« 日本シリーズ開幕。ミラクルロッテが敵地で先手! | トップページ | 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。 »

2010年10月31日 (日)

竜が大勝でタイに。マーフィー7失点炎上で2回もたず。

101031 日本シリーズ第2戦
中日(1勝)○12-1●ロッテ(1勝)(ナゴヤドーム
勝利打点:和田

BS1で完全中継。先発は中日・チェン、ロッテ・マーフィー。昨日負傷した大松がスタメン落ち。ドラゴンズも井端を2番に上げてきました。初回、荒木がシリーズ初ヒットで出塁すると、和田のタイムリーで先制。さらに井口のエラーで傷口が広がると、谷繁の押し出し、スタメン起用された大島の2点タイムリーで初回から4点。

2回、井端が11球粘って四球を選び、力尽きたか・・・無死満塁から和田に2点2塁打を許し、マーフィーKO。代わった小野から、野本がレフト前タイムリー。代役レフトの清田がとんでもないバックホームで1点追加。3回はゲッツー処理で井口がファンブルし、1点追加すると・・・ここから乱れてしまい、ブランコの2点タイムリーで10-0。

4回、清田が左足に死球を食らい、かなり痛そうでした。1死1,2塁から今江がセンター前タイムリーを放ち、ようやく1点を返しました。この回、抜けそうな長打2つをドラゴンズ外野陣に止められ、タッチアップもできず。

6回、ブランコが3番手・古谷から2ラン。大差でドラゴンズも7回から継投。初登板の投手を試すには良い機会となりました。面白かったのは代打・福浦を送った途端、ドラゴンズは左の三瀬にスイッチし、マリーンズも代打の代打・今岡を送る、この点差ではありえない采配合戦。結果はショートゴロでした。

ミスが出ると響く今年のシリーズ。千葉マリンで仕切り直し。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 日本シリーズ開幕。ミラクルロッテが敵地で先手! | トップページ | 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49898972

この記事へのトラックバック一覧です: 竜が大勝でタイに。マーフィー7失点炎上で2回もたず。:

« 日本シリーズ開幕。ミラクルロッテが敵地で先手! | トップページ | 久々のホームでサブマリン躍動。ロッテが2勝1敗。 »