« 能見、8回1安打ピッチング!圧巻の13Kで竜倒! | トップページ | 蕭一傑、プロ初登板は5回1失点。連続完封負け。 »

2011年8月10日 (水)

スタン、好投もワンチャンスの差。1-0返しで惜敗。

20110810 中日○1-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:堂上直

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、中日・チェン。今日はブラゼル金本がスタメン落ち。初回、平野がショート・レフトがお見合いするポテンヒットで出塁。鳥谷もヒットで続き、1死1,3塁のチャンスでしたが、新井マートンが相次いで凡退。

スタンリッジも初回、ピーゴロ併殺(上本のベースカバーを待って投げてました)で切り抜けると、落ち着いたピッチングを展開。逆にタイガース打線も2回以降、まったくランナーを出すことが出来ず、6回まで両投手による投手戦で0-0。

7回、2死から和田、平田の連打で1,3塁とされると・・・急に制球を乱しました。続く堂上直には追い込んでからのボテボテのサード内野安打(新井の送球も高くそれました)がタイムリーとなってしまい、ドラゴンズ先制。左の大島以外はほぼ完璧に抑えていたスタンリッジでしたが、無念の7回1失点。

8回、先頭・俊介が四球を選び、藤井もきっちり送りバント成功。左のチェンながら、代打・桧山で勝負に行きましたが、三振。9回、先頭・平野が猛打賞となるレフト前ヒットで出塁。ゲッツー崩れで1死後、浅尾が登場し、新井マートンが続けて凡退し、ゲームセット。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 スタンリッジ 渡辺
 
 
俊介 藤井
鳥谷
上本 関本 新井 マートン 浅井 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、8回1安打ピッチング!圧巻の13Kで竜倒! | トップページ | 蕭一傑、プロ初登板は5回1失点。連続完封負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/52471759

この記事へのトラックバック一覧です: スタン、好投もワンチャンスの差。1-0返しで惜敗。:

« 能見、8回1安打ピッチング!圧巻の13Kで竜倒! | トップページ | 蕭一傑、プロ初登板は5回1失点。連続完封負け。 »