« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

打てない。5割スタートの5月は・・・7勝15敗。

20110531 日本ハム○5-0●阪神(札幌ドーム) 勝利打点:今浪

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発はメッセンジャー(中8日)、日本ハム・ウルフ。ここまで全試合スタメンの俊介が体調不良(腹痛)を訴え、柴田がスタメン出場。初回、相手の暴投もあり、2死2,3塁のチャンスでしたが、金本がセンターフライに倒れて無得点。

序盤3イニング、四球1つだけに抑えていたメッセンジャー。4回、糸井に初ヒットを許すと、いきなりカーブが暴投。動揺を隠せず、1死満塁の大ピンチ。ここでフルカウントからホフパワーをど真ん中のストレートで見逃し三振を奪いましたが、続く今浪に初球を痛打。2点タイムリーでファイターズ先制。

5回、先頭・ブラゼルが右中間オーバーの2塁打で出塁しますが、後続が何も出来ず。そのウラ、田中賢のやや浅めのレフトフライをランニングキャッチしようとしたが落球。落下点を行き過ぎた感じで2塁に進まれましたが、ここは無失点で切り抜け。

今季最多の7回までメッセンジャーが投げぬき、最大のチャンスは0-2の8回。150キロを超えるファイターズのセットアッパー・増井から柴田マートンが連続四球。ただ平野が痛恨のピーゴロ併殺。一気にチャンスを潰してしまいました。そのウラ、2死満塁から飯山が走者一掃の3点3塁打が飛び出して、ダメ押し。

5点差でも抑えの武田久が9回に登場。連打で無死1,2塁とチャンスでしたが、ここまで。最後はファンが予想できるような城島のゲッツーで試合終了。明日はダルビッシュ・・・奇策はあるのか?
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
メッセンジャー
ブラゼル
小嶋
新井 鳥谷 柴田 関本 俊介
マートン 平野 金本 城島 林威助 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年5月29日 (日)

金本、逆転弾で久保を援護!不協和音を一掃?

20110529 楽天●1-2○阪神(Kスタ宮城) 勝利打点:金本③

BS1で完全中継。よみうりTVでも中継。今日の先発は久保(中7日)、楽天・川井。DHながら、久保登板日では7試合めにして金本が初の先発出場。初回、先頭・マートンが鮮やかな右打ちで出塁すると、平野が送って1死2塁のチャンスでしたが・・・無得点。新井の当たりはピッチャーに捕られてしまいました。

そのウラ、平野が懸命に追い付きながら、先頭バッターを内野安打で出してしまうと、2死1,2塁から中村真が左中間を破るタイムリー2塁打でイーグルス先制。この後は、久保も立ち直って粘りの投球。3回はエラーのランナー出塁から、1死1,2塁のピンチで山崎武でしたが、注文どおりのゲッツー!

今年は左腕を攻略できず、低めに集めながら、ストレートとスライダーを主体に内野ゴロの山。外野に全く打球が飛ばず、2~6回までパーフェクト。7回、2死から新井がヒットを放つと、続く金本がインローのストレートを豪快に振りぬくと、打った瞬間とわかる逆転2ラン!仙台ではほぼ毎年打ってる。ここから、城島ブラゼルと不振のバッターが軽打でつなぎ、川井をKO。美馬vs桧山でしたが、詰まらされて追加点ならず。

7回まで87球の久保は8回まで続投。聖澤に12球粘られて、ピッチャーのグラブを弾く内野安打。鉄平、松井稼と嫌な感じもしましたが、切り抜け。そして9回は球児。少しバラついてましたが、2死から昨日、榎田がやられた横川を警戒してフォーク連投の末、四球。続く草野にもカウント3-0と嫌なムードでしたが、最後はレフトフェンスギリギリのフライでゲームセット!

「(インタビュアーに促され)ありがとうございます!」 by 久保(隣の金本に)
「ホームランはまぐれ。(復調宣言は)まだまだ早いです」 by 金本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 久保
藤川
 
ブラゼル
マートン 新井 城島 平野 上本 柴田
鳥谷 新井良 俊介 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月28日 (土)

能見、9回投げきるも援護なく、延長サヨナラ負け。

20110528 楽天○3x-2●阪神(Kスタ宮城) 勝利打点:横川

サンテレビ、BS12で完全中継。今日の先発は能見(中7日)、楽天・塩見。右手負傷から、9試合ぶりに鳥谷がショート復帰し、やっと金本がDHに。レフトには新井良太が入り、現時点でのベストオーダーで臨みました。

台風の影響でスタートから雨が降りしきる厳しいゲーム。初回、先頭・マートンが2塁打で出塁すると、平野が小フライ気味のバント成功。2死3塁で新井がタイムリーを放ち、タイガース先制!ただ4回、連打で無死1,2塁としながら、金本以降が何も出来ず。

6回、横川が先頭打者ヒット。2死から連続四球(いずれもフルカウントから)で満塁にしてしまい、途中出場の内村がセンター前へ2点タイムリー。好投の能見が逆転されました。しかし7回、2死からブラゼルがライトスタンドへ一発を放ち、2-2の同点!

8回、イーグルスはルーキー・美馬にスイッチ。先頭・マートンが猛打賞となるライト前ヒットで復調気配。スタンド投げ入れのショックはもうないかな?ただ続く平野がバント失敗。1塁ファール方向へ2度打ち上げてしまい、少し心配。1,2塁のチャンスに広がりましたが、新井が良い当たりのセカンドゴロ併殺。

打線の援護が無いまま、能見が9回まで続投。4安打に抑えながら、32歳のバースデー白星はつけてあげれず。平野鳥谷が相次いで好プレイを見せ、延長戦へ。10回は榎田が登板。先頭・草野に際どい所を取ってもらえず、四球。続く嶋にキッチリ送られると、1死2塁から今日当たっている横川がレフトオーバー。ストレート勝負が裏目に出て、サヨナラ負け。いったい、いつになったら打ち出すんだろう。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 能見
ブラゼル
新井 鳥谷
 
新井良 柴田
平野 金本 城島 俊介 榎田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2011年5月26日 (木)

プレーボール。エラー、エラー、ホームランで完敗。

20110526 阪神●1-4○ロッテ(甲子園) 勝利打点:井口

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中7日)、ロッテ・成瀬。腰痛を訴えた城島、不振のブラゼルがベンチスタート。逆に今岡が7番ファーストで先発出場のアナウンスで虎ファンからも歓声。初回、先頭・岡田のファーストゴロを関本が弾くと、トスが間に合わずセーフ。続く高濱のバントを岩田が1塁悪送球で、無死1,2塁としてしまうと・・・井口には3ラン。これで今日終わってしまった感も。この後、打球判断の遅れた金本のポケットキャッチも。

5回、成瀬に振り逃げで出塁させてしまい、2死2塁で井口を迎えた時に、ベンチから敬遠指令。たまたま岩田のえっ?という顔が映ってましたが、この辺が噛み合ってない現状も感じました。

6回、雨が打ち付けるように強くなっていく中、先頭・上本が四球で出塁。すると3点差でもスチール敢行。送球が足に当たり、転々とする間に一気に3塁へ。ここでマートンがライト前へポトリと落とすタイムリーで、ようやく1点。3安打しかされていないのに、援護が少ない岩田。7回まで投げぬきました。

8回、2番手は福原。1死2塁で清田のライトフライ。キャッチしたマートンがアウトカウントを間違い、アルプススタンドへボールを投げてしまい・・・2塁ランナーがホームイン。10年くらい前に大阪ドームの阪神×広島?で見た以来、まさか味方がやってしまうとは。解説の小山氏もあきれ果ててました。

9回、抑えの藪田がマウンドに上がり、制球が珍しくバラついた状態。先頭・金本がヒットで出塁するも、続く関本が今日2つめのゲッツーで反撃ムードも起こらず。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
岩田 福原 小嶋
金本 上本 林威助
 
マートン 俊介 鳥谷
平野 新井 藤井 関本 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小宮山慎二捕手(城島の腰痛で急遽昇格。先発チャンスも。)
OUT 浅井良外野手(1試合だけで再び降格。何だったのか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2011年5月25日 (水)

高濱、スタメン2番起用で古巣の虎に恩返し。

20110525 阪神●2-5○ロッテ(甲子園) 勝利打点:井口

サン→ABC→サンのリレー中継、BS1で完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中7日)、ロッテ・吉見。シーズン前に人的補償で移籍した高濱が2番ショートで先発出場。タイガースファンからも歓声が上がりました。初回、2死2塁から新井がスローカーブを弾き返し、セカンドの頭を越すタイムリーで、12試合ぶりにタイガース先制!

2回、2死から連続2塁打(金本の横を残念な感じに抜けて行きました)で、同点に追い付かれると・・・3回もピンチの連続。ここは無失点に抑えて、迎えた4回。先頭・清田の当たりを新井が弾いてしまい、いきなり無死2塁のピンチ。2死後、打撃も定評のある吉見がセカンド後方に打ち上げ、ここで平野が後ろ向きにスーパーダイビングキャッチ!

5回、1死2塁からクリーンアップに3連打。上本がわずかに追い付けず、2点を失い、1-3でスタンリッジはこの回まで。そのウラ、1死1,2塁のチャンスでしたが、平野のレフトフライに2塁・ブラゼルが戻れず、痛恨のゲッツー。しかし6回、2死から金本のボテボテ内野安打などで1,2塁とすると、城島がレフト前タイムリーで反撃!さらに満塁で上本でしたが、抜けた変化球にハーフスイングとられて万事休す。

7回、前の回から投げていた久保田が捕まり。高濱にフェンス直撃の2塁打で恩返しされると、2死後、清田にフルカウントから四球を出して満塁となり、今江タイムリー、伊志嶺にも粘られて押し出しの四球。2-5となり、リードを再び広げられてしまいました。

8回からは若竹が初登板。珍しく制球を乱してましたが、結果的には2回無失点。バント小フライでわざと落球したのに、審判に認めてもらえず。というレアなプレーも。ロッテは7試合めで交流戦初勝利。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
新井 関本 鳥谷 林威助
金本 マートン 城島 若竹
ブラゼル 平野 上本 柴田 桧山 スタンリッジ
俊介 浅井 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 若竹竜士投手(2軍で昇格1番手と絶賛の評価。今年こそ。)
IN 浅井良外野手(打撃不振から抜けれるか。守備も貴重。)
OUT 下柳剛投手(内容は悪くないが、再び登板予定に恵まれず。)
OUT 渡辺亮投手(起用所が定まらず、調子も下降線に。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年5月24日 (火)

榎田、プロ初勝利!久々の集中打でレオ退治。

20110524 阪神○5-3●西武(甲子園) 勝利打点:上本②

BS1で完全中継。今日の先発は下柳(再昇格)、西武・西口。昨日中止だった順延試合ながら、2万7000人来ました。オーダーは平野俊介と1,2番を入替えて機動力強化。初回、新井の好プレイも飛び出すと、そのウラ、1死1,3塁のチャンスで新井がゲッツー。悪い流れがまだ断ち切れない。

4回、ここまで9人で抑えた下柳でしたが・・・片岡に盗塁を決められると、栗山に左中間へタイムリー2塁打を許し、ライオンズ先制。続く中島にもタイムリーを許し、2点め。この後、中村の三振ゲッツーに救われました。

そのウラ、新井が18打席ぶりのヒットとなる一発で1点を返すと、ここから猛攻。ブラゼルがバー直撃のタイムリー2塁打。ビデオ判定の末、無死2,3塁で再開され、上本の犠牲フライ(ブラゼルも3塁へ)で勝ち越し。ここで左の星野にスイッチしますが、早めに仕掛けて下柳の代打・鳥谷に四球。平野にもタイムリーで抑えきれず。47イニングぶりのタイムリーもあり、一挙4点の猛攻!!

4-2の5回は小嶋が上がりますが、2死2塁で片岡にタイムリーを許してしまい・・・1点差。次の回も続投し、1死を取った所で、右の福原にスイッチ。これには場内どよめき。中村の痛烈な当たりに新井が後逸し、2死2塁のピンチでしたが、ここは切り抜け。

7回からは榎田が2イニング。最後の方は球が上ずってましたが、見事に抑え(記録員の裁量もあって)プロ初勝利!8回、2死1,3塁のチャンスで、ライオンズも左のグラマンを投入。ここで平野が三遊間を鮮やかに破るタイムリーで勝負アリ。リードが2点になり、9回の球児も投げやすかったはず。ウイニングボールをスタンドに投げてしまったものの、榎田の手元に戻ってきました!

「気持ちで打ちました。足が痛いなんて言ってられない」 by 平野
「まさか自分に勝ちがつくと思ってなかったので、素直にうれしい」 by 榎田
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 榎田 藤川
ブラゼル 桧山 福原
俊介 城島 鳥谷 金本
マートン 上本 下柳 小嶋
新井 新井良 柴田 林威助
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(日程の都合で落ちていたが、合流。調子は悪くない。)
OUT 荒木郁也内野手(打撃が見れなかったが、足と守りである程度結果。)

今日、江草仁貴(30)投手と、西武ライオンズの黒瀬春樹内野手(26)とのトレードが両球団から発表されました。二遊間の故障が相次ぐタイガースも内野手強化。ライオンズもリリーフ不足で今シーズン出番のない左腕に白羽の矢。自由獲得枠で入り、これまでフル回転してただけに残念ですが、次では良い場面で登板できそうなので注目です。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年5月22日 (日)

生観戦。38イニングぶり得点も、5併殺で4連敗。

20110522 阪神●1-2○西武(甲子園) 勝利打点:平尾

朝日放送で11回表途中まで中継。阪神戦は今季初の生観戦でした。午前中のゲリラ豪雨に耐え、阪神園芸さんにもいつもながら感心させられます。先発はメッセンジャー(中6日)、西武・帆足。平野が4試合ぶりに先発復帰し、3番にはマートンを起用。

中盤から両チームがチャンスを潰し、特にタイガースは4回、5回と連続ゲッツー。粘投しながら無失点に抑えていたメッセンジャー。100球を超えてラストイニングと思われた6回、しかも2死から変化球が浮いた所をフェルナンデスに被弾でライオンズ先制。そのウラ、代打・鳥谷がヒットで出塁し、これが1000試合出場に。2死1,3塁から1塁・平野が飛び出し、挟殺プレーの間に3塁・鳥谷がホームインし、38イニングぶりの得点で同点!

7回からは連投の榎田。2イニングをパーフェクトに抑えて、プロ初勝利の可能性もありましたが、打線が7回、8回と先頭バッターが四球で出塁しながら、連続ゲッツー。帆足も8回まで91球と省エネ。同点の9回、タイガースは球児投入で勝ちに行きました。中軸相手に3人でピシャリ。

最大のチャンスは9回でした。代打・関本がヒットで出塁し、俊介も初球バント成功。この後、マートンもライト前ヒットでつなぎ1死満塁と場内のボルテージが上がりましたが・・・新井が内野ゴロでホームアウト。なお満塁で、柴田に代打・新井良太が出ましたが、初球、痛烈なサードライナー。おかわり君に止められ延長に。

10回からは小林宏。初めてレフトに入った新井良に打球が飛んでくるもの。ややぎこちない処理でした。10回のピンチは抑えましたが、11回は1死1塁から、フォークをわずかに弾き、中島がスチール。さらに城島が2塁悪送球の間に3塁まで進まれました。2死後、代打・平尾に9球粘られ、執ようなストレート勝負が裏目で勝ち越しタイムリー。

そのウラ、代打・桧山がセカンドのグラブ下をすりぬけるヒット。同点のランナーでしたが、俊介に送らせず、代打・を強攻させてゲッツー。裏目裏目に出てしまい、1試合5併殺は初めて見ました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 榎田 藤川
鳥谷 関本 桧山 メッセンジャー 小嶋
小林宏
マートン 俊介 金本
上本 ブラゼル 新井良 柴田 荒木 藤井
新井 城島 林威助
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

Rimg0071

Rimg0092

Rimg0098

Rimg0102

Rimg0109

Rimg0115

Rimg0125

Rimg0139

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2011年5月21日 (土)

杉内に完敗。苦肉の新オーダーも不発で借金5。

20110521 ソフトバンク○7-0●阪神(ヤフードーム
勝利打点:長谷川

朝日放送で完全中継。今日の先発は久保(中6日)、ソフトバンク・杉内。鳥谷、金本、ブラゼルをスタメンから外し、新井良柴田は初スタメン抜擢。右打者メインのオーダーに大幅に組み替え。立ち上がりから、粘りの打撃で杉内の球数を増やしていく形に。

3回、新井良が1塁線を破るチーム初ヒット。1死後、柴田もヒットでつなぐと、ここから2死満塁のチャンスを作り、今日は3番起用の関本でしたがセカンドゴロで三者残塁。するとそのウラ、長谷川がライトスタンドへ持って行き、ホークス先制。9試合連続で相手チームに先制されました。

3回までで52球とまずまず投げさせていた杉内がギアアップ。完全にタイガース打線を封じました。対する久保、スライダーが普段よりスピード遅く、投球も軸足を溜めて長く持たせるフォームに変わってました。5回こそ、1死1,3塁のピンチをしのぎましたが・・・6回に炎上。内川の右中間フェンス直撃3塁打、カブレラの連続タイムリーを含む4連打を浴び、0-3でKO。

なお無死1,2塁のピンチで榎田が出てきましたが、流れを止めきれず連打。松田のタイムリーと長谷川の犠牲フライで0-5。ゲームが決まってしまいました。7回の渡辺も、いきなり四球を出すと・・・内川がまたも右中間。マートンがカットマンに返さず、2塁に遠投で返球する間に1塁ランナーがホームインするなど散々。

9回、完封ペースの杉内から先頭・俊介が内野安打。連続試合出場を続ける鳥谷がこの場面で代打で登場。久々に良い当たりでしたがショートライナーに飛び出してゲッツー。借金5で最下位ベイスターズとは1ゲーム差。完全に流れが悪くなってきました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
 
榎田 久保田
新井良 柴田 上本 俊介 関本 鳥谷 ブラゼル
新井 マートン 城島 林威助 久保 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年5月20日 (金)

能見、好投報われず。鷹に狙われたレフト金本。

20110520 ソフトバンク○4-0●阪神(ヤフードーム
勝利打点:川崎

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、ソフトバンク・山田。平野の故障で、俊介、上本の1,2番が早くも実現し、代役セカンドの関本は9番。初回、1死1,2塁のチャンスでしたが、新井がボテボテの進塁打。続くマートンは良い当たりのセンターライナーで無得点。

初対戦となった左腕の山田ですが、球速が出ないながらにバッターが差し込まれてる感じも。対する能見も初回、四球1つ出しただけで、5回までノーヒットピッチング。内角ストレート、フォークなどで空振りも取れて素晴らしい内容。6回、無死2塁のチャンスでしたが、上本がバント失敗で進塁打もできず。中軸も凡退。

そのウラ、先頭・長谷川がチーム初ヒット。1死2塁から川崎がレフトへの当たり。前進守備の金本のジャンプ及ばず、タイムリーでホークス先制。中継への返球もそれる間に3塁まで進まれると、続く本多の内野ゴロ(前進守備で上本が良く止めた)で2点め。

8回、全く同じパターン。またも先頭・長谷川のヒット、1死2塁から、川崎がまたもレフト線へ。金本のダイブも及ばず、後逸する間に、タイムリー3塁打で決定的な3点め。1,3塁にしたところで能見から、福原にスイッチしましたが・・・今年得意の城島(悪送球)で4点め。

能見が打たれたヒット5本、すべてレフトへの打球。。。育成出身の山田にプロ初完封を許してしまい、初顔の弱さは相変わらず。明日は杉内の予想。浅井がいないけど、ガラッと組み替えないと厳しいか。鳥谷も負傷後、3試合ノーヒット。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
能見
俊介 小嶋 福原
 
上本 関本 荒木
マートン 鳥谷 新井 ブラゼル 金本 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 荒木郁也内野手(相次ぐ内野陣の故障でプロ初昇格。アピールしたい。)
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岡崎太一捕手(捕手3人制として機能できず。もったいない。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月18日 (水)

今度は平野まで負傷。初顔フィガロを攻略できず。

20110518 オリックス○2-0●阪神(京セラドーム
勝利打点:田口

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は岩田(中12日)、オリックス・フィガロ。初回、上本のセンター前ヒットで一気に2塁からホームを狙った平野がブロックアウト。この時に足を痛めてしまい、初回の守備から関本に交代。日曜の鳥谷に続き、鉄壁の二遊間にアクシデント。そのウラ、マートンのまずい守備(記録は2塁打)もあり、1死2塁から3番起用された田口のタイムリーで今日もバファローズ先制。

2回、1死3塁で坂口のショートゴロ。前進守備の中でも、3塁・鈴木がゴロゴーで好スタートを切っており、内野ゴロの間に早くも2点め。それでも3回には、T-岡田の1,2塁間への当たりに、関本がダイブ!助けました。制球に苦しむ岩田は3回までで既に74球と登板間隔も空いて苦労しました。最大のチャンスは4回、2死からブラゼルが右腕に死球を受けて、ここから満塁のチャンスでしたが・・・関本が初球ファールフライ。

中盤は岩田が持ち直して4~6回はパーフェクト。7回も続投し、2死2塁から坂口のライト前でまたも鈴木がホームを狙いましたが、浅めに守っていたマートンのバックホームが決まり、ホームタッチアウト。ビハインドの展開ですが、久保田が8回のマウンドに上がり、3人で抑えました。

終盤は平野佳-岸田の必勝リレーに打線が沈黙。速球派のフィガロからは8安打を放ちましたが、決定力に欠ける結果に。今季2試合めの完封負けを喫しました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
久保田
岩田
関本 マートン ブラゼル
平野 金本 上本 俊介 城島 鳥谷
新井 林威助
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2011年5月17日 (火)

上本、今日も大当たり!久々の機動力でオリ圧倒!

20110517 オリックス●4-5○阪神(京セラドーム
勝利打点:新井②

関西テレビで3回表から6回ウラまで中継。交流戦開幕の先発はスタンリッジ(中8日)、オリックス・寺原。右手負傷の鳥谷がDHに回り、代役の上本は2番ショートでスタメン。初回、2死1,2塁からヘスマンのタイムリーでバファローズ先制。

3回、1死1塁から上本が左中間オーバーのタイムリー2塁打で同点!さらに三盗(今日2コめ)を決めると、新井がライト前タイムリーで勝ち越し!2死後、金本が外寄りの直球を右中間に弾き返し、2点2塁打で4-1と逆転!そのウラ、T-岡田の一発で反撃されますが、4回は俊介の盗塁から、上本がまたもレフト線へタイムリー2塁打で猛打賞!チーム3盗塁の機動力、こんな野球が見たかった(笑)

5回、1死3塁で金本がレフト線への浅いフライで、タッチアップを狙った新井が本塁憤死。なかなか追加点を取れずにいると、6回は四球と連打で1点を返された所で、渡辺にスイッチしますが・・・アウトを取れず。代打・田口のハーフスイングをとってくれずに四球。続く大引のタイムリーで1点差に迫られてしまい、今日も榎田投入。

1死満塁、フルカウントから下山を空振り三振に抑え、続く梶本が初球レフトオーバーかという当たりでしたが、前進守備の金本が背走、目測も右方向にやや誤り、フェンスに向かってダイビングポケットキャッチ!よく捕れたなぁと思うくらい、絶体絶命でした。

酷使が進む榎田が7回も抑えると、1点リードのまま8回は小林宏。ランナーを出すと、今日も暴投発生。1死1,2塁のピンチでしたが、慣れたせいか・・・あまりハラハラしなかったです。。。9回は球児。坂口のレフトファールフライに俊介がフェンス激突しながら、ナイスキャッチ!2死からランナーを出しましたが、最後は北川を三振に抑えて、ゲームセット。

「今日は今日で切り替えて明日も勝ちたいと思います」 by 上本(2戦連続)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
上本 新井 榎田
金本 藤川
俊介 小林宏
平野 ブラゼル スタンリッジ
鳥谷 新井良 柴田
マートン 城島 林威助 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2011年5月15日 (日)

上本、代役ショートで大活躍!吉見攻略で交流戦へ。

20110515 阪神○3-1●中日(甲子園) 勝利打点:上本①

BS1で完全中継。朝日放送でも9回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中7日)、中日・吉見。26試合めで真弓監督が大幅なオーダー変更。平野、俊介の1,2番、マートンを5番といったキャンプ時の構想に近いもので臨みましたが・・・初回、鳥谷がゴロを裁く際、右手人差し指を裂傷。流血し、代打・上本と交代。

2回、1死1,2塁で谷繁がレフト前ヒット。浅めにも見えましたが、2塁からブランコが一気にホームを狙い、バックホームすらできず。急造ショートの上本にポジショニングを指摘されてましたが、レフトのほうが問題。

4回、1死1,2塁でマートンがライト前に弾き返すタイムリーで同点!さらに満塁のチャンスでしたが、城島がポップフライ。5回、3人で抑えたメッセンジャーに代打を出し、点を取りに来ました。2死から俊介がヒットを放ち、すかさず盗塁成功!次の球を上本が振りぬき、3塁線を破るタイムリー2塁打で勝ち越し!

1点リードの6回からは榎田。先頭打者こそ出しましたが、次第に低めにズバズバ決まって、今日は2回4三振!8回も行ける感じでしたが、さすがに代打を出されました。8回は注目の小林宏。ストレートが151キロをマークし、変化球もキレてました。2死後、森野に狙い打たれてフェンス直撃の2塁打・・・でしたが、最後はブランコの特大フライ。城島も懸命にバウンド球を止めてましたし、強風の浜風に救われました。

8回も吉見が続投し、先頭・上本が10球めをセンターオーバーの2塁打!1死3塁でマートンが前進守備のショート右を緩やかに抜けていくタイムリーで3点め。最終回は、球児が中9日で登板。2死を取った所で、地上波が終わり、ヒットを許しましたが、最後は代打・堂上兄のレフト線フライをショート・上本が捕ってゲームセット!

11勝14敗1分の5位で7年目の交流戦へ。
「(上本さんは)持ってるなぁと思いました」 by 俊介(広陵高の1コ後輩)
「(俊介は)普通です。普通の礼儀正しい後輩です」 by 上本(緊張気味)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
上本 マートン 榎田
俊介 藤川
平野 メッセンジャー 小林宏
新井 ブラゼル
柴田 新井良 林威助 桧山
鳥谷 金本 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2011年5月14日 (土)

桧山、球団新の代打14号。チームは打てまチェン。

20110514 阪神●3-4○中日(甲子園) 勝利打点:ブランコ

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発は久保(中7日)、中日・チェン。やはり久保の日はレフト。2回、ブランコに内角シュート系を打った瞬間とわかる、特大アーチで今日もドラゴンズ先制。対するタイガースは3回、得点圏にランナーを置き、久保の右打ちを井端がダイビングキャッチ。同点ならず。

4回には野本の左中間へ切れていく当たりを俊介が快足キャッチ!逆にそのウラ、新井の痛烈なサードゴロが森野のグラブに入ってしまい、本人も驚いてました。両チームがファインプレーの応酬。6回、久保が四球2つで崩れかけましたが、ブランコがピッチャー前へのインフィールドフライ。(城島とブラゼルが交錯寸前)

7回、ここまで100球の久保を6回の打席に立たせて続投。先頭の打率1割4分のグスマンに四球を出してしまい、1死2塁で落合監督が動いた。好投のチェンに代打・堂上兄がタイムリー。さらに満塁となった所で、榎田にスイッチ。森野を追い込んでから、スライダーがひっかかって後逸する間に、痛恨の3点め。

そのウラ、左の三瀬を攻め、1死満塁で代打・新井良太がレフト前へ2点タイムリー!再び1点差に迫り、1死1,2塁でしたが、河原、小林正の小刻みな継投を前に追い付けず。すると8回、グスマンが開幕戦以来の一発。渡辺には珍しく、内角シュート回転の失投でした。城島のインサイド要求に応えられず。

2点差の9回、もちろん岩瀬が登板。右の代打が手薄で、途中出場の柴田に代打・岡崎を送るも、あえなく三振。2死後、代打・桧山が登場。ひざ元のスライダーを弾き返し、ライトスタンドへ華麗な一発!追い付かない程度の反撃の中で、明日へとつながり。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井良 桧山
久保 福原
新井 関本 榎田
林威助 俊介 ブラゼル 柴田
平野 鳥谷
マートン 城島 岡崎 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年5月13日 (金)

柴田、復帰即プロ初ヒットでセンター争いに名乗り。

20110513 阪神●2-4○中日(甲子園) 勝利打点:ブランコ

NHK総合でサブチャンネルも使って完全中継。今日の先発は能見(中9日)、中日・ネルソン。初回、パスボールもあり、1死2,3塁の大ピンチをしのいだ能見。この後は両先発が序盤3回をパーフェクトに抑えましたが、4回、森野にフェンス直撃の2塁打。暴投もあり、ブランコの犠牲フライでドラゴンズ先制。

そのウラ、新井が右中間に大飛球を放ちましたが、グスマンが追い付いてしまい、得点ならず。そして6回、初回と同様にアライバがカンタンに得点圏のランナーを置き、2死2塁から和田のレフト前タイムリーで2点め。深めに守っていたので、仕方の無いことかもしれませんが、打球に突っ込めなかった金本のバックホームはもはやできず。

6回ウラ、代打・の良い当たりでしたが、またもグスマンが好捕。この後、2死2塁から鳥谷のライト前ヒットで、一気にホームを狙ったマートンでしたが、グスマンのバックホームでタッチアウト。そして7回、ビハインドながら投入した久保田が、谷繁に狙い打たれて決定的な2ラン(バット放り投げてました)。

7回、ブラゼルがライトスタンドへ3号ソロを放つと、8回に浅尾から反撃チャンス。先頭の代打・柴田が左中間に落とし、これがプロ初ヒット!さらに代打・桧山もつなぎ、無死1,2塁とすると、マートンのレフト前タイムリーで1点。落ちきらないフォークを3連打。ただ平野がバント失敗し、鳥谷もフォーク攻めに空振り三振。満塁でブラゼルでしたが、高めのハーフスイングを取られて、万事休す。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
小嶋 柴田
マートン 桧山 能見
ブラゼル 鳥谷
平野 金本 林威助 関本 岡崎
新井 城島 俊介 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 上本博紀内野手(大和のアクシデントで回ってきたチャンス。足から活路を。)
IN 岡崎太一捕手(捕手3人制への布石。起用所も見守りたい。)
IN 柴田講平外野手(2軍で結果を出し、再昇格。俊介と十分戦える。)
OUT 下柳剛投手(昨日は散々でも、内容は悪くない。交流戦で再チャンス。)
OUT 浅井良外野手(強肩は惜しいが、まったくヒットが打てずに降格。)
OUT 大和内野手(1軍から参加したウエスタンで左肩を負傷。もったいない。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年5月12日 (木)

雨中の乱打戦。渡辺が締め直し&プロ初打点!

20110512 阪神○11-4●広島(甲子園) 勝利打点:ブラゼル①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は下柳(中7日)、広島・篠田。初回、1死2塁から廣瀬のレフト前。雨で2日流し、芝は水浸しの外野はすべりまくり。バウンドが変わったか、金本が後逸&転倒の間にカープ先制。2点を追う1回ウラ、鳥谷新井がフェンス金網直撃の連続タイムリー長打と、ブラゼルの内野ゴロの間に3-2。

2回、豪雨で篠田がバランスを崩し、2死1,3塁で平野が左中間オーバーの2点3塁打!鳥谷もタイムリーで続き、6-2としましたが・・・3回も下柳が乱調。1点を返された所で、早くも渡辺にスイッチ。そのウラ、金本城島の連続アーチが飛び出し、さらに俊介も3塁打。ここで渡辺が高めを弾き返し、プロ初ヒット&初打点。9-3で天敵・篠田をKO。両先発が苦しみました。

4回から金本が退き、雨が強まってノーゲームも想定されましたが、渡辺がパーフェクトピッチングで試合成立。こう着状態でしたが、6回にマートンが右中間に3号ソロ。7回には城島が今日2本めとなる豪快な5号ソロ。バッターボックスで打球の行方をずっと見てました。これが日米通算1000打点。

大差がつき、終盤は雨も上がりました。失点は福原がトレーシーに一発を許したのみ。解説陣からも指摘がありましたが、7点差の9回に、ようやく小林宏が登板。ツーベース1本こそ許しましたが、真っ直ぐ主体のピッチングで、150キロも計測。コントロールにバラつきがありましたが、キレを取り戻すのが先決。浮上のキッカケをつかんでほしい。

今日の勝利で最下位脱出。0.5ゲーム差の中に、3位~6位の4チーム。次のドラゴンズ戦、吉見、チェンが登板予定でも勝ち越して、交流戦へ入りたい。

「ヒット打てたらいいな。と思ったら当たりました」 by 渡辺(←シモさんばり)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 マートン 平野 俊介 城島 渡辺
新井 小嶋
小林宏
 
ブラゼル 金本 新井良 福原
浅井 関本 林威助 下柳
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年5月10日 (火)

雨の間に、ベイG倒で4年ぶりの最下位転落。

阪神 - 広島(ほっともっと神戸) 雨天中止

最下位ベイスターズと0.5差で迎えた今日は、雨のために中止。その間に、横浜が巨人を7-1で倒し、ゲーム差なしでタイガースと並ばれました。また勝率差で、横浜が阪神を上回り、タイガースが最下位転落。

07年5月9日以来の最下位転落。真弓監督になってからは、就任3年めで意外と初めてになります。不調な選手も多く、戦力の見つめ直しが必要になってきました。

07年もすごかったですよ。5月に9連敗で最下位転落し、9月は球児の10連投&10連勝で単独首位に立ち、その後、8連敗で優勝できなかったんですから。後は這い上がるのみ。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

久保田、サヨナラ被弾。ベイに3連敗で迫る最下位。

20110508 横浜○3x-2●阪神(ハードオフ新潟)勝利打点:吉村

22試合めで初の中継なし。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、横浜・高崎。2週間ぶりに城島がスタメンを外れ、藤井を起用。2回、ハーパーにフェンス直撃の2塁打(強風がなければ入ってました)から、1死1,3塁で細山田のピッチャーゴロ。判断が分かれる所ですが、2塁併殺を狙った分、ゲッツー完成できずに1失点。

3回、平野のヘッスラ内野安打で1死1,2塁のチャンスでしたが、鳥谷新井が凡退。そのウラ、無死2塁で渡辺直のバント処理。藤井が3塁アウトを狙いましたが、ワンバウンドしオールセーフ。この後、スレッジの犠牲フライで2点め。さらに1,2塁のピンチを背負いましたが、連続三振で切り抜け。ここでスタンリッジもう69球。

中盤はスタンリッジも立ち直り、6回2失点とゲームメイク。今年も高崎を攻略できないまま、7回、先頭・金本がヒットで出塁。藤井が初球バントを決め、2死3塁で代打・桧山が初球、レフト前タイムリー(開幕戦以来のヒット)を放ち、1点差。しかし代走・浅井が盗塁失敗で攻撃終了。

8回、4人のスクランブル継投を相手に、先頭・マートンのヒットで、続く平野が初球バントを決めると、鳥谷がセンター前タイムリーで同点!なお1死1,2塁のチャンスでしたが、ブラゼルがサードゴロ併殺。ファウルフライを村田が落とした直後でした。同点の8回はなんとルーキー・榎田起用。ガンが甘いのか150キロもマークし、三者凡退。

9回、ベイスターズは抑えの山口が3人で抑えると、タイガースは久保田を投入。ハーパーを三振に取りましたが、次の吉村にフルカウントから右中間へサヨナラホームラン。2年ぶりのベイスターズ戦3タテ。5位転落で、最下位までもう0.5差。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
榎田 福原
鳥谷 桧山
マートン 平野 スタンリッジ
金本 俊介
藤井 林威助 関本
新井 ブラゼル 浅井 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年5月 7日 (土)

小林宏、自滅で3失点逆転負け。トリプルK解体も。

20110507 横浜○5-4●阪神(横浜) 勝利打点:内藤

NHK総合で2回ウラから中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、横浜・須田。試合前から雨が強くなる中、プレーボール。初回、ストライクの入らない須田から、1死満塁でブラゼルが火の出るようなライト線2点タイムリーでタイガース先制!なお1,3塁のチャンスでしたが、金本が痛恨のゲッツー。

3回、2死2,3塁でブラゼルが打った際にひざから崩れ落ち、故障再発か?と心配されましたが、最後まで出場。そのウラ、石川の当たりがバウンド合わず、ショート・鳥谷の足に当たって外野に転がる間に2塁へ。続く渡辺直のレフト前、金本も前進守備でしたが・・・楽々ホームインを許しました。4回、城島が真ん中に入ってきた球を豪快に140m弾!ツーシームも多投してましたが、ルーキー・須田は5回3失点。

雨も止み、5回までで65球と好投のメッセンジャーでしたが・・・6回に試練。1死3塁からハーパーに高めに浮いた変化球を弾き返され、3-2。続投希望のようにも見えましたが、7回に代打を出されました。その7回、2死2,3塁で平野がレフト前タイムリーで猛打賞!左ピッチャーから狙い済ましてのワザアリ。

7回は右バッターが続く中で榎田が無失点。2点リードのまま、8回は小林宏が上がりましたが・・・大誤算。2四球と死球で1死満塁になり、ここで城島にとって不安要素、暴投が出てしまい、1点差。なお2,3塁で、内藤がストレートを狙い撃ちし、フェンス直撃の2点2塁打。3失点でまさかの逆転劇。落ちる球は手を出さず、ストレートも走ってこないままでは厳しい。

9回は山口との勝負。相性の良い俊介がピッチャーライナーで2死。代打・のヒットで、代走・大和(4月19日以来の出場)が盗塁成功。一打出れば同点、という場面でしたが、マートン凡退でゲームセット。コバヒロの配置転換は免れない状態に。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 榎田 久保田
メッセンジャー
ブラゼル 林威助 大和
マートン 城島
新井 俊介
鳥谷 金本 桧山 浅井 小林宏
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年5月 6日 (金)

久保、薄暮ゲームで調子上がらず。山本に2敗め。

20110506 横浜○3-1●阪神(横浜) 勝利打点:細山田

サンテレビで完全中継。東京電力管轄のナイターで17時スタート。今日の先発は久保(中6日)、横浜・山本。レフトに浅井を起用したこともあり、城島が初の6番昇格。ただ2回の打席で、初球ゲッツーはチームにとっては厳しかった。

そのウラ、久保が乱調。無死1,2塁から渡辺直の送りバントが内野安打となり、満塁とされると・・・細山田に2点タイムリーを許し、ベイスターズ先制。さらに石川にタイムリーを許して、3点め。もっと取られてしまいそうな状態でしたが、平野のジャンピングスローで切り抜け。久保も悪いなりにまとめてくるのはさすが。6回に代打のチャンスもありそうでしたが、結局7回まで続投。

逆に打線が山本の前にノーヒットピッチング。四球2つこそありましたが、直後のバッターがゲッツーを打つ始末。6回までノーヒットに抑えられて、まさか・・・という空気が出だしました。ただ7回、先頭・マートンが内野安打を放ち、ノーヒットノーランは回避。

8回、先頭・ブラゼルがバックスクリーン右のフェンス最上部に当てる2塁打。続く城島がレフト線へタイムリーを放ったのですが、本人が2塁でまさかのタッチアウト。自身の感覚よりも、体がついてこないのでしょう。完全に流れが切れました。2死後、俊介に代打・新井良太を送る珍しい采配も不発。次の守備から入ったの入れ方も残念。

そのウラ、福原が150キロ到達。3人でピシャリと抑えますが・・・9回は山口の前に三者三振。ほとんど良い所なく完敗で、山本は対タイガース戦、2戦2勝。新たなタイガースキラーになるか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
ブラゼル 福原
久保
平野
城島 マートン 浅井 新井良 林威助
鳥谷 新井 俊介 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年5月 5日 (木)

岩田、578日ぶりの勝利でG倒!涙のお立ち台。

20110505 巨人●1-2○阪神(東京ドーム) 勝利打点:城島②

BS日テレで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、巨人・澤村。初回、立ち上がりから澤村の制球がばらつく間に1死1,2塁のチャンスでしたが、新井(完全な着払い)、ブラゼルが連続三振で無得点。

2回、1死2,3塁のピンチを切り抜けた岩田でしたが、4回でした。ラミレスに追い込んでからインコースのストレートを狙い済まされ、特大の6号でジャイアンツ先制。さらに暴投で2塁に進まれると、2打席連続で8番を敬遠策。ピッチャー勝負を取る、念を入れた守備。(ただ1,3,5回と続けて坂本からの攻撃は怖い)

5回、先頭・俊介がライトフェンス直撃の2塁打。岩田がスリーバント失敗ながら、2死3塁で平野が落ちないフォークを振り、鮮やかな同点タイムリー!3打数3安打で、澤村キラーがここに誕生。さらに牽制悪送球で動揺したか、粘って連続四球で満塁のチャンスでしたが、ブラゼルは良い当たりのレフトフライ。そして6回、城島が多投しないカーブをレフト最前列に放り込み、勝ち越し!

7回、代わった左の高木からブラゼルが右中間真っ二つ。1塁から新井が一気にホームを狙いましたが、タッチをかいくぐれず憤死。嫌な流れでしたが、岩田が7回まで投げぬきました。右打者の外角へのシュート(ツーシーム)も最後に出してきた感じ。

1点リードの8回は小林宏。昨日追い付かれただけに不安でした。小笠原に2000本安打を許し、タイガースからは新井が花束贈呈。何か言葉もかけてました。なかなか低めのフォークを振ってもらえず、29球かかりました。そして9回は球児。2死から死球を出し、苦手の坂本でしたが・・・右中間へのフライをマートンがスライディングキャッチでゲームセット!東京ドームで今カード勝ち越し。

「後がないと思い、背水の覚悟で投げました」 by 岩田(涙のヒーイン)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 鳥谷 岩田
城島 藤川
マートン
ブラゼル 俊介 小林宏
浅井 新井良 桧山
新井 金本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年5月 4日 (水)

消えるボール?初回の3点守りきれずサヨナラ負け。

20110504 巨人○4x-3●阪神(東京ドーム) 勝利打点:実松

BS日テレで完全中継。今日の先発は下柳(中9日)、巨人・金刃。初回、鳥谷のレフト線への当たりにスライディングキャッチを試みたラミレスが弾く間に、1死2,3塁のチャンス。ここで新井がショートゴロの間に1点先制すると、ブラゼルが2試合連続の復活弾で3-0。

そのウラ、シュートの制球がつかず、1死1,2塁でラミレスが高々と打ち上げ、1塁塁審がインフィールドフライの判定をしながら、平野が打球を見失ってライト前へポトリ。原監督の抗議もむなしく、アウト1コ増えてピンチ脱出。逆に2回、俊介が打ち上げた当たり。ライアルが見失い、キャッチャー横まで坂本が猛ダッシュで捕球。減灯&デーゲームのドームは見にくい。

5回、1死から四球と内野安打2本(鳥谷が良く止めてました)で満塁とされると、坂本がセンター前へ2点タイムリー。1点差で投げきった下柳は早くも5回で降板。右の中軸が続く所でしたが、2番手はルーキー・榎田。心配でしたが、テンポ良く7球で片付け。打順が回り代打が出ましたが、もう1イニング見たかった。

7回、無死1塁で俊介がバントできず。ヒッティングに切り替え、ライト前ヒットでしたが・・・一気に3塁を狙った城島がタッチアウト。谷のストライク送球にやられました。逆に8回、脇谷に一発でバントを決められると、2死3塁からラミレスの3塁線。新井がダイブで止めましたが、送球間に合わずにタイムリー内野安打。小林宏がリードを守れず。

同点の9回は渡辺。延長を見越しての起用でしたが、いきなり谷に2塁打。ライアルのショートゴロで飛び出した谷が3塁を狙い、わずかに鳥谷の送球がそれてオールセーフ。無死1,3塁の絶体絶命で球児を投入しましたが、途中出場の実松に、追い込んでからフォークを弾き返され、サヨナラ負け。スミ3では勝てない。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
榎田 久保田
ブラゼル
鳥谷 平野 マートン
新井 下柳
新井良 浅井 林威助
俊介 城島 金本 小林宏 渡辺 藤川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

減灯の一戦。東京D初戦から出た中軸の3連発!

20110503 巨人●3-7○阪神(東京ドーム) 勝利打点:金本②

BS日テレで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、巨人・東野。今シーズン初の東京ドームでの試合。デーゲームでも節電が注目された“減灯の一戦”。2回、金本がシュート回転の真っ直ぐをライトスタンドへの先制ソロ!これがリーグ最年長アーチの記録に。続く城島も珍しく11球粘って、東野のスタミナを消耗。

圧巻は3回。2死から鳥谷が内角高めをライトスタンドへ1号2ランを放つと、続く新井もレフトスタンドへ3戦連発!とどめはブラゼル。20打席ノーヒットながら、甘く入った変化球を振りぬき、ライトスタンドへ。85年以来のクリーンアップ3連発が飛び出し、5-0と大量リード。次の金本もあわや、という大ファールも。ただそのウラ、東野自らライトポール際への一発。

5回、2死から鳥谷が2塁打で出塁すると、続く新井がカーブに食らいつき、左中間へポトリと落とすタイムリーで貴重な追加点。6失点ながら6回まで投げぬいた東野。7回、1死2塁のピンチを背負った能見。ここで長野が1,2塁間を破ろうかという当たりに、平野がスーパーダイブ。1塁でアウトにし、ピンチを救いました。

8回、左の高木からブラゼルが高いバウンドでファーストの頭を越えていく当たりで、1死1,3塁とすると、続く金本の3-6-3のゲッツーコースながら、小笠原がボールを握り損ねて、ゲッツー崩れの間に1点追加。さらに城島がピッチャー強襲ヒットを放つも、追加点ならず。

ここまで104球(3安打、無四球)の能見は9回完投指令。坂本に高めボール球のストレートを滞空時間の長い、レフトフェンス際への一発。さらに2塁打を許すと、2死後、長野にセンター前タイムリーを許し、この回2失点。後味が少しだけ悪いですが、快勝!

「東京ドームなので、最後まで投げられるとは思ってなかった」 by 能見
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 鳥谷 ブラゼル 金本 能見
平野
 
俊介
城島 浅井
マートン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年5月 1日 (日)

スタン、昼では勝てず。5回KOで燕3タテならず。

20110501 阪神●2-6○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:宮本

朝日放送で9回表まで中継。今日の先発はスタンリッジ(中10日)、ヤクルト・村中。初回、腰痛明けで最短で1軍復帰した村中が2死から四球を出した所でわき腹痛を訴え、14球で緊急降板。直後、スクランブルの松井光の出ばなをくじく、新井が右中間へ先制2ラン!(2戦連続)

デーゲームは苦手とされるスタンリッジ。立ち上がりから8球連続ボールなど、不安定な内容。2回、バレンティンにフルカウントから首を振って投げた真っ直ぐで一発を許すと、1死1,2塁から松井のバント処理。2-5-3とゲッツーが取れず、この後、青木にタイムリーを許し、2-2の同点。

悪いなりに抑えていたスタンリッジですが、5回、2死1塁でバレンティンにアウトローの際どい判定をボールとされ、四球を出すと、続く宮本にセンター前タイムリー(俊介のバックホーム不発・・・)を許し、スワローズ勝ち越し。そのウラ、スタンリッジの代打・がヒットで出塁した所で、松井が足をつり降板。1死1,2塁のチャンスでしたが、平野鳥谷が凡退。

1点差の6回は小嶋。スライダーがいつもより大きく曲がりを見せ、三者凡退。青木との13球勝負は圧巻でした。7回も続投させ・・・途中で代えなくても良かったのですが、1死1塁となった所で、福原にスイッチ。代走・福地に盗塁を決められ、ストレート勝負で畠山に痛烈な当たりを許し、4点め。さらにバレンティンにライトポール際に放り込まれ、とどめの2ラン。

点差が4点と開きながら、8回から榎田渡辺ともったいないくらいの継投。2人とも三者凡退に抑えて、味方の反撃を待ちましたが・・・得点できず。9回2死から、金本が左中間へ弾き返した2塁打、次週につなげたい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井
榎田 渡辺
マートン 金本 林威助
小嶋
平野 新井良 関本
鳥谷 ブラゼル 城島 俊介 スタンリッジ 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »