« 久保、荒天で粘った13勝!逆転勝利で踏みとどまる。 | トップページ | メッセ、2回6失点KO。反撃届かず、痛恨の一敗。 »

2010年9月18日 (土)

能見、自慢のG倒で恩返し。注目の6連戦で先手!

20100918 阪神○1-0●巨人(甲子園) 勝利打点:桧山③

BS1で完全中継。関西テレビでも4回表から中継。ゲーム差なしの2位対決、先発は能見(中2日)、巨人・ゴンザレス。先発も予想されたメッセンジャーが偵察に入り、がスタメン出場。初回、マートンが痛烈なセンター前ヒットを、センター・松本が後逸する間に一気に2塁に進みましたが・・・続く平野が痛恨のバント失敗。

立ち上がりから毎回ランナーを背負う能見ですが、持ち前の粘りながらのピッチングで無失点ピッチングを展開。やっぱりストレートの独特のキレが違います。

6回、先頭・マートンがヒットで出塁しますが・・・平野が2度めのバント失敗。ゴンザレスの曲がりの大きいスライダーに対応できず。それでもここから、鳥谷の痛烈なエンドラン成功!1死満塁のチャンスを作りましたが、ブラゼルがピーゴロ併殺で無得点。

0-0の投手戦のまま、7回、2死から続投のゴンザレスにヒットを許すと、坂本の嫌な粘り。レフトポール際の大ファールにどよめき、11球粘られても能見が抑えてくれました。そのウラ、タイミングの合っていない林の代打・金本が右中間へ2塁打を放つと、続く俊介は前進守備の外野をもう少しで抜けそうなセンターフライ。2死3塁で、能見の代打・桧山が初球ライト前タイムリーでタイガース先制!!ここでゴンザレスが降板。

1-0でしかも2番からと厳しい8回のマウンドを託された久保田。普段よりもスピードのあるストレートを中心に三者凡退で切り抜け。そのウラ、マートンが猛打賞となるサード強襲2塁打で出塁しますが、平野がまさかのバント3度失敗。この後、1死1,3塁のチャンスでしたが、追加点ならず。

最終回は球児。いきなりの不運な連打で無死1,2塁とされましたが、古城が2度のバント失敗に加えて、バスターに切り替えたところを、3度バントミスの平野の美技でゲッツー完成!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
桧山 能見 久保田
マートン 藤川球
鳥谷 金本
平野 藤川俊 上本
城島
新井 浅井 ブラゼル 林威助
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ドラゴンズ●、ジャイアンツ●でまず先手。【D】⇔1.5差⇔【T】⇔1差⇔【G】
スワローズは○。CSマジックは「」、CSクリンチ「」に。

18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 筒井和也投手(この天王山6連戦、貴重な左のリリーフに。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 久保、荒天で粘った13勝!逆転勝利で踏みとどまる。 | トップページ | メッセ、2回6失点KO。反撃届かず、痛恨の一敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49490377

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、自慢のG倒で恩返し。注目の6連戦で先手!:

« 久保、荒天で粘った13勝!逆転勝利で踏みとどまる。 | トップページ | メッセ、2回6失点KO。反撃届かず、痛恨の一敗。 »