« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

浜風が味方!3併殺で守りきり、5割で4月終了。

20110430 阪神○6-2●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:城島①

サンテレビ、よみうりTVで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中13日)、ヤクルト・増渕。初回、先頭・青木にいきなり2塁打を許すと、ホワイトセルにライト前タイムリーを許し、あっさりスワローズ先制。そのウラ、1死満塁のチャンスを作り、ブラゼルのゲッツーコース・・・でしたが、田中浩がファンブルし、アウト1つの間に同点。続く城島がレフトへ高々と打ち上げると、レフトに入った畠山が浜風に対応できず落球(記録は3点2塁打)。

4-1とゲームをひっくり返し、追加点は3回。新井が甘く入ったスライダーをフルスイングし、レフトスタンドへの一発!ところが4回、ヒット2本と死球で無死満塁の大ピンチ。ここでバレンティンが浅めのセンターフライでタッチアップできず。続く4割バッター・宮本が引っ掛けて、(まさかの)1-2-3併殺!

6回、同じ中軸の所でピンチを作ったメッセンジャー。ゲッツーで2死を奪いながら、1,3塁から宮本がセカンド・平野のグラブを弾く、タイムリー内野安打で5-2。ここでルーキー・榎田にスイッチし、川端には良い当たりのライトフライに舌出し。

7回も榎田が続投し、無死1,2塁のピンチ。ここから2死まで行った所で、久保田にスイッチ。四球で満塁としながら、相川を初球ライトフライに打ち取り。するとそのウラ、ルーキー・久古を相手に、平野がランエンドヒット。一気にマートンが3塁を陥れると、ここでボークをとられて貴重な1点を追加!

8回は小林宏が中7日のマウンドで無失点に抑えると、セーブのつかない場面で真弓監督は9回に福原を選択。四球1コ出しましたが、飯原を抑えた小さい高速スライダーがかなり良かったです。7勝7敗1分の5割で4月を終了。

「風です」「ラッキー!(笑)」 by 城島
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
城島
マートン 平野 鳥谷 久保田 小林宏 福原
新井 金本
メッセンジャー 榎田
ブラゼル 新井良
浅井 関本 俊介
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月29日 (金)

久保、4番の勝負強さに興奮!9連勝中のツバメ返し。

20110429 阪神○4-1●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:林威助①

毎日放送で2回表途中から中継。今日の先発は久保(中6日)、ヤクルト・山本斉。今季3度めの久保先発日も金本はベンチスタート。逆にスワローズは絶好調の宮本、相川をスタメンから外してきました。パーフェクトに抑えていた久保ですが、3回、スタメン捕手の川本にレフトスタンドへ持っていかれ、スワローズ先制。

山本のキレのあるストレートとスライダーの前に、打線が沈黙。しかし4回、新井が左中間フェンス金網直撃の2塁打で1死2,3塁。ブラゼルがファールフライに倒れ、2死となりますが、ここでスタメン出場のが落ちきらない外のフォークを右中間へ弾き返し、逆転の2点2塁打!

5回、2死からマートンがヒットで出塁すると、ここから連続四球で満塁。久しぶりに打線がつながり、バッターは新井。痛烈に三遊間を破る2点タイムリーを放ち、ここで山本KO。対する久保は6回まで66球、1安打ピッチングを展開!

7回、先頭・田中浩にヒットを許しながら、ここまで打率0割の飯原をゲッツーに抑えて傷口は広がらず。この回7球で抑えて、完投ペースも見えてきましたが、8回、ホワイトセルにフェンス直撃の2塁打。無死1,2塁のピンチでしたが・・・ここから川端、川本を連続三振!とどめに代打・宮本(首位打者)まで出てきましたが、良い当たりのライトフライで切り抜け。

久保もピンチこそ作りましたが、余力を残しながら103球で降板。最終回は球児が三者凡退。6球で抑えて連敗「3」でストップ!スワローズの連勝も「9」で止めました。

「チャンスに新井さん回れば必ず打ってくれると思ってました。」 by 久保
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
久保 藤川
新井 林威助
マートン 平野
鳥谷
俊介 新井良 浅井
ブラゼル 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年4月28日 (木)

岩田、3度めのゲームメイクも・・・早くも3敗め。

20110428 広島○5-1●阪神(マツダ) 勝利打点:岩本

毎日放送で3回ウラから8回ウラ途中まで中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・篠田。初回、1死1,3塁のチャンスで新井がゲッツー。そのウラ、1死1,2塁から初の4番に座った岩本が詰まりながら、センター前へ落ちるタイムリーでカープ先制。

3回、2死1,2塁のチャンスでも鳥谷が粘りながら、スライダーに合わず見逃し三振。チャンスを潰すと、そのウラ、連続四球(間に暴投)でピンチ。1死で栗原のゲッツーコースで、鳥谷の2塁送球がそれ、アウトは1つのみ。懸命に捕った平野に向かってランナーがスライディングしてきて、逆にタッチアウト。しかしこの後、小窪に打たれてしまい、2点め。

6回、無死1塁で石原のバント。小フライでバットにもう1度当たったように見え、城島とも交錯。守備妨害を訴えた真弓監督の抗議もむなしく、ファールで続行。ヒットでつながれてしまい、ここから1死満塁の大ピンチ。2死後、廣瀬にセンターへ抜けそうな当たりを鳥谷がダイブで止めますが、タイムリー内野安打で3点め。

7回、2死から城島が高めボール球を豪快に振りぬき、レフトポール直撃の1号ソロで反撃。2点差に迫り、8回はシュルツを相手に、鳥谷が余裕の盗塁を見せチャンスを作りましたが、新井がアウトコースに見逃し三振で万事休す。

8回ウラはビハインドながら、久保田が中6日で登板。いきなりの四球、バントからヒッティングに切り替えての2塁打(マートンも弾いた・・・)で2,3塁とされると、梵、東出に連続犠牲フライでさらに2失点。苦手の篠田を相手に、チャンスは作りながら歯が立たない状態。かなりひどいチーム状態で9連勝中のスワローズと甲子園で3連戦へ。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
城島
鳥谷 渡辺
平野
岩田
マートン 俊介 関本
新井 ブラゼル 金本 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

能見、7回続投がアダに。逆転負けで神話崩壊。

20110426 広島○6-4●阪神(マツダ) 勝利打点:廣瀬

関西テレビで2回表から9回表途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、広島・前田健。悩める金本城島の2人は今日も揃ってスタメン。ただ2回、1死3塁から金本が鋭く1,2塁間を破る、今季初タイムリーでタイガース先制!3回(それに4回も・・・)もチャンスでしたが、マエケンをとらえきれず。

そのウラ、2四球と暴投で1死1,3塁のピンチ。梵の盗塁を刺し、東出もセカンドゴロに打ち取りながら、平野がまさかの1塁悪送球。わずかにブラゼルのグラブからこぼれました。続く4回、2死3塁から石原にレフトフェンスまで持っていかれ、1-2。能見の調子が上がってこない。

5回、新井が高めボール球のつり球を豪快に振りぬき、左中間スタンドへ逆転2ラン!そのウラ、1死3塁の大ピンチ。苦手の廣瀬を死球にしたことで、逆にトレーシーを術中にはまるゲッツーで切り抜け。次の回、栗原にフェンス際まで持っていかれたことを思うと、紙一重。

誤算は不調の能見を7回のマウンドに立たせた点。トリプルKの誰かに何かあったかと思うくらい。代打・小窪に2塁打を許すと、続く梵にタイムリー3塁打で同点。さらに1,3塁から廣瀬に勝ち越しの3ランを許してしまい、ここで能見KO。自身の連勝記録も「12」で止まりました。続くトレーシーのレフト前を金本が後逸する始末。

3-6の8回、シュルツから金本が盗塁を決めると、城島もセンター前でつなぎ、不振の2人で無死1,3塁のチャンス。ここで俊介がゲッツー崩れの間に1点を取るのがやっと。最後はマートンがアウトコースに全く手が出ず、見逃し三振。小嶋福原がなかなか良いピッチングをしたのに、報われず。5勝6敗1分。初の借金生活に。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 金本 俊介
福原
城島 小嶋
平野
林威助
マートン 鳥谷 ブラゼル 能見
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2011年4月24日 (日)

下柳、7回2失点にまとめるも援護なし。打線深刻。

20110424 阪神●1-3○横浜(甲子園) 勝利打点:村田

朝日放送で完全中継。今日の先発は下柳(中6日)、横浜・山本。先週のドラゴンズ戦と違い、キャッチャーには城島を起用。ただ初回から制球が定まらないまま、2四球で1死1,2塁から、村田のセンター前タイムリーでベイスターズ先制。さらに2死満塁の大ピンチで、吉村の左中間へ大飛球を金本が懸命に追い付き、何とかアウト。もう少しで大炎上。

3回、渡辺直にレフトスタンドへ持っていかれ、早くも2点め。ただ、クイックに切り替え、次第に低めに決まりだしました。4回、鳥谷がチーム2本めのヒットで出塁。新井がフルカウントから三振ながら、鳥谷は盗塁成功。2死1,2塁で金本でしたが、力のないセンターフライ。

7回2失点の下柳に代わり、2点差の8回は榎田。そんなに悪いようにも見えなかったですが、テンポの良さから、カンタンに3安打。2死から森本がインハイのストレートをおっつけ、決定的な3点め。そのウラ、俊介、代打・関本が連続ヒットで好投の山本が降板。1死後、平野が1,2塁間を破るタイムリーで1点を返しますが、続く鳥谷が痛恨のゲッツー。

9回は山口との勝負。ストライクが思うように決まらず、無死1,2塁のチャンスで色めき立ち、バッターは金本。フルカウントから高めのボール球に手を出し、内野フライ。続く城島も初球を打ち上げ、ここの2人はひどかった。相性の良い俊介は貫禄の四球を選び、2死満塁まで行きましたが、最後は代打・がつり球に空振り三振。

金本も打率1割を切りそうな大ブレーキ。どこまで首脳陣も我慢できるか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
福原
平野 俊介 ブラゼル 関本 下柳
鳥谷
マートン 新井 新井良 浅井
金本 林威助 城島 榎田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年4月22日 (金)

新井、今度は兄がサヨナラ!球児の3連続Kが演出。

20110422 阪神○4x-3●横浜(甲子園) 勝利打点:新井①

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(中6日)、横浜・須田。左の眞下(この後、虫垂炎の報道も・・・)という予想もあり、金本(ゲーム出場せず)ではなく、メッセンジャーを偵察に入れ、レフトはが先発出場。初回、満塁のチャンスで回ってきましたが、結果を出せず。

2回、2死2塁からマートンがレフト線へ弾き返すタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに3回、2死1塁で城島がライト後方への当たり。吉村の落球気味に見えましたが、ここでブラゼルが1塁から激走ホームイン!打った城島はチームプレーで三遊間に挟まれタッチアウト(記録は2塁打)。

6回までわずか1安打ピッチングの久保が7回に急変。スレッジに一発を許し、1点差とされると・・・ここから4連打。無死2,3塁から金城が1塁線を破っていく、2点タイムリーでまさかの逆転劇。しかしそのウラ、マートンが左中間スタンドへ持っていく同点ソロ!

8回、小林宏が1死2,3塁の大ピンチを背負いましたが、村田、金城(良い当たりのレフトライナーにヒヤリ)を抑えて無失点で切り抜けると・・・同点の9回は球児がマウンドへ。ボールに力があり、今日は圧巻の三者連続三振!

9回ウラ、1死からマートンのボテボテの当たりが村田の手につかず内野安打で猛打賞。鳥谷(900試合連続出場)がボテボテのファーストゴロ。ピッチャー・篠原のベースカバーより先に入る、俊足の内野安打でつなぐと、ここで新井が代わった江尻から、ライトオーバー(目測を誤った吉村のジャンプも及ばず)のサヨナラタイムリー!

「4番の新井さんがずっと打ってくれると思いますので、お願いします!」 by 球児
「弟には負けられないですね」 by 新井兄
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 新井 藤川
ブラゼル 城島
俊介 平野 鳥谷 久保
小林宏
浅井 桧山
林威助
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月21日 (木)

岩田、今日も援護無し。澤村にプロ初勝利献上。

20110421 阪神●1-3○巨人(甲子園) 勝利打点:ラミレス

毎日放送で8回ウラまで中継。今日の先発は岩田(中6日)、巨人・澤村。いきなり154キロの快速球で立ち上がったルーキー澤村。初回は2死から満塁のチャンスを作り、金本が惜しい当たりもありながら、最後は高々とサードフライ。

3回、1死1,2塁で脇谷のライトフライに2塁・澤村が飛び出しており、ゲッツー完成!そのウラ、1死3塁のチャンスでしたが、新井ブラゼルがスライダーに合わず連続三振。5回、平野がセフティからのプッシュバントで、セカンド・脇谷のウラをかく内野安打も・・・鳥谷が高速フォークに三振。

6回、先頭・澤村に四球を出してしまった岩田。続く坂本の三遊間は鳥谷のファインプレーで1死を取りましたが、ここから制球を乱して満塁のピンチ。ここでラミレスが高めに浮いた球をレフト前へ弾き返し、2点タイムリーでジャイアンツ先制。そのウラ、ブラゼルが左中間オーバーの当たりに、新井が1塁からホームイン!しかし、金本が進塁打を打たせてもらえず。後続も凡退。

8回、1死でスイッチした渡辺が大誤算。際どい所をとってもらえず、ボールの連続。連続四球で1,2塁から長野がレフトオーバーのタイムリー2塁打で決定的な3点め。打線もジャイアンツの継投の前に、ランナーを出すことができず。体の張りを訴えた山口は温存し、久保-ロメロで封じ込まれて、澤村にプロ初勝利を献上。

昨日の誤審から流れが悪い。打線活発なベイスターズ相手に仕切り直し。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
平野 榎田 小嶋
ブラゼル 新井 岩田
鳥谷
城島 林威助 関本
マートン 金本 俊介 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年4月20日 (水)

伝統の一戦で誤審に泣いた虎。久保田は悪くない。

20110420 阪神●4-5○巨人(甲子園) 勝利打点:長野

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、巨人・トーレス。2回、1死2,3塁から俊介。前進守備の坂本が止めるのが精一杯でタイムリー内野安打でタイガース先制!続く3回も、2死1,3塁からブラゼルが詰まりながらレフト前へポトリと落ちるタイムリーで2点め。

ただ直後の4回、2死から2四球とボテボテの内野安打で満塁とされると、今日スタメンの亀井がセンター前へ弾き返す2点タイムリーで2-2の同点。

同点の7回は、ルーキー・榎田が三者凡退(平野のジャンピング超ファインプレーも。)に抑えると、そのウラ、ジャイアンツは今日先発も考えられた内海が登板。いきなり代打・新井良のセカンドゴロを弾くエラーで出塁すると、1死2,3塁から鳥谷の犠牲フライで勝ち越しに成功!さらに、ブラゼルの高々と上がったセカンドフライ。脇谷が落球したように見えましたが、判定はアウト。真弓監督も出てきて、体を詰め寄るシーンも。

8回は5連投の小林宏ではなく、久保田。先頭・小笠原のショート内野安打の判定をめぐり、再度真弓監督が登場。ここから無死満塁となり、長野がサード強襲、打球が3塁ベンチ方向へ転がる間に2者が還り、逆転。さらに亀井も内野安打でもう1点追加。久保田の内容も悪くなかったのですが・・・代わった小嶋は後続を抑えてくれました。

2点ビハインドながら、今日は抑えの山口がベンチ入りしておらず、ロメロとの勝負。9回、1死からマートンが猛打賞となるヒットで復調気配の出塁。ここから連続四球で1死満塁とチャンスメイクでしたが、力んだ新井が空振り三振。暴投で1点こそ返しましたが、代打・桧山も落ちる球に空振り三振でゲームセット。

誤審にもやられた試合。悔しいですが、明日やり返しましょう。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 榎田 小嶋
平野 マートン スタンリッジ 福原
俊介 ブラゼル
新井良
新井 金本 城島 浅井 関本
桧山 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年4月19日 (火)

ドロー寸前。新井兄弟が決めた!サヨナラ勝ち!

20110419 阪神○3x-2●巨人(甲子園) 勝利打点:新井良①

関西テレビで3回表から8回表まで中継。豪雨の影響で20分遅れでスタート。今日の先発は能見(中6日)、巨人・東野。初回、2死から1,2塁のチャンスを作り、ブラゼルがどん詰まりながらレフト前へ落とす、先制タイムリー!前半戦は能見が3回までで7連続を含む、8奪三振の快投!

ただ打線も沈黙。4回、ブラゼルの火の出るような打球を小笠原に捕られ、ファーストライナー併殺。6回、先頭・ライアルにヒットを許し、嫌な展開になりましたが・・・ここで鶴岡のバントには城島が2塁ホースアウト。続く東野のバントには能見から、1-6-3と渡り、ゲッツー完成!ここは守り勝ち。

7回、2死2塁でラミレス。フルカウントから低めに落ちるボール球をすくわれ、2塁後方にポトリと落ちるタイムリーで同点。カウント3-1から果敢に攻めた結果でした。そのウラ、無死1,2塁から金本が進塁打となり、直後、城島が左脇下死球を受けてニラミ。東野が制球を乱し、1死満塁から代打・のレフト犠牲フライで勝ち越し!

1点リードの8回、小林宏が2死から1,2塁のピンチを作り、坂本に同点タイムリー。ただでは勝たしてもらえず、9回は球児投入。2四球でピンチを作りましたが、ここは切り抜け。そのウラ、城島が大ファール2発もむなしく、3連続の延長戦へ。

10回、久保田が3人で抑えて残り8分。10回ウラが最後になる形となり、代打・関本がヒットで先頭出塁!1死後、ジャイアンツも左の山口を投入。2死2塁となり、ここで原監督がマウンドで激励。鳥谷が四球を選び、新井も内野安打!さぁ満塁で来た新井良太が決めた!!!兄弟最高のサヨナラ!

「みなさん、よく僕にからんでくださるので、感謝してます」 by 新井良太
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 新井良 能見 久保田
鳥谷 ブラゼル
林威助 関本 藤川
金本 城島 大和
浅井 小林宏
桧山 俊介 マートン 平野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2011年4月17日 (日)

下柳、7回無失点も報われず。打線は3塁踏めず。

20110417 中日○1x-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田

毎日放送で6回ウラまで中継。今日の先発は下柳、中日・ネルソン。開幕6試合めで城島がスタメン落ちで、藤井が初スタメン。初回、平野の当たりを井端がダイビングキャッチ。ヒット1本損しました。そのウラ、無死1塁で井端が強攻し、レフトの金本も思わずビックリ。高めに浮いて、やや危険な状態でした。

5回、先頭・金本のヒットから無死1,2塁のチャンス。ここで俊介が制球を乱すネルソンからバントできず、粘った末にスライダーに空振り三振。続く下柳もバントできず三振で、マートンも空振り三振。ここの攻めはまずかった。そのウラ、逆に無死1,2塁のピンチでネルソンのバント処理に、ブラゼルが猛ダッシュで3塁ホースアウト!

少しずつ変化球が低めに決まりだした下柳。0-0の7回も行き、谷繁のエンドランで1死1,3塁の大ピンチでしたが、ここも切り抜けるピッチング。藤井との初バッテリーが逆にはまった形に。

7回まで3安打に抑えられ、8回は浅尾、9回は岩瀬と先に仕掛けられると何もできない今の打線。タイガースも8回に久保田、9回に小林宏を送り込み、今日も延長戦へ。10回、ワンポイントリリーフで時間を稼ぐ落合監督。スムーズに進めば、11回もありそうな試合展開で、10回ウラに投入したのは福原。2死から森野を四球で出し、和田にレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打でサヨナラ負け。時間は残り4分でした。

投手陣はみんな頑張っているので、後は打線がいつ目覚めるか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
下柳 久保田
小林宏
藤井
 
鳥谷 金本 浅井 新井良 ブラゼル 林威助
マートン 平野 新井 俊介 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(今季初先発。いきなり結果が求められる42歳。)
OUT 岡崎太一捕手(開幕から出番をもらえず。2軍行きへ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年4月16日 (土)

榎田、緊張のプロ初登板。拾った、凌いだドロー。

20110416 中日△1-1△阪神(ナゴヤドーム

テレビ大阪で3回表から9回ウラ途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー、中日・小笠原。2回、俊介のセカンドフライでベースカバーに入ろうとした小笠原が足を負傷してしまい、打者8人パーフェクトのまま緊急降板。代わった山内もノーヒットピッチングを続けました。

5回、2死2塁から荒木にライト線へタイムリー2塁打を許してしまい、ドラゴンズ先制。メッセンジャーも2巡めに高めに浮く場面もありましたが、力感ある球。苦手ドラゴンズ相手に、キレずに試合は作れました。

6回、先頭・城島がピッチャー強襲ヒットを放ち、これがチーム初ヒット。俊介が送り、代打の代打・関本が四球を選んで1,2塁。ここでマートンが14打席ぶりのセンター前ヒットでしたが、城島がホーム憤死。続く平野もピッチャーゴロに倒れ、万事休す・・・というところで、三瀬が山なりすぎる1塁悪送球!この間に1-1の同点!

6回のマウンドにはなんとルーキー・榎田がプロ初登板。森野の痛烈な当たりを金本が体で止めてシングルに抑えるも、無死1,2塁。ここから2死満塁まで行きましたが、最後は谷繁を内角ストレートで三振!次の回は良い打球反応でピッチャーライナー併殺。2回無失点デビュー。

8回、無死1塁から新井の動きこそ軽快でしたが、惜しくも2度ゲッツー崩れ。久保田の暴投で2塁に進塁された後、ブランコがレフト前。途中出場の浅井がレーザービーム、グスマンvs城島の体当たり合戦を制してタッチアウト!仁王立ちでした(笑)でも、1試合5暴投のリーグ記録は気になります。

ゲーム時間3時間半の時間切れが迫り、残り5分で10回ウラを抑えた球児。最終イニングとなった11回、先頭・マートンの内野安打で、代走・大和が初出場(これで平野がライトに。)も勝ち越せず。そのウラ、福原が初登板。1死からランナーを出した所で、小嶋にスイッチするも、ストレートの四球と暴投でピンチ拡大。満塁策で代打・佐伯のファーストゴロ。ブラゼルがバックホームにもたつき、間一髪アウト!ここで渡辺にスイッチ。フルカウントからセカンドゴロに抑えて4時間ゲームドロー。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
藤川 渡辺
浅井 小林宏
新井 俊介 関本 メッセンジャー
マートン 平野 城島 榎田 久保田 福原
新井良 大和
桧山 鳥谷 ブラゼル 金本 小嶋
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN メッセンジャー投手(今季初先発。今年はゲームメイクできるはず。)
OUT 柴田講平外野手(代走で1度限りの出場。早く再チャンスもらいたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年4月15日 (金)

5点リードからヒヤリと逃げ切り。金本記録ストップ!

20110415 中日●4-5○阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:鳥谷①

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保、中日・朝倉。昨日、まずい守備のあった金本はベンチスタート。3回、2死から1,2塁のチャンスを作ると、鳥谷がライト線へ弾き返す2点3塁打でタイガース先制!続く新井も鮮やかなにセンター返しで3点め。

4回、スタメン出場のがライトポール直撃の一発!1死後、俊介もしっかり軸足に溜めて振りぬき、1号ソロ!解説の矢野さんも思わず、「いったー!」(笑)5-0と大量リードながら、不穏な空気が流れた5回ウラ。1死2,3塁から井端のショートゴロ(鳥谷もよくさばいた!)の間に1点。続く森野のセンターオーバーにわずかに俊介のグラブをかすめて、2点め。記録はエラーに。さらに和田のタイムリーで5-3と追い上げ。

6回、のファーストライナーがゲッツーとなり、2死からチャンス。今日の真弓監督は5回95球の久保に代打・関本。四球で満塁のチャンスでしたが、マートンが凡退。ここから渡辺久保田とノーヒットには抑えましたが、それぞれが1イニングで20球以上費やすドラゴンズの粘りが怖い。

8回、2死から俊介が四球を選び、代打・金本登場。2球めで俊介がスチール失敗し、記録がつかなかった金本。もしや・・・とは思いましたが、出場記録が残らず、連続試合出場が1766で止まりました。ツイッターにも書きましたが、2死で俊介が遠慮してしまう事の方が問題だし、こういう止まり方もむしろ良かったと思う。

9回は球児。1死から代打・福田に逆方向へ一発を許してしまい・・・1点差。中軸につなげたくない所で、アライバを連続三振に抑えてゲームセット。

「明日も苦しい戦いだが、タイガースが勝てるように頑張りたい」 by 鳥谷
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
小林宏
俊介 鳥谷
新井 ブラゼル 平野 林威助 渡辺 久保田
関本
マートン 城島 浅井 久保 藤川
桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年4月14日 (木)

岩田、省エネの好投・・・でも3失点。開幕3タテならず。

20110414 阪神●1-3○広島(甲子園) 勝利打点:廣瀬

BS1で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発は岩田、広島・バリントン。2年ぶりの先発復帰となった岩田ですが、立ち上がり1死2塁から、廣瀬が外から入ってくるスライダーを会心の一発。いきなり2点を先行されました。

初対戦のバリントン。腕も下がり気味からのスライダーとツーシームの組み合わせに打線も苦戦。ただ鳥谷だけはタイミングがバッチリで猛打賞の活躍。初回、平野のレフト線の当たり。岩本のダイビングキャッチで阻まれた後、2死1,2塁からブラゼルが見逃し三振。3回にも2死から新井のヒットで、3塁を回った鳥谷がホーム憤死。岩本のストライク返球で刺されました。

2回以降はほぼ完璧な内容を見せた岩田。5回のピッチャーライナーゲッツーは圧巻!63球と省エネピッチングで迎えた7回、2死から栗原が11打席めで今季初ヒットを許してしまうと・・・続く岩本が浜風に乗せて、レフトオーバー。目測を誤った金本が転倒してしまい、タイムリー3塁打。決定的な3点めを許してしまいました。

そのウラ、2死から代打・のライト線2塁打で2,3塁のチャンスを作りましたが、マートンが凡退。ビハインドの展開になったことで、右の渡辺、左の小嶋が揃って今季初登板。三者凡退で抑えてくれました。

9回、カープ抑えのサファテ登場。オープン戦の三振ショーとは行かず、先頭・金本がライトオーバーの2塁打。1死後、俊介が高めに浮いたカーブを三塁線に弾き返し、タイムリー2塁打!ただ代打・桧山が初球を差し込まれ、マートンは三球とも空振りで三振。2時間6分のスピードゲームで初黒星。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 俊介
新井 渡辺 小嶋
林威助
岩田
柴田
金本 桧山 平野 マートン ブラゼル 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2011年4月13日 (水)

スタンリッジ快投!マートン痛烈打で開幕連勝!

20110413 阪神○2-1●広島(甲子園) 勝利打点:マートン①

BS1、サン→ABC→サンのリレーでいずれも完全中継。開幕第2戦の先発はスタンリッジ、広島・篠田。2回、ブラゼル金本のいずれも今季初ヒットとなる連打とパスボールで無死2,3塁とすると、城島が連日の犠牲フライでタイガース先制!続く1死3塁のチャンスで俊介の当たりにゴロゴーした金本がホーム憤死。

縦のカーブが決まり、ここまでパーフェクトのスタンリッジでしたが、4回、四球で出した東出が盗塁。廣瀬も空振りし、1塁ベンチ前まで大きく弾いてしまい・・・その間に3塁へ。チップにも見えましたが、真弓監督の抗議もむなしく、直後にセンター前タイムリーで1-1の同点。さらに1死1,3塁のピンチでしたが、平野の好プレイで切り抜け。

5回、先頭・俊介のセンターオーバー。ジャンピングキャッチを試みた赤松が弾く間に一気に3塁まで行くと、1死後、マートンがセカンドのグラブを弾くライト前タイムリーで勝ち越し!6回にはブラゼルがジャンピングキャッチを見せ、バックの守りで盛り立て。

先発のスタンリッジが7回まで投げぬき、8回は小林宏。昨日に続き、代打・嶋に2塁打を許して嫌な展開でしたが、変化球待ちの梵から高めストレートで三振を奪うと、続く東出の良い当たりは前進守備の俊介の正面。追加点こそ取れなかったですが、最後は球児が3人で抑えてゲームセット。

「カミサマハ ワタシタチの チカラです」 by スタンリッジ&マートン
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
スタンリッジ 藤川
マートン 俊介
城島 小林宏
平野 ブラゼル
金本 新井良
浅井 鳥谷 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2011年4月12日 (火)

能見、開幕戦勝利!新井もタイムリーで勇気づけ。

20110412 阪神○7-4●広島(甲子園) 勝利打点:金本①

サンテレビで完全中継。震災の影響もあり、めぐってきた甲子園での開幕。開幕投手は能見、広島・前田健。初回、1点を先制された直後、マートンがライトポール際への先頭打者ホームランであっさり同点。これがマエケンを乗せさせなかった。

3回、能見自らヒットで出塁すると、2死後、鳥谷がカーブをためて左中間オーバー。1塁から激走した能見が一気にホームイン。3塁ベースを回った時、ヒヤッとしたファンは少なくないはず(笑)4回、三者連続三振で落ち着いたかに見えましたが、5回は2死から連打。しかも、カウント0-2と追い込んでから、甘く入ってのセンター前タイムリーで2-2。

6回、2死から赤松に盗塁された後、石原がファースト前の小フライ。変な回転がかかっており、ブラゼルが押さえ切れずに内野安打となったスキに、赤松が一気に勝ち越し。そのウラ、無死1,2塁から新井が右中間へ弾き返す同点タイムリー!3度めのチャンスで結果。ブラゼルの特大フライで2者がタッチアップし、金本。痛烈なファーストゴロのバックホームが野選となり、勝ち越すと・・・城島も犠牲フライで5-3。

7回、能見を続投させ、2死1,2塁となった所で久保田投入。栗原を打ち取ってワンポイント。ただ8回の小林宏が代打・嶋にレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打。さらに前田智まで出てきて粘られましたが、なんとか切り抜け。そのウラ、レフトに入った浅井がタイムリーを放つと、満塁で代打・桧山がキッチリとレフト前タイムリーでダメ押し!

最後は球児が三者連続三振で、4年連続の開幕戦勝利!!

「野球が出来ることに感謝して、ファンの皆さんと一緒にがんばります」 by 新井
「ひとりでも勇気が届けられるようにがんばりたい」 by 能見
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
久保田 藤川
新井 鳥谷 桧山
マートン 平野 浅井 能見
城島
金本 俊介 新井良 小林宏
関本 ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年4月10日 (日)

11年、開幕戦出場登録選手の発表

東日本大震災の影響から、2度の延期を経て4月12日に開幕を迎えるプロ野球。10日、開幕戦に出場できる最大28人の1軍メンバーを発表。

【投手】11名
能見、久保、スタンリッジ、岩田
渡辺、榎田、小嶋、福原、久保田、小林宏、藤川

【捕手】3名
城島、藤井、岡崎

【内野手】7名
ブラゼル、鳥谷、平野、新井、新井良、大和、関本

【外野手】7名
マートン、金本、俊介、桧山、林、柴田、浅井

メッセンジャーと下柳が開幕3戦め辺りから、昇格してすぐ先発予定が考えられるので、投手では福原、野手では岡崎、柴田、浅井にとっては、いきなり結果が求められる形に。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

能見、6回0封で開幕万全。ハマの番長攻略!

震災復興慈善試合
横浜●0-6○阪神(横浜) 勝利打点:マートン

慈善試合2戦めの先発は能見、横浜・三浦。昨日、フル出場した金本はベンチスタート。スタメンには林と柴田を入れてきました。初回、マートンがいきなりの先頭打者ホームラン(ライトスタンドへ)でタイガースが先制すると、2回にもマートンが左中間へタイムリー2塁打を放ち、早くも2点を先行。

先週、発熱でドラゴンズ戦の登板を回避した能見ですが、周囲の不安を一掃。次第に制球も落ち着きだし、6回無失点と万全の内容。4月12日の広島戦(甲子園)は能見とマエケンの投げ合いになりそう。

2点リードのまま、追加点こそなかなか取れなかったですが、トリプルKが7回からそろい踏み。ただ久保田はランナー2人を出し、小林宏もあわや、という特大の当たりを打たれたりと・・・今日はやや不安定。鳥谷新井(なんと4安打の大当たり!)の連続タイムリーなどで点差が開いた9回は、球児が締めてくれました。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »