« 能見、11被安打でKO。待たれる新井の復活。 | トップページ | 豪雨の強行開催が裏目。秋は村田1人にやられる。 »

2011年9月 1日 (木)

関本、初4番で結果。新井の一打で3点差追い付く。

20110901 中日△3-3△阪神(ナゴヤドーム

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、中日・ソト。不振の新井がついに7番降格で、代役4番にはなんと関本。試合前のミーティングで伝えられ、プロ15年目で初の経験で全打順を制覇。初回、ヒットで出塁した大和が盗塁失敗。流れを作れず、投手戦に。

6回、1死からヒットで出た平野が牽制で誘い出されてタッチアウト。前回対戦でも同じような場面が。再三のピンチで粘っていたスタンリッジですが、フルカウントから平田のハーフスイングがボールとなり、三振ゲッツーのはずがピンチ拡大。ドーピングでけん責処分を受けた(目薬)井端が7番でキーになり、送りバントで1死2,3塁。ここで代打・野本がライト線へ2点2塁打。ドラゴンズが先制すると、荒木のタイムリーで3点め。

7回、全く打てないソトから先頭・鳥谷がレフトフェンス直撃の2塁打。そして新4番の関本がタイムリーで結果。右の鈴木にスイッチし、無死1,2塁で狩野のバントでオールセーフ。満塁で新井がライト前タイムリーで1点差!ついに浅尾を引きずり出しましたが、代打・桧山がピーゴロ併殺。

1点差の9回、岩瀬がマウンドへ。先頭・狩野が左中間への2塁打で出塁すると、7番降格の新井がサードの頭を越すレフト線タイムリーで同点!1死後、途中出場の小宮山がサードゴロ。代役キャッチャーもおらず、荷が重いかと思いましたが・・・ブランコが1塁送球を後逸し、2,3塁のチャンス。ここで平野のボテボテピーゴロに突っ込んだ新井がホーム憤死。(ベンチに俊介が残っていただけにもったいない。)

最終回は球児が珍しくカーブを多投。3人で抑えてドロー。良く追い付いた!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 関本 新井 藤川
狩野 渡辺
上本
スタンリッジ 榎田
小宮山 俊介
平野 大和 マートン 藤井 柴田 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○で3ゲーム差に拡大。【S】⇔2差⇔【G】⇔1差⇔【T】【D】
CSクリンチナンバーは「32」。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、11被安打でKO。待たれる新井の復活。 | トップページ | 豪雨の強行開催が裏目。秋は村田1人にやられる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/52635704

この記事へのトラックバック一覧です: 関本、初4番で結果。新井の一打で3点差追い付く。:

» ナゴド最終戦、辛うじて引き分けに持ち込む [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
とうとう首脳陣もしびれを切らしたのか、新井を7番に降格。そして、関本がプロ入り初の4番に座った。新井をプレッシャーのかからないところで打たせるのはいいが、関本の4番には唖然とした。しかし、この起用が成功するんやから、判らんもんやね。... [続きを読む]

受信: 2011年9月 3日 (土) 13:01

« 能見、11被安打でKO。待たれる新井の復活。 | トップページ | 豪雨の強行開催が裏目。秋は村田1人にやられる。 »