« 久保田、復肩のお立ち台!逆転G倒で2位死守。 | トップページ | 久保、8回零封も報われず。ミスで事実上の終戦。 »

2010年9月21日 (火)

天王山初戦。ナゴヤ決戦で完敗し、終戦にリーチ。

20100921 中日○3-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:野本

テレビ大阪で2回表から中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、中日・チェン。1.5差の2位で迎えた首位攻防、最後の3連戦。チェンと相性の良い大和をセカンド起用し、平野をライトに回してきました。初回、マートンが右中間オーバーの2塁打で出塁しますが・・・平野が送れず、ショートフライ。

4回、俊介のショートゴロを荒木が悪送球し、2死2塁のチャンスで注目の大和に回ってきましたが、空振り三振。そのウラ、和田、ブランコの連打で1死1,3塁と初めてのピンチを背負うと、続く野本に犠牲フライを許してしまい、ドラゴンズ先制。

6回、先頭・鳥谷が11球粘って三振。続く新井も9球めをクリーンヒット。途中ライトポール際への大ファールもあり復調気配。ただ次のブラゼルがファーストゴロ併殺。そのウラ、1死1塁でブランコのショートゴロ。併殺コースでしたがエンドランがかかっており、2塁にランナーが残ると、またも野本に三遊間を破られ、手痛いタイムリー。

反撃の糸口も見えず、110球を超えていたチェンは8回も続投。スタンリッジに代打・金本を出さざるを得ないのがツライ。2死後、平野がヒットと暴投で2塁まで行きましたが、鳥谷がレフトポール際への惜しいフライアウト。あと一押し足りませんでした。

8回ウラは渡辺。三振ゲッツーで2死を取った後、和田、ブランコに連打。レフト前ヒットをマートンが後逸する間に、一気にホームインされ、決定づける3点め。9回は新井が左中間フェンス直撃の2塁打を放ちますが、後続が続かず。あと1人となった所で、抑えの岩瀬が登板し、代打の代打・関本が空振り三振。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
新井 スタンリッジ
 
平野 藤川俊
金本 渡辺
マートン 鳥谷 関本 ブラゼル 城島 大和
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ドラゴンズ○、ジャイアンツ○で終戦寸前。【D】⇔2.5差⇔【T】⇔0差⇔【G】
スワローズは●。CSマジックは「」、CSクリンチ「」に。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 久保田、復肩のお立ち台!逆転G倒で2位死守。 | トップページ | 久保、8回零封も報われず。ミスで事実上の終戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49521654

この記事へのトラックバック一覧です: 天王山初戦。ナゴヤ決戦で完敗し、終戦にリーチ。:

» いつまでも打てまチェンでいいのか [パイプの部屋]
対中日最終カード。3連勝して一気に首位を奪取するチャンス。と言うより、優勝するためには3連勝しかない。それだけ大事な試合だったのに完封負けとは…もうナゴヤドームが鬼門だ... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 23:18

» いつまでも打てまチェンでいいのか [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
対中日最終カード。 3連勝して一気に首位を奪取するチャンス。 と言うより、優勝するためには3連勝しかない。 それだけ大事な試合だったのに完封負けとは… [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 23:19

« 久保田、復肩のお立ち台!逆転G倒で2位死守。 | トップページ | 久保、8回零封も報われず。ミスで事実上の終戦。 »