« 惜しまれる久保の交代機。4点差逆転負けでCS敗退。 | トップページ | 中日、サヨナラでCS突破!オレ竜“強制”胴上げ。 »

2010年10月19日 (火)

ロッテ、「和」の力。3位から初の日本シリーズ進出!

20101019 日本シリーズ出場を争うクライマックスシリーズ(CS)は19日、パリーグのファイナルステージ最終第6戦がヤフードームで行われ、ロッテ(リーグ3位)がソフトバンク(同優勝)を破り、4勝3敗(相手のアドバンテージの1勝を含む)として、5年ぶり6度目の日本シリーズに進出した。リーグ3位からの進出は両リーグを通じて初めて。

ソフトバンクは先に王手をかけたが、3連敗で7年ぶりの日本シリーズ出場を逃した。最優秀選手には2完投で2勝を挙げたロッテの成瀬が選ばれた。

第1戦 ソフトバンク●1-3○ロッテ(ヤフードーム) 勝利打点:大松
ソフトバンク・杉内、ロッテ・成瀬の両エースで開幕。ロッテは2回、先発抜擢の今岡のヒットを皮切りに、大松の3ランで先制。CS第1ステージから中4日で先発した成瀬が4安打1失点で完投。1勝1敗のタイに戻した。ソフトバンクはエース杉内が打たれ、打線も川崎のタイムリーによる1点だけに終わった。8回、サブローがCS初のビデオ判定となり、結果は2塁打に。

第2戦 ソフトバンク○3-1●ロッテ(ヤフードーム) 勝利打点:山崎
ルーキー・清田の初回ホームランで1点を先行したロッテも、2回、相手エラーも絡み1死満塁から、山崎の2点タイムリーでソフトバンクが逆転。3回にもロッテの2失策が得点に絡み、3点め。ペンも3回で降板し、リリーフ陣が奮闘したが、対するソフトバンク・和田が13三振を奪い、2安打1失点で完投。3回以降はノーヒットに抑えた。

第3戦 ソフトバンク○1-0●ロッテ(ヤフードーム) 勝利打点:なし
連勝でソフトバンクが王手。初回、本多の送りバントがエラーを誘い、2死2,3塁からマーフィーの暴投で先制。先発のホールトンは粘り強く投げ、6回途中まで3安打無失点。ここから森福、摂津、馬原と小刻みにつないで、ロッテ打線を零封。ロッテは投手陣が2回以降踏ん張ったが、攻撃で得点圏に4度進めながら、あと1本が出なかった。

第4戦 ソフトバンク●2-4○ロッテ(ヤフードーム) 勝利打点:今岡
ロッテが一矢。2回に今岡のソロで先制。4回は大松のタイムリーで追加点。6回にも1点、9回にも井口のタイムリー内野安打で効果的な4点。先発した渡辺俊は打者のタイミングを巧みに外して好投。完封を目指した9回に3連打を許して降板し、代わった小林宏もピンチを広げるも逃げ切り。ソフトバンクは9回に2点差に迫り、なお満塁と攻めたが及ばず。

第5戦 ソフトバンク●2-5○ロッテ(ヤフードーム) 勝利打点:福浦
ロッテが逆転勝ちで逆王手。0-1の7回、サブローのタイムリー2塁打で追いつき、代打・福浦のタイムリー、里崎のタイムリー2塁打と畳み掛けた。1点差に迫られた9回は清田の2ランでダメ押し。復帰即先発の大嶺を3回から救援した小野が好投し、継投がはまった。ソフトバンクは先発・大隣の力投も・・・6回から登場したファルケンボーグ、摂津らが生かせず、8回も1点差に迫りながら一押しがなかった。

第6戦 ソフトバンク●0-7○ロッテ(ヤフードーム) 勝利打点:井口
中4日のエース対決を制したのはロッテ。5回、2死から満塁となり、井口に押し出しの死球でロッテが先制すると、連続押し出し、今江の2点タイムリーで4点を奪った。先発要員の和田が3番手で好投したが、8回はファルケンボーグが連夜の炎上。大松の2ランなどで3点を加えた。ソフトバンクは杉内が5回途中で降板。打線はまったく振るわず、2塁すら踏めなかった。ロッテ・成瀬は4安打で無四球完封。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 惜しまれる久保の交代機。4点差逆転負けでCS敗退。 | トップページ | 中日、サヨナラでCS突破!オレ竜“強制”胴上げ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49816180

この記事へのトラックバック一覧です: ロッテ、「和」の力。3位から初の日本シリーズ進出!:

« 惜しまれる久保の交代機。4点差逆転負けでCS敗退。 | トップページ | 中日、サヨナラでCS突破!オレ竜“強制”胴上げ。 »