« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

甲子園凱旋&スタン復帰。22安打爆勝でベイ圧倒!

20100831 阪神○13-1●横浜(甲子園) 勝利打点:ブラゼル⑫

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はスタンリッジ(再昇格)、横浜・清水直。2回、ゲッツー崩れで1失点かと思いきや・・・武山への打撃妨害で1死満塁のピンチも、清水ゲッツーで切り抜け。鳥谷の美技に助けられました!するとブラゼルが39号ソロで先制!さらに3回、1死1,2塁で新井がライト前タイムリー!ブラゼル城島にもタイムリーが飛び出し、序盤で4-0とリード。

4回、2死から武山にライト前ポテンタイムリーで1点を返されますが、そのウラ、1番から怒とうの5連打!鳥谷新井の連続タイムリーで6点めを取った所で清水KO。代わった高宮からブラゼルもタイムリーを放ち、7点め。1,3塁の連続!

5回、石川の左中間への当たりに俊介がわずかに追い付けず2塁打としますが・・・続くハーパーのセンターオーバーで8-4-2と見事な中継が決まり、ホームタッチアウト!そのウラ、マートンがインローのボール球を空振りした際、どこか痛めたか・・・この回で途中交代。

次は中4日が想定されるスタンリッジは5回で降板。6回はがフルカウントの連続で32球費やしての無失点。そのウラ、5番手・小林太からビッグイニング。金本が左中間フェンス最上部に当ててのスタンドイン!これで先発野手全員安打!さらに2死1,2塁から、平野がタイムリー2塁打。続く鳥谷もセンター前へ2点タイムリー。レッドの持っていた月間安打の球団記録を更新する43安打!とどめは新井の2ランで一挙6点!

7回から渡辺が淡々と2イニング。もったいない感もありましたが、ゲームを締め直しました。8回に平野が今日5安打めのヒットを放ち、打率.351まで急上昇。チーム今季最多となる22安打、月間3度めの20安打と破壊力の凄まじさ。

長期ロードからの甲子園凱旋ゲームを大勝で制し、首位独走に持っていきたい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 鳥谷 新井 ブラゼル 渡辺
マートン
金本 藤川俊 スタンリッジ 桟原
浅井
城島 林威助 関本 小宮山 
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●、ドラゴンズ○で首位キープ。【T】⇔1差⇔【G】⇔1.5差⇔【D】
スワローズ○ながら、CSマジック「22」に。

31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN スタンリッジ投手(腰痛から復帰。既に2度故障しただけに、起用が心配。)
OUT 水田圭介内野手(大和の代わりで上がったが、出場機会に恵まれず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月29日 (日)

鳥谷、4安打5打点で3割到達!今季2度め20安打!

20100829 ヤクルト●5-12○阪神(神宮) 勝利打点:金本⑥

BS1で完全中継。今日の先発は久保(中4日)、ヤクルト・山本斉。初回、鳥谷のレフト前タイムリーで先制するも、そのウラに青木が先頭打者アーチですかさず同点。続く2回、金本城島の連続アーチが飛び出すと、2死から3連打!鳥谷の2打席連続タイムリーで4-1。初登板の山本斉がKO。

3回から松井光にゲームを作り直され、4回のチャンスも潰すと・・・そのウラ、2死を取った後に畠山に2ラン。一気に4-3となり、試合がわからなくなりました。5回、2死から金本が早くも猛打賞となる右中間へのヒットで出塁すると、続く城島が粘ってフォークをレフトポール際へ!今日2発めとなる2ランで6-3。反撃ムードをかき消しました。

6回、スワローズ・押本から鳥谷が内角ストレートに回転し、会心の16号2ランでほぼ試合を決定づけ。守備でも三遊間への緩いゴロを華麗にさばく鳥谷。のってきました。プロ初、中4日の久保は6回まで投げぬき、自己記録を更新する12勝め。2発くらいましたが、そんなに悪い印象はなかったです。

8回、5点ビハインドながらセットアッパー・松岡が登板。マートンが連日4安打となるボテボテの内野安打。続く平野もバントヒットを決め、無死1,2塁で鳥谷が鮮やかなレフト前タイムリーで今日5打点め。打率も3割に乗せました。独り音なしの新井が凡退後、ブラゼルがカウント0-3からの特大38号3ラン!

12-3となり、8回は福原。青木をセカンドゴロゲッツー。1塁ランナーをタッチにいった平野がファンブルしかけますが、青木がちゃんと走っておらず併殺に。結果3人で終わらせました。そして9回は先発予想もあったが2失点。若さが出ましたが・・・今日は20安打で爆勝!10勝13敗で長期ロードを締めました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 平野 マートン 金本 城島
藤川俊
ブラゼル 久保
西村 福原
 
林威助 浅井 新井 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○、ドラゴンズ●で首位キープ。【T】⇔0差⇔【G】⇔2.5差⇔【D】
スワローズ●&対ツバメ勝ち越しで、CSマジックは3つ減って「23」に。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月28日 (土)

秋山、2戦めでプロ初勝利!快勝で再び首位に。

20100828 ヤクルト●2-9○阪神(神宮) 勝利打点:鳥谷⑦

テレビ大阪で2回ウラから9回表まで中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・中澤。初回、牽制悪送球もあり、2死3塁から新井がライトフェンス直撃のタイムリー(シングル)で先制。しかし2回、1死3塁で宮本にタイムリーを許し、あっさり同点。さらに2死後、青木敬遠で満塁策を取り、フルカウントから田中浩を打ち取り。

3回、先頭・マートンのファーストゴロをホワイトセルが弾くと、1死2塁から鳥谷が逆方向への当たり。打球が伸び、フェンス際でレフト・畠山のグラブを弾くタイムリー2塁打で勝ち越し。そのウラ、カーブが定まらず苦しむ秋山。2死満塁で川端のバウンドを合わせた新井がうまくさばいて、サードゴロ。

5回、マートンの15号ソロで3-1とリードすると、そのウラ、2死から四球を出して相川が右中間への当たり。ここでマートンが倒れこむように飛びつくファインプレーで、秋山が勝利投手の権利をゲット。前回は6回に捕まったこともあってか、ここで降板。さらに6回、新井がバックスクリーンへの16号で4点め。早くも金本に代走を出す一方で、城島がゲッツー2つ。

2番手は西村平野のスーパーダイブもあり、3人で片付けると・・・7回からは久保田。1番からの上位打線を相手に投げ負けず好リリーフ。惜しかったのは8回、スワローズ左の渡辺から無死1,3塁のチャンスを作りますが、新井が三振、ブラゼルもゲッツーでダメを押せず。

9回、デラクルスから1死満塁のチャンスを作り、マートンが走者一掃の3点2塁打(4安打!)で止めを刺すと、2死後、鳥谷にもタイムリー。さらに連打が続き、ブラゼルのタイムリーと同時に3塁を狙った新井がタッチアウトで攻撃終了。リードが8点でも、球児登場。青木の内野ゴロの間に1点を取られましたが、今日は快勝!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 鳥谷 新井 西村 久保田
平野 秋山
桧山
金本 浅井 ブラゼル
藤川俊 藤川球
林威助 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●、ドラゴンズ○で再び首位浮上。【T】⇔0差⇔【G】⇔1.5差⇔【D】
スワローズとの直接対決を制し、CSマジック「26」が再点灯。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月27日 (金)

苦手館山にあっさり完封。2塁踏めず・・・正念場。

20100827 ヤクルト○6-0●阪神(神宮) 勝利打点:ホワイトセル

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、ヤクルト・館山。初回、9球粘ってヒットの平野が牽制で挟まれタッチアウト。2回は城島の大飛球はセンターフェンス際で失速。4回も先頭・平野がヒットで出塁しますが、続く鳥谷が三振ゲッツー。進塁させることもできず。

序盤3イニング、不安視されたメッセンジャーがパーフェクトピッチング!4回、2死フルカウントから飯原に四球を出し、初めてのセットポジション。ここでホワイトセルが2ランを放ち、スワローズ先制。そして6回、先頭・青木にヒットを許すと・・・1死2塁から飯原がレフトスタンドへ。決定的な4点めが入り、ユニフォームを噛み締めた好投のメッセは2発に沈みました。

7回からは復帰の藤本に守備固めを出すスワローズ。タイガースも苦手の館山からヒットこそ出るものの、実は2塁を踏めず。マルチヒットの金本が通算2352安打となり、川上哲治氏を上回りました。そして2番手・江草が7回ウラを無失点に。

8回、昇格したての桟原がマウンドに上がりますが・・・いきなり青木に死球。1死2塁から飯原にライトフェンス直撃のタイムリー3塁打。続くホワイトセルもバットを折りながら、センター前タイムリーでさらに2失点。このままじゃ敗戦処理でも使えない。

結局、手も足もでないまま館山が2時間27分のスピード完封劇。しかもマートンは全くタイミングとれず4打席4三振。もう明日は秋山に託すしかないか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
金本 林威助 江草
平野 メッセンジャー
桧山
鳥谷 新井 ブラゼル 藤川俊 城島 マートン 桟原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●、ドラゴンズ●。両延長サヨナラ。【G】⇔1差⇔【T】⇔1.5差⇔【D】
スワローズ○で、CSマジックも消滅中。気がつけば5ゲーム差。

27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 桟原将司投手(2軍戦に復帰したばかり。もう言ってられない。)
OUT 藤原正典投手(肩を痛めた模様。登板過多に耐えれなかったか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月26日 (木)

湿るダイナマイト打線。沈黙&投壊でコイ負け越し。

20100826 阪神●1-6○広島(京セラドーム大阪)勝利打点:会澤

よみうりTVで4回ウラから9回ウラ途中まで中継。黒虎ユニフォーム最終戦となった今日の先発は下柳(再昇格)、広島・スタルツ。昨日1イニング10失点のカープ・梅津は抹消。相手ながら選手起用に疑念。。2回、2死1,2塁から会澤がレフト前タイムリーを放ち、カープ先制。さらに3回、先頭・梵に2塁打を許すと、1死3塁から赤松のセンター犠牲フライで2点め。

3回、先頭・藤川俊が右中間オーバーで今日は2塁ストップ。下柳がきっちりバントを決めると、1死3塁でマートンが左中間へのタイムリーで1点差。一気に2塁を狙いましたが、楽々アウトになってしまい、流れを切ってしまいました。

5回、無死2塁でスタルツのバスター。センター前わずかに追い付けず、俊介の3塁レーザービームも及ばずオールセーフ。ここで梵のゲッツー崩れの間に1点追加。さらに2死後、またも赤松にレフトオーバーのタイムリー2塁打で4点め。そんなに悪くなかったですが、ここで下柳KO。代わった福原がしのぎきりました。

3点差の8回、2イニングめの江草が乱調。3連打で無死満塁とされると、ヒューバーには押し出しの四球。さらに岩本の犠牲フライ(レフト・金本の悪送球も絡みました)で6点めを取られた所で、ここでなんとセットアッパー・西村がマウンドへ。会澤のセカンドライナーでゲッツーを取れました。

ズムスタで3連発をくらわしたスタルツを相手に、今日は打線が沈黙。中盤は13人ノーヒット。内野ゴロの山を築かれました。9回、マートン、代打・浅井(平野は死球の影響?)の連続ヒットで無死1,2塁のチャンスを作りましたが、クリーンアップがスイッチしたストッパー・横山の前に得点できず。ここに来て、痛すぎるカード負け越し。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
マートン 福原 渡辺
藤川俊 西村
城島
平野 桜井 関本 ブラゼル 鳥谷 新井 金本 下柳 江草
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○、ドラゴンズ●で、2位転落。【G】⇔1差⇔【T】⇔1.5差⇔【D】
スワローズ●ながら、CSマジックも消滅中。

26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(先発火の車で、再調整どころか、結局最短復帰の形に。)
OUT 安藤優也投手(首脳陣の期待に応えられず。大炎上で今季戻れるか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年8月25日 (水)

爆勝22点!安藤の投壊救う、チームの猛攻で奪首。

20100825 阪神○22-8●広島(京セラドーム大阪
勝利打点:金本⑤

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は安藤(中5日)、広島・今村。初回から新井のエラー絡みで3点を失いますが、そのウラ、無死満塁から新井の犠牲フライで1点。続くブラゼルも天井直撃・・・ビデオ判定の末、犠牲フライで1点。2回も制球難の今村を攻め、1死満塁から鳥谷のタイムリーで3-3の同点。

3回、嶋と岩本にそれぞれ2試合連続の2ランを許し、3-7となった所で安藤KO。ラストチャンスでキャッチャーを代えて勝負させたい気も。カープも早くも2番手・青木高を投入し、試合を作り直し。3回途中から2番手・が上がりますが、ピリッとせず1失点。

6回、好投の青木高に代わり、岸本がマウンドへ。初球を城島が22号2ランを放ち、5-8と3点差に接近。7回、1軍復帰の渡辺がマウンドに。自らのバント処理悪送球で無死1,2塁のピンチを背負い、ここから満塁の大ピンチに広がりましたが、切り抜け。

7回、無死満塁で新井が押し出しの四球。ここで左の大島がマウンドに上がり、1死後、フルカウントから金本がライトスタンドへ逆転満塁アーチ!!10-8と劇的にゲームをひっくり返すと、さらに代打・浅井が2ランを放ち、一挙7点で12-8と大逆転劇!!実はこの回、1イニングだけで2打席とも平野が死球を受けてしまい、途中交代。次の8回、久保田が抑えて・・・まさかの猛虎襲来。

8回、1死1,3塁から城島のタイムリーが飛び出すと、さらに満塁で浅井の内野ゴロの間に14点め。2死になっても、マートン上本(プロ初ヒット!&浅井激走)の連続タイムリーが飛び出すと、鳥谷が15号3ラン!ただ続く新井へのビーンボールでブラゼルが動き、乱闘騒ぎに発展。さらに1,2塁でこの回、2打席めの桧山が1イニング2安打となる3ラン!カープ・梅津から一挙10点でダメダメ押し。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 マートン 鳥谷 ブラゼル 城島 藤川俊 桧山
平野 浅井 上本
藤原 久保田
渡辺
新井  福原
桜井 林威助 安藤
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●、ドラゴンズ○で、勝率差で首位。【T】⇔0差⇔【G】⇔1.5差⇔【D】
スワローズも貯金生活に入り、CSマジックも消滅中。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年8月24日 (火)

生観戦。楽勝ムードが一変。久保&球児で落とす。

20100824 阪神●4-5○広島(京セラドーム大阪) 勝利打点:嶋

サンテレビで完全中継。黒虎シリーズ、生観戦で帽子ゲットしました。先発は久保(中5日)、広島・篠田。藤川俊が2試合続けてのスタメン。初回、鳥谷がフルカウントからバックスクリーンへの2ランで先制し、これで終わらず。新井が激走2塁打で出塁すると、2死後、金本が右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打で3点先行!

2回、岩本に逆方向へ2ランを許し、あっという間に1点差。しかしそのウラ、俊介がヒットで出塁すると、続く久保はバントできず・・・バスターに切り替えると、1,2塁間への内野安打。さらに俊介が一気に3塁へ好走塁を見せると、マートンの犠牲フライで4点め。

3回、1死1,3塁で栗原のサードライナーで、キャッチャーミットにバットが当たったとしてカープ側の猛抗議も実らず。しかし4回、2死から篠田に左中間を破られタイムリー2塁打で1点差。毎回ランナーを出す苦しい久保。5回で103球。6回、1死2塁から梵にライト線を破られてしまい、4-4の同点で降板。代わった江草が木村にサードバントヒットを許しますが、続く天谷の当たりに平野が鮮やかな4-4-3のゲッツー!

7回、平野が頭部死球を受けてしまい、篠田が危険球退場。少し休んで平野も1塁ベースに帰ってきました。前の打席、三振ゲッツーに終わった鳥谷。今度はバント成功しましたが、新井が四球で歩き、続くブラゼル金本が左の大島の前に、連続三振。

セットアッパー・西村が2イニングめの8回も行きますが、代打・石井琢に10球粘られてヒット。無死1,2塁で梵のバントをサード封殺した所で、なんと久保田登場。これには場内も驚きました。代打・前田智を三振に抑え、続く天谷のファールフライに城島がカープベンチ前でスライディングキャッチ!

久保田に代打を出したこともあり、同点の9回は球児が登板しますが、1死後、嶋の初球抜けたフォークをライトスタンドへ持っていかれ、勝ち越し。中6日と空いた登板間隔が裏目に。そのウラ、ストッパー・横山との勝負。マートンのサードゴロを石井琢にダイブされました。2死後、1,2塁のチャンスを作りましたが、ブラゼルがバットを折られてしまいゲームセット。黒虎ユニでも勝てず、4連敗。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 久保田
新井 平野
藤川俊 江草
金本 西村
城島 浅井 桜井 林威助 久保
マートン ブラゼル 藤川球
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○、ドラゴンズ●で、2位転落。【G】⇔1差⇔【T】⇔1.5差⇔【D】
スワローズ5割復帰もあり、CSマジックも消滅。
P1010121 P1010137 P1010151 P1010166



24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 上本博紀内野手(2軍戦で実戦経験。足のスペシャリストに。)
IN 渡辺亮投手(中10日で最短復帰。リリーフでフル回転してもらう。)
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 川崎雄介投手(投げる試合で連続失点が効いたか。再調整。)
OUT 狩野恵輔捕手(出場機会に恵まれず。代打枠を狙いたい所。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月22日 (日)

必死の継投も及ばず。対G3連敗でゲーム差なしに。

20100822 巨人○3-0●阪神(東京ドーム) 勝利打点:坂本

BS日テレで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、巨人・朝井。ルーキー・藤川俊が5月30日以来のスタメンセンター。初回、2死1,2塁のチャンスを潰すと、そのウラ、いきなり坂本に先頭打者アーチ。得意のインローを弾き返し、ジャイアンツ先制。

2回、1死1,2塁でメッセンジャーがバント失敗。あわやゲッツーでした。2死後、マートンがライトポール際への惜しいファールの後、四球を選んで満塁としますが・・・平野がショートゴロで三者残塁。そのウラ、鳥谷の好プレイで2死後、長野のフェンス直撃2塁打。ここで脇谷を敬遠。用心してピッチャー勝負し、無失点で切り抜け。

3回、谷の送りバントをメッセンジャーが2塁悪送球でオールセーフ。ここで小笠原が意表を突く、初球バントも小フライでゲッツー。しかしラミレスにセンター前タイムリー。さらに暴投で1塁が空くとすかさず阿部を敬遠しましたが、エドガーがレフト前タイムリーで3点め。4回、1死1,2塁でメッセに代打・桜井が良い当たりもゲッツー。

4回からが2イニングを無失点に抑えると、3番手は先発予想もあった江草。6月5日以来の復帰登板でしたが、落ち着いて三者凡退。ウエスタンで1度先発させた分、どっちで使うのかも今後楽しみです。7回からは久保田が2イニングパーフェクト。4回以降はノーヒットに抑えてくれました。

反撃の糸口も作れず、惜しかったのは8回くらい。ジャイアンツ・山口から、新井がヒットを放ち、ブラゼルがアウトコースを逆方向へ持って行きますが、レフトフェンス際で失速。6連戦とデーゲームの連続とあって、体調不良のようでスイングに精彩を欠きました。

スタンリッジの故障離脱もあり、ジャイアンツ戦3連敗は仕方なかったか。大阪ドーム、しかも黒虎ユニフォームでまた仕切り直しです。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 久保田
マートン  江草
新井 藤川俊
金本 関本
林威助 平野 城島 ブラゼル 桜井 メッセンジャー
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○、ドラゴンズ●で、わずかに首位。【G】0ゲーム差、【D】1.5ゲーム差。
CSマジックは「30」のまま。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010年8月21日 (土)

秋山、巨人戦堂々デビュー。6回4失点で涙の黒星。

20100821 巨人○8-3●阪神(東京ドーム) 勝利打点:脇谷

BS日テレで完全中継。今日の先発は秋山(初登板)、巨人・福田。初回、マートンが初球ヒットで出塁すると、鳥谷のピッチャーライナーが福田の左脇に挟まりアウト。2死1,2塁でブラゼルが軽打に切り替え、センター前タイムリーでタイガース先制!さらに金本の当たりはフェンス際で失速。

19歳秋山のプロ初登板。ストレートは140キロ届かない程度で、ブレーキの利いたカーブに驚きました。ラミレスには初めてのフォークで空振り三振を奪い、無失点の立ち上がり。2回、3連打で1点を失うと、福田がバントエンドランの形でスクイズがファール。原監督もかなり怒ってました。が、坂本タイムリーで勝ち越し。

3回、マートンが同点ソロを放ち、さらに鳥谷が三盗成功も勝ち越せず(阿部が首でボールを止める一幕も)。それでも4回、金本がライトスタンド最上段へ放り込む135m弾で3-2と勝ち越し!秋山もフォークの割合を増やして、ジャイアンツ打線も沈黙。守備でも、鳥谷がジャンピングキャッチで救いました。

ここまで91球、良い当たりも増えてきた中で6回続投が裏目。2死から長野に有効球だったカーブをセンター前に打たれ1,2塁とされると、続く脇谷にもカーブをライトオーバーの2点3塁打で逆転。ブルペンで控える西村の投入所を誤りました。秋山は投げきりましたが、ベンチで人目隠さず涙する一幕も。

1点差の7回、西村が登板しますが・・・谷の好走塁もあり、1死1,3塁からラミレスにタイムリーを許すと、続く阿部に特大3ランでジエンド。ブルペンでの内容も悪く、前の回途中で出せなかったのかも。点差が5点に広がっても、山口が登板して反撃すらさせてもらえず。

明日負けても、ゲーム差なしで首位ですが、3タテだけは阻止しないと。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン
 
金本 新井 秋山
鳥谷 平野 ブラゼル 福原
城島
林威助 浅井 桧山 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○、ドラゴンズ○で、3強肉薄。【G】1ゲーム差、【D】1.5ゲーム差。
CSマジックは「30」に。

20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 江草仁貴投手(2軍戦で1度先発。中6日であるぞ久々先発。)
OUT 小嶋達也投手(またも谷間を埋めれず。今季はもうないか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2010年8月20日 (金)

スタン離脱の穴。投壊12失点で巨人吹き返し。

20100820 巨人○12-5●阪神(東京ドーム) 勝利打点:ラミレス

BS-hiで完全中継。よみうりTVでも7回表まで中継。今日の先発は小嶋(再昇格)、巨人・ゴンザレス。初回、スタメン起用された谷がヒットで出塁すると、小笠原のゲッツーコースがイレギュラー。ラミレス、エドガーのタイムリーでいきなり2点。2回、のタイムリー(ライトライナーこぼし気味)で1点を返しましたが、そのウラ、坂本に2ラン被弾。2死を取ったところで、早くもにスイッチ。

4回、2死1,2塁から鶴の代打・桜井がフルカウントから巧いライト前タイムリーで2-4。これで試合がわからなくなり、早くも3番手の福原が4回からマウンドに上がる展開。ただ2イニングめの5回がひどかった。ラミレス、阿部(足痛めてるのに・・・)に連続アーチを許すと、長野には天井直撃のファール後、3塁打。2死1,3塁から、城島のサード牽制悪送球の間に1点が入り、この回3失点。

5点差の6回、久保を攻めて1死2,3塁から代打・関本がライト前タイムリー!続くマートンの犠牲フライで4-7。フルカウントから平野が2塁打を放ち、代走出してなかった分、関本は3塁ストップ。ジャイアンツ・山口を引きずり出しますが、鳥谷が空振り三振。

反撃ムードの中、どうしても点をやりたくない展開で、6回から早めの久保田投入。小笠原のレフトフェンス際へのファールフライを金本がエキサイトシートのそばでナイスキャッチしますが、スキを見て、谷にタッチアップ。2塁に進まれると、ラミレスがフェンス直撃のシングルタイムリーで8点め。

7回、クリーンアップが山口に三人で抑えられ(ブラゼルのピーゴロにアクロバット反応!)てしまい、ゲームの大勢が決まりかけると・・・そのウラ、藤原が2死までこぎつけてから、坂本にタイムリー。8回は川崎が3失点でダメ押し。大差の9回は3連打でマイケルから、鳥谷タイムリーで1点を返すのがやっと。

やっぱり鶴先発で良かったのでは?という意見も少なからず・・・明日はルーキー・秋山がプロ初先発の予定。温かく見守りたいです。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野
桜井 関本 
鳥谷 城島
金本 新井
林威助 久保田
マートン ブラゼル 狩野 小嶋 福原 藤原 川崎
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ドラゴンズ●、ジャイアンツ○で、2位が逆転。【G】2ゲーム差、【D】2.5ゲーム差。
CSマジックは「31」のまま。

20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小嶋達也投手(スタンリッジの負傷でスクランブル先発招集。)
IN 秋山拓己投手(自慢の高卒ルーキー。ついに初登板初先発へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年8月19日 (木)

新井、3戦連発&6打点の大暴れ!安藤こらえた。

20100819 横浜●4-10○阪神(横浜) 勝利打点:新井⑪

毎日放送で3回表から7回表まで中継。今日の先発は安藤(中3日)、横浜・藤江。試合前、先発軸のスタンリッジが登録抹消の悪いニュース。苦しい先発事情の中、1ヶ月ぶりの先発復帰となった安藤ですが、初回にいきなり内川に2塁打を許し、ここからハーパーの犠牲フライで1失点。不安がよぎりましたが・・・力のあるストレートもちらばり、フォークも効果的でした。

3回、2死からマートンがヒット&盗塁を決めると、平野への死球で動揺したか・・・満塁のチャンス。ここでパスボールで同点に追い付くと、新井が鮮やかなライト打ち。2点タイムリーで一気に逆転!さらに5回、1死1塁で新井が左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打(鳥谷も好走塁)!さらにブラゼルもタイムリー、金本も続いて、藤江KO。城島の内野ゴロの間に1点を追加すると、がレフト線へタイムリー2塁打!これで7-1。

6回、1死1,3塁で新井のゲッツー崩れの間に1点。追加点は無かったですが、ブラゼルのサードファールフライを村田が落球。その後に軽打でヒットを放ちました。そのウラ、84球(被安打2)の安藤が捕まり。上位打線から2点を失った所で、スイッチした藤原が四球で1死満塁。5点リードながら、西村が大ピンチで登板して、カスティーヨ、金城をピシャリ。

西村がプロ初打席に立ち、7回も続投して完璧に抑えると・・・8回は新井が3戦連発となる、15号2ランでとどめ。今日6打点の大活躍で去年に並ぶ「82」に。リードが7点となり、久保田ではなく福原が8回登場。村田に一発は許しましたが、ボールに力がありました。9回はリリーフ転向のが1イニング。

黒虎ユニフォームでベイスターズを3タテ&全て2ケタ得点。ジャイアンツに3ゲーム差をつけて、東京ドームに乗り込みます!ルーキー・秋山の次カードでプロ初先発も近い?
「ジャイアンツという目標があるので、気合が入ってます」 by 新井
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 西村
平野 鳥谷
マートン 林威助 ブラゼル 安藤 
城島
金本 浅井 関本 藤川俊 福原
桜井 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ドラゴンズ○、ジャイアンツ●で、2位が逆転!【D】2.5ゲーム差、【G】3ゲーム差。
CSマジックは「31」に。

19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT スタンリッジ投手(腰痛を訴え。前回の復帰戦、投げさせすぎたか・・・) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月18日 (水)

ダイナマイト打線!2戦連続2ケタ得点でベイ圧倒!

20100818 横浜●2-11○阪神(横浜) 勝利打点:ブラゼル⑪

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(中5日)、横浜・小杉。2回、先頭・新井がヒットを放ち、ついに打率を3割に乗せると、続くブラゼルがライトスタンドへ36号2ランでタイガース先制!しかし3回、2死2塁から内川に初球センター前タイムリーを許し、1点を返されました。この回だけコントロールが甘かった感も。

4回、城島が12球粘ってセンターフライには倒れましたが、続くがライトスタンドへの2号で3点め!さらに5回、2死から猛虎爆発!鳥谷が左中間スタンドへ2戦連続の一発が飛び出すと、ブラゼルがバックスクリーンの電光掲示板直撃の特大2ラン!!まだ終わらず、城島が左中間への2塁打。3塁ストップした金本に対して、肩をぐるぐる回して、「ホームまで行け」と促してました。

2死2,3塁でベイスターズは篠原にスイッチしますが、が初球を特大の3ラン!2打席連発で、これで9-1。試合を決定づけました。6回、平野にようやく初ヒットが飛び出し、何やらうれしげな様子。ここまでノーヒットのマートンと何か約束してたのでしょうか?無死1,3塁から新井の初球犠牲フライで10点め。

7回、城島の猛打賞となるライト前ヒットで無死1,3塁とすると、が初球を犠牲フライ!今日はなんと5打点の大活躍。マートンは5タコで先発野手1人だけノーヒットでしたが、ここでお役御免。

リリーフ陣に負荷がかかる中、長いイニングを期待された久保が見事に散発4安打!前回の不調から良く立ち直り、8回まで投げて自己最多の11勝め。9回こそ1点を失いましたが、俊介のレーザービーム!ライトフェンス際からノーバウンド、打ったハーパーを2塁で刺しました!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井 ブラゼル 林威助 城島 久保
 
金本 藤川俊
 
平野 浅井 関本 小宮山
マートン 川崎
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、初の2ゲーム差!ただ、3位・ドラゴンズが2.5差に肉薄。
CSマジックは「32」に。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月17日 (火)

黒虎登場。藤川俊、バースデープロ1号で乱戦決めた!

20100817 横浜●8-12○阪神(長野) 勝利打点:ブラゼル⑩

テレビ大阪で2回表から9回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、横浜・清水直。「グレートセントラル」と称して、大阪タイガース時代の黒ユニで登場。いきなり内川に先頭打者アーチを許すなど、2点を失いましたが・・・2回、無死満塁から城島が2点2塁打で同点に追い付くと、3回は新井が特大3ラン!

5-2と苦手の清水を攻略したものの、メッセンジャーがスレッジに2ランを許し、序盤から点の取り合いに。鶴がブルペンで投げてましたが、4回の打席で代打を出さず、しかもバント失敗。先に5回、鳥谷がレフトポール際の一発で6-4としましたが、そのウラに炎上。村田のゲッツーコースで、平野が落球してしまうと・・・ここから3連打で6-6となり、メッセKO。

1死1,2塁で出たのは、なんと福原。復帰初登板は厳しい場面でしたが、ブログ見てたせいか悲壮感も。インコース目一杯のストレートで見逃し三振に抑えた気迫。ただ驚いたのは6回に打席に立たせたこと。本人も続投はどうだったのか・・・相手は1番からの打順、1死1,2塁で村田が軽打しライト前タイムリーで勝ち越し。ここで左の藤原にスイッチし、押し出してさらに1失点。カスティーヨのゲッツーで切り抜け。

2点を追う7回、マートンが6戦連続マルチで出塁すると、ここで平野が送りバント成功。続く鳥谷のライト前タイムリーで1点差!さらに1死2,3塁のチャンスで、左の加藤の前に連続三振。8回、ベイ抑えの山口が出てきますが、代打・桧山のフェンス直撃2塁打!1死満塁の大チャンスで、平野がフェンス際まで運ぶ犠牲フライで8-8の同点!ただ内川が後ろ向きに捕ったせいか、1塁・マートンが飛び出しボーンヘッド。

7回は西村、8回は久保田が完璧に封じ込めると・・・9回、鳥谷新井の連打(いずれも猛打賞)。暴投も重なり、無死2,3塁でブラゼルがレフト犠牲フライで勝ち越し!2死後、城島が敬遠気味に歩かされて、バッターは俊介。ハッピーバースデーのファンファーレが流れ、3球め内角ストレートを思い切り振りぬき、レフトポール際へプロ1号3ラン!!45球投げた山口をKOさせた一撃、しびれました。

「前のバッターが敬遠され、打ってやろうと思ってました」 by 藤川俊
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井 藤川俊 西村 久保田 藤川球
城島 桧山
マートン 平野 ブラゼル
林威助
浅井 福原 藤原
金本 狩野 メッセンジャー
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、1ゲーム差つけた!CSマジックは「33」に。

16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 下柳剛投手(毎年8月は苦手。終盤に戻ってこれるか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月15日 (日)

アニキとジョー。鮮やか8回逆転劇!珍プレー続出。

20100815 阪神○9-6●ヤクルト(京セラドーム大阪
勝利打点:城島⑧

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は下柳(中7日)、ヤクルト・バーネット。8試合ぶりにがスタメンライト。2回、相川の一発で先制されますが、そのウラ、新井の特大アーチで同点。さらに金本が天井直撃。フェアグランドに落ちてインプレーのはずが、1塁審判はファールの判定。打った金本も1塁まで行っておらず、審判団はプレーが止まったと判断。ベンチで浅井がグランドルール読んでましたが・・・真弓監督抗議の末、プレイ再開後、なんと右中間スタンドへ放り込みました!

3回、マートンの一発が飛び出すと、続く平野も右中間オーバーのヘッスラ3塁打!1死1,3塁からブラゼルが軽打でタイムリー。鳥谷が際どいタイミングで3塁まで進むと、金本もセンター前タイムリーで5-1!

4回、前の回大ピンチをしのいだ下柳でしたが、3連続2塁打。2点を失い、続く5回も連打で無死1,3塁となった所で・・・早くもスイッチ。安藤のアナウンスに場内から「エーッ!」という声。1死2,3塁から相川に地面スレスレのフォークをショートの頭を越され、5-5の同点に追い付かれました。

6回は西村。いきなり途中出場のデントナに勝ち越しの一発を許すと、2死1,3塁で代打・ユウイチの大きな当たりでしたが、金本が懸命に戻って背面キャッチ!打線は、スワローズの山岸→増渕のリレーに全く手が出せず。7回、鳥谷の三振ゲッツーで万事休すかと思われました。

久保田が7回から2イニング(打者7人)を無失点に抑えると、8回に猛虎爆発!セットアッパー・松岡を相手に、新井が珍しくライト線へ2塁打。続くブラゼルの高々と上がったフライを、ショート・川端が落球。無死1,2塁で金本がライト前タイムリーで同点!(ヒーインで)望みどおり、1,3塁で回ってきた城島がフォークに合わせ、レフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で勝ち越し!2死後、マートンのライト線2点2塁打(5戦連続マルチ!)でとどめ。1塁に残っていた関本のディレードスチールも効きました。

「失点するたびに(ベンチの上から)ヤジが飛んできましてね」 by 城島
「あんまり言えないんですけど・・・ホームランになって良かったです」 by 金本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 マートン 新井 久保田
平野 藤川球
ブラゼル 城島
林威助 狩野
鳥谷 関本 藤川俊 浅井 安藤
下柳 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、ゲーム差なしで単独首位!CSマジックは「35」に。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年8月14日 (土)

スタンリッジ、故障明けで粘投。燕10連勝で止めた!

20100814 阪神○4-3●ヤクルト(京セラドーム大阪
勝利打点:新井⑩

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中10日)、ヤクルト・赤川。初回、1死1,3塁で新井のショートゴロ。エンドランがかかっており、本来はゲッツーコースながら、マートンが先制のホームイン!

3回、先頭・マートンが2打席連続ヒットで出ると、平野がプッシュバント。ヘッスラで田中浩に足踏まれてました。1死1,2塁で新井が三遊間を破るタイムリーで2点め。続くブラゼルもバットを折りながら、セカンド後方へ落とすタイムリー!なお1,2塁で金本が良い当たりのファーストライナー。1塁・ブラゼルが飛び出し、ダブルプレー。

背中の張りを訴えて、復帰戦のスタンリッジ。5回までで91球と球数を要しながら、無失点ピッチング。6回、武内のレフトオーバー気味のフライに、フェンス際で目測を誤った金本が怪しくポケットキャッチ。疲れが来たのか、最後はなんとか中軸を抑えました。

そのウラ、1死2塁で城島がライト前へポトリと落とすタイムリーで4点め。ただ打席が回らなかったスタンリッジをベンチは続投。無死1,2塁で、左の川崎を送りながら、右の代打・デントナにタイムリー2塁打。1点を返され、ここで西村登場。満塁で青木のセンターフライに、浅井が強肩を見せてタッチアップ阻止。続く田中浩には犠牲フライを許しましたが、2点で切り抜け。(7回のアタマから西村で良かったはず)

8回、久保田がホワイトセルに弾丸ライナーをいきなり許しましたが、後続は三者凡退。リードが1点となり、最終回は球児。不運な当たりもあり、1死1,2塁のピンチでしたが、最後は田中浩をショートゴロ併殺に打ち取って、ゲームセット!

「神様は私たちの力です」 by スタンリッジ(日本語で)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
スタンリッジ
マートン 鳥谷 西村
新井 城島 浅井 藤川球
平野 ブラゼル 金本 藤川俊
関本 久保田
林威助 桜井 川崎
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で、1ゲーム差追走。明日ツバメ●でCSマジック再点灯?

14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(まさかの再昇格。本当に1軍ラストチャンスかも。)
IN 水田圭介内野手(今季初昇格。内外野の走守でアピールできるか?)
OUT 渡辺亮投手(内容はさほど悪くなかったが、炎上による気分転換か。)
OUT 大和内野手(左脇腹痛をこらえながら、続けていた模様。じっくり直したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月13日 (金)

生観戦。ツバメ10連勝止めれず・・・でも猛反撃!

20100813 阪神●6-9○ヤクルト(京セラドーム大阪
勝利打点:ホワイトセル

サンテレビで完全中継。今日は生観戦でした。先発は(中6日)、ヤクルト・館山。試合前、月間MVPの平野と、スタンリッジ、新井が相次いで表彰。初回、2死からの暴投で3塁へ。ここでホワイトセルがライト前タイムリーで先制を許すと、続く畠山のセンター前小フライにダイブしたマートンが後逸する間に2点め。そのウラ、新井がバックスクリーン、フェンス直撃のタイムリー2塁打で反撃しますが、続く2回も青木にタイムリーで1-3。

毎回、ランナーを出しながら粘るですが・・・6回の続投が裏目。無死1,3塁となった所で、左の川崎がスクイズ阻止で見事にワンポイント。続いて渡辺にスイッチしますが、フルカウントからの犠牲フライで4点め。これで終わらず、ピッチャー・館山にタイムリー2塁打。さらに青木敬遠後、田中浩に初球3ランを浴び、あっという間に1-8。

6回、マートンがレフトスタンドへの一発で反撃し、続く平野も四球&牽制悪送球で2塁に。ここで制球が戻り、クリーンアップが凡退。結局1点どまりで、炎上の渡辺が7回も続投。50球も投げさせて、このままファームに落とすつもりか?

7回、桜井の代打・桧山が2ヶ月ぶりのヒットで1死1,2塁。2死後、マートンが左中間へタイムリーを放ち、ここで館山が降板。続く8回、スワローズ・押本から4連打!ブラゼルがセンターフェンス最上部の・・・シングルでつなぎ、金本(大ファールも出てきました)が右中間へ弾き返すタイムリー!さらに青木が弾く間に、ブラゼルが1塁から一気にホームイン!城島もタイムリーで続き、6-8まで行きました。

9回、藤原が簡単に2死を取りますが、2塁打の後、川端がレフト前ヒット。金本の肩もあり、レフトに飛んだ時点でホームは諦めましたが、バックホームせずに自ら走り出し、打者の2塁進塁を阻止。でも決定的な9点めでした。そのウラ、イムでなく松岡が登板。2死1,2塁でブラゼル。一発出れば同点、という場面でしたが、今日は外の変化球を追いかけてしまい・・・小フライでゲームセット。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
川崎
マートン 平野 新井 安藤
城島 桧山
 
ブラゼル 金本 藤川俊 鳥谷 
桜井 関本 林威助 渡辺 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で2位転落、1ゲーム差。ツバメ10連勝でCSマジック消滅中。 P1010083 P1010092 P1010096 P1010103




もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年8月12日 (木)

平成の3連発!久保10勝&連敗ストップで再奪首!

20100812 広島●6-10○阪神(マツダ) 勝利打点:城島⑦

毎日放送で3回表から7回表まで中継。今日の先発は久保(中6日※スライド)、広島・スタルツ。初回、初球ストレートを東出に3塁打。早くも前進守備で、梵の強襲タイムリーで先制されると、止まらず4連打。2点を失い、無死1,3塁のピンチでしたが、ここは粘った久保。コントロールもバラバラで、変化球でかわすピッチングに。

2回、城島の特大20号で1点返しますが・・・3回も1死2,3塁の大ピンチ。鳥谷のダイブで2死までいきましたが、暴投で手痛い3点め。最悪に近い内容ながら、粘る久保。自らヒットを放ちながら、得点できず。5回、先頭・梵に際どく四球を出し、ここから1死満塁の大ピンチ。赤松のサードゴロで、新井がホーム封殺。さらに岩本がライトポール際へのファールで肝を冷やしながら、最後は空振り三振!

6回、先頭・ブラゼルが背中右への死球。金本がヒットでつなぎ、無死1,2塁で城島が初球バントの構えも見せながら、2球めをレフト上段へ突き刺さる逆転3ラン!!これで終わらず、桜井&代打・狩野が優勝を予感させる7年ぶり(03年ハマスタ、濱中→片岡→アリアス)の3者連続アーチ!スタルツ続投で、1塁・マートン&打った鳥谷の好走塁もあり、1死2,3塁から新井の2点タイムリーで一挙7点!

8-3の6回は藤原が1失点。マートンのダイブが及ばず。7回、無死1,2塁でレフトに入った狩野がバント失敗。続くマートン(沈み込みが減り、構えが少し変化)のライトフライを廣瀬の好プレイに阻まれますが、ここで代走・俊介を送ったのが当たり、平野のレフト前で見事ホームイン!

7回は西村が一発こそ許しましたが、直後の8回は新井がお返しの一発!10-5の8回からは久保田が2イニング。最終回、2死2塁の「あと1人」という場面で、球児が調整登板。いきなり新井のダイブ&悪送球で1点を挙げましたが、このままゲームセット。連敗「5」で止まりました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
城島 鳥谷 平野
桜井 新井 久保田
マートン 金本 藤川俊 藤川球
狩野
浅井 久保
ブラゼル 桧山 藤原 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●でゲーム差なしで首位浮上!ツバメ9連勝でCSマジック消滅中。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月10日 (火)

打線に光。5試合ぶりの6得点も・・・泥沼5連敗。

20100810 広島○7-6●阪神(マツダ) 勝利打点:篠田

テレビ大阪で2回表から中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、広島・篠田。桜井が昇格即スタメンで、ベンチに回ったのは・・・浅井。初回、1死1,3塁から栗原のショートゴロを鳥谷が後逸。タイムリーエラーと廣瀬の犠牲フライで2失点。しかし3回、ブラゼルのライトフェンスギリギリの35号2ランで同点!

4回、無死1,2塁のチャンスでメッセンジャーがバント失敗。1番に戻ってマートンのライトフライで2塁・桜井がタッチアップ失敗。スタンリッジの登板回避で回ってきたメッセンジャーでしたが・・・四球連発。1死2,3塁で満塁策を取ったベンチでしたが・・・ピッチャー・篠田に走者一掃の3点3塁打、続く東出の犠牲フライで、2-6。

2番手・藤原が3人でピシャリと抑えると、直後の7回、不振を極めるマートンがライトスタンドへの11号ソロで反撃。そのウラ、マウンドに上がった安藤が2死3塁から、栗原に左中間を破られてしまい、手痛い7点め。この回を抑えられず、なお1,3塁のピンチを再昇格した川崎が切り抜け。

8回、カープ左のセットアッパー格・大島を相手に、これまた不振だった城島が左中間スタンドへ19号2ラン!2点差に迫り、さらに桜井も粘りながら、レフト前ヒットで今日は4打席すべて出塁!しかしここでカープベンチも再昇格した横山を出してきて、流れを断ち切られました。

5-7の9回、カープはチュークを投入。先頭・平野が粘って四球で出ると、2点差ながら意表を突くスチール。タイミングはアウトでしたが、送球がそれて一気に3塁に。制球が定まらない中、鳥谷の内野ゴロで1点。ランナーがなくなりましたが、新井がフェンス直撃の2塁打!ブラゼルも右中間フェンス際の大飛球で2死3塁まで行きましたが・・・最後は金本がジャストーミートのライトライナー。惜しい!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
桜井 川崎
城島 ブラゼル マートン 藤原 久保田
平野
鳥谷
新井 藤川俊
金本 浅井 関本 メッセンジャー 安藤
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、ゲーム差は1.5差のまま。ツバメ7連勝でCSマジックは消滅中。
共同通信より、今日からCSクリンチ(必要勝利数)が発表され、タイガースは「33」。

楽天にテスト入団した藪投手がライオンズ戦で初登板。中島には頭部死球ながら、続投して1死しか取れず、4失点と苦い再デビュー戦に。

10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 桜井広大外野手(ファームでは大当たり。ひじが治れば打つ。)
IN 川崎雄介投手(故障からの復帰。貴重な左のリリーフ。)
IN 小宮山慎二捕手(ファームで実戦感覚を見につけて、再昇格。)
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 小嶋達也投手(先発翌日の抹消。次の機会を待ちたい。)
OUT 若竹竜士投手(投げる試合で全て失点。そんなに悪いようにも?)
OUT 上本博紀内野手(足で猛アピールも湿る打線強化の被害に。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年8月 8日 (日)

小嶋、救世主になれず。鬼門で勝てず初の4連敗。

20100808 中日○10-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:荒木

毎日放送で完全中継。今日の先発は小嶋(再昇格)、中日・中田。2回、無死1,2塁で金本のボテボテのピッチャーゴロが逆に進塁打となりますが・・・ここで城島が痛恨のピッチャーゴロ。ランナーは塁に戻れましたが、この後に満塁策をとられてしまい、前進守備にしてなかったドラゴンズの前に、結局無失点。今日はここだけ。

3回、ここまでパーフェクトの小嶋が捕まり。小田のバスターエンドランが決まり、無死1,3塁とされると、中田賢のピッチャーゴロに3塁・堂上弟が飛び出してタッチアウト。挟殺に手間取って2,3塁から、荒木のタイムリーと英智の内野ゴロの間に2失点。4回にも、堂上兄にライトフェンス直撃のタイムリー2塁打で3点め。

5回、早くも小嶋に代打・桧山を出しますが、あえなく凡退し打率2割を下回りました。続くマートンは高めボール球を振りぬき、右中間最深部へのフライ。ここまで3打席、いずれも早打ちなのが気がかり。6回、鳥谷が会心の当たりも・・・フェンス際、英智のジャンピングキャッチに阻まれました。(ここでTV消しました)

そのウラ、2イニングめの渡辺が炎上。森野のレフトオーバーに金本がグラブを当てながら捕れず。1死満塁から堂上弟が押し出しの四球を選ぶと、続く小田のサードゴロを新井が痛恨の悪送球(ダイブで捕ったとこまでは良かった)。2点が入ると、ピッチャーの中田賢にもタイムリーを許し、この回4失点。

0-7となり、次は若竹。2イニングめの8回、1死1,2塁から英智に2点2塁打。さらに途中出場・大島のファーストゴロをブラゼルがタイムリーエラーで10点め。今シーズン登板した4試合、いずれも失点してしまい・・・結果を残せず、2軍落ちか?
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
 
 
金本 ブラゼル マートン
平野 鳥谷 浅井 新井 城島 桧山 林威助 小嶋 渡辺 若竹
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で、ゲーム差は1.5差に拡大。ツバメ6連勝でCSマジックは消滅中。

8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小嶋達也投手(ファームで結果を出し、苦しい先発事情を助けたいが・・・。)
OUT 清水誉捕手(チーム事情から抹消。ここ最近の積極起用もむなしく。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年8月 7日 (土)

下柳、4回KO。天敵・山本昌の前に貧打で3連敗。

20100807 中日○4-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田

関西テレビで7回ウラ途中まで中継。今日の先発は下柳(中5日)、中日・山本昌の40代対決。1番と3番の打順を2ヶ月ぶりに戻し、初回、1番・マートンがエラーで出塁。1死2塁で3番に復帰した鳥谷新井が凡退して、初登板の山本昌から先制できず。そのウラ、和田の犠牲フライでドラゴンズ先制。

4回、堂上兄がノーアウトで出塁すると、続く堂上弟がレフトスタンドへの2ラン。急に高めに浮いてきた所を見逃さず、2死から相性の悪い荒木がヒット&盗塁。そして英智がセンター前へポトリと落とすタイムリーで決定的な4点め。5回に打順が回り、代打を出されて下柳KO。

6回、2死2塁から新井のセンター前タイムリーでようやく1点。さらにブラゼルでしたが・・・フェンス際へのセンターフライ。結局、山本昌は6回1失点。5回からは安藤が2イニング。いずれも先頭バッターを出してしましましたが、無失点で逃げ切り。良くも悪くもない、といった印象です。

終盤、左の高橋、右の浅尾とドラゴンズの強力セットアッパーの前に7回、8回と三者凡退。3点ビハインドで久保田まで登場し、1死3塁のピンチをしのぎました。9回、抑えの岩瀬から先頭・鳥谷が2塁打を放ちますが、後続が凡退してゲームセット。ここにきての3連敗は厳しい。明日も先発がおらず、期待できないか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
鳥谷 平野 藤原 渡辺
新井 安藤 久保田
浅井
マートン ブラゼル 金本 城島 狩野 林威助 下柳
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、ゲーム差は0.5差の2位。ツバメ5連勝でCSマジックは消滅。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月 6日 (金)

8回の1点勝負。オレ竜の采配が上回り、虎連敗。

20100806 中日○4-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田

サンテレビで完全中継。今日の先発は(中5日)、中日・吉見。打線を戻し、逆にドラゴンズは大幅に組み替え。2回、4番に入った森野にセンター前ヒットを許すと、1死2塁から堂上兄にレフト線へタイムリー2塁打を許してしまい、ドラゴンズ先制。3回、英智のレフトフライに金本が目測誤り、ハーフバウンドでヒットに。

4回、が1死1,3塁のピンチをしのぐと、5回、ブラゼルがバックスクリーン右へ放り込む34号で同点!チーム初ヒットでした。続く金本もライトフェンス直撃の2塁打で続きましたが、後続が凡退。そのウラ、英智のゲッツー崩れで3アウトを取れず・・・和田にレフト線タイムリー2塁打。大当たりの森野敬遠で、ブランコ勝負で打ち取り。

1-2の7回、西村が3人で抑えて味方の反撃に勢いをつけると、8回は先頭・城島がヒット。1塁を回ったところでつまづいたのが影響したか、ここで代走・上本で勝負。浅井がバントを決めて、代打の切り札・関本。フルカウントから四球を選び、1,2塁で浅尾登場。鳥谷平野を打ち取り、追い付けず。

8回は渡辺。中軸相手でアウトを取れず、無死1,2塁。ここで1点を取りにきた落合監督がブランコに代打・岩崎達。バント成功で1死をもらい、ここで左の藤原にスイッチ。ベンチは満塁策を取りますが、堂上弟にタイムリー。小田のゲッツー崩れで痛い2失点。

9回、守護神・岩瀬を相手に、マートン新井が連続ヒットで反撃しますが・・・狩野大和の右の代打攻勢も実らず(コマが足りない)。ドラゴンズが連敗を5でストップ。タイガースは1ヶ月ぶりの連敗。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
西村
 
関本 
ブラゼル 浅井
城島 平野 金本 新井 藤川俊 上本 清水
マートン 鳥谷 狩野 大和 渡辺 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、ゲーム差は0.5差の2位。CSマジックは「40」。

平野恵一選手が7月度の月間MVPに選ばれました。プロ9年目の初の快挙。月間打率は.435と驚異的な数字を残し、好調なタイガースを牽引。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年8月 5日 (木)

久保炎上。5月からの不敗神話が崩れ、2位転落。

20100805 巨人○9-1●阪神(東京ドーム) 勝利打点:高橋由

BS日テレで完全中継。今日の先発は久保(中5日)、巨人・東野。浅井が1ヶ月ぶりにスタメン落ちし、がライトで14試合ぶりスタメン。初回、三者連続三振で立ち上がった久保でしたが・・・2回に炎上。四死球から無死1,2塁とし、高橋由に3ラン。ジャイアンツに先制されると、続く長野は(金本の弱肩で)2塁打。さらに脇谷、松本にタイムリーを許してしまい、この回5失点。

思い切って3回に代打を出すかとも思いましたが、久保続投でしかもバント失敗。4回には長野に一発を許して、結局4回6失点KO。城島も退き、5回からは安藤清水のバッテリーに。快足・松本の盗塁を刺したのは評価。

6回、先頭・鳥谷平野の連打で無死1,3塁のチャンスを作ると、マートンがライト犠牲フライでようやく1点。ただ後続が続かず、2死1,2塁で金本がフルカウントから三振。
110球を超えた東野が7回も続投し、代打・桧山はあえなく三振(14打席連続ノーヒット)。2死からヒットと連続四球で満塁のチャンスを作った所で、久保にスイッチ。マートンの当たりは惜しくもセンターフライ。

1-6の7回、一時は先発も想定された若竹がマウンドへ。坂本にはスローカーブも見せてましたが、2死から松本に四球を出すと、途中出場のエドガーがレフト線へ。弱めることなく、1塁から松本がホームイン。中継のショートまで返球も届かない金本。痛々しい姿に危険を感じました。ラミレス連続タイムリーでこの回2失点。

8回は浅井がセンターに入り、レフト・林、ライト・マートンの布陣。3人とも調子が下がり気味ですが、1日でも金本を休ませる日を作らないといけない時が来たかもしれません。ファームから好調・桜井の復帰も待ち遠しい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
鳥谷 平野
ブラゼル 金本 安藤
清水 マートン 林威助 浅井
新井 城島 桧山 久保 若竹 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で、ゲーム差は0.5差で2位転落。CSマジックは「40」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2010年8月 4日 (水)

平野、試合決める823日ぶりの一発!1日で奪首!

20100804 巨人●4-8○阪神(東京ドーム) 勝利打点:浅井①

BS日テレで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・内海。初回、松本のバスターがセカンドゴロ併殺と運良く切り抜けると、2回、1死1,3塁から浅井のゲッツー崩れ(亀井がワンバウンド送球を弾きました)の間にタイガースが先制すると、さらにメッセンジャーがレフトスタンドへの一発!も、ビデオ判定で黄色い手すりに当たったのが確認され、2塁打に覆り。嫌な流れでも、鳥谷平野の連続タイムリーが飛び出し、1点で終わらず一挙4点!

4回、ラミレスの35号で1点を返されますが、5回に反撃。先頭・鳥谷が左中間フェンス直撃の2塁打!1死3塁でマートンがライト前タイムリーを放ち、5-1。この回で内海KO。そのウラ、フェンス際ギリギリライトフライで飛び出した坂本をマートンからの中継、1塁で刺す好プレイ!

6回、ロメロとの初対戦。浅井のバントを処理したロメロが悪送球。無死1,2塁でメッセンジャーがスリーバント失敗に倒れますが、2死後、平野がインハイのストレートに回転して、なんと1号3ラン!この一発である程度、試合が決まりました。

そのウラ、阿部のタイムリーで8-2となりますが・・・7回も続投。100球を超えてきた所、連打で無死1,2塁のピンチでしたが、坂本をピッチャーゴロ併殺に打ち取り。10安打を許しながら、ジャイアンツ打線を7回2失点。

6点リードの8回は西村が無失点で抑えると、9回は久保田。いきなり高橋由に四球を出すと、続く脇谷には逆方向への2ラン。自らのバットで自身の「得点」をたたき出し、連続試合得点の記録を更新。後続を打ち取りましたが、2番まで回ったために球児をスタンバイさせたのは痛い。

大勝で、3度めの逆転首位!明日はエース・久保の前倒しで勝負して欲しい。
「今日、親戚と親が見に来てたんで、そういうとこで出て良かったです」 by 平野
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 鳥谷
城島 メッセンジャー
マートン 西村
新井 浅井
ブラゼル 藤川俊
金本 桧山 林威助 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ●で、ゲーム差は0.5差逆転首位!CSマジックは「40」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月 3日 (火)

スタン夜初黒星。首位陥落も・・・G初戦は無理せず。

20100803 巨人○6-2●阪神(東京ドーム) 勝利打点:小笠原

BS日テレで完全中継。0.5差リードで迎えた首位攻防戦。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、巨人・グライシンガー。2回、ブラゼルがピッチャー強襲。すねに当たって、ライト前まで転がりました。緊急降板で代わった野間口の前に、城島がゲッツー。3回のスタンリッジ自らのバント併殺も痛かった。

4回、ブラゼルの技ありヒットでチャンスを広げ、1死満塁のチャンスでしたが、城島浅井が続けて凡退。そのウラ、小笠原に一発を許してしまい、ジャイアンツ先制。続く5回、平野のプッシュバントをファースト・エドガーが弾いてしまい、オールセーフ。さらに鳥平ダブルスチールも決め、1死2,3塁でしたが、マートンがピッチャーライナー併殺。野間口を攻略できず。

5回、2死から代打・工藤に死球を出すと、坂本にはフルカウントから四球。1,2塁から松本がピッチャー強襲、マウンド上で打球が跳ね上がり、センター前タイムリー。続く小笠原にも連続タイムリーで0-3。それでも6回、代わった久保から、1死1,2塁で城島がレフト前タイムリーでようやく1点。

1-3の6回からは左の藤原。左バッターの内角にズバッとストレートが投げ込めてました。次の回も続投して、途中出場の阿部まで抑えて4者パーフェクトで、スイッチしたのはなんと安藤。1,2塁のピンチをしのぎましたが、良い当たりの連続。。

2点ビハインドの8回、左の山口との勝負。1死1,2塁のチャンスを作りましたが、ここでも城島浅井が続けて凡退。11安打も決定打が出ず、そのウラも続投した安藤が2死から3連打・・・阿部に3ランを浴びてジエンド。最終回、鳥谷の3試合連続の猛打賞(3番復帰も見えてきた?)、マートンのタイムリーで反撃しますが・・・なぜかマートンの盗塁失敗で試合終了。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 藤原
新井 金本
ブラゼル
 
マートン 藤川俊
関本 平野 城島 浅井 林威助 スタンリッジ 安藤
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で、ゲーム差は0.5差で2位転落。CSマジックは「41」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年8月 1日 (日)

球児フル回転!虎投6被弾でも、竜に競り勝ち!

20100801 阪神○8-7●中日(甲子園) 勝利打点:なし(暴投)

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は下柳(再昇格)、中日・岩田。初回、いきなり金本の好プレイで沸きますが、森野と和田に一発を許して3失点。そのウラ、新井のレフト線ポテンタイムリーで1点を返しますが、2回には堂上弟に一発を許し、1-4。

2回、四死球3つと下柳のスリーバントで1死満塁のチャンスをもらい、平野のゲッツー崩れで1点を返すと、マートンがライトフェンス際への2点3塁打(小池のグラブからこぼれました)で一気に同点!さらにバッター新井の時に、暴投で5-4と勝ち越しに成功!

5回、1死1,3塁で金本のファーストゴロ併殺。ブランコが先に1塁ベースを踏んだため、1,2塁間にブラゼルが挟まれる間に、3塁から新井が6点めのホームイン!しかし6回、森野に今日2本めの一発を許した下柳。2死を取った所で、西村がワンポイントリリーフ。許したヒット4本は全てホームランは珍しい。

6回、浅井がバント失敗からヒッティングに切り替え、無死1,3塁。ここで代打・桧山がセカンドゴロ。城島が三本間に挟まれて、しかも森野が落球しますが・・・ピッチャー清水昭のブロック(負傷?)でホームタッチアウト。この間に2,3塁と進塁でき、左の小林正から鳥谷が昨日の借りを返す、2点タイムリー!

8-5の8回は久保田。2死から森野、ブランコにフルカウントから2者連続バックスクリーン。1点差に迫まれ我慢できずに球児投入。この3連戦、2度めのイニングまたぎに。野本は振り逃げ寸前でしたが、ファウルグランドから城島の反転スロー&ブラゼルのすくい捕りで間一髪アウト!!そのウラ、ドラゴンズ・平井から、球児がフルカウントで四球を選ぶと、左の高橋から鳥谷の猛打賞となるヒットで1死満塁も、とどめをさせず。

9回、平野のフェンス際ファインプレーもあり、2死を取りますが・・・ここから連打で1,2塁となり、最後は大島。つながれると森野に回るだけあって、嫌な場面でした。ファウルで粘られ、城島の猛ダイブもありましたが、最後はフォークに三振!あわや振り逃げでしたが、足元のボールに気づいた城島の送球が間に合いました。貯金16でロードへ。

「(3連戦で2度)打席に立って、初めて観客の多さに気づいた」 by 球児
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 渡辺
新井 マートン 城島 ブラゼル 西村 藤川球
上本
平野 浅井
藤川俊 桧山 下柳
金本 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で、ゲーム差は0.5差で直接対決。CSマジックは「41」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »