« 竜が大勝でタイに。マーフィー7失点炎上で2回もたず。 | トップページ | 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。 »

2010年11月 2日 (火)

久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。

101102 日本シリーズ第3戦
ロッテ(2勝)○7-1●中日(1勝)(千葉マリン
勝利打点:清田

BS1で完全中継。先発はロッテ・渡辺俊、中日・山井。敵地でCSを勝ち抜いてきたマリーンズにとっては11試合ぶりのホーム。また、ドラゴンズはDH制に伴ってルーキー・中田亮をスタメン抜擢。

3回、先頭・谷繁がヒットで出塁すると、1死1,3塁で荒木の左中間への当たり。清田の超ファインプレーでアウトにはしましたが、中継プレーがそれてバックホームが転々と転がる間にタッチアップで1点先制。そのウラ、2死2塁からサブローのタイムリーですかさず同点に。

4回、先頭・福浦が2塁打で出塁すると、1死2,3塁でドラゴンズベンチは前進守備。2死後、この回、2つめの四球で2死満塁となり、ここで清田がセンターオーバー走者一掃の3点3塁打で勝ち越すと、続く井口も右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打で山井KO。

7回には無死2,3塁から、今江福浦の連続犠牲フライでマリーンズが2点追加。マリンの風を味方につけ、わずか97球で5安打、完投勝利の渡辺俊。クライマックスシリーズからの好調を持続しており、第5戦あたりからリリーフに回るか? もしよければ1クリックお願いします。

|

« 竜が大勝でタイに。マーフィー7失点炎上で2回もたず。 | トップページ | 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49918568

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。:

« 竜が大勝でタイに。マーフィー7失点炎上で2回もたず。 | トップページ | 大ピンチをしのいだ中日、延長勝利で2勝2敗に。 »