« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水)

鶴、緊張の初登板。粘りの投球も・・・援護なし。

20110629 広島○2-1●阪神(福井県営) 勝利打点:天谷

サンテレビで完全中継。今日の先発は(初登板)、広島・バリントン。初回、1死1,3塁のチャンスで新井が痛恨のゲッツーで先制できず。2回も関本のゲッツーでチャンスを広げることができずにいると、そのウラ、1死2塁から天谷にタイムリーを許し、カープ先制。

3回、1死1,2塁から栗原にレフト前タイムリーを許し、2点め。緊張のあったのか、既に汗びっしょりの。ストレートも走らず、軸になるボールが見つからない印象でした。満塁でとんでもないバウンド投球をするも、後ろにそらさなかった藤井も陰の好プレイ!ただ最終イニングの5回は良かったので、次にも期待したいです。

7回、先頭・鳥谷が右中間オーバーの2塁打。暴投もあり、全くタイミングの取れていなかった新井が高めに浮いたスライダーを見逃さず、ライト犠牲フライで1点差。続くブラゼルも三遊間、面白い当たりでしたが・・・わずかに及ばずアウト。

8回、先頭・金本が左中間オーバーの2塁打。通算419本めはミスター長嶋茂雄氏を上回りました。キッチリ藤井が3塁に送り、代打・桧山でしたが・・・高めストレートを振ってしまい三振。マートンも凡退し、追い付けず。9回は150キロ中盤連発のサファテ相手に鳥谷が10球粘りながら、三者凡退でゲームセット。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 藤井 川﨑 福原
 渡辺
金本
ブラゼル マートン 関本 林威助 柴田
新井 平野 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 鶴直人投手(ようやく今季初昇格。再びローテ争いに名乗り。)
OUT 俊介外野手(疲労からか打撃不振に陥り。プロ初の抹消、取り戻したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月28日 (火)

ブラゼル、4安打&2発で量産体勢!初物攻略。

20110628 広島●4-7○阪神(富山市民) 勝利打点:ブラゼル③

テレビ大阪で3回表途中から9回表まで中継。今日の先発はスタンリッジ(中8日)、広島・福井。野村監督が出場停止で、カープは高コーチが代行。ただ・・・虎スコアラーの渡辺長助氏が遠征先のホテルで急死。タイガースは喪章をつけてプレー。

初回、丸のあわや・・・という当たりでしたが、平野がフェンス際でジャンピングキャッチの好プレイ!2回、振り逃げで出た直後、ブラゼルがバックスクリーンへ先制2ラン!4回にもブラゼルが右中間のフェンス金網直撃の2塁打と、相性の良さが出ました。

4回、鳥谷から関本へのグラブトスで3アウトという場面。呼吸が合わず、1塁送球に切り替えるも内野安打。これがカープ初ヒットとなり、2死1,2塁から岩本にレフト前タイムリーで2-1。

5回、スタンリッジのバントが悪送球を誘い、ここから無死満塁のチャンス。ここで平野がファウルで粘って9球めをライト前タイムリー!そして続く鳥谷がストレートの四球で押し出しとなり、福井KO。代わった上野からブラゼルが犠牲フライで一挙3点。6回にも相手エラー(栗原がキャッチミス&ヘディング)が絡み、1点追加。

6-1の8回、スタンリッジがカウント3-0から丸にタイムリー3塁打。続く栗原の内野ゴロの間にさらに1点取られました。逆に9回、ブラゼルが今季初となる2本めで7-3。セーブのつかない場面で、9回ウラは榎田が上がりますが・・・2死1,2塁のピンチとなった所で、球児にスイッチ。東出にタイムリーこそ許しましたが、逃げ切り。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル
マートン スタンリッジ
藤井
平野 俊介 藤川
鳥谷 浅井 新井良 榎田
関本 金本 新井 柴田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年6月26日 (日)

能見、G戦の連勝8でストップ。9回の追撃届かず。

20110626 阪神●2-4○巨人(甲子園) 勝利打点:ラミレス

朝日放送で9回ウラ途中まで中継。今日の先発は能見(中7日)、巨人・澤村。連勝中ながらオーダーを組み替えて外野陣は柴田を起用。初回、1死1,2塁からラミレスのタイムリーでジャイアンツ先制。さらに長野が三盗を試みるも、失敗。2回はマートンのファンブルで無死1,3塁の大ピンチでしたが、澤村のスクイズを高めに大きく外し、フライとなり、ゲッツー!

4回、2死から谷が三塁線を破る2塁打。阿部にはカウントを悪くした所で敬遠。1,2塁で脇谷に甘く入ってしまい・・・左中間オーバー(柴田のグラブが及ばず)の2点3塁打で0-3。5回の打席で代打・金本を送られました。良い当たりのライトフライ。

6回からは福原が150キロを超える投球でしたが、7回に捕まり。2死から3連打、ブラゼルが長野の打球を止めれず2塁打とすると、ラミレスに詰まりながらレフト前タイムリーを許し、決定的な4点め。さらに満塁の大ピンチで代打・高橋由まで出てきましたが、ここは切り抜け。そのウラ、のファーストライナー併殺でチャンスを広げられず。この後、柴田がストレートを弾き返し、2安打とチグハグ。澤村は7回無失点で降板。

8回、川﨑が今季初登板。阿部を三振に取ったチェンジアップが効果的でした。3人で抑えて次も期待。9回は久保田が中16日の登板。ゲッツーを取った後、なお1,2塁のピンチを何とかしのぎましたが、今日の内容は厳しい。

9回、アルバラデホが登板。クリーンアップが速球を弾き返して3連打!ブラゼルのタイムリーで1点を返すと、もタイムリーで2点差!たまらず原監督が左の山口を投入。無死1,2塁で柴田に代打・岡崎がバント失敗。直前、1塁線で止まるバントも惜しくもファール。代打・浅井はファーストライナーでゲッツーを免れるのがやっと。最後に代打・新井良太も、フルカウントから凡退。仕掛けが早かった分、選手が足りなかった。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
ブラゼル 川﨑
柴田
鳥谷 新井 林威助 福原
藤井 金本 小宮山 上本 能見 久保田
マートン 平野 関本 桧山 浅井 新井良 俊介 岡崎
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月25日 (土)

ブラゼル、待望の一発!7連勝中の内海攻略!

20110625 阪神○4-2●巨人(甲子園) 勝利打点:ブラゼル②

BS1で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発はメッセンジャー(中9日)、巨人・内海。初回、1死1,2塁からラミレスにセンター前タイムリーを許し、ジャイアンツ先制。しかし2回、関本の抜けそうな当たりを追い付いた坂本が1塁悪送球。続く金本がストレートの四球で出ると、2死1,3塁からメッセンジャー自らのタイムリー(来日初打点)で同点!

4回、ブラゼルが軽く振ったように見えながら、左中間スタンドへ勝ち越しの一発!約1ヶ月ぶりの5号でした。さらに5回、1死からマートン平野の連打で1,3塁とすると、鳥谷がライト前へ弾き返すタイムリーで3点め。

中盤は落ち着いていたメッセンジャーですが、33℃の環境で球数よりも先に疲れ。5回あたりから高めにボールが浮き出し、6回にピンチ。1死1,3塁から長野に犠牲フライを許し、3-2。ここで早くも榎田にスイッチして切り抜け。ポイントはそのウラ、1人ランナーが出て、榎田に打順が回りそうでしたが、代走・俊介が牽制タッチアウトで回らず、結局7回も続投。三振ゲッツーで谷を刺した藤井も大きかった。

7回、無死1塁でマートンがピーゴロ併殺でしたが、二遊間の坂本と古城が交錯してオールセーフ。平野がバント失敗しましたが・・・この後、1死満塁となった所で越智にスイッチ。カウント3-1で新井のゲッツーコースながら、坂本がこぼして送球できず。アウト1つ取る間に、貴重な4点め。

8回、抑えのロメロから無死1,2塁で藤井がバントを決めて、どや顔(笑)この後、代打・桧山が良い当たりのライトライナーで、タッチアップできず。結局、追加点は取れなかったですが・・・最終回の球児には十分でした。最後は鳥谷のスーパーダイブでゲームセット!3位浮上!

「初めて子供たちを招待したんですが、皆が似顔絵を描いてくれて」 by ブラゼル
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 小林宏 藤川
ブラゼル メッセンジャー 榎田
藤井 金本 新井良
平野 関本
マートン 柴田 桧山 俊介
新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年6月24日 (金)

岩田でリーグ再開!伝統の一戦を制し、3位接近。

20110624 阪神○4-2●巨人(甲子園) 勝利打点:マートン⑤

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。リーグ戦再開の初戦、先発は岩田(中9日)、巨人・東野。自打球を受けて欠場していた金本が5試合ぶりのスタメン。初回、1死1塁で鳥谷の三遊間への当たりを追い付かれながら、坂本が1塁悪送球でオールセーフ。この後、満塁でブラゼルの特大犠牲フライで先制!

2回、先頭・金本のヒットから2死2塁とし、マートンがレフト前タイムリーで2点め。さらにマートンが初盗塁を決めて自らチャンスメイクも・・・平野の三遊間深めのゴロで3塁タッチアウト。そして3回、2死から4連打。レフトを狙われた形となり、亀井、ラミレスのタイムリーで2-2の同点に。

4回、金本が今日2本めのヒットとなる内野安打で出塁すると、岩田のサードゴロをライアルが後逸。2,3塁となり、ここでマートンが右中間オーバーの2点2塁打で勝ち越しに成功!東野はこの回でKO。中盤は好投を続ける岩田。6回は先頭・阿部に10球粘られて四球を出しましたが、続くラミレスをセカンドライナー併殺!

余力のある岩田を降ろし、7回からは必勝リレー。榎田が三者凡退で切り抜けて、8回は小林宏。いきなり坂本にヒットこそ許しましたが、左中間で止めた平野が2塁打を阻止。実はこれが大きかった。この後、フォークで阿部を振らせるほど、キレも出てきてます。引っ掛けて、とんでもないフォークに藤井がナイスセーブながら、進塁させられる場面も。惜しい。

最終回は球児。初球を長野がカンタンに打ち上げた分、助かりました。小笠原、高橋由を抑えてゲームセット!しっかりと初戦を取り、3位ジャイアンツに0.5差と接近!新井も2度、カウント3-0からバットを出す場面もあり、チームが変わって来た感じ。

「マタアシタ!アリガトゴザイマス!」 by マートン
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 榎田 藤川
岩田
平野 金本 ブラゼル 小林宏
 
鳥谷 新井 関本 俊介 柴田 林威助
藤井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 川﨑雄介投手(2軍で好投を続ける左腕。今年こそ持ち場を確保したい。)
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 西村憲投手(シート打撃で好投も、機会に恵まれず抹消。出番は先か。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2011年6月19日 (日)

生観戦。スタン完封&藤井も攻守でハッスル!

20110619 阪神○7-0●楽天(甲子園) 勝利打点:藤井①

朝日放送で完全中継。今季4試合めの生観戦でした。先発はスタンリッジ(中9日)、楽天・永井。初回、エラーも絡んで1死1,3塁のピンチでしたが、主砲・山崎武のいない4番・5番を打ち取って切り抜け。

2回、四球で出た先頭・関本が、続くのヒットで一気に3塁まで行くと、藤井が先制タイムリー!続く3回、先頭・平野が鮮やかにレフト線へ2塁打を放つも、あっさり2死。さらにブラゼルも高々と打ち上げましたが、サード付近で草野と松井稼がぶつかって落球!大きな2点め。

4回、先頭・藤井が左中間へ2塁打。続くスタンリッジの打席・・・牽制で刺されそうにもなりましたが、次の球を嶋が3塁悪送球でオールセーフ。2死後、鳥谷がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打!(スタンリッジ3塁で転倒も無事?)さらに新井も低めのフォークに崩れながら、レフト前へ2点タイムリーで5-0!

6回、代わったイーグルス・ヒメネスが140キロ台のストレートを多投。2死1塁から鳥谷が初球を狙い済まして、ライトポール際へ豪快に2号2ラン!ダメ押しも成功。

5回まで74球ながら、中盤から球数も抑えてきたスタンリッジにベンチは完封指令。最後は132球かかりましたが、150キロを超える球も珍しく何球か見受けられました。鉄平には4打席とも出塁されましたが、ほぼ完璧な内容でチーム3人めの完封勝利!

10勝14敗の8位で交流戦終了。どん底から上昇ムードのまま、リーグ再開へ。
「今日は鳥谷でしょう。お父さん、美味しいビール飲んでください。」 by 藤井
「Happy Father's Day. 」 by スタンリッジ
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
藤井 鳥谷 スタンリッジ
関本
新井 平野
 
林威助 柴田
マートン ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

Rimg0192

Rimg0196

Rimg0198

Rimg0204

Rimg0206

Rimg0211

Rimg0217

Rimg0220

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月18日 (土)

能見、援護なく降雨コールド負けで3連続完投。

20110618 阪神●1-2○楽天(甲子園) 6回裏降雨コールド
勝利打点:松井稼

テレビ大阪で2回表から5回ウラ途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、楽天・川井。試合前から雨が降り、もやがかかる中でのゲーム。金本のスタメン復帰も噂がありましたが、俊介が6月9日以来のスタメン。

初回、1死1塁で松井稼がインローのストレートにうまく反応し、レフトポール際へ先制2ラン。雨天ゲームでやってはいけない先取点を許しました。さらにこの後、新井のエラーなどで1,2塁のピンチでしたが、ここは切り抜け。

2回、ブラゼルが左中間フェンス直撃の2塁打。1死1,2塁のチャンスでしたが、無得点。すると3回、マートンが右中間オーバーの3塁打を放った所で、降雨中断。阪神園芸の力もあり、56分後に再開し、平野がいきなりセンター前タイムリーで1点。

毎回ランナーを出す能見。ボール自体はそんなに悪くは見えなかったですが、動きが重そうな気はしました。それでも4回、2死1,2塁のチャンスで早くも代わったイーグルス・小山から2度フルスイングする場面も。援護に恵まれないなりに、6回まで投げきり。

最大のチャンスは5回。無死1塁で平野が送れず・・・レフトフライ。直後、鳥谷がヒットでつなぎましたが、新井がゲッツー崩れ。2死1,3塁で左の有銘にスイッチし、ブラゼルも凡退して万事休す。雨の日の戦い方をしてきたイーグルスに軍配があったのかも。早い仕掛けで追い付くという意識に欠けてました。晴れなら取れた試合だけに、残念。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
マートン 能見
関本
ブラゼル
平野 鳥谷 藤井
新井 俊介
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小宮山慎二捕手(抹消直後に城島離脱。待ち焦がれたサブ捕手。)
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 清水誉捕手(1度マスクをかぶったが、結果を残せず。出直し。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年6月15日 (水)

ダル止めた!ハムに連勝で急に5勝1敗ペース!

20110615 阪神○2-1●日本ハム(甲子園)勝利打点:マートン④

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、日本ハム・ダルビッシュ。初回、鳥谷新井が連打。糸井のファンブルもあって、2死1,3塁のチャンスでしたが、ブラゼルが凡退。

3回、先頭・マートンのセンター前で、またも糸井がファンブルして一気に2塁へ。平野が送り、1死3塁のチャンス。2死後、新井の打席。ここで高めのストレートが抜けて暴投となる間に、タイガース先制!ダルビッシュの連続無失点記録を46回2/3で止めました。

好投を続けるメッセンジャーでしたが、6回、代打・小谷野の当たりを関本がダイブ!さらに2死1,2塁から稲葉のセンターへ抜けそうな当たりをまたも関本がダイブ!ここはオールセーフで満塁となり、金子誠が追い込んでから、低めのフォークを弾き返すレフト前タイムリーで同点。

7回、榎田が悪いなりに無失点で抑えると、そのウラ、関本の連続ヒットで無死1,2塁。2人とも代走を送り勝負に出ました。しかしここで藤井が痛恨のバントゲッツー。しぼみかけたチャンスでも、代打・桧山がワンバウンドで足に当てる死球。1,2塁でマートンがライト前タイムリー!代走・柴田に返球が当たり、後逸する間に桧山が一気にホームを狙いましたが、ここはタッチアウト。(上本を出し惜しみした気持ちもわかる)

1点リードの8回は小林宏。少し抜けてましたが、中軸相手に今日も三者凡退に抑えるナイスピッチング!そして9回は球児。代打・二岡にヒットを許し、代走・村田にはウエストしながら盗塁成功。2塁まで行かれて苦労しましたが、最後は連続三振でゲームセット!ダルビッシュに勝って4位浮上!ナイスゲーム!

「ふたつ。カミサマハワタシノチカラデス。マイド、マイド!オオキニ!」 by マートン
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン メッセンジャー 小林宏
榎田 藤川
新井 関本 柴田 桧山
鳥谷 林威助
平野 新井良 俊介
藤井 ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2011年6月14日 (火)

岩田、2年ぶり完封!関本サヨナラで必死のパッチ!

20110614 阪神○1x-0●日本ハム(甲子園) 勝利打点:関本①

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(再昇格)、日本ハム・武田勝。DH戦が終わり、注目のレフトでしたが・・・自打球を受けた影響から、金本がベンチスタート。最初のピンチは2回、金子誠のエンドランが決まり、1死1,3塁。ここで鶴岡が初球スクイズ。岩田が冷静にグラブトスを決めて、ホームタッチアウト!おとといのライオンズ戦でくらった嫌な感じを一掃しました。

3回、代役レフトの新井良太が第1打席から初球ヒット!続く藤井のバントがキャッチャー前で止まり、あわやゲッツーでしたが、スタートを切っていた良太が2塁へ好走塁。さらに岩田もジャストミートでしたが、サードライナーで無得点。

6回、2死から稲葉のボテボテのピッチャーゴロ処理で、岩田が1塁悪送球。2塁まで行きましたが、ここもホフパワーの浅いフライで打ち取り。良太の猛ダッシュよりも、鳥谷が先に追い付くファインプレーでした。

7回、新井ブラゼルの連打で無死1,3塁のチャンス。相手が防御率1点台の左腕だけに、1点勝負の流れから、代走・俊介も投入。ところが関本が初球、浅めのライトフライで凡退すると、続く良太も痛恨の初球ゲッツー。コントロールが良い分、早打ちも目立って・・・8回まで73球でした。

9回、先にファイターズが増井にスイッチ。1死後、新井がフォークをすくって、ショート後方に落とすヒット。続く俊介がバントできずもエンドランで進塁打となり、バッターは関本。今日2度チャンスを潰していましたが、6球めの低めフォークにくらいつき、ショートのアタマをわずかに越えるサヨナラタイムリー!!10回も行く準備をしていた岩田もガッツポーズで11K完封勝利!

「(投手戦に)結構しびれました」 by 岩田
「最高です!(2度潰し)ここで打てなかったら、家に帰れないなと思って」 by 関本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 岩田
ブラゼル 関本
 
藤井 俊介
新井良
マートン 平野 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(評価ガタ落ちからの復活劇へ。1軍ローテに戻れるか。)
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 安藤優也投手(2週間こらえながら、ひじの靭帯損傷。長期離脱へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月12日 (日)

雄星と初対決。打線好調で攻略も、継投ミスで大敗。

20110612 西武○11-5●阪神(西武ドーム) 勝利打点:平尾

よみうりTVで8回表まで中継。BS朝日でも中継。今日の先発は安藤(初登板)、西武・菊池。プロ初登板となった菊池雄星を相手に初回、マートンのヒットを皮切りに1死満塁のチャンス。ブラゼルが三振に倒れますが、暴投となって1点先制!スピードはありましたが、制球が定まらない感じ。

こちらも肩痛からの復帰戦となった安藤岡崎とのバッテリーで、外のスライダーを中心に散らしてましたが、球威が無かった。2回、銀仁朗のタイムリーで追い付かれ、平野が無理してバックホームした分、2塁まで進塁。ボークも重なり、熊代のタイムリーで勝ち越されると・・・連打で1-3。2死1,2塁となり、ここでKO。このままじゃ使えない。

3回、1死1,3塁から新井がライト線へ落とすタイムリー!続くブラゼルも痛烈なタイムリーで同点となり、菊池KO。さらに2死満塁で平野が暴投、4-3とゲームをひっくり返しました。2番手・福原が球威あるピッチングで4回までゲームメイク。

1点リードの5回、ベンチは榎田を投入。力みからか制球を乱しており、3四死球で1死満塁でたまらずキャッチャーを藤井にスイッチ。しかし代打・平尾がストレートを弾き返し、2点タイムリーで逆転。平野のファンブルも響きました。ベンチも打たれるとは思ってなかったか・・・リリーフが間に合わず、銀仁朗のスクイズを榎田が後逸・・・でもう1点。続く熊代の犠牲フライでまさかの4失点。被安打1だけに、早く立ち直らせてあげたい。

7回、ライオンズ2番手・平野将から1死満塁のチャンスを作り、ここでブラゼルvs江草の対決が実現。初球、抜け気味のスライダーを犠牲フライ。1球でミンチェに代わり、満塁のチャンスでしたが・・・金本が初球セカンドゴロ。今日は2度の満塁機をつぶしました。ライオンズ強肩ライトのチャージにも、山脇3塁コーチがやられたか。

試合は5-7の8回、西村清水のバッテリーが上位打線を止めきれず、4失点炎上。4試合連続の2ケタ安打でしたが、5連敗を止めるライオンズの意気込みの差で負けた気がします。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン ブラゼル 福原 渡辺
新井 鳥谷
平野
関本
藤井 林威助
浅井 金本 岡崎 清水 安藤 榎田 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月11日 (土)

能見、レオ完封でようやくチーム初の3連勝!

20110611 西武●0-4○阪神(西武ドーム)勝利打点:マートン③

BS朝日、よみうりTVで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、西武・石井一。左の先発を読みきり、関本浅井の右バッターを先発起用。初回、マートンが今季3度めの先頭打者アーチ。左中間最深部に飛ばしました。この後、新井のフェンス金網直撃の2塁打もあり、2死2,3塁から関本が今季初打点となる、ライト前タイムリーで2点め。(2塁・新井はホーム憤死)

3回、1死2,3塁から新井の犠牲フライで3点め。対する能見も初回、三者三振で抑え、マートンのダイビングキャッチもあり、1回りめは順調でしたが、ライオンズ首脳陣も指示があったのか、低めを振ってくれなくなりました。4回、新井のバウンド送球が合わず、エラーのランナーが出しましたが、無死1,2塁のピンチを切り抜け。

5回、9番に入っているルーキー熊代が左中間へ今日2本めのヒット。抜けそうな当たりを浅井が腕を伸ばして止めたことで、シングルで止めた守備。好プレイだと思います。このあとヒットでピンチ拡大したので、実は救われました。

7回、2死から浅井がエンタイトル2塁打(開幕戦以来のヒット)を放ち、石井一をマウンドから降ろすと、代わった平野将からマートンが右中間へタイムリー2塁打!猛打賞で打率もついに3割オーバー。貴重な4点めを取りました。能見も中盤、やや崩れそうな気もしましたが・・・中軸を完璧に抑えました。藤井との初バッテリーでしたが、要所でストレートをうまく見せていた印象です。

8回までで115球。9回は球児が行くのかな?とも思いましたが、ベンチは完封指令。4安打に抑えて、チーム初完封で初の3連勝!能見自身も2年ぶりの完封。明日、あの菊池雄星が先発予定とか。対するタイガースも復活を期す安藤が今季初登板。どちらが流れをつかむか楽しみです。

「(打線は)まだまだこんなものじゃない」 by 能見(3連続2ケタ安打の打線に)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 新井 能見
 
鳥谷
関本 藤井 浅井
平野 金本 上本 俊介 新井良
ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 安藤優也投手(評価ガタ落ちからの復活劇へ。1軍ローテに戻れるか。)
IN 清水誉捕手(藤井に次ぐキャッチャー競争。今季初昇格で勝ち残りたい。)
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 城島健司捕手(2週間こらえながら、ひじの靭帯損傷。長期離脱へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月 9日 (木)

藤井、大当たり!チーム13安打で成瀬にリベンジ。

20110609 ロッテ●2-5○阪神(QVCマリン) 勝利打点:金本④

BS12で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発はスタンリッジ(中7日)、ロッテ・成瀬。2回、関本が2死から2塁打で出塁すると、続く金本がフルカウントから高めのストレートを振りぬき、フェンス金網直撃のタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに藤井もセンター前でつなぎ、アニキの激走でギリギリホームイン!

4回、金本の三遊間への当たり。ショートが弾いた所、ブラゼルの3塁到達がわずかに早くオールセーフ。1死1,3塁から藤井のライト前ポテンタイムリーで3点め。なお1,2塁で意表を突いたダブルスチール!金本の初球三盗も失敗。(藤井は2塁到達)

続く5回、2死1塁から新井が右中間へタイムリー3塁打!俊足のセンター、ライトが交錯してそらしてしまいました。この打席の時に、震度3の地震が発生しましたが・・・本人は気づかずに集中できた、とのこと。6回も2死1,2塁からマートンがライト前タイムリーで5点め。3イニング連続得点で成瀬をKO。

制球を乱しながら不振のスタンリッジでしたが、自慢のスパイクカーブが決まり、6回まで1安打ピッチング。7回、1死から大松に一発を許すと、なお連打を浴びて1,3塁のピンチでしたが・・・細谷をゲッツーに打ち取り、ピンチ脱出!115球のスタンリッジの代わり、4点リードの8回は榎田ではなく、小林宏でした。藤井とは3試合めで、今日はヒット1本許しましたが、無失点リリーフ。少し安心感が出てきました。

9回は久保田。ヒットと四球で無死1,2塁となった所で、たまらず球児投入。出ばな福浦にヒットを許し、満塁としましたが・・・ここから2死。暴投で1点こそ許しましたが、最後は昨日粘られた伊志嶺を三振に抑えてゲームセット!敵地マリンでの2連勝はホントに大きい!巻き返したい。

「やってもうたー!と思ったんですけど、落ちてくれて良かった」 by 藤井
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
藤井 金本 スタンリッジ
平野 関本 小林宏 藤川
マートン 新井
ブラゼル
鳥谷 新井良 柴田
俊介 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年6月 8日 (水)

榎田、反撃食い止めた!久々6点打線で反抗。

20110608 ロッテ●3-6○阪神(QVCマリン
勝利打点:マートン②

サンテレビ、BS12で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中7日)、ロッテ・吉見。初回、マートンの先頭打者アーチで先制すると、1死1,2塁からブラゼルのタイムリーで2点め。チームにとって、4試合ぶりのタイムリーでした。なお1,3塁のチャンスでしたが、6番セカンドでスタメン関本が痛恨のピーゴロゲッツー。

2回、8番からの3連打で満塁とすると、2死後、暴投で1点追加。さらに鳥谷がフルカウントから左中間オーバーの2点3塁打!前回やられた吉見をKOすると、代わった川越から新井もカウント3-0から、レフト前ポテンタイムリー(大松ポロリ)を放ち、6-0と大量リード!交流戦初の6得点で、久々に打線が爆発!セカンド関本は不発で5回から退き。センターでは今季初スタメンの平野がセカンドに戻りました。

5回こそ無死1,2塁のピンチをしのいだメッセンジャーでしたが、ボールが高めに浮き出して・・・6回に捕まり。いきなりの3連打で満塁にされると、金泰均には押し出しの四球。続く大松にもレフト前タイムリーで2点め。なお無死満塁で、榎田登場。フルカウントから福浦の犠牲フライで1点返されますが、逆に3塁が空いたことで、里崎、伊志嶺を打ちとって、大ピンチをしのぎました。

3点リードで8回は小林宏。古巣マリンサポーターからも登場に歓声が沸き、前回に引き続き2度めの藤井とのバッテリー。タテに落ちるスライダー、やっぱり曲がりがハンパないです。キッチリ止めるキャッチャーが居てこそなのか。今日はクリーンアップ相手に三者連続三振!

9回は球児。いきなり福浦に詰まりながらヒットを許しましたが、後続は三者連続三振!伊志嶺に10球粘られて、藤井とのサインが合わない場面もありましたが、今後に期待。ゲームセットの際、ぐったりした姿も。

「アリガトゴザイマス」 by マートン(4安打で実はリーグ安打数2位に)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン ブラゼル 榎田 小林宏
藤川
鳥谷 新井 メッセンジャー
藤井 俊介
平野 新井良
柴田 浅井 関本 金本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浅井良外野手(守備は問題ない。あとは開幕以来のヒット・・・。)
IN 岡崎太一捕手(城島の不振で再び回ってきた強肩捕手。)
7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 下柳剛投手(調子を落としてしまい、3試合ゲームメイク失敗。)
OUT 小宮山慎二捕手(マスクは1試合だけ。もう少し見たい。)
OUT 黒瀬春樹内野手(わずか2打席の凡退。結果残せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年6月 6日 (月)

西村、復活の3人斬り。でも完封止めるのがやっと。

20110606 阪神●1-6○オリックス(甲子園) 勝利打点:伊藤

よみうりTVで9回表まで中継。今日の先発は下柳(再昇格)、オリックス・寺原。不振の城島を外し、藤井をスタメン起用。初回、1死2塁の先制チャンスを逃がすと・・・2回、1死満塁から伊藤のライト犠牲フライ。マートンのバックホームが決まったかに見えましたが、北川がタッチをかいくぐりました。バファローズ先制。

3回、1番からの3連打で1点を失うと、1死1,3塁で北川のセンター前タイムリーで柴田がファンブル。焦って3塁ダイレクト送球する間に、バッターも2塁へ。ここで下柳KO、福原にスイッチしますが・・・藤井の3塁牽制がランナーに当たってしまい、外野に転がる間に4点め。

4回、平野鳥谷の連打で無死1,2塁のチャンスでしたが・・・新井が痛恨のゲッツー。反撃ムードを止めてしまいました。すると5回、2イニングめの渡辺が捕まり。先頭・後藤がレフト前ヒットなのに、楽々2塁まで進まれると、T-岡田のタイムリーで5点め。バルちゃんのバントフライと大引ゲッツーでしのぎましたが、ナベはまさかの3イニング。

0-5の7回、久保田が連投のマウンドでしたが、今日は変化球がひっかかり2暴投炸裂で1失点。しかし8回、ビハインドの場面で初めて小林宏が登板。藤井とのバッテリーがようやく見れました。7番からの打順ですが、三者連続三振!フォークも低めに決まり、3人で終わったのは今季2回めかな?

9回は西村が今季初登板。回復途上のストレートですが、キレも感じました。3人で抑えるナイスピッチング。連投させず、うまく使って欲しい。そのウラ、暴投がからんで無死2,3塁から鳥谷の内野ゴロの間に1点。新井もファーストゴロエラーでつなぎましたが、ブラゼルがゲッツーで試合終了。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
小林宏 西村 福原
マートン 平野 鳥谷 渡辺
 
小宮山 俊介 黒瀬 林威助 桧山 関本
ブラゼル 新井 金本 柴田 藤井 下柳 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(登板間隔が空きながらの昇格。手薄な先発陣を助けたい。)
IN 渡辺亮投手(ファームで調子を戻せたか。まずは敗戦処理から。)
IN 西村憲投手(右肩の疲労からようやく今季初昇格。巻き返したい。)
OUT 久保康友投手(不穏な雰囲気から、わき腹痛も発症。痛すぎる。)
OUT 小嶋達也投手(ゲームメイクに失敗。制球が不安定すぎる。)
OUT 若竹竜士投手(ツキもなかったか。ファームで出直し。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月 5日 (日)

久保、自己最短の1回KO。大敗で借金10到達。

20110605 阪神●3-14○オリックス(甲子園)勝利打点:T-岡田

BS1、ABC→サンのリレーでいずれも完全中継。今日の先発は久保(中6日)、オリックス・金子千。初回から大荒れでした。無死1,2塁で後藤のレフトライナーで、ためらわずタッチアップを決めた坂口。久保の投げる日では、初めてのレフト金本が裏目。この後、T-岡田の3ランでバファローズ先制。これで終わらず、鈴木のタイムリーと満塁から金子のボテボテのピッチャーゴロをグラブトスするも、城島が取れず・・・5点先行。

そのウラ、3連打で無死満塁とし、新井のゲッツー崩れとブラゼルのゲッツーコースながら、セカンドが落球する間に2点を返しました。2回も久保が行きましたが、無死1塁からT-岡田の痛烈なライト線への当たりで、マートンがクッション処理を誤って6点め。ここでKOし、わき腹痛を訴えて病院に行ったとのこと。未然に防げなかったのか。

代わった小嶋もコントロールがつかず散々。ショートゴロ併殺を狙ったものの、平野の悪送球でオールセーフ。3回までで2-9となり、69球。残りイニングを考えて打席に立たせる暴挙。4回も投げて、さらに1失点で10点め。結局、83球もほうってくれました。

2回以降は立ち直った金子。2月にひじを故障してからの復帰戦で、次第にチェンジアップとストレートの組み合わせが決まりました。5回、柴田のレフト線への当たりでT-岡田がクッション処理を誤り、3塁まで進むと、マートンの犠牲フライでようやく3点め。

投げる方では、2-10で5回から出てきた久保田。キャッチャーも藤井に代えてもらい、圧巻の6連続三振!プレッシャーのない場面といえばそこまでですが、今後に希望を持てました。この後、若竹が2回4失点。ポテンヒットが点に絡んでしまいました。最終回、昨日1軍合流の黒瀬が代打で初球打ち。これだけじゃ、まだわからないです。

借金10に到達し、ベイスターズ勝利で最下位転落。さぁどうするタイガース?
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
久保田
鳥谷
マートン 
平野 ブラゼル 柴田 福原
関本 黒瀬 新井良
新井 金本 城島 林威助 藤井 久保 小嶋 若竹
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2011年6月 4日 (土)

生観戦。能見vs杉内、エース対決に託した末に。

20110604 阪神●0-2○ソフトバンク(甲子園) 勝利打点:小久保

サンテレビ、よみうりTVで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、ソフトバンク・杉内。今季3試合めの生観戦でした。初回、本多に三盗を決められましたが、内川を三振に抑えると同時に、城島が素早く3塁に送球して、本多戻れず。ピンチをしのぎました。

序盤3回で5三振を喫したタイガースは4回、平野がチーム初ヒット。しかも苦手とされる盗塁も決めてくれました。2死1,2塁のチャンスでしたが、ブラゼルがどん詰まりのピッチャーゴロ。対する能見もランナーを出しながらでも、6回60球で投げきる超省エネピッチング!杉内よりも内容は上回っていたと思います。

6回表終了時、入り口で渡された「We Love Tigers」の黄色い紙をみんなが掲げて、球場が黄色一色に。その後、どうしたら良いのかわからず、下ろしていきましたが・・・案内不足かな??

7回、2死から金本がチーム2本めのヒット。1,2塁で柴田に代打・関本を送ると、ここで杉内が暴投。ホークスベンチは満塁策を選択しました。ネクストには新井良太が控えていましたが・・・ベンチは能見続投を決断。2アウト、少ないチャンス、延長戦用に信頼できるピッチャー不足、榎田の酷使・・・賛否分かれましたが、個人的にはエース対決の行く末も見たかったので良し。7球粘った末に三振。

8回、いきなり長谷川のヒットで嫌なムードがでましたが、ホークスは8番、9番と連続バント成功。向こうは当然とばかりに杉内を打席に立たせてきました。2死3塁でも城島の後逸リスクがありましたが、川﨑を打ち取り。

9回、88球ながらここは続投が裏目に。1死2塁から今日当たっている小久保が猛打賞となるセンター前タイムリー。俊介のバックホーム(最近、コントロールの悪さとバウンド返球が気になる)もわずかに及ばず、ホークスが先制。気落ちする間に続く多村もタイムリーで2点め。そのウラ、抑えの馬原から代打・桧山がフェンス直撃の2塁打!1,2塁のチャンスでしたが、相性の良いが凡退でゲームセット。

良い投手戦でしたが、あと一押し足りなかった感も。能見よく投げた。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
能見
桧山
城島 金本
平野 関本
新井 俊介 上本
マートン 鳥谷 ブラゼル 柴田 林威助
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 黒瀬春樹内野手(ファームで当たっており、移籍後初昇格!全てに期待。)
OUT 岩田稔投手(交流戦の日程で登板間隔が空くため。リフレッシュ!) もしよければ1クリックお願いします。

Rimg0152

Rimg0153

Rimg0159

Rimg0161

Rimg0166

Rimg0173

Rimg0179

Rimg0184

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月 3日 (金)

岩田、自らタイムリーに援護点。無敗の鷹止めた!

20110603 阪神○5-3●ソフトバンク(甲子園) 勝利打点:岩田①

BS1で完全中継。よみうりTVでも中継。今日の先発は岩田(中7日)、ソフトバンク・ホールトン。7試合連続ヒットのブラゼルが5番昇格。初回、城島のパスボールが絡み、2死1,3塁から多村がライト前に落とすタイムリーでホークス先制。しかしそのウラ、新井にタイムリーが飛び出し、1-1の同点!

2回、無死1,2塁で柴田のバントがホールトンをすり抜け、ショート内野安打で満塁!ここで岩田が初球打ち、センター前へ抜けていくタイムリーで勝ち越し!続くマートンのゲッツーの間に3点め。4回も、川﨑のエラーから無死1,2塁のチャンスでまたも柴田がバント。サードに捕らせると、これが内野安打で満塁としますが・・・ここは無得点。

5回、新井のエンドランが決まり、一気に鳥谷が3塁まで進むと、ここでブラゼルがレフトオーバーのタイムリー!(ただ新井は2塁ストップ)1死後、城島のゲッツーコースでしたが、川﨑がファンブル。満塁となり、柴田がボテボテのファーストゴロの間に、貴重な5点め。犠牲フライも難しかったので、ある意味でベストな点のとり方でした。

岩田も序盤は毎回、先頭バッターを出す苦しい展開ながら、高めのスライダーが逆に詰まらせてました。7回、代打・オーティズにバックスクリーン右へ2ランを許し、一気に2点差。そして8回は榎田。ヒットのランナーを出しましたが、快足・城所のスチールを城島が刺し、無失点リリーフ。

元タイガースの金澤が7回、8回と力のあるストレートと横に曲がるカット系でパーフェクトに抑えてしまうと・・・9回は球児。2死後、四球を出して代打・松中まで出てきましたが、最後は高めストレートでハーフスイングをとってもらい、ゲームセット!交流戦10勝負けなしのホークスを止めました。

「ファンの皆さんに付いて来てもらえるようやっていきます」 by 岩田(また泣きそう)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
岩田 榎田 藤川
新井 柴田
ブラゼル 金本 城島 マートン 平野
鳥谷 俊介 林威助
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年6月 1日 (水)

1点勝負。ダルビッシュは打てず、連続完封負け。

20110601 日本ハム○1-0●阪神(札幌ドーム) 勝利打点:大野

今季2度めの中継なし。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、日本ハム・ダルビッシュ。昨日に引き続き俊介がベンチスタート。2回、2死から死球と暴投でピンチになり、飯山のセンター前。ここで柴田のバックホームが決まり、ピンチ脱出。

すると3回、盗塁と暴投でが3塁まで進みましたが、ここでダルビッシュがギアチェンジ。156キロのストレートと切れ味鋭いスライダーで柴田、150キロ台連発でマートンが連続三振。もうスクイズしかなかったのかも。

5四死球と荒れるスタンリッジが100球に差し掛かった所で、今日は5回で降板。6回からは榎田。いきなり中田にフェンス直撃の2塁打を許し、ここから1死1,3塁のピンチ。満塁まで行きましたが、2三振で切り抜け。少し疲れが出ている気もします・・・0-0のまま、7回も2死を取り中田を迎えた所で、小林宏にスイッチ。

中9日の小林宏でしたが、次の8回にやられた。1死から二岡に四球を出すと、金子誠、大野に連打を許してしまい、均衡を破られてしまいました。ランナーを背負ってからのストレート勝負。バッテリーミスの暴投も多く、得意の落ちる球が使いにくい状態ですが、狙われてしまいました。

確実に1点が取れるかどうか。相手がダルビッシュだけに、チャンスはほとんどもらえないので、いまのタイガースには厳しい一戦。投手陣はホント頑張ってくれています。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
スタンリッジ 榎田 小嶋
柴田
林威助 平野 ブラゼル 俊介 小林宏
鳥谷 マートン 新井 金本 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »