« 15回の壮絶な死闘。24年ぶりの日本シリーズドロー。 | トップページ | プロ野球戦力分析【楽天編・2010終了】 »

2010年11月 7日 (日)

連夜の延長、ロッテが制して日本一!下克上完成!

101107 日本シリーズ第7戦 延長12回
中日(2勝)●7-8○ロッテ(4勝)(ナゴヤドーム
勝利打点:岡田

関西テレビで完全中継。先発は中日・吉見(中7日)、ロッテ・渡辺俊(中4日)。5時間を超える熱戦から一夜、初回から打撃戦に。いきなりの3連打などで2点を先行しますが・・・そのウラ、守備で負傷した森野がタイムリーを放つと、3点を奪って逆転。ただ森野は途中交代。渡辺俊も腕を痛めたようで、2回4失点でKO。

2番手・小野も2失点で一時は6-2と開きましたが、マリーンズが反撃。4回、2死ランナーなしから岡田のタイムリーで1点を返すと、ドラゴンズはまたも吉見を諦め、5回から河原にスイッチしますが・・・今江里崎のタイムリーで3点を奪い、6-6の同点!

7回、フェンス直撃で出塁した今江が暴投で3塁まで進むと、金泰均が勝ち越しのタイムリーでついにロッテがひっくり返しました。1点リードを6回から登板しているが好リリーフ。タテ・ヨコのスライダーで3回7奪三振。あと3人で日本一、という所まで行きましたが、抑えの小林宏が誤算。9回、先頭・和田がフェンス直撃の3塁打を放つと、ブランコの犠牲フライで7-7の同点。

まさか今日も延長戦になろうとは。9回からドラゴンズは浅尾がロングリリーフ。昨日2イニング投げてますが、立ちはだかりました。ランナーを出しながらの投球ですが、意地の4イニングめ。12回、先頭打者を四球で出すと、2死2塁から岡田が前進守備の右中間を越えるタイムリー3塁打でついにマリーンズ勝ち越し!浅尾は64球で無念の降板。

リードをもらった12回、前の回から投げている伊藤が続投。三者凡退、最後は西岡がショートゴロをさばき、今日もほぼ5時間ゲーム。シーズン3位のロッテがポストシーズンを勝ち抜き、3位チーム初の日本一に!MVPは5年前と同じく今江が選ばれました! もしよければ1クリックお願いします。

|

« 15回の壮絶な死闘。24年ぶりの日本シリーズドロー。 | トップページ | プロ野球戦力分析【楽天編・2010終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49966270

この記事へのトラックバック一覧です: 連夜の延長、ロッテが制して日本一!下克上完成!:

» 【日本シリーズ】 第7戰 中日 7−8 ロッテ (ナゴヤドーム)/ ロッテが日本シリーズ優勝! [仙丈亭日乘]
第6戰に引續いての延長戰を制して、ロッテが優勝! [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 23:57

» ロッテ日本一おめでとう!中日おつかれ! [ポンセンとゴマ豆腐]
特にこの二日、ロッテほんまによう頑張った 中日も崖っぷちの二日、よう持ち応えて頑張った ここまでこじれると思わず、CM権も販売できずにいたフジテレビもよう頑張った わたしは基本的に野球好きだから日本シリーズはちゃんと見たよ。 生まれ育った土地柄上、野球... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 08:07

« 15回の壮絶な死闘。24年ぶりの日本シリーズドロー。 | トップページ | プロ野球戦力分析【楽天編・2010終了】 »