« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

球児、12日ぶり登板。前を向いてやるのが使命!

20110930阪神○3-1●中日(甲子園) 勝利打点:新井⑩

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中5日)、中日・ネルソン。いわゆる「矢野デー」からちょうど1年。出したかった、でも出せなかった・・・あの日から1年。昨日に引き続き小宮山がスタメンマスク。序盤は0-0の投手戦。

4回、先頭・鳥谷の打球を井端が弾いて出塁すると、続く新井への初球が顔面付近へのブラッシュボール。これで怒ったか2球めをフルスイングしての先制15号2ラン!さらにブラゼルも初球、バックスクリーンへ放り込んでの11号で3点先行。

5回、和田がチーム初ヒットとなる3塁打を放ち、内野ゴロの間に1点。正念場は6回。ネルソンにヒットを許すと、ここから2死満塁のピンチ。絶好調の谷繁でしたが、インコース勝負がズバッと決まっての見逃し三振!岩田もガッツポーズ。

岩田が7回まで投げぬき、8回は榎田藤井のバッテリーにスイッチ。いきなり荒木を四球で出し、井端には9球粘られながらファウルフライ。苦しいマウンドでしたが、井端の盗塁を刺してピンチ脱出。

2点リードの9回は球児。中11日とかなり間隔が空いたマウンドでしたが、3人で抑えてゲームセット。ブランコの痛烈なサードゴロを大和が弾きましたが、転がった所にいた鳥谷が踏ん張っての1塁送球を決める超ファインプレー!

「ファームから一緒にやってきた仲なので、今日はコミに助けられました」 by 岩田
「皆さんの底力はこんなもんじゃないと思ってるので頑張りましょう!」 by 球児
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
岩田 藤川
新井 ブラゼル 榎田
マートン 小宮山
平野 柴田 鳥谷 藤井
金本 大和 上本
浅井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは○。【G】⇔4差⇔【T】⇔3.5差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「21」。(残り22試合)

30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小林宏投手(勝ちパターン復帰へ。先発テストはないか。)
OUT 小嶋達也投手(首脳陣期待の左腕も制球定まらず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年9月29日 (木)

能見、8回に力尽きる。神宮で痛い3連続逆転負け。

20110929 ヤクルト○7-4●阪神(神宮) 勝利打点:川端

BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、ヤクルト・館山。初回、2死1,2塁からバレンティンが抜けた変化球を見逃さず、レフトスタンドへ30号先制3ラン。いきなり重い展開に。

右手の血行障害を抱える館山の前に、一巡目はパーフェクトに抑えられました。5回、1死1塁から金本がライトスタンドへの2ランで1点差まで反撃。6回、2死1塁から鳥谷が左中間オーバー。エンドランがかかっており、一気に柴田が1塁からホームインし、3-3の同点!さらに2死後、ブラゼルが高々と打ち上げて、レフト線へポトリと落とすタイムリーでついに逆転に成功!

8回、2死から新井の左中間へのヒットで1,3塁のチャンスを作った所で、館山が降板。代わった押本にブラゼルがピッチャーゴロ。打った瞬間、ひざのバランスを崩して走ることができませんでした。

2回以降、立て直してきた能見ですが・・・8回も続投。先頭の代打・川島慶にフルカウントから四球を出すと、田中浩が今日3個めのバントが決まり1死2,3塁。ここで川端に1塁線を破る2点タイムリーを許し逆転。渡辺にスイッチしましたが、バレンティンに犠牲フライ、宮本にもタイムリーを許してしまい・・・この回計4失点。3連続逆転負け、力尽きました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 金本
 
柴田 ブラゼル
平野 新井 マートン 大和 浅井 桧山 能見
小宮山 林威助 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは●。【G】⇔4差⇔【T】⇔2.5差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「22」。(残り23試合) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

秋山、初登板で落とし穴。対ツバメ5連敗で秋風。

20110928 ヤクルト○8-5●阪神(神宮) 勝利打点:バレンティン

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山(初登板)、ヤクルト・七條。9月末でようやく秋山が開幕。2回、秋山自らのヒットを含む3安打で満塁としながら、平野がショートフライで無得点。そのウラ、1死2,3塁のピンチから2死めを取って満塁策に出ましたが、七條のピッチャー前フライを藤井が落球し、この間に2点先制。

3回、無死1,2塁から新井が真ん中のスライダーをレフトスタンドへ放り込む逆転3ラン!通算250号でタイガースがひっくり返しました。サイドスローの七條を攻略し、代わった一場も制球バラバラでしたが、追加点は取れず。

中盤まで4四球と苦しんだ秋山ですが、少しテークバックの所が変わった印象。スライダーの制球がイマイチでしたが、周りの守備にも助けられました。5回はハーフバウンドを新井がうまく処理すると、ライナー性の当たりには鳥谷がダイビングキャッチ!ただ6回続投が裏目に。いきなり畠山に四球を出すと、バレンティンに特大の逆転2ラン。105球でKO。

代わった藤原(8試合連続登板)が相川にタイムリー2塁打、青木に2点3塁打を許してしまい・・・ワンサイド。一挙6点のビッグイニングで3-8と大差に。8回、スワローズ・松岡から2死満塁で柴田が空振り三振・・・と思いきや、振り逃げで1塁に走っている頭に送球が当たって、この間に2得点。流れが来そうでしたが、鳥谷がミスショット。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井
マートン 柴田 鳥谷 筒井
小嶋
平野 ブラゼル 秋山 西村
林威助 小宮山 浅井
金本 藤井 桧山 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは○。【G】⇔4差⇔【T】⇔2.5差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「23」。(残り24試合)

28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(ようやく開幕。今年も救世主になれるか?)
OUT スタンリッジ投手(7月から白星なし。最近はゲームも作れず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

重かった3回の3失点。チャンスで内海を攻略できず。

20110925 阪神●2-4○巨人(甲子園) 勝利打点:藤村

BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・内海。左の先発とあってか、昨日お立ち台の柴田はベンチスタートで浅井を起用。

立ち上がり、3連続三振でスタートしたメッセンジャーですが・・・3回に試練。先頭・橋本の1塁線、判断の迷うようなボテボテの内野安打。1死1,3塁から藤村のセンター前タイムリーでジャイアンツ先制。阿部の特大犠牲フライとフィールズにまでライト前タイムリーを許し、いきなり3失点。

内海と相性の良い金本はやはり2打数2安打。ただ得点には結びつかず。5回、1死2塁のチャンスで早くもメッセンジャーに代打・関本投入も無得点。6回、2死1,2塁からマートンがセンター前タイムリーを放ち、ようやく1点。

直後の7回、先頭・古城のショートゴロを鳥谷がバウンドあわずファンブル。これで藤原のリズムが崩れたか、続く代打・矢野に痛烈な2塁打(新井のトンネルにも見えました・・・)。1死2,3塁となった所で3連投の渡辺にスイッチしましたが・・・坂本にタイムリーを許し、痛い4点め。

8回、山口から新井ブラゼルの連打。2死1,2塁で金本がレフト前へポトリと落とすタイムリーで反撃しますが、一気に3塁を狙ったブラゼルがタッチアウト。反撃ムードが止まりました。最終回、抑えの久保相手に代打・柴田が粘ってヒットを放つも得点できず。1勝1敗1分とこの3連戦、ゲーム差をつめれず。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本
 
新井 平野 柴田 西村 榎田
藤井 藤原 渡辺
マートン 鳥谷 ブラゼル 上本 林威助 メッセンジャー
浅井 関本 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

柴田、一振り3打点で東野KO!新井がダメ押し。

20110924 阪神○9-4●巨人(甲子園) 勝利打点:ブラゼル⑥

よみうりTVで8回表まで中継。今日の先発は岩田(中8日)、巨人・東野。2回、無死1,3塁の大ピンチをしのぐと、そのウラにビッグイニング!新井の3塁打の後、ブラゼルが犠牲フライを放ち、タイガース先制!さらにマートンの一発が飛び出し、この後、2死満塁から柴田が右中間オーバーの3点3塁打!プロ初タイムリーで一挙5点で東野KO。

ただ岩田もピリッとせず。3回、1死2,3塁から長野の内野ゴロ、阿部のタイムリーで2失点。さらに4回、1死1,3塁から代打・谷の犠牲フライで1点。続く坂本のレフト前ヒットで1,3塁とされると、ここでジャイアンツがダブルスチール。藤井の2塁送球にカバーが誰もおらず・・・ホームインでもう1点差となり、渡辺にスイッチ。この回のピンチを切り抜けると、6回途中まで3イニングにまたがっての好リリーフ!

5-4の6回、ジャイアンツ3番手・小野から、平野柴田の連打。鳥谷の四球で1死満塁とすると、ここで新井がセンターオーバーの2点2塁打!続くブラゼルがセンター前へポトリと落とす2点タイムリー!この2本のタイムリーでダメ押し!長野のとんでもないバックホームもありました。

点差が5点に開き、7回からは福原筒井西村が1イニングずつ。5-0から負けそうなゲームでしたが、何とか取ってこのカード1勝1分。明日につなぎました。

「皆さんには迷惑をかけてます」 by 柴田
「(1~3番が)チャンスを作ってくれるので、何とかしたいと思った」 by 新井
「(5勝めは)自分へのご褒美だと思って受け止めています」 by 渡辺
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
柴田 ブラゼル 平野 新井 渡辺
藤原 西村
鳥谷
マートン 大和 福原
金本 林威助 上本 浅井 筒井
藤井 岩田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは●。【G】⇔1差⇔【T】⇔4差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「23」。

24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 関本賢太郎内野手(腰の強い張りからの復帰。まずは代打から。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月23日 (金)

鳥谷の存在感。土壇場の同点打で3割到達。

20110923 阪神△4-4△巨人(甲子園

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発は能見(中8日)、巨人・西村。2ゲーム差で迎えた3位攻防。3回、金本がフェンス金網に当てる3塁打で無死3塁のチャンスながら、無得点。

4回、1死満塁でフィールズが初球のチェンジアップ、ボール球でしたが右中間に落とす2点タイムリーでジャイアンツ先制。ただ矢野のセーフティスクイズに3塁・ラミレスが反応せず。そのウラ、新井の左中間へのフライをラミレスが落球も2死2,3塁のチャンスを活かせず。すると5回、2死3塁から阿部がレフトフェンス直撃の2塁打で3点め。2巡めにとらえられた能見は5回で降板。

6回、ブラゼルのゲッツーコースの当たりを坂本が後逸。1死1,3塁となり、マートンがセンター前タイムリーでようやく1点。ここで早くも山口を投入したジャイアンツ。金本、代打・上本は連続三振。7回も続投し、アウト5つのうち4つが三振という手の付けられない状態。

1-3の8回、榎田ではなく筒井投入が裏目に。1死1,3塁でフィールズが詰まりながらセンター前へ。途中出場の浅井のダイブもわずかに及ばず、決定的な4点め。ただ矢野のライト線へのフライに2塁・阿部が飛び出しゲッツー!そのウラ、先頭・鳥谷の3塁打から新井のタイムリーとマートンのタイムリーで1点差。早めの山口投入もあり、アルバラデホでは役不足で、抑えの久保を引きずり出しましたが、金本と途中出場の小宮山が連続三振。

2011092329回、1死から平野のヒットで代走・大和を投入。ここで久保が乱れたか代打・桧山がストレートの四球。1,2塁で鳥谷がセンター前タイムリーを放ち同点!打率を3割に乗せました。ただ新井のライトフライで2死後、2塁ランナーに代走・西村去年は外野守備も経験)を送りますが、ブラゼルが初球センターフライでゲームセット。

よく追い付きましたが・・・3回以降はチャンスの連続。選手起用も少し気になりました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷
マートン 渡辺
新井 桧山
平野 大和 藤原 福原
金本 藤井 林威助 西村 能見 榎田
ブラゼル 柴田 小宮山 浅井 新井良 上本 筒井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは△。【G】⇔2差⇔【T】⇔4差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「24」。

22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 狩野恵輔外野手(腰の張りを訴えて抹消。復帰した所なのに再発か。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年9月19日 (月)

スタン炎上。スミ4からの逆転負け。21安打で大敗。

20110919_2 広島○12-4●阪神(マツダ) 勝利打点:バーデン

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中5日)、広島・福井。初回、2死1,2塁からブラゼルのライト前タイムリーで先制すると、続くマートンが10号3ラン!一気に4点を先制しましたが・・・そのウラ、スタンリッジが乱調。いきなりの3連打で1失点と、栗原のゲッツーの間に1点。ランナーがなくなった後、また2,3塁のピンチでしたが、切り抜け。

3回、ヒット3本で2死満塁のチャンスでしたが無得点。そのウラ、2死1,3塁から赤松がピッチャー強襲のタイムリー内野安打。ショートゴロになりそうでしたが、右手で捕りにいき弾いたスタンリッジがここで降板。スクランブルで上がった小嶋が連続四球で押し出し。4-4の同点で、早くも渡辺が上がりますが・・・代打・バーデンがレフト前へ2点タイムリー。東出にも右中間へタイムリー2塁打を許し、一挙5点で4-7。

4回以降、カープ2番手・今村のロングリリーフが決まり、打線が封じ込まれました。5回、2イニングめの藤原が2死1,3塁から木村のタイムリー2塁打とマートンの悪送球が絡んで2失点。さらに松山のセンターオーバーとなるタイムリー3塁打(柴田が背走でグラブに当てましたが・・・)で10点め。

6回から筒井が今季初登板。金本のエラーこそありましたが、2イニングを無失点。MAX151キロは今までなかった。8回、西村がマウンドへ。先頭・丸が2塁打で出塁すると、松本にタイムリー、迎にもタイムリーを許して2失点。カープ21安打の猛攻で大敗。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷
マートン ブラゼル
 
藤井 小宮山 上本 筒井
平野 林威助 浅井
金本 新井 柴田 桧山 スタンリッジ 小嶋 渡辺 藤原 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは●。【G】⇔1.5差⇔【T】⇔3差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「24」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

生観戦。ズムスタで金本連発!終盤はヒヤヒヤ。

20110918 広島●3-6○阪神(マツダ) 勝利打点:金本⑥

サンテレビで完全中継。今季6度めの生観戦&広島遠征でした。先発はメッセンジャー(中6日)、広島・バリントン。初回、柴田がバント失敗と牽制で2度誘い出される散々。しかし2回、金本が打った瞬間とわかる2ランで10号到達。7試合ぶりにタイガース先制!(エンドランがかかってました)

4回、無死1,3塁の大ピンチをしのぐと・・・5回、今度はカーブをライトスタンドへ放りこんだ金本。43歳では史上初の2打席連発!そのウラ、石井琢の3塁打、石原のボテボテ内野ゴロで1点。逆に6回、先頭・鳥谷のヒット&盗塁から、ブラゼルの復帰後初タイムリーで4-1。

6回、2死2,3塁から廣瀬に2点2塁打を許した所でメッセ降板。ここでベンチは藤原投入。石井琢にセンター前ヒットを許し・・・間に合わないと思いましたが、柴田のバックホームが見事に決まり、タッチアウト!すると7回、藤井がセンターオーバーの3塁打!無死1,3塁から平野柴田の連続犠牲フライで6-3。

7回、渡辺も1死2,3塁のピンチを作って降板し、ピンチで榎田登場。代打・赤松をピッチャーゴロで三本間に挟み、ピンチ脱出!リードの場面では久しぶりに8回まで4打席立った金本は敬遠され、お役御免。イニングをまたがせず、福原投入が誤算。カーブを使わず、連打と死球で無死満塁の大ピンチ。ここで石井琢のレフトフライで、浅井鳥谷藤井の中継が決まり、今日2回めの“男前”ブロック!

9回、代打・桧山がヒットで出塁しますが・・・代走・狩野が飛び出してしまい牽制タッチアウト。今日はエンドランのサインも多かったですが、飛び出す場面が4回くらい見られました。最終回は球児、雨が降る中で三者凡退に抑えてゲームセット!

「勝つためのホームランってのが良かった。勝ち続けるだけです」 by 金本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 鳥谷 藤井 榎田 藤川
柴田
ブラゼル 浅井 上本 林威助 桧山 メッセンジャー
平野 大和
新井 マートン 福原
狩野 藤原 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位ジャイアンツは○。【G】⇔1.5差⇔【T】⇔4差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「25」。

18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 筒井和也投手(由宇から緊急合流。ロングリリーフ要員。)
OUT 久保康友投手(10日で戻ればスワローズ戦。復活なるか。) もしよければ1クリックお願いします。

Rimg0300

Rimg0319

Rimg0327

Rimg0333

Rimg0339

Rimg0343

Rimg0351

Rimg0353

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月17日 (土)

久保、6連打で1回KO。3戦連続KOで泥沼化。

20110917広島○5-1●阪神(マツダ) 勝利打点:栗原

毎日放送で完全中継。今日の先発は久保(中6日)、広島・前田健。雨で試合開始が30分遅れました。故障明けのブラゼルが6番ではなく、5番で先発出場。金本も4試合ぶりにスタメン。初回、2死1,3塁のチャンスでしたが、ブラゼルがサードファウルフライ。

そのウラ、2死からまさかの6連打をくらった久保。栗原の先制タイムリーと廣瀬に右中間オーバー2塁打、丸にもタイムリーを浴び、初回から4失点。ここで真弓監督が動き、2回の守備からバッテリーごと交代。久保も3連続KO、藤井もリードに悩みだし、試合を諦めたようにも見えました。いきなり小嶋が先頭・東出にヒットを許すと、バーデンにはカウント3-0から、右中間オーバーのタイムリーで5点め。

小嶋も持ち直して、途中4者連続三振を含むピッチング。3イニング投げて次第にストレートも走ってきた印象。5回からは西村が2イニング、藤原が2イニング。いずれも無失点でつなぎました。終盤、センター大和、キャッチャー狩野と新しい布陣もテスト。

9回、鳥谷がライトスタンドへの4号ソロで一矢。復帰戦のブラゼルも4打数ノーヒットとまだ本調子ではないようで、流れが明らかに悪くなってきました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 西村
藤原
柴田 小嶋
平野 マートン 新井 狩野 浅井 大和 林威助 桧山
ブラゼル 金本 藤井 小宮山 久保
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
今日から3位の動向を見ます。ジャイアンツは●。【G】⇔1.5差⇔【T】⇔3差⇔【C】
CSクリンチナンバーは「26」。

17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ブラゼル内野手(1ヶ月ぶりの復帰。故障明けで状態はどうか?)
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 坂克彦内野手(4打席4三振は目立つか。初のセンター守備も。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

岩田、8回続投も12敗め。ミス多発で自力V消滅。

20110915 阪神●1-3○中日(甲子園) 勝利打点:ブランコ

毎日放送で4回ウラから中継。今日の先発は岩田(中5日)、中日・吉見。左のソトという読みもありましたが、レフトは偵察メンバーを入れて、を起用。初回、ブランコのエラーから1死2塁のチャンスを作りましたが、鳥谷新井が凡退で無得点。

4回、1死1,3塁でブランコのファーストゴロ。ゲッツーも取れそうでしたが、新井が1塁ベースを踏んでからバックホーム。ところがバッターランナーのブランコに送球を当ててしまい、転々とする間にドラゴンズ先制。そのウラ、鳥谷のレフト線2塁打でノーアウトのチャンスでしたが、無得点。

5回、無死1塁で平田のバント。大和の猛チャージは良かったのですが、2塁へワンバウンド送球。鳥谷がうまく捕ってベースを踏み直したように見えましたが、塁審は足が離れたと判定しオールセーフ。この後、大島のバントを岩田が1塁悪送球。マートンのカバーも遅れて、2者が還ってしまいました。

0-3となっても、5回の打席に岩田を立たせてベンチは続投。6回から8回まではランナーを出しながら、無失点ピッチング。8回、岩田の代打・金本がライトスタンドへ9号ソロ!最年長の代打ホームランとか。この3連戦はいずれもベンチスタートですが・・・あと1本、なんとか打たせてあげたい。

スワローズが横浜、阪神、広島に3タテしての9連勝。ついにタイガースも自力優勝の可能性が消滅してしまいました。次の広島4連戦の戦い方で今後変わってくるか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本
榎田
 
マートン 鳥谷 岩田
桧山 小宮山 新井良
柴田 平野 大和 新井 林威助 藤井 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ9連勝。【S】⇔6差⇔【D】⇔1.5差⇔【G】⇔1.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「26」。

15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 新井良太内野手(1ヶ月ぶりの昇格。外野でもチャンスあるぞ。)
OUT 俊介外野手(バント失敗など精彩を欠く。巻き返したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月14日 (水)

大和、2出塁からの逆転劇!連敗4で止め再出発!

20110914 阪神○3-2●中日(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑧

サン→ABC→サンのリレー中継、BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、中日・山井。昇格したを初のセンター起用。初回、ブランコのレフトフェンス直撃のシングルがタイムリーとなり、ドラゴンズ先制。3回、能見自らヒットで出塁すると、平野はセーフティ気味のバント。ただこの後、大和が初球内野フライで無得点。

5回、平田が強引に高めを引っ張った当たりで、目測を誤った柴田が落球。普段とは違いレフトの守備のせいもあったのか、神宮での悲劇を再び思い出しました。しかも山井のタイムリーで2点め。鳥谷のファインプレーで後続を抑えると、そのウラ、2死2塁で平野がレフト前ヒットを放ちますが、一気にホームを狙った藤井がタッチアウト。

6回、先頭・大和が振り逃げで出塁。1死2,3塁からマートンがピッチャー強襲。強い当たりがライト前へ抜けていく2点タイムリーで一気に同点!(次、桧山が用意してましたが、同点になりベンチへ)。7回、先頭・藤井が今日2本めのヒットで出塁しますが・・・代打・俊介がバント失敗の後、空振り三振&盗塁失敗のダブルプレー。

8回、連投の渡辺がストライクゾーンの隅をつく投球で無失点。そのウラ、先頭・大和が7球粘って四球を出した所でドラゴンズは左の小林正にスイッチ。牽制で誘い出されたように見えましたが、1塁送球が悪送球となり、一気に3塁へ。ここで鳥谷がレフトへ犠牲フライを放ち、タイガースが勝ち越しに成功!

1点リードの9回、中7日の球児がストレート勝負で三者凡退。序盤は勝てそうな雰囲気がなかったですが、連敗を4で止めました。

「マイドオオキニ!(1000試合連続の鳥谷は)Captain&Machine」 by マートン
「まだまだ諦めてないし、これからという意味で連敗を止めれて良かった」 by 鳥谷
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 能見 渡辺 藤川
大和 マートン
 
平野 藤井
 
新井  俊介 柴田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○。【S】⇔6差⇔【D】⇔0.5差⇔【G】⇔1.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「26」。

14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 坂克彦内野手(緊急昇格。内外野で出場チャンスをうかがいたい。)
OUT 関本賢太郎内野手(強い腰の張りを訴える。連日の出場が響いたか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月13日 (火)

大和、チェンキラー発揮。4連敗でCS争いは不穏に。

20110913 阪神●4-6○中日(甲子園) 勝利打点:井端

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中5日)、中日・チェン。関本が腰痛を訴えて欠場。それでも右をズラッと並べてきました。初回、森野のライトポール際へのタイムリー2塁打でドラゴンズに先制されると、谷繁もタイムリーで2点。そのウラ、新井のタイムリーと1死満塁から狩野のゲッツー崩れの間に同点。

3回、井端の2年ぶりの一発で勝ち越されると、4回には無死2,3塁から大島にレフト前タイムリーを許し、2-4となった所でスタンリッジKO(7月末から勝てない・・・)。代わった渡辺でしたが、2死後、井端のサードゴロ。待って捕った分、バウンドが代わり反射神経の良さで大和が素手でキャッチも、タイムリー内野安打。

そのウラ、チェンもピリッとせず。藤井の31打席ぶりヒットで1死1,2塁とすると、代打・浅井がレフト線へのタイムリー2塁打!2死後、チェンキラーの大和がライト前へポトリと落とすタイムリーで1点差!チェンもここでKO。ゲームが立て直されるかにも見えましたが、5回に代わった福原がいきなりブランコにポールを巻く特大アーチ。この6点めが後で効いてきました。

5回からはチャンスの連続。驚いたのは6回、大和にセーフティバントをさせて2点差ながら2死2塁を作った点か。その後、ボークで3塁まで行きながら鳥谷三振。結果的には中盤以降、小林正、鈴木、三瀬と変則ピッチャーにうまく継投されました。タイガースでは藤原が8回から2イニングを無失点。球に力があり、今後も楽しみに。

4連敗で首位と8ゲーム差。ブラゼルも復帰間近ですが、どこで立て直すのか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
新井 藤原
浅井 大和 金本 桧山 渡辺 小嶋
鳥谷 マートン
上本 藤井 小宮山
平野 狩野 柴田 林威助 俊介 スタンリッジ 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○。【S】⇔5差⇔【D】⇔1.5差⇔【G】⇔1.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「27」。

13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浅井良外野手(右の打てる選手が手薄。今年もスーパーサブになれるか?)
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 森田一成内野手(長打の可能性も、ブラゼル復帰間近も響いたか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年9月11日 (日)

メッセ、決死の中4日も・・・神宮で3連敗。終戦か。

20110911 ヤクルト○4-2●阪神(神宮) 勝利打点:畠山

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、ヤクルト・増渕。3タテだけは阻止したいタイガース。3回、先頭・バレンティンに四球を出すと、相川、増渕の連続バントで2死3塁。ここで青木が初球セーフティの奇策に出ますが、キャッチャーゴロでピンチ脱出。

4回、畠山の痛烈な三塁線への当たりに新井がダイブしますが、2塁送球はオールセーフ。2死後、宮本が追い込まれてから低めのカーブを打ち上げますが・・・金本の猛ダッシュ&ダイブもわずかに届かず。弾く間に1,2塁から2者が還ってしまい、スワローズ先制。さらに満塁で増渕にカウント3-0まで行き、もうヒヤヒヤ。

6回、2死1,2塁から新井がライト線へタイムリー2塁打(ヘッスラ)で反撃。ようやく増渕を降ろしました。1点差の8回、スワローズは左の久古。先頭・平野がヒットで出塁し、柴田の代打・上本がバント成功。ここで鳥谷が外のスライダーをライト前へ弾き返し、同点タイムリー!連続無失点試合記録を「22」で止め、松岡にスイッチ。新井もポテンヒットでつなぎましたが、マートンが痛恨のショートライナー併殺。

そのウラ、榎田がマウンドへ。2死から川端にフルカウントから四球を出すと、畠山に強気の内角勝負でしたが・・・甘く入った所をレフトスタンドへ。小宮山の配球もこれまた勉強なのか。前の回、バレンティンの高々と打ち上げたファールフライに気づかず、反応が遅れて落球したことも。今日はヒット3本で負けました。

カープを3タテし、4ゲーム差で神宮に乗り込みましたが、見事に返り討ちをくらい・・・事実上の終戦。今後の戦い方も変わってくるのか?せめてCS争いには加わって欲しい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 平野 渡辺
新井 上本 林威助 メッセンジャー
柴田
マートン 関本 俊介
金本 森田 藤井 桧山 小宮山 榎田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○で終戦。【S】⇔5差⇔【D】⇔0.5差⇔【G】⇔1.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「28」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

プロ野球スピリッツ5査定(久保裕也)

久保 裕也 背番号:11 背名前:KUBO
所属:読売ジャイアンツ 投手 右投げ(スリークォーター) 右打ち
球速:151km/h スタミナ:D(39) 先発調整力:E(12) 疲労回復力:B(18)

【ストレート】球威:C コントロール:B
【スライダー】球威:C コントロール:C 変化レベル:2
【カットボール】球威:D コントロール:D 変化レベル:2
【スローカーブ】球威:E コントロール:E 変化レベル:2
【フォーク】球威:B コントロール:C 変化レベル:4
【チェンジアップ】球威:E コントロール:D 変化レベル:1
【シュート】球威:F コントロール:E 変化レベル:1

【起用法】抑え 最終回限定● セーブ限定●
【プロスピ顔コード】ELQ IFZ JXP M6L TZL QYG もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(ソト)

エンジェルベルト・ソト 背番号:70 背名前:SOTO
所属:中日ドラゴンズ 投手 左投げ(スリークォーター) 左打ち
球速:147km/h スタミナ:C(41) 先発調整力:D(13) 疲労回復力:D(14)

【ストレート】球威:B コントロール:C
【スラーブ】球威:B コントロール:E 変化レベル:4
【チェンジアップ】球威:D コントロール:D 変化レベル:2
【シュート】球威:F コントロール:F 変化レベル:1

【起用法】先発 6回以上 3~5失点 スタミナ超え-
【プロスピ顔コード】NRM BMW JAS 4CB EGM FYK もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(久古健太郎)

久古 健太郎 背番号:26 背名前:KYUKO
所属:東京ヤクルトスワローズ 投手 左投げ(サイドスロー) 左打ち
球速:148km/h スタミナ:E(30) 先発調整力:F(9) 疲労回復力:C(15)

【ストレート】球威:C コントロール:C
【スライダー】球威:D コントロール:E 変化レベル:3
【カーブ】球威:F コントロール:G 変化レベル:2
【チェンジアップ】球威:D コントロール:D 変化レベル:2
【シュート】球威:E コントロール:F 変化レベル:1

【起用法】リリーフ ~1回 中盤以降● 僅差● 同点● 左右無視-
【プロスピ顔コード】B5O LXJ ZSG 2DE RJD RSC もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(伊志嶺翔大)

伊志嶺 翔大 背番号:5 背名前:ISHIMINE
所属:千葉ロッテマリーンズ 左翼手 右投げ 右打ち
ミート右:C(15) ミート左:F(10) 弾道:4
パワー:D(100) 走力:A(19) スローイング:D(13) 捕球:D(13)
肩力:C(15) 疲労回復力:D(13)
【守備レベル】左D(13) 中D(13) 右D(13)
【起用法】1番(9番) レフト
【プロスピ顔コード】4DN SF4 HKJ EGE CAZ M69 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

久保、ついにツバメに攻略。痛いミスから4位転落。

20110910 ヤクルト○6-2●阪神(神宮) 勝利打点:川端

テレビ大阪で2回ウラから8回表まで中継。今日の先発は久保(中5日)、ヤクルト・石川。3回、1死から平野のヘッスラ内野安打。2死後、鳥谷の技アリ2塁打でつなぎますが、新井が三振。そのウラ、ピッチャー石川にヒットを許すと、今年は抑えていた青木にも連打。1死2,3塁から川端に真ん中のチェンジアップをライトスタンドへ。3ランでスワローズ先制。

4回、マートンの一発で1点を返しますが、そのウラ、1死2,3塁から石川に良い当たりのショートライナー。2死を取った所で真弓監督が動き、バッテリーごと交代(藤井も27打席ノーヒットとか)。代わった小嶋ですが、青木の痛烈なサード正面ゴロを関本が弾きタイムリーエラー。続く田中浩もセンター前へ抜けそうな当たりでしたが、平野が弾いてしまい、タイムリーで5点め。

5回、無死1塁から平野が猛打賞。ライト線への2塁打コースでしたが、強肩バレンティンに刺されてしまいました。2死後、鳥谷のレフト前タイムリーで2-5。そのウラ、畠山の当たりを鳥谷が落球。もうレフト定位置よりも後ろでした(笑)1死満塁で福原にスイッチし、相川の内野ゴロ(平野がファンブルしてゲッツー崩れ)の間に6点め。

石川が5回で降り、6回も無死1,2塁のチャンスでしたが・・・代わった左の日高の前に、代打・狩野小宮山が凡退。この後、藤原が8月23日以来のマウンド。青木には猛打賞となるヒットを許し、手をつけれない状態に。畠山を敬遠して無失点に抑えたのは評価。146キロもマークし、次も見てみたい。

8回、マートンが猛打賞となる2塁打。また代打・桧山が連日のヒットで2死1,3塁としますが、狩野が凡退。ネクストに小宮山の代打・森田が控えていたので、もう少しでキャッチャー狩野の復活が見れたかも。明日は中4日のメッセンジャーで全てを託すしかない。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン
平野 西村
桧山 福原 藤原
鳥谷 俊介 小宮山
関本 森田 柴田 上本
新井 金本 藤井 狩野 久保 小嶋
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○で一気に4位。【S】⇔5差⇔【D】⇔0.5差⇔【G】⇔0.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「28」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 9日 (金)

岩田、逆転負けで痛い黒星。首位攻防で4失策。

20110909 ヤクルト○4-2●阪神(神宮) 勝利打点:バレンティン

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中9日)、ヤクルト・館山。4ゲーム差で迎えた首位攻防戦。昇格したが即スタメン。初回、2死2塁から新井がインローのシュートをバックスクリーンに放り込む先制2ラン!しかしそのウラ、1死3塁から川端の叩きつけたゴロに、今日はファーストの新井が弾くタイムリーエラー。その後、1,3塁のピンチはゲッツーでしのぎ。

4回、先頭・畠山が2塁打。飯原のバント失敗でランナーが入れ替わり、続く宮本のゲッツーコースながら取りきれず・・・この後にバレンティンに特大の逆転2ラン。スライダーが甘く入りました。岩田は5回で早くも降板。本人のコメントで「球種がバレていると思うくらい、タイミングが合っていた」と心配。

2-3の6回からは渡辺。飯原の折れたバットと一緒に飛んできたピッチャーゴロを弾き、おまけに1塁悪送球。このプレーでダブルエラーとなりましたが、無失点に抑えて耐えました。

中盤以降、全く当たりが止まってしまいましたが・・・8回、代打・金本がライトポール際へ惜しいファール。この後、高めの抜けたチェンジアップが見逃し三振の判定となり、抗議もむなしく。しかし続く代打・桧山が2塁打で出塁した所で、左の久古にスイッチ。代走・大和の三盗が決まり、1死1,3塁のチャンスでしたが・・・柴田の代打・上本が初球ポップフライ。続く鳥谷も三振に抑えられてしまいました。

そのウラ、福原がいきなり連打。猛打賞となる畠山のレフト線2塁打の返球を焦ったが痛い悪送球。この間に決定的な4点めを取られてしまいました。柴田の落球劇以来の神宮で今日もミス多発。スワローズは明日登板予定の由規が登録抹消。今季は対戦のなかった館山、石川と両エースをつぎ込んでくるが、なんとか取り戻したい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
新井 小嶋
桧山 大和
鳥谷 マートン
平野 柴田 小宮山 渡辺
関本 藤井 金本 林威助 上本 岩田 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○。【S】⇔5差⇔【T】【D】⇔0.5差⇔【G】
CSクリンチナンバーは「28」。

9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 林威助外野手(2軍戦で一発を放ち、5年めでプロ初昇格。)
OUT 野原将志内野手(代走と代打で1軍戦出場。今後のカテに。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 8日 (木)

3回に一挙7点!カープ3タテ返しで首位攻防へ。

20110908 阪神○9-3●広島(京セラドーム大阪
勝利打点:俊介①

毎日放送で2回表から8回ウラまで中継。今日の先発は能見(中7日)、広島・篠田。柴田に代わり、俊介が8月16日以来のスタメン。しかも2番は5月以来。初回、1死1,2塁から栗原に落ちる変化球をうまく合わされて左中間オーバーのタイムリー2塁打を許し、カープ先制。

3回、能見が難しいバントを決めて、1死2,3塁から平野のライト線タイムリーで同点に追い付くと、続く俊介もショートの頭を越す鋭い打球で勝ち越しタイムリー!2死後、新井マートンの連続タイムリー。さらに関本がフルカウントからとどめの3ラン!際どいハーフスイングを取られて追い込まれたのが、逆に幸い。一挙7点で試合の大勢を決めました。

さほど調子は良くないように見えた能見。中盤、左肩を回す仕ぐさが気になりました。6回、苦手とされる廣瀬の痛烈な三塁線の当たりに新井がダイブ!守備も良くなってきました。そのウラ、2死から能見が四球で出ると、続く平野が右中間オーバーのタイムリー3塁打!1塁からの激走もありました。足の骨折があった分、ヒヤッとします(笑)

7回、途中出場の小窪に2ランを許してしまい、今日は7回3失点。8勝8敗と自身の成績を五分に戻しました。8回、守備から入っている柴田がヒットで出塁すると、1死後、代打・森田が逆方向となるレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打!

「能見は僕よりバントうまいと思いました(笑)じゃあ走らせてやろうと」 by 平野
「4番は2試合で終わってしまったんですけど、奪い返せるくらいの活躍を」 by 関本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 関本 森田
マートン 俊介 福原 西村
柴田 能見
新井 金本
鳥谷 藤井 狩野 大和
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズも○。【S】⇔4差⇔【T】⇔0.5差⇔【G】⇔0.5差⇔【D】
CSクリンチナンバーは「28」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 7日 (水)

新井、3打点で4番の仕事。集中打で2位浮上!

20110907 阪神○5-1●広島(甲子園) 勝利打点:新井⑨

サン→ABC→サンのリレー中継、BS1で完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中5日)、広島・福井。初回、2死2塁で新井がレフト前タイムリーを放ち、タイガース先制!2回、2死から3四死球で満塁のピンチでしたが福井をなんとか三振に抑えてピンチ脱出。

3回、東出がノーアウトのランナーで出ますが、藤井が1塁牽制アウト!流れを切りますが・・・4回の1死1,2塁のチャンスで無得点。5回、先頭・平野のヒットの後、柴田がキッチリ送りバント。1死2塁で鳥谷が良い当たりでしたが、東出がジャンピングキャッチのファインプレー。好投の福井をあと一歩攻略できず。

6回、1死満塁から嶋のセンターへ抜けそうな当たり。ここで平野がダイブして4-6-3のゲッツーコースでしたが、1塁は間一髪セーフとなり1-1の同点。粘ったスタンリッジが7回も続投。1死1塁となった所で、小嶋がワンポイント。2死2塁で福原が登板し、赤松を空振り三振!

7回、2死から柴田鳥谷が連続四球。迎えた新井がストレートを弾き返し、センター赤松の頭をわずかに越える2点2塁打で勝ち越し!代わった豊田から、マートン関本の連続タイムリーが飛び出して一挙4点!バックホームの間にバッターランナーが2塁を陥れるソツのない連続攻撃。タイミング的にはアウトだったマートンも、うまいスライディングでホームイン。

4点リードに代わり、8回は渡辺。バーデンの三遊間、難しい当たりを守備固めの大和がうまく処理。9回は榎田が3人で締めてゲームセット。明日は苦手な京セラドーム。大穴で下柳先発もあるか?

「新井が打った時は勝たないと。期待して応援します」 by 福原(09年6月以来勝利)
「詰まり気味でしたけど、頼むから越えてくれと思って走りました」 by 新井
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 福原
平野 柴田 マートン 金本 スタンリッジ 渡辺 榎田
関本 鳥谷 上本 小嶋
藤井 大和 狩野
 
俊介 森田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○も2位浮上。【S】⇔4差⇔【T】⇔0差⇔【G】⇔0.5差⇔【D】
CSクリンチナンバーは「29」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年9月 6日 (火)

メッセ、台風からの変則ローテで辛勝&10勝到達!

20110906 阪神○2-1●広島(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中8日)、広島・バリントン。新井が3試合ぶりに4番復帰。3回、新井のチャージ&2塁送球が決まってのバント失敗で1死を取った後、バリントンにバスターを決められてしまいました。さらに東出のライト前ヒットで、2塁ホースアウト(ライトゴロ)も狙えるタイミングながら、マートンがマウンド付近の中継に返球。満塁から赤松がボテボテの内野ゴロの間にカープ先制。

そのウラ、メッセンジャー自らのセカンド強襲、センター前ヒットでノーアウトのランナー。平野も四球で歩き、1,2塁から柴田の初球セーフティ。2塁ランナーがピッチャーで難しい場面でしたが送りバントの形になり、ここで鳥谷のレフトポール際への犠牲フライでタイガース同点。

5回、2死からバリントンに四球を出してしまうと、ここでまさかの盗塁・・・は投球前に藤井が気づいて挟殺。そのウラ、1死から柴田に送らせて2死2塁で迎えた鳥谷。勝負強さを発揮して左中間へのタイムリーで勝ち越し!6回、無死1,2塁のチャンスで関本がショートゴロ併殺。ついに打率2割を切った金本が敬遠されますが、続く藤井が凡退。

3回以外はほぼ完璧に抑えたメッセンジャー。7回に代打が出され、2死から鳥谷新井と連続死球。インハイに空振ってましたが死球判定。満塁のチャンスでしたが、マートンが凡退。

8回は榎田が3人に抑えると、9回は球児。1番からの嫌な打順でしたが、3人で抑えてゲームセット。負ければ5位転落の初戦、なんとか白星。

「アリガトゴザイマス。帽子をとってチームメイトに感謝したいくらい」 by メッセンジャー
「同じチームに何度も負けるのは悔しいこと。優勝目指して頑張ります」 by 鳥谷
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 柴田 メッセンジャー 榎田 藤川
新井
平野 俊介
 
藤井
マートン 関本 金本 森田 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○も3位浮上。【S】⇔3差⇔【G】⇔1差⇔【T】⇔0.5差⇔【D】
CSクリンチナンバーは「30」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 4日 (日)

豪雨の強行開催が裏目。秋は村田1人にやられる。

20110904 阪神●0-2○横浜(甲子園) 勝利打点:村田
(8回表降雨コールド)

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(中8日※2スライド)、横浜・三浦。2試合中止にさせた台風12号のつめ跡が残る中、3戦めだけ強行開催。雨が降り続いても阪神園芸さんの力もあり、25分遅れての試合開始。初回、2死2塁から村田にレフト前タイムリーを許してしまい、与えてはいけない先制点がベイスターズに。

そのウラ、1死1,2塁で今日も4番の関本でしたが・・・痛恨のサードゴロ併殺。普段より球威が落ちる久保ですが、悪いなりに持ち直してきた所、4回ウラが始まろうとする時に再び豪雨。ノーゲームか?とも思いましたが、雨の切れ目を狙ってグラウンド整備。約40分の中断を経て、試合再開。関本が三遊間へのゴロでしたが、足を取られてアウト。ケガしてないか心配。

5回、1死2塁のチャンスで久保に代打・森田で早めの勝負を仕掛けますが、レフトフライ。この後、2死1,2塁になりましたが、柴田が見逃し三振。雨の試合の戦い方なら、もう少し勝負し切って欲しかった。

1点差の8回、渡辺がマウンドへ。1死2塁で藤田のふらふらっとした当たりにセカンド・平野がジャンピングキャッチ。回転レシーブの形になり、たぶんユニフォームびちょびちょ(笑)ここで久保コーチが間を入れますが・・・敬遠せず勝負した村田に再び打たれて、2点め。

8回ウラ、代打・狩野が向かうところで再び豪雨。すぐに水が浮いてしまい、試合続行はもはや不可能でした。三浦番長もストレート、スライダーのキレが良く、結果的には3塁を踏めず。痛い敗戦。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
新井 平野
鳥谷 マートン 久保 小嶋
柴田 藤井 俊介
関本 金本 森田 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ●も4位転落。【S】⇔3差⇔【G】⇔0.5差⇔【D】⇔0.5差⇔【T】
CSクリンチナンバーは「31」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 1日 (木)

関本、初4番で結果。新井の一打で3点差追い付く。

20110901 中日△3-3△阪神(ナゴヤドーム

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、中日・ソト。不振の新井がついに7番降格で、代役4番にはなんと関本。試合前のミーティングで伝えられ、プロ15年目で初の経験で全打順を制覇。初回、ヒットで出塁した大和が盗塁失敗。流れを作れず、投手戦に。

6回、1死からヒットで出た平野が牽制で誘い出されてタッチアウト。前回対戦でも同じような場面が。再三のピンチで粘っていたスタンリッジですが、フルカウントから平田のハーフスイングがボールとなり、三振ゲッツーのはずがピンチ拡大。ドーピングでけん責処分を受けた(目薬)井端が7番でキーになり、送りバントで1死2,3塁。ここで代打・野本がライト線へ2点2塁打。ドラゴンズが先制すると、荒木のタイムリーで3点め。

7回、全く打てないソトから先頭・鳥谷がレフトフェンス直撃の2塁打。そして新4番の関本がタイムリーで結果。右の鈴木にスイッチし、無死1,2塁で狩野のバントでオールセーフ。満塁で新井がライト前タイムリーで1点差!ついに浅尾を引きずり出しましたが、代打・桧山がピーゴロ併殺。

1点差の9回、岩瀬がマウンドへ。先頭・狩野が左中間への2塁打で出塁すると、7番降格の新井がサードの頭を越すレフト線タイムリーで同点!1死後、途中出場の小宮山がサードゴロ。代役キャッチャーもおらず、荷が重いかと思いましたが・・・ブランコが1塁送球を後逸し、2,3塁のチャンス。ここで平野のボテボテピーゴロに突っ込んだ新井がホーム憤死。(ベンチに俊介が残っていただけにもったいない。)

最終回は球児が珍しくカーブを多投。3人で抑えてドロー。良く追い付いた!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 関本 新井 藤川
狩野 渡辺
上本
スタンリッジ 榎田
小宮山 俊介
平野 大和 マートン 藤井 柴田 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
首位スワローズ○で3ゲーム差に拡大。【S】⇔2差⇔【G】⇔1差⇔【T】【D】
CSクリンチナンバーは「32」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »