« 3回9点で佑ちゃん粉砕!オープン戦9年ぶり優勝。 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2011開幕】 »

2011年3月22日 (火)

プロ野球戦力分析【阪神編・2011開幕】

Image11t 開幕直前、12球団戦力分析。セリーグ2位の阪神タイガース。10年末のタイガースの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。リーグトップの圧倒的なチーム打率を残しながら、優勝できなかった昨シーズン。ベテランの世代交代こそ遅れているが、小林宏(ロッテ)のFA獲得で投手陣の底上げに成功。先発陣も厚みが増し、球児、久保田との「トリプルK」で6年ぶりのリーグ制覇を狙う。

【野手編】
Image11torder 214安打のマートンを5番に置く構想もあったが、昨年同様の1番でスタート。平野とオープン戦の絶不調から状態を上げてきた。4番の新井が選手会の会長職の影響からか、調子が上がってこないのが気がかり。右肩痛からの復活を図る金本だが、思ったより状態も良い。今シーズンも肩の状態を見ながらの起用になる。代役は長打力の林、機動力の柴田ら。城島もひざの手術明けでフル出場はムリ。FA加入の藤井(楽天)の守備がカギを握る。

注目選手は、俊介。定評のある守備に加え、今年は状況に応じた打撃が求められる。

【投手編】
2ケタは計算できる先発3本柱に加え、竜キラー・岩田が帰ってきた。手術明けで2年ぶりの1軍だが、いきなり10勝も狙える。ルーキー・榎田(東京ガス)も制球良く、交流戦までローテに残れるか。2軍にも先発候補が待機しており、今年は層が厚い。勝ちパターンで久保田、小林宏、球児とつなぐ継投で終盤3イニングは盤石。課題は左のリリーフで、2年目・藤原、フォーム改造の小嶋らの成長が優勝争いのカギ。

注目選手は、小林宏。甲子園のヤジに耐えれるか?球児が故障発生なら抑え抜擢も。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 久 保 能 見 スタンリッジ 岩 田 榎 田 メッセンジャ
中継 小林宏 久保田 渡 辺 藤 原 小 嶋
抑え 藤 川
次点 下 柳 秋 山 鄭凱文 江 草 福 原 若 竹
故障 安 藤 西 村 二 神 筒 井
野手
捕手 城 島 藤井彰
内野 ブラゼル 平 野 新 井 鳥 谷 関 本 新井良太 大 和
外野 マートン 金 本 俊 介 林威助 桧 山 浅 井 柴 田
次点 岡 崎 小宮山 上 本 森 田 葛 城 野原祐
故障 狩 野 桜 井
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 3回9点で佑ちゃん粉砕!オープン戦9年ぶり優勝。 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2011開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【阪神編・2011開幕】:

« 3回9点で佑ちゃん粉砕!オープン戦9年ぶり優勝。 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2011開幕】 »