« 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。 | トップページ | 15回の壮絶な死闘。24年ぶりの日本シリーズドロー。 »

2010年11月 4日 (木)

ロッテ王手!大差でリリーフを休ませた竜が不気味。

101104 日本シリーズ第5戦
ロッテ(3勝)○10-4●中日(2勝)(千葉マリン
勝利打点:今江

BS1で完全中継。先発はロッテ・ペン、中日・中田賢。シリーズで当たりの出ない井端をついに外し、セカンドには堂上弟を起用。初回、1死2,3塁から和田の犠牲フライでドラゴンズが先制しますが、そのウラに猛攻。いきなり堂上弟のエラーで先頭バッターを出してしまうと、1死から5連打!一気に4点取ってマリーンズが逆転。

4-1の4回、サブローに2ランが飛び出し、ここで中田KOか?とも思いましたが、落合監督は続投。昨日の延長戦、さらには先発が3回KOとなったゲームでリリーフ陣をかなり使い込んでしまった分、第6戦以降に照準を合わせたかの采配。逆にペンもポストシーズンで初めて好投。

案の定、5回は1死満塁から西岡の犠牲フライ、清田のシリーズ新人記録の6打点めとなる2点タイムリーで9-1と圧倒。13安打を集め、ようやく中田をKO。ドラゴンズも6回、8回に不振のブランコに当たりが戻り、3打点。マリーンズは、昨日投げなかったリリーフ陣をつぎ込み、逃げ切りました。

王手をかけて、マリーンズがナゴヤドームに乗り込みますが、ドラゴンズも吉見、チェンが控えており、2勝する可能性も十分。第6戦、成瀬と投げ合うのは左右どちらのエースになるのか?先発を入替えるかどうかもポイントです。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。 | トップページ | 15回の壮絶な死闘。24年ぶりの日本シリーズドロー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49945329

この記事へのトラックバック一覧です: ロッテ王手!大差でリリーフを休ませた竜が不気味。:

« 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。 | トップページ | 15回の壮絶な死闘。24年ぶりの日本シリーズドロー。 »