« 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。 | トップページ | ロッテ王手!大差でリリーフを休ませた竜が不気味。 »

2010年11月 3日 (水)

大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。

101103 日本シリーズ第4戦 延長11回
ロッテ(2勝)●3-4○中日(2勝)(千葉マリン
勝利打点:大島

BS1、テレビ大阪で完全中継。先発はロッテ・唐川、中日・山本昌。初回、エンドランをかけた井端(まだシリーズヒットなし)がゲッツーでチャンスを潰す始末。さらに3回、大島が牽制で刺されると・・・そのウラ、山本昌が1塁ベンチ方向へとんでもない暴投。この後、西岡がレフト線へのタイムリー2塁打で先制すると、井口がライトポール際への2ランで3点先行!

4回、森野の大飛球をファインプレーで止めかけた清田が弾き、一気に3塁へ。続く和田がフェンス直撃のタイムリー2塁打。1死3塁となった所で、早くも唐川から左の古谷にスイッチも、あっさり野本が犠牲フライで2-3。5回、谷繁のピッチャーゴロを小野(ホームベース付近で後回り・・・)が弾くと、1,2塁での送りバント処理で1塁がら空きで無死満塁。ここで井端のゲッツーの間に1点が入り、3-3の同点に。

4回途中から投げている小野も持ち直して、7回まで続投。ドラゴンズも6回2死から投げている河原が8回まで続投し、2死1,2塁で福浦を迎えた所で、落合監督は右の浅尾を選択。ピンチを切り抜けて、続く9回、2死2塁で西岡がレフトポール際へのわずかにファール。50cmもなかったはず、打った瞬間、ガッツポーズもしてましたが・・・三振に倒れてバットをへし折りました。

10回、名手・英智がマリンの風に目測ミス。井口のライトフライが前に落ち、高く跳ねて後逸する間に無死2,3塁。守備も固め、1死満塁の絶体絶命となった所で、ドラゴンズは左の高橋にスイッチ。福浦のサードハーフライナーがベース付近に飛んでしまい、なんとゲッツー。サードも堂上弟に代わってました。

そして直後の11回、2死2塁から大島が前進守備のセンターオーバー。タイムリー3塁打でドラゴンズ勝ち越し!そのまま高橋が投げ、あと1人となった所で岩瀬投入で締め。終盤、2度のチャンスをブランコで潰したのは痛かったが・・・すごい執念。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。 | トップページ | ロッテ王手!大差でリリーフを休ませた竜が不気味。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49928476

この記事へのトラックバック一覧です: 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。:

« 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。 | トップページ | ロッテ王手!大差でリリーフを休ませた竜が不気味。 »