死2,3塁からマートンがピッチャー強襲。強い当たりがライト前へ抜けていく2点タイムリーで一気に同点!(次、桧山が用意してましたが、同点になりベンチへ)。7回、先頭・藤井が今日2本めのヒットで出塁しますが・・・代打・俊介がバント失敗の後、空振り三振&盗塁失敗のダブルプレー。

8回、連投の渡辺がストライクゾーンの隅をつく投球で無失点。そのウラ、先頭・大和が7球粘って四球を出した所でドラゴンズは左の小林正にスイッチ。牽制で誘い出されたように見えましたが、1塁送球が悪送球となり、一気に3塁へ。ここで鳥谷がレフトへ犠牲フライを放ち、タイガースが勝ち越しに成功!

1点リードの9回、中7日の球児がストレート勝負で三者凡退。序盤は勝てそうな雰囲気がなかったですが、連敗を4で止めました。

「マイドオオキニ!(1000試合連続の鳥谷は)Captain&Machine」 by マートン
「まだまだ諦めてないし、これからという意味で連敗を止めれて良かった」 by 鳥谷
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 能見 渡辺 藤川
大和 マートン
 
平野 藤井
 
新井  俊介 柴田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○。【S】⇔6差⇔【D】⇔0.5差⇔【G】⇔1.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「26」。

14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 坂克彦内野手(緊急昇格。内外野で出場チャンスをうかがいたい。)
OUT 関本賢太郎内野手(強い腰の張りを訴える。連日の出場が響いたか。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 大和、チェンキラー発揮。4連敗でCS争いは不穏に。 | トップページ | 岩田、8回続投も12敗め。ミス多発で自力V消滅。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/52730738

この記事へのトラックバック一覧です: 大和、2出塁からの逆転劇!連敗4で止め再出発!:

» 相手のミスに乗じて連敗脱出 [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
関本が急性の腰痛で登録抹消。この時期に勝負強い選手が離脱するのは痛い。 [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 07:04

« 大和、チェンキラー発揮。4連敗でCS争いは不穏に。 | トップページ | 岩田、8回続投も12敗め。ミス多発で自力V消滅。 »