« プロ野球戦力分析【巨人編・2011開幕】 | トップページ | 3回9点で佑ちゃん粉砕!オープン戦9年ぶり優勝。 »

2011年3月20日 (日)

震災復興試合。それでも前へ進むしかない。

20110320 日本ハム△2-2△阪神(札幌ドーム

関西テレビで6回表途中まで中継。東日本大震災の復興支援試合として、選手は喪章をつけてプレー。今日の先発はメッセンジャー、日本ハム・ケッペル。金本城島が揃って守備につき、先発出場。初回の新井会長の打席には場内のファンから盛大な拍手が送られました。

試合は2死2塁で中田がレフト前タイムリーでファイターズ先制。金本はバックホームせず、肩も昨年のひどい時よりもマシなくらいか。炎上寸前の所で平野がスーパーダイブでしのぎました。3回にも1失点、最後は金本がめいいっぱいで追い付く当たりも。メッセンジャーは6回2失点ながら高めに浮いた所を痛打。カーブも読まれている印象。

6回、ブラゼルがレフト線へのヒット。中田翔のまずいクッション処理の間に、代走・新井良が一気にホームイン。1点差に迫り、7回は久保田が登板。陽の当たりを回転レシーブで追い付いた平野が1塁ベンチ方向に向かって悪送球。カバーの城島が1塁送球、オーバーランした所でタッチアウトという珍しいプレーも。

8回、先頭・マートンがレフトフェンス直撃の2塁打。平野がバント失敗で倒れましたが、1死1,3塁から新井良がレフト前タイムリーを放ち、2-2の同点!さらに満塁で城島でしたが、惜しくも凡退。

小林宏が8回をつなぎ、同点の9回は球児。痛打の連続で1死2塁のピンチでしたが、高めに抜けたフォークで見逃し三振を取ってくれ、なんとかゲームセット。7イニングの予定だった城島もフル出場。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
小林宏
平野 新井良
ブラゼル 桧山 久保田
マートン 城島 関本 メッセンジャー 藤川
鳥谷 金本 大和 上本 柴田 岡崎
新井 俊介 浅井 林威助
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【巨人編・2011開幕】 | トップページ | 3回9点で佑ちゃん粉砕!オープン戦9年ぶり優勝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/51172776

この記事へのトラックバック一覧です: 震災復興試合。それでも前へ進むしかない。:

» 喪章をつけてプレー再開 [虎虎虎「ミラー版」]
日ハム2-2阪神阪 神 000001010=2日ハム 101000000=2オー [続きを読む]

受信: 2011年3月20日 (日) 23:15

» 金本、城島スタメン出場 [パイプの部屋]
満を持して金本と城島がスタメン出場。金本はレフト守備解禁。城島は予定を延長して9回までマスクを被った。金本はようやくカットマンまでボールが返せるようになったという状態。... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 12:35

» 金本、城島スタメン出場 [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
満を持して金本と城島がスタメン出場。金本はレフト守備解禁。城島は予定を延長して9回までマスクを被った。 [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 12:37

« プロ野球戦力分析【巨人編・2011開幕】 | トップページ | 3回9点で佑ちゃん粉砕!オープン戦9年ぶり優勝。 »