« 優勝マジック8が点灯!残り9試合、勝ち続けるのみ。 | トップページ | 関本、5ヶ月ぶりの先発。「必死のパッチ」でG倒! »

2010年9月28日 (火)

まさかのスタン炎上。復帰の長野にやられ終戦寸前。

20100928 阪神●5-7○巨人(甲子園) 勝利打点:ラミレス

朝日放送で1回ウラから中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、巨人・内海。わずかな優勝の可能性をかけて、互いに負けれない2位攻防。先発レフトには昇格した桜井を起用。初回、1死から3連打。ラミレスのタイムリーで先制されると、1軍復帰した長野にもタイムリー。さらに古城には押し出し死球で3失点。

そのウラ、2死2塁から新井が右中間オーバーのタイムリー2塁打で1点を返しますが、続くブラゼルが1塁線の当たりを捕られてしまいました。3回、2死から崩れたスタンリッジ。2四球と長野の内野安打(鳥谷ダイブも止めるまで)で、満塁から内海に初球をレフト前2点タイムリーを許し、1-5。まさかのKO劇でした。

4回、2番手・渡辺も暴投で2塁に進まれた後、小笠原にタイムリーを許して6点め。球自体はそんなに悪い感じもしなかったですが・・・。圧巻は5回、李が高々と打ち上げた内野フライ。浜風と逆向きに吹いており、新井が1塁方向に流され、落球で2塁へ。1,3塁で内海がバント失敗から挟殺プレーとなり、ブラゼルのワンバウンドのバックホームを城島が好ブロック!

6回、先頭・マートンがセリーグ記録を更新する205安打で出塁すると、平野が右中間オーバーのタイムリー3塁打!さらに鳥谷がバックスクリーンへ放り込む2ランで4-6とし、内海KO。しかし7回、好投の福原が阿部にカーブを続けた所をライトポール際へ弾丸ライナーをくらい、痛すぎる7点め。それでもそのウラ、桜井の一発で再び反撃。

8回からは久保田が2イニングをパーフェクト。2点差のまま9回はクルーン。先頭・ブラゼルが意外な振り逃げで出塁。代走・が盗塁を決め、ゲッツーの可能性をなくしましたが・・・城島が凡退。桜井もフォークに三振、最後は代打・が凡退してゲームセット。明日負けると、ドラゴンズにマジック「1」点灯。

明日の能見に全てを託しますが・・・甲子園でCSやる為にも勝っておきたい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
久保田
マートン
平野 鳥谷 福原
桜井 藤川俊  渡辺
新井
ブラゼル 城島 上本 関本 金本 林威助 スタンリッジ
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
マジック「8」のまま3位転落。数字上も終戦リーチ。【D】⇔2差⇔【G】⇔0.5差⇔【T】
スワローズは○。CSマジックは「3」、CSクリンチ「3」のまま。

28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 桜井広大外野手(ファームを制した右の大砲。残り打ちまくりたい。)
IN 杉山直久投手(最終盤で再びチャンス。もう失敗できない。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 優勝マジック8が点灯!残り9試合、勝ち続けるのみ。 | トップページ | 関本、5ヶ月ぶりの先発。「必死のパッチ」でG倒! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/49590681

この記事へのトラックバック一覧です: まさかのスタン炎上。復帰の長野にやられ終戦寸前。:

» スタンリッジまさかの乱調でとうとう崖っぷち [パイプの部屋]
昨日書いた阿部健太と水田圭介の戦力外の話、誤報だったとか。いや、それすら人づてに聞いた話なので信用していいのかわからない。こう言うテーマは球団発表を待ってから書くように... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 07:03

« 優勝マジック8が点灯!残り9試合、勝ち続けるのみ。 | トップページ | 関本、5ヶ月ぶりの先発。「必死のパッチ」でG倒! »