« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

虎の猛追。野手使い切り、安藤堪えた5時間ドロー。

20100731 阪神△5-5△中日(甲子園

サンテレビで完全中継。今日の先発は(中10日)、中日・中田賢。初回、平野のバントが小フライ気味になり、逆にオールセーフ。1死1,2塁で新井が初球レフト線2点2塁打で先制!(新井は3塁でアウト)。しかし2回、和田のレフト前を金本が後逸してしまい・・・無死1,3塁からゲッツーの間に1失点。さらに2死2塁で敬遠策が裏目となり、中田賢タイムリーで同点。

3回、堂上兄に高めボール球をライトポール際に持っていかれ、勝ち越し2ラン。は制球に苦しみ、4回4失点で早くもKO。打線は4回で100球を超えた“暴れ馬”中田賢を攻略できず、残塁の山。

2-4の7回、セットアッパー・浅尾からブラゼルがバックスクリーン右への一発で1点差!そして8回、代わった清水昭から、代打・関本が際どく四球を選び1死1,2塁。左の高橋にスイッチし、鳥谷がライトポール際フェンス直撃の同点タイムリー2塁打!ここでようやく代走・大和を3塁に送りますが、平野が前進守備の痛烈セカンドライナーに飛び出しゲッツー。

同点の9回は久保田。2死から大島のヒットで俊介猛チャージで1,3塁としますが、森野に回してしまい三遊間を破るタイムリーで勝ち越し。そのウラ、守護神・岩瀬との勝負。新井が左中間フェンス直撃の2塁打。2死から、代打・狩野城島が連続死球(どちらもポール際大ファール込み)で満塁になり、ここで浅井がどん詰まりのショート内野安打で5-5の同点!!続いて、最後の野手・清水が代打で登場も三振。

10回は球児が三者凡退。連投ということもあり1イニングで交代。11回からは安藤が不安のなかで登場。いきなり平野のジャンピングスローで助けてくれました。12回も続投しますが、ボークとバント処理で3塁ホースアウトを狙ったブラゼルのフィルダースチョイスで無死満塁。絶体絶命で和田を三振に抑え、奇跡の三者凡退!12回ウラは安藤に代打すら出せず、あえなく三振。ベンチで球児が笑ってました。5時間25分!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 鳥谷 浅井 渡辺 藤川球
平野 城島 西村 藤原
関本
狩野 ブラゼル 林威助 藤川俊 安藤
桧山 上本
清水 大和 マートン 金本  久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ジャイアンツ○で、ゲーム差は0.5差に接近。CSマジックは「43」。

31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(後半戦もローテを守りきってもらいたい。)
OUT 田上健一外野手(育成枠からの昇格も、プロ初ヒットはお預け。次に期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年7月30日 (金)

久保、圧巻の12K!集中打で吉見に投げ勝ち!

20100730 阪神○3-2●中日(甲子園) 勝利打点:城島⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(再昇格)、中日・吉見。3カード連続で上位との対戦が続く、大事な初戦。初回、先頭・荒木にヒットを許すと、1死2塁から森野にライト線へ運ばれ、あっさりドラゴンズ先制。2死後、和田に詰まりながらレフト前へポトリと落とされてしまい、初回から2失点。

2回、ブラゼルからの3連打で無死満塁のチャンス。ここで浅井が詰まりながら2塁ベースの後ろへ小フライ。荒木のダイブもボールがこぼれて、3塁からブラゼル生還&全員オールセーフ!2死後、平野が鮮やかにレフト前へ弾き返し、(ようやく)打点10到達!この回だけでヒット5本、いずれも単打で2-2の同点!

4回、城島が高めに浮いた変化球を見逃さず、レフトスタンドへ18号ソロで勝ち越し!久保も2回以降、パーフェクトピッチングを続けて調子を取り戻しました。シュート系のストレート、フォークが効果的で12奪三振、1点リードで迎えた8回、2死から際どいボール判定の後、大島を四球で出し、森野の内野安打で1,2塁。嫌な場面で球児投入、ブランコを高めストレートで空振り三振!

そのウラ、2死からドラゴンズは右の鈴木にスイッチ。城島がヒットで出塁すると、ノーマークで盗塁成功!ここで浅井には敬遠策を取り、谷繁が立ち上がったまま2塁牽制も。1,2塁で回ってきたバッター球児にまさかのストレート四球で満塁としましたが、鳥谷が決めれず。

9回、和田との勝負で156キロをマークした球児。レフトフライに抑えましたが、ヒヤヒヤしました。2死から谷繁を出しますが、最後は代打・小池を得意の中腰ストレートで空振り三振でゲームセット!貯金15で首位固め、CSマジック「44」が(19日のM49からすでに)点灯してたんですね。

「初回はミーティングでのやってはいけない攻めをして、怒られました」 by 城島
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
城島 久保 藤川球
平野
ブラゼル
浅井
新井 金本 藤川俊
マートン 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保康友投手(オールスターの絡みで再昇格。後半戦も先発の柱。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年7月28日 (水)

マートンに当たり。8打数連打で天敵・清水攻略!

20100728 阪神○6-3●横浜(甲子園) 勝利打点:城島⑤

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はメッセンジャー(中9日)、横浜・清水直。連日の猛暑から一転、試合前から雨。2回、1死1,2塁のチャンスで城島が低めボール気味の球をストライク判定され、見逃し三振にぶ然。

4回、無死1塁で石川のプッシュバント。捕ったブラゼルがスタートの遅れた1塁ランナーを見落とし、どこにも投げれずオールセーフ。ここでハーパーが左中間を鋭く転がる2点2塁打でベイスターズ先制。さらに村田には9球粘られての四球で無死1,2塁と炎上のピンチでしたが、持ちこたえてくれました。

6回、2死からヒットとストレートの四球で1,2塁のピンチを背負ったメッセンジャーでしたが、カスティーヨを打ち取り、ピンチ脱出!0-2の7回、2番手には西村を投入し、球数を要しながら三者連続三振!!ここまで2安打に抑えられた打線の反撃を待ちます。

ラッキー7。17打席ヒットのなかったマートンがついにヒットで出塁!続く新井もどん詰まりでセカンド後方に落とし、無死1,3塁。キャッチャーが弾く間に新井が2塁に進みゲッツーがなくなると、ブラゼルが自打球で足をひきずりながら、右中間への2点タイムリーで同点!(明日大丈夫か?)さらに金本のライト前ヒットで、代走・上本が一気に3塁まで進むと・・・城島が鮮やかなライト前タイムリーで勝ち越し!ここで2塁に進んだ金本に代走・俊介を出せるのが今年の新しい攻め。

浅井のバントも決まり、1死2,3塁で代打・関本。ピッチャーのグラブを弾きながら、センター前へ抜けていく2点タイムリーで5-2となり、ここで3戦3敗の清水直KO。代わった左の篠原から、不振の鳥谷までタイムリーが飛び出し、なんと8打数連続安打!マートンはこの回だけで2本めのヒットも放ち、もう心配なし。

8回は久保田。先頭打者こそ出しましたが、昨日より落ち着いてた感。徹底したフォーク攻めが活きました。9回は藤原がワンポイントながら、スレッジが初球打ち。痛烈な当たりを関本がダイブ!代わった渡辺がカスティーヨに一発を許しましたが、大雨のなかゲームセット。

「こういう(競った)場面で出してもらえることが幸せ」 by 西村(初の独りお立ち台)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
西村
マートン 新井 城島 関本 久保田
ブラゼル 金本 メッセンジャー
上本 藤原
鳥谷 浅井 藤川俊 田上
平野 林威助 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年7月27日 (火)

後半戦再開。新井、「4番」の仕事で初戦から奪首!

20100727 阪神○5-2●横浜(甲子園) 勝利打点:新井⑨

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中7日)、横浜・ランドルフ。後半戦スタートは前半ラストと同様、金本「6番」のまま。初回、アウトながらいきなり平野のファンブルで始まり。続く左中間へのヒットで力強い中継への返球を見せたアニキ

3回、2死1,2塁のチャンスでマートンの右打ち。カスティーヨにジャンピングキャッチされ、連続ノーヒットが続く。4回、先頭・内川に2塁打を許すと、2死から村田にタイムリー2塁打でベイスターズ先制。高々なファウルフライを城島が落球しましたが、傷口は広げず。そのウラ、ブラゼルがレフトポール際へ!2週間ぶり?久しぶりの31号が飛び出し、あっさり1-1の同点!

6回、先頭・平野がヒットで出塁すると、マートンとのエンドランが三振の間に2塁へ盗塁成功!ここで新井が粘って9球めを詰まりながらレフト前へ落とすタイムリーで勝ち越しに成功!さらに金本がファースト強襲の2塁打で2,3塁とすると、城島が初球を弾き返し、2点タイムリーで4-1!

スタンリッジが7回まで1失点で投げぬき、ゲームを作ると、注目の8回は久保田。いきなり2塁打を許してヒヤヒヤさせますが、結果は4人で抑えて無失点。155キロまでスピードは出ましたが、苦労は相変わらず。そのウラ、ブラゼルが左の加藤康から低すぎる球をバックスクリーン右まで持って行く、マルチホームラン!

9回、4点リードに広がりながら球児投入。当たりの止まらないハーパーに一発を許しますが、このまま逃げ切ってタイガース勝利!ジャイアンツ●(※竜7連勝、2.5差)で、逆転0.5差で単独首位に浮上!

「誰かに『お前のコメントはいつも一緒で面白くない』と言われる」 by 新井
「ホームランのタイトルよりも、優勝の一言が欲しいと思います。」 by ブラゼル
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル スタンリッジ
平野 新井 金本
久保田
城島 浅井 藤川球
藤川俊
関本 鳥谷 マートン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 上園啓史投手(先発復帰戦で結果残せず、2軍で再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年7月26日 (月)

藪、ロッテ入団テスト!6年ぶり球界復帰なるか?

20100726 阪神、メジャーリーグ元ジャイアンツの藪恵壹投手(41)が、埼玉・浦和球場でロッテの入団テストを受けた。西村監督、西本投手コーチらが見守る中ブルペンで41球。

直球の最速は146キロで、力強い投球を見せた。カーブ、スライダー、チェンジアップ、カットボール、フォーク、シュートと多彩な変化球も交えた。

大勢の報道陣が駆けつけたが「感触? まぁまぁです」と、笑顔を交えて一言だけ答えた。西本投手コーチは「時差ぼけもあったはずなのに、思った以上に良かった」と評価。西村監督は「今日ぐらいのものをみせてくれれば大丈夫かなと思う」と話した。

獲得に関しては、27日と28日にファームの練習に参加後、報告を受けて判断する。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

夏休みは「ダイナマイト打線」復刻ユニホーム!

20100725 セ・リーグは25日、「グレートセントラル」のキャッチフレーズを掲げて、6球団が同時期に復刻デザインのユニホームを着用する「オールド・ユニホーム・シリーズ」を実施すると発表した。

8月17日から19日、同24日から26日に開催される18試合が対象。特にカープ・ベイスターズ・スワローズあたりは、小さい頃に見ていたユニフォームなので、なじみ深いです。

タイガースは、17~19日のベイスターズ戦(横浜スタジアム)、24~26日のカープ戦(京セラドーム大阪)で披露されるのか・・・ちょうど観戦予定なので、デジカメに押さえていきたいです。

阪神が採用したのは、史上最強と言われたダイナマイト打線を擁した「大阪タイガース」(1948~49年)時代の上下黒色のユニホーム。会見に出席した藤川球児投手は「先輩の方々が築き上げた伝統をしっかり守っていきたい」と力強く宣言していた。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

上園、先発復帰戦で炎上。0.5差の2位で折り返し。

20100721 阪神●4-7○広島(甲子園) 勝利打点:赤松

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は上園(中9日)、広島・篠田。初回、上園自らの牽制悪送球で1死3塁となり、赤松タイムリーで先制。さらに連打、廣瀬と石井琢のタイムリーでいきなり3失点。2回はヒューバーのタイムリー2塁打で1失点・・・3回も続投させたのですが、岩本に2ランを浴び、6失点KO。真ん中に集まり、10被安打のメッタ打ち。

3回、浅井と代打・狩野の連打から1死満塁とすると、平野がピッチャー強襲のタイムリー内野安打で1点を返すと、続くマートンは高く跳ね上がったピッチャーゴロの間にもう1点。なお2死2,3塁のチャンスでしたが、新井が引っ掛けて凡退。

2-6の4回から西村が2イニング。ゲームを作り直しにかかると、5回、1死から鳥谷が左中間へ2塁打。続く平野(もしかして首位打者?)もレフト前ヒットでつなぎ、1,3塁のチャンスでしたが・・・マートンが痛恨のセカンドゴロ併殺。この3連戦はノーヒットに終わったマートン。でもこれまでどれだけ打ちまくってくれたか、簡単には責められないか。後半戦になっても、悩むな。

6回からは渡辺が登板。ヒューバーに内角ズバッとストレートで三振に抑えたかに見えましたが、グラブが静止していないと球審に指摘されて、ノーカウント。それでもリズムを崩さずに投げきりました。7回、浅井がライト線2塁打と三盗を決めると、鳥谷の内野ゴロの間に1点を返しました。

3-6の8回からは昨日プロ初勝利の藤原。2死から連打。ボークも重なり、梵のライト前ヒットでマートンのバックホームが悪送球となり、1点追加。9回、1死2塁から浅井が猛打賞となるタイムリー2塁打で反撃!3点差まで行きましたが、ここまで。ラストはひどいゲームでしたが、貯金12で前半戦折り返し。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
浅井
狩野 西村 渡辺
平野 鳥谷
 
ブラゼル 城島 上本 金本 藤川俊 藤原
林威助 関本 マートン 新井 上園
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年7月20日 (火)

鳥谷、延長戦で逆転サヨナラ弾!藤原プロ初勝利!

20100720 阪神○5x-4●広島(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は(中9日)、広島・齊藤。大方の予想はマエケンでしたが、疲労蓄積の報道もあり、明日も登板回避か?3回、倉の浅いレフトフライを金本がスライディングキャッチ!

4回、平野新井のヒットで1死1,2塁とすると、ブラゼルが追い込まれてから、軽打に切り替えてレフト前タイムリー!タイガース先制すると、ここで新井ブラゼルの意表を突きまくるダブルスチール成功!金本もフルカウントからポイントを前にして、引っ張り込んで1,2塁間を破るタイムリーで2点め!さらにたたみ掛けるチャンスでしたが、城島がゲッツー。

5回、1死から倉のセンター前ヒットをなんと浅井が後逸。フェンスまで打球が転がり込み、一気に3塁に進まれると・・・いきなりのスライダーが城島の股間を通過して、あっさり1失点。カープの連続0行進が40イニングでストップ。

7回、岩本が高めのボール球をレフトスタンドへ放り込み、カープ同点。(またも7回に・・・鶴。)さらに5回から投げている林も打席に立たせて、ロングリリーフの形に。同点の8回は久保田が先頭・東出にヒットを許しますが・・・無失点で切り抜けると、9回は球児。岩本にレフトフェンス直撃の2塁打こそ許しますが、代打・前田智を打ち取り。

10回のピッチャーに選んだのは安藤。スライダーが甘く、1死1,3塁の大ピンチで、赤松のスクイズを城島が見破り。バットを飛ばしながらファールで逃れた赤松が左中間へ2点2塁打で勝ち越し。嶋に対し、ここで左の藤原にスイッチしますが、カープも右に切り替え。結局最後は、関本のファインプレーで3アウト!

そのウラ、カープ抑えの上野が登板。いきなり代打・がバックスクリーンへ一発で反撃すると、続く関本もセンター前ヒットで出塁。無死1塁で今日3三振の鳥谷がレフトポール際への逆転サヨナラアーチ!!藤原にもプロ初勝利が転がり込み、この瞬間、タイガースが単独首位に。(マートンは初の2試合ノーヒット)ただ約15分後、ジャイアンツもサヨナラ勝ちでまた0.5差。

「厳しい場面で起用してもらった監督に感謝」 by 藤原(プロ初勝利!)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井 鳥谷 林威助 藤原
関本 
ブラゼル 平野 久保田 藤川球
金本
大和 藤川俊 上本
桧山 城島 マートン 浅井 安藤
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年7月19日 (月)

金本、甲子園で復帰アーチ!スタンリッジ初完封!

20100719 阪神○2-0●広島(甲子園) 勝利打点:金本④

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中5日)、広島・ジオ。甲子園のレフトに金本が3ヶ月ぶりに帰ってきた。復帰して4戦連続でスタメン出場。初回、ヒットで出た梵が盗塁を試みますが、城島が握りなおしても2塁アウト。

立ち上がりのジオから、鳥谷マートンがそれぞれ良い当たりを放ちますが、梵の好プレイに阻まれました。珍しく3塁方向にクロスしていくようなフォームから、動くストレートとスライダーの組み合わせに、打線が沈黙。4回までパーフェクトピッチングされました。

5回、ジオが先頭・新井にストレートの四球を出した所で、右肩に違和感を訴えて首をひねりながら、緊急降板。1死後、スクランブル登板の岸本から、金本が浜風関係なし!ライトスタンドへ豪快な一発!甲子園では4月11日以来、3ヶ月ぶりの9号2ランでタイガースが先制!(でもこれがチーム初ヒット)フルスイングで右肩が稼動したことが大きい。でもあと2試合出るんでしょうね。

思わぬ形でジオが降板し、投げ合ったスタンリッジが快投。カープ打線もパンチ力あるバッターが2年目・左の岩本くらいでしたが・・・右打者のインコースからのスライダーが決まる決まる。投げすぎかと思うくらい、これでいけました。カープ打線を2安打に抑えて、8回の打席にも立ち、見事にチーム初、自身初の完封勝利!あのスタンリッジが無四球ということの方がすごい。

28人で1試合を終わってしまったカープは4連続完封負け(先発完封)ですって。逆転勝ちしたジャイアンツを0.5差で追走。

「今季一番の当たり」 by 金本 「ツカレタ」 by スタンリッジ
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 スタンリッジ
 
 
新井
平野 城島 浅井 大和 藤川俊
鳥谷 林威助 マートン ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010年7月18日 (日)

逆転のラッキー7!猛攻6点で由規攻略。再び0.5差!

20100718 ヤクルト●4-11○阪神(神宮) 勝利打点:鳥谷⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、ヤクルト・由規。レフト復帰3戦めの金本は今日もスタメン。初回、2死から3四死球で満塁のチャンスで金本がハーフスイングで三振。それでも第2打席、詰まりながら1,2塁間の後ろへ落とすヒットで、ようやく金本が復帰後初ヒット。

1巡めはほぼ完璧に抑えたメッセンジャーでしたが、4回、1死から飯原にサード内野安打(新井もよく捕った)の後、ホワイトセルがライト線へ長打。クッション処理にマートンがもたつく間に、スワローズ先制。さらに相川もセンター前タイムリーで2点め。打った相川は城島が2塁で刺しました。

最大のピンチは6回、バントヒットとエンドランで無死1,3塁。飯原はショート後方(ほぼレフト)のフライを鳥谷が背面キャッチ。次のホワイトセルの浅いセンターフライで、浅井がノーバウンドでバックホーム!タッチアップ阻止して無失点!

157キロの由規を全く打てなかったですが・・・7回、無死1塁で金本が右中間フェンス直撃の2塁打!1死2,3塁で、浅井の代打・の打球は左中間へ!青木のグラブをわずかにすり抜け、2点3塁打で同点!続く代打・桧山もフルカウントから四球を選ぶと、鳥谷の内野ゴロの間に勝ち越し!ここで終わらず、平野がレフト線タイムリー2塁打!代わった増渕からマートンがバックスクリーン右への2ランで一挙6点!!

7回、中6日の渡辺が制球定まらず1死1,3塁とした所で、左の藤原へスイッチ。代打の代打・畠山は抑えましたが、青木にレフト線2点2塁打。初めて最深部からの金本マジ返球・・・20mくらいでしょうか、それながらも、何とか鳥谷が中継。肩は治っていない。それでもこの回、3人めの久保田が切り抜けて、6-4。

8回、城島がレフトスタンドへの2試合連続ソロ!貴重な7点めで再びリードを広げると、ここでアニキは守備交代。9回、先頭の代打・関本が2塁打で出塁すると、1死後、平野がオンラインのバントヒット。1,3塁でマートンが叩きつけてレフト線タイムリー2塁打!2死後、途中出場の大和が走者一掃の3点2塁打でとどめ!

リードが7点となり、9回は安藤。昇格したての田上もライトで出場。ただ関本が久しぶりのファーストでグラブトス失敗しましたが、ストレートが走ってました。後半戦の開幕投手・・・なんて(笑)ともかくこれで再び0.5差に接近!ハーパー(横浜)ありがとう。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
林威助 マートン 平野 大和
久保田
金本 城島 メッセンジャー 安藤
ブラゼル 浅井 桧山 関本
新井 鳥谷 上本 藤川俊 田上
渡辺 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 田上健一外野手(育成枠から昇格したルーキー。足を見せたい。)
OUT 久保康友投手(前半戦の先発の柱。球宴でも楽しみ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010年7月17日 (土)

大勝もスッキリせず。笠原塁審、今週2度めの疑審。

20100717 ヤクルト●5-9○阪神(神宮) 勝利打点:城島④

テレビ大阪で8回表まで中継。CS無料放送だったのでフジテレビONEで見ました。今日の先発は久保(中7日)、ヤクルト・加藤。復帰戦で昨日フル出場した金本が2試合連続のスタメン。初回、マートンのライトフライにエンドランがかかっており、平野が1塁に戻れずゲッツー。

2回、城島が豪快な2ランで先制すると、3回には久保がピッチャー強襲ヒット。1死2,3塁でマートンが前進守備の二遊間を破る2点タイムリー!さらに新井が初球甘いスライダーにジャストミート。打球の行方を見送っての“どや顔”2ラン!6-0で加藤KO。そのウラ、2暴投で1失点。

4回、2死3塁から平野がヘッスラ及ばず、間一髪アウトの判定にヘルメットを叩きつけたのを不服と見なされ、一発退場。これに監督・コーチ陣が詰め寄り、和田コーチも帽子を叩き付け、胸を突く?当たった程度で追加退場に。この笠原塁審も火曜に俊介のファインプレーを誤審したばかりだけに、虎党もヒートアップ。現場レベルでの会話はわかりませんが、ひらのんも塁審に向けてではないだろ。

追加ですが、6月12日のロッテ戦、ハーフスイングでボールが福浦のバットに当たっているのに、ファウル判定してくれなかった・・・これも笠原球審。この人の技術・指針に疑いを持ってしまいます。

5回、無死2,3塁からブラゼル金本の連続セカンドゴロの間に1点ずつ追加。そのウラ、2死から四球で1,2塁とされると、飯原に初球アウトハイを叩かれてライトポール直撃の3ラン。8-4となり、ゲームがわからなくなりました。それでも6回、2死から連続四球。鳥谷も盗塁&悪送球で3塁まで進み、途中出場の大和もつなぐと、マートンが鮮やかなセンター前タイムリー!4安打3打点の大活躍!

4失点ながら7回まで3安打に抑えた久保。120球を超えた8回も続投。金本が退いたレフトに狩野が入りますが、ガイエルが当たりそこないレフトライン際へのふらふら~っと2塁打。2死後、宮本に右中間へ持っていかれてタイムリー。まだ久保も150キロ近い球は投げてましたが・・・9回は志願か?2死から連打で1,3塁とされた所で、155球で降板&球児登場。飯原を打ち取りセーブも付きましたが、少し継投に疑問が。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 新井 藤川球
城島
久保
浅井 平野 大和
鳥谷 ブラゼル 金本 藤川俊 狩野
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 狩野恵輔捕手(右の代打不足を補えるか。外野でも起用。)
OUT 下柳剛投手(前半戦残り5試合、登板機会がないため。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2010年7月16日 (金)

金本、レフト復帰戦を飾れず。7月初の連敗。

20100716 ヤクルト○3-1●阪神(神宮) 勝利打点:相川

サンテレビで完全中継。今日の先発は下柳(中8日)、ヤクルト・石川。90日ぶりに金本がレフトでの先発復帰は「6番」で。初回、先頭・鳥谷がヒットで出塁すると、平野が送って、1死2塁からマートンがショートの横を抜けるセンター前タイムリーでタイガース先制!そのウラ、1死から3四死球で満塁のピンチを背負った下柳。畠山にライトフェンス際の犠牲フライを許して同点。

2回、先頭・金本のハーフライナーを藤本が落球。続く城島のショートゴロも悪送球となり、金本は3塁に進めましたが、打った城島は1塁をオーバーランしてタッチアウト。1死1,3塁で下柳がセーフティスクイズ。バント自体は良かったですが、金本のスタートが遅れてホーム憤死。3エラーの藤本はこの回で交代。しかも代わった鬼崎が好プレー連発する始末・・・。

4回、畠山が高々と打ち上げたレフトフライ。ついに金本に初の守備機会が来ました。落下点の目測でややふらつきましたが、危なげなく処理。今日はゴロが飛んでこず、送球は見られず。ふらついた下柳も5回まで1安打。

6回、先頭・田中浩のライト線ヒットで一気に2塁まで行かれますが、飯原が送りバント失敗。しかしここから1死1,3塁のピンチ。2死後、相川がライト線へふらふら~っと飛んだフライをマートンがわずかに追い付けず、2点3塁打。スワローズ勝ち越し。

8回、4番手で安藤が3年ぶりのリリーフ登板。ストレートは148くらいまで出ましたが、四球と暴投で1死3塁のピンチ。コントロールがバラバラで、なんとか切り抜けた感じ。9回、イムから新井が10球粘ってアウト。続くブラゼルももの凄いライトライナーでした。打線は5回以降パーフェクト。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
浅井 藤原
マートン 新井 下柳 西村
鳥谷 上本 安藤
平野 ブラゼル 金本 城島
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 清水誉捕手(前半戦残り6戦、チャンスもらえるか。)
OUT 小宮山慎二捕手(控え捕手も、下で実戦を積ませるためか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年7月13日 (火)

雨のT×G死闘。12回負け・・・でも最後まで苦しめた。

20100713 阪神●6-7○巨人(甲子園) 勝利打点:長野

BS1で完全中継。関西テレビも8回ウラまで中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、巨人・東野。0.5差で追う首位攻防戦は雨との戦いに。変化球主体で立ち上がったスタンリッジですが、3回、東野に粘られて四球を出すと、1死2,3塁から松本に前進守備のファースト強襲2点タイムリーを許し、ジャイアンツ先制。

4回、虎が6連続出塁を演出!無死1,2塁から新井のタイムリーで1点を返すと、続くブラゼルがライト線2点2塁打で逆転!城島が粘って四球を選ぶと、にもタイムリーが飛び出し、一挙4点!ブラッズもリンも好走塁!!

7回、2死1,2塁から松本のファーストゴロをブラゼルが後逸。ライト線フェンス際まで転がり、2者が還ってしまい、ジェット風船前にまさかの同点劇。112球を投げたスタンリッジをそのウラ、打席に立たせた真弓監督。9連戦の初戦、さらにリリーフ陣の調子を見たのか・・・結果はスリーバント失敗でしたが、ある意味、スゴイ判断。

同点の9回、先に球児を投入。いきなり死球を出し、高橋由のレフト前ハーフライナー。地面スレスレで俊介が捕ったかに見えましたが、判定はフェア。退場覚悟で詰め寄った真弓監督の抗議も実らず。直後、暴投で無死2,3塁の大ピンチを背負いますが、連続三振で切り抜けた球児。しびれました。

大雨のなか、9回ウラで代打・金本登場もレフトフライ。延長戦となり、10回からは久保田。今日はひと味違ったか、今季最速156キロもマーク。そのウラ、1死2塁とサヨナラのチャンスを作りますが、マートンを敬遠して塁を埋められると・・・新井が痛恨のゲッツー。逆に11回、無死1塁から強攻策に出た坂本がゲッツー。

11回からジャイアンツもクルーン投入。150キロのフォークに対応した大和がレフトフェンス際まで持って行く、会心の当たりも及ばず。12回、代わった西村が1死1,2塁と塁を埋めて長野勝負に出ますが、アウトハイのストレートを広角に打たれ、致命的な3ラン。それでも、鳥谷がバックスクリーンに2ランを放ち、反撃を見せてくれました。続く平野のセフティ&ヘッスラが決まれば、まだ分からなかったです。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 平野 スタンリッジ
藤川球 久保田
浅井 マートン 新井 林威助
城島 藤川俊 大和 関本
ブラゼル 金本 桧山 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
試合前、金本がレフトのシートノックに初めて参加したとの事。負傷でスタメンを外れたあの日から、長かったですが、レフトでのスタメン復帰が現実味を帯びてきました。3連戦のうち、肩を休ませながら使ってみたい。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2010年7月11日 (日)

メッセ、初先発で好投。ベイ守乱で快勝&G0.5差!

20100711 阪神○7-3●横浜(甲子園) 勝利打点:ブラゼル⑨

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(再昇格)、横浜・大家。デーゲームで今日も巨人が敗れました。2回、ブラゼルが浜風を切り裂きながら、滞空時間の長い30号ソロ!続く城島も15号で2者連続アーチ!今日もタイガースが2点を先制!

3回、メッセのレフトフライをスレッジがまさかの落球。さらに平野のピーゴロゲッツーコースながら、大家が2塁悪送球となり、無死満塁の大チャンス!ここでマートンが鮮やかなライト前タイムリーで3点め。なお満塁で新井が4-6-3のゲッツーコースながら、今度は1塁悪送球の間に2者生還。続くブラゼルのライト前で、新井が激走ホームイン(タイミングはアウト・・・もポロリ)で6-0と圧倒!

4回、内川に一発を許したメッセンジャー。立ち上がりは150キロ前後、カットはリリーフ時代から良かったのですが、今日はスローカーブとスプリット系の球も織り交ぜて、予想外の好投。6回こそ、内川に2打席連続で一発を打たれましたが、6回2失点と先発の仕事。ランナーを背負うと怖いですが、次も楽しみ。

6-2の7回、2番手は西村が左3人をピシャリと抑えると、そのウラ、先頭・平野が左中間へ2塁打を放ち、これで先発野手全員安打!1死後、新井が二遊間を破っていくセンター前タイムリーで貴重な追加点で7点め。ここで左の加藤にスイッチして、対戦したブラゼルへの内角攻め。珍しくキレてしまい、乱闘寸前に・・・城島のなだめる動きが良かった(笑)

TV中継で3日前に炎上した安藤がブルペンに入る様子が映し出され、最後2イニング行くのかな?とも思いましたが、渡辺上園とリレー。9回、直前まで久保田が練習してましたが・・・出てきたゾノが四球連発の独り相撲。怒声が聞こえるなか、犠牲フライの1失点でこらえてゲームセット!

巨人は11試合連続2ケタ被安打と投手陣が不調。さぁ0.5差で天王山です!
「おまえはチームに必要なんだ」 by 城島(乱闘寸前のブラゼルをなだめた一言)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル 西村
メッセンジャー
新井 マートン
金本 平野 浅井 渡辺
鳥谷 城島 林威助 藤川俊
関本 上園
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN メッセンジャー投手(先発転向して2ヶ月ぶりに復帰。貢献して欲しい。)
OUT 桜井広大外野手(右ひじに違和感があった模様。最近はスタメン落ちも。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010年7月10日 (土)

清水直に粘られ逆転負け。9回の猛反撃及ばず。

20100710 阪神●3-4○横浜(甲子園) 勝利打点:清水直

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は(中6日)、横浜・清水直。1.5差の首位巨人がデーゲームで負け。初回、1死から平野が右中間フェンス直撃のヘッスラ3塁打が飛び出しますが、1,3塁から新井ブラゼルで得点できず。それでも2回、がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、続く浅井がインハイを振りぬき、レフトフェンスの一番上に当たりながら、スタンドイン!

立ち上がりは制球に苦しんだですが、新井のベンチ手前のポケットキャッチや、の激走キャッチに助けられましたが・・・4回、暴投も重なって、2死2塁からハーパーにライト前タイムリーを許し、1点を返されました。さらに80球付近で迎えた6回、スライダーが高めに浮いた所を村田に被弾。2-2の同点に。

清水直との投げ合いとなり、7回も続投した。いきなり武山に2塁打を許し、1死3塁で打席には清水直。前進守備のなか、カウント1-3からボール球を打っていき、平野の前でイレギュラー。タイムリーエラーの形でベイスターズがついに勝ち越し。ここでが無念の降板、後続は3連投の藤原が抑えました。

5回以降、1人のランナーも出せず、完全に清水直ペース。ビハインドで、8回は渡辺が3人で抑えますが、9回の久保田。先頭・ハーパー(ボール球に手を出さず)に左中間へ2塁打。1死3塁で藤田にセカンドの頭を越すタイムリーで痛すぎる4点め。

100球の清水直が9回のマウンドに上がり、先頭・新井に四球を出した所で尾花監督がマウンドで激励。ブラゼルのミスショットで沈んだかに見えましたが、城島がヒットでつなぐと、もレフト前ポテンヒットで1死満塁!ここで抑えの山口登場。1塁、2塁のランナーに代走を出し、好調・浅井がフルカウントから犠牲フライで1点差!さらに代打・桧山もコールし、上本も二盗を決めますが、レフト小フライでゲームセット。

最後はかなり盛り上がりましたが、清水直に今季3敗め。新たな虎キラーか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
浅井
藤原 渡辺
林威助 城島 
上本
平野 マートン 藤川俊
新井 金本 桧山 鳥谷 ブラゼル 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年7月 9日 (金)

大和&上本、かけっこコンビの快走で8回逆転劇!

20100709 阪神○6-5●横浜(甲子園
勝利打点:なし(上本激走)

BS1で完全中継。毎日放送で8回ウラ途中まで中継。今日の先発は久保(中6日)、横浜・三浦。初回、1死2塁からマートン新井の連続タイムリー2塁打でタイガースが2点を先行!しかし2回、実戦3戦めのハーパーに低めをすくわれ同点2ラン。気落ちしたか、続く橋本将のファーストゴロ、1塁ベースカバーも遅れてました。

そのウラ、浅井に頭部死球も・・・すっぽ抜けたフォークと見なされ危険球退場とはいかず。もう少しベンチから詰め寄って欲しい。すると3回、2死フルカウントからスレッジに3ランを許してしまった久保。そのウラ、平野マートンの連打で無死2,3塁とし、新井がセンター前へ2点タイムリーを放ち、4-5。ただ後続が続かず・・・。不調の番長・三浦は次の回で代打を出されました。

ベイスターズは2番手に先発要員の加賀を投入。変則サイドにやはり苦労したタイガース。5回、先頭・マートンが3打席連続2塁打で出塁するも、進められず。1点差の7回、左の藤原を積極起用して見事に3人斬り。そのウラ、無死1塁でしつこく牽制するうちに、マートンが怒。進塁打も打てず、挙句の果てに新井ゲッツー。

8回、西村が抑えると・・・そのウラ、加賀に代わって左の加藤から、ブラゼルがレフト金網直撃の2塁打!ここで右の真田にスイッチし、城島が痛烈なファーストゴロで進塁打の形に。1死3塁で代打・金本がボテボテのファーストゴロでしたが、果敢に代走・大和が突っ込みオールセーフ!金本の代走・上本も、積極盗塁!1度めはファール、2度めのスチールで送球が体に当たると、大きくショート後方へ転がる間に、3塁へ・・・も回った!回った!一気に勝ち越しのホームイン!!

1点リードに代わった9回はもちろん球児。内川に10球粘られながら1アウト。村田を空振り三振に抑えて、一発を打っているスレッジ。カウント0-3から150キロ連発。最後はフォークで空振り三振ゲームセット!

「最高でーす」 by 大和 「ナイスランと声かけてもらいました」 by 上本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 藤原 西村
新井 平野 上本 藤川球
大和 関本
鳥谷 城島 ブラゼル 久保
金本
林威助 浅井 桜井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010年7月 8日 (木)

安藤、復帰2戦めは9失点炎上。打線は活発。

20100708 阪神●6-10○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:加藤

毎日放送で3回ウラから8回表まで中継。今日の先発は安藤(中6日)、ヤクルト・加藤。偵察メンバーを入れて、7番に好調の浅井を起用。初回、2死1,3塁からブラゼル城島の連続タイムリーでタイガースが2点先制!ところが2回、2死から3連打。川本に2点2塁打を許し、あっさり同点。

4回、無死1,2塁のピンチを背負った安藤。バント小フライで1死をもらいますが、満塁に広がってピッチャー・加藤が1塁線高く跳ねてタイムリー内野安打を放ち、スワローズ勝ち越し。さらに青木にファースト強襲、ライト線への2点2塁打を許すと・・・もう1度満塁まで行き、4番に入った畠山がグランドスラム。この回7失点、計9失点で突如崩れた安藤の復帰2戦めでした。

そのウラ、浅井の2塁打で無死2,3塁とし、桜井の犠牲フライで1点を返すと、早くも代打・関本登場。あと1出塁で連続代打出塁の記録でしたが、フェンス際のセンターフライで凡退。3-9で2番手は上園を持って行き、反撃の姿勢を見せた真弓監督。6回、1死1,2塁のチャンスで代打・金本を投入しますが、アウトハイのストレートにハーフスイングで三振。

7回からは若竹が今季2試合め。2イニングめの8回、ここから上本がプロ初出場となるセカンド守備に入り、桜井が外されました。青木には自慢のスローカーブを2球続けますが、いずれもボール。2死後、田中浩の打球が左足のすねに当たる内野安打で満塁となり、続く畠山にタイムリー。

8回、7点リードでもセットアッパーの松岡。代打・のヒットで2死1,2塁とし、トップの鳥谷が2点2塁打で反撃!平野もヒットでつなぎますが、マートンが三振。9回もイムが出てきますが、ブラゼルが29号ソロで一矢。守護神に初被弾をくらわせました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
浅井
ブラゼル 鳥谷 平野 上園
城島 林威助
桜井 新井 若竹 藤原
上本
マートン 桧山 関本 金本 安藤
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年7月 7日 (水)

関本、代打決勝アーチ!代打で10連続出塁!

20100707 阪神○3-2●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:関本②

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は下柳(中6日)、ヤクルト・中澤。左の先発相手とあって、桜井が3試合ぶりのスタメン。初回、青木がバックスクリーンへの先頭打者アーチを放ち、スワローズ先制。

逆に3回、2死1,2塁からブラゼルのライト前タイムリーが飛び出し、1-1の同点!一気にマートンが3塁へ進むと、さらに城島の連続タイムリー。大きく空いた三遊間を緩やかに抜けて行き、勝ち越しに成功!しかし、リードをもらった直後の4回、デントナがライトフェンス際の大飛球を放つも、桜井がしっかりキャッチ。2死としますが・・・相川に高めに浮いた所をレフトスタンドへ同点ソロを被弾。

同点の6回、下柳の代打・関本がライトスタンドへ勝ち越しの3号ソロ!!代打での連続出塁記録まで、あと「1」としたそうで、次の代打チャンスも注目です。

1点リードの7回、渡辺が先頭打者に四球。ここから2死1,3塁のピンチまで行きましたが、好調・青木を打ちとって、ピンチ脱出!続く8回は久保田が3人に抑えると、最終回は球児。1死からデントナに四球を出すと、続く宮本にはフェンス際まで飛ばされましたが、レフトフライ。1点差を逃げ切りました。

「下柳さんに最高の結婚祝いになったんじゃないかと思います」 by 関本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
マートン 関本 久保田
ブラゼル 城島 藤川球
平野 下柳
渡辺
鳥谷 浅井 大和 藤川俊
金本 桧山 林威助 新井 桜井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年7月 6日 (火)

スタンリッジ、自身4連勝&完投劇で虎の夜王へ!

20100706 阪神○6-1●ヤクルト(倉敷マスカット
勝利打点:マートン⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、ヤクルト・村中。大和がセカンド、平野がライトに回っての先発出場。初回、ツバメの新4番・ホワイトセルのひざに死球を与えて負傷交代(投球時にタイムで外されて・・・次の球でした)。1死満塁のピンチでしたが、相川ゲッツーで切り抜け。逆にそのウラ、1死2塁からマートンが左中間オーバーのタイムリー2塁打で先制!

2回、2死1,2塁から青木がセカンド強襲のヒット。これを見て一気にホームを狙った上田ですが、大和の素早いバックホームでタッチアウト!城島のベースカバーも技アリ。

4回、1死から城島浅井のダブルスチールが炸裂!打席の大和は粘って四球を選ぶと、2死満塁から鳥谷がうまく引き付けて、レフト前タイムリーで2点め。3回以降、立ち直ったスタンリッジが今日は快投ピッチングを展開!

2-0の7回、スワローズは2番手・増渕。好投のスタンリッジを打席に立たせると、苦しい構えながら来日初ヒット。トップの鳥谷がつなぎ、平野はバスターが決まって無死満塁の大チャンス。ここでマートンがボテボテ1塁側へのピッチャーゴロの間に1点を取ると、新井が左中間オーバーの2点2塁打!左の渡辺恒にスイッチするも、ブラゼルがどん詰まりのセンター前タイムリー!6-0と勝負を決めました。

大勢が決まった8回、先頭で代打・金本が7打席ぶりのヒット。代走&セカンド守備で上本を起用するのかな?と思いましたが、出番なし。完封を目指したスタンリッジですが、無死2塁から鬼崎が1塁線イレギュラーで破っていき、1失点。最後はふらつきましたが、良い当たりの5-4-3ゲッツーで締め!再び貯金10。

「自身4連勝より、来日初ヒットの方がうれしい」 by スタンリッジ
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 スタンリッジ
マートン 城島
平野 金本
新井 浅井
ブラゼル 大和 藤川俊
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
久保、5年ぶりの月間MVP!6月度は4勝と苦しい投手陣を助けました。

6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 上本博紀内野手(プロ2年めで初の1軍昇格。週末までに結果を残したい。)
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT フォッサム投手(ここ数試合はゲームを作れず。スライダーの制球がカギ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年7月 4日 (日)

フォッサム、大炎上で2軍降格へ。G3タテならず。

20100704 巨人○10-2●阪神(東京ドーム) 勝利打点:小笠原

BS日テレで完全中継。よみうりTVでも中継。今日の先発はフォッサム(中6日)、巨人・東野。桜井がスタメン落ちで、マートンが初めてのライト。初回、1死2塁のチャンスで中軸が先制できず。そのウラ、いきなり無死1,3塁のピンチで小笠原に犠牲フライを許し、あっさりジャイアンツ先制。

2回、阿部が逆方向へ特大アーチを放つと、続けて高橋由にこれまた特大2ラン。0-4の3回も続投させ、1死1,3塁から高橋由に2打席連続の今度は3ランを許し、0-7。序盤で試合を決定づけられ、ここでフォッサムKO。ずっと5回持たない状態で、ファーム行きの決定打に。

3回途中から上園。5回こそラミレスに一発を許しましたが、1失点だけ。次週の先発復帰が有力に。最大のチャンスは6回、1死1,3塁でブラゼルが右中間へタイムリー!続く城島のゲッツー崩れ(小笠原好プレイ)の間に2点め。さらにの2塁打、浅井の四球で満塁とした所で、代打・金本vs山口も・・・良い当たりのファーストゴロで万事休す。

7回、続投の山口から鳥谷平野が連続ヒット。無死1,2塁のチャンスでしたが、マートンがゲッツーに倒れて今日はブレーキ。連続試合安打も18で止まりました。2-8の7回は左の藤原が4試合めの登板も失点。暴投もあり、置きに行っている感がありましたが、谷、古城への連続三振は良かった。

8回、待望の初登板となった若竹小宮山とのバッテリーで、いきなり平野が1塁悪送球とつまづき、続く松本にタイムリー2塁打を許しましたが、ここからは落ち着いたピッチングを展開。大きなカーブは投げなかったですが、中軸に対してのフォーク?チェンジアップ?の落ち球が効果的でした。

次週、メッセンジャー再昇格が決定的で、先発・リリーフの配置転換にも注目です。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
浅井
ブラゼル 鳥谷 上園
平野 渡辺
城島 林威助 小宮山 若竹
金本 桧山 新井 マートン フォッサム 藤原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年7月 3日 (土)

鶴、若きGキラーへ!対巨人5連勝で初の貯金10。

20100703 巨人●2-8○阪神(東京ドーム)勝利打点:ブラゼル⑧

BS1で完全中継。今日の先発は(中6日)、巨人・藤井。2回には、城島が凡退こそしましたが、珍しく12球粘る活躍。そのウラ、阿部がポール際特大ファールを打ったり、フェンスギリギリまで飛ばされたり・・・とヒヤヒヤしますが、無失点。ところが3回、伏兵・エドガーにバックスクリーン左に持っていかれ、ジャイアンツ先制。

4回、無死1塁でブラゼルが高めに抜けた所を見逃さず、ボール球でもジャストミート!天井直撃の130m弾で一気に逆転!さらに1死1,2塁のチャンスで、がバント失敗しますが・・・トップの鳥谷がスライダーをバックスクリーン右へ放り込む9号3ラン!!一挙5点の猛攻で、6連勝中の藤井をKO。

6回、猛打賞の浅井を1塁に置き、桜井がエンドラン成功!1死1,3塁での初球。三塁線へのバント、ピッチャー豊田の1塁送球を見て、3塁・浅井が果敢にスタートして6点めのホームイン!なぜかバックホームを優先して1塁ベースカバーも入っておらず、オールセーフの形に。

そのウラ、先頭・小笠原に四球。1死後、連打で満塁となり、高めに浮き出した。ここで代打・高橋由が登場し、フルカウントから高めに抜けたスライダーをライト犠牲フライ。ボール球に手を出してくれたのが、逆に救われました。ここでに合っていたエドガーに、渡辺を当てて打ち取り。

8回、城島が代わったマイケルの初球をレフトスタンドへ放り込む14号ソロ!リードが5点となりますが、そのウラは久保田がクリーンアップ相手に登板。9回には、マートンが18試合連続ヒットで先発全員安打。2死後、城島がバットを折りながら、三塁後方へ落とすタイムリー!初の貯金10、2ゲーム差まで接近。

「最低でも6回まで行かないと。今シーズンもっと勝っていきたい」 by 鶴
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
浅井 渡辺
城島  久保田 西村
鳥谷 新井 ブラゼル 桜井
平野 関本
マートン 藤川俊
金本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年7月 2日 (金)

終盤の大逆転!ブラゼル、エラー帳消しの逆転弾!

20100702 巨人●8-10○阪神(東京ドーム
勝利打点:ブラゼル⑦

BS日テレで9回表まで中継。今日の先発は久保(中6日)、巨人・ゴンザレス。2回、阿部に先制ソロを許すと、続く長野のライト前ヒットを桜井が後逸して、一気に3塁へ。ゴンザレスのスクイズを阻止して2死としたものの、坂本のサードゴロを新井が横に弾くタイムリーエラーで2点め。4回、先頭・脇谷に11球粘られて2塁打を許すと、2死後、坂本が泳ぎ気味に見えたのですが、スタンドインで手痛い4点め。

7回、先頭・鳥谷がヒット。盗塁と暴投で3塁まで進み、無死1,3塁で久保にスイッチしてマートンがライト前へ。長野のグラブをかすめ後逸する間に、2点タイムリーで一気に3塁へ。続く新井もセンター前タイムリーで続き、1点差!ブラゼル四球で1,2塁とすると、城島がバントの構えも見せ、フルカウントからレフト前タイムリーで同点!さらに代打・浅井もバスター!無死満塁で代打・金本登場!

原監督も山口投入、阿部もマスクを被りました。アニキ三振も、代打・関本が押し出しの四球で勝ち越し。2死後、平野がタイムリー内野安打を放ちますが、スキを突いた2塁ランナー・浅井はわずかにホーム及ばず。一挙6点でゲームをひっくり返しました。

そのウラ、中4日と空いてる上園がまず登場も、復帰の松本に12球粘られ四球。1死1,2塁で阿部を迎えて、左の藤原を当てました。痛烈なファーストゴロを捕り、ゲッツーを狙いかけたブラゼルがファンブルしてオールセーフ。西村が引きずり出される形となり、自らのミスで気負う長野を三振に抑えて2死としますが、代打・高橋由、エドガーに連続タイムリーで3失点。6-7と再逆転。

1点を追う8回は越智との勝負。新井が4安打めのヒットで出塁し、エラーを犯したブラゼル。カウント2-0から6球粘ってのバックスクリーン145m特大弾は逆転2ラン!笑顔無き一撃にしびれました。8-7の8回ウラは球児ではなく、久保田が登場。小笠原にギリギリまで飛ばされますが、三者凡退。

9回、前の回途中から投げる左の星野を攻略。先頭・俊介がショートゴロ悪送球で2塁まで行くと、鳥谷が貴重な2ラン!リードが3点となり、球児が9回登板も・・・長野に一発。ジャイアンツもただでは終わらない。

「前の回でエラーをして取り返す気持ちだった。正直、ホッとした。」 by ブラゼル
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 新井 ブラゼル 久保田
関本 鳥谷
城島 浅井
マートン 藤川俊 藤原
久保 藤川球
金本 桧山 林威助 桜井 上園 西村
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年7月 1日 (木)

安藤、ついに復活!守り抜いての8回逆転劇!

20100701 阪神○5-1●中日(甲子園) 勝利打点:新井⑧

BS1で完全中継。毎日放送で8回ウラ途中まで中継。今日の先発は安藤(再昇格)、中日・吉見。4月25日以来の復帰戦となった安藤。初回から最速148キロをマークするなど、球威が戻ってきました。ただ2回、ブランコに甘く入ったフォークをバックスクリーンへ被弾。ドラゴンズが1点先制。

エース・吉見が中5日でタイガース戦に回ってきて、打線は5回までわずか1安打に沈黙。コントロールも良く、手も足も出ない状態。対する安藤も、苦手の森野以外はそんなに悪くない印象。中盤、ゲッツーの連続でバックの守りも助けてました。

6回、1死から森野、和田に連続四球を出した安藤。大ピンチで場内どよめきましたが、ブランコをショートゴロ併殺に打ち取り、切り抜けると・・・そのウラ、2死から鳥谷が叩きつけて内野安打。平野もヒットで続き、マートンも四球で2死満塁まで行きますが、新井が痛恨のサードゴロ。打線の援護がないまま、安藤は7回1失点で降板。

1点ビハインドの8回は西村。連続失点と疲労が心配され、中3日と間隔を空けたものの、球が高めに上ずる危険な状態。1死から連打でピンチを背負い、ブランコには外角スライダーを徹底して攻めながら選ばれて2死満塁。それでもここで野本を空振り三振に抑えて、大ピンチを切り抜けました。

そのウラ、吉見が続投。1死後、鳥谷が懸命に走って内野安打で出塁すると、平野も連続ヒット。1,2塁でマートンがレフト前タイムリー!際どいタイミングながら、一気に3塁を回った鳥谷が激走!返球と重なったのか、キャッチャーが後逸する間に、1塁・平野は3塁へ。ここで新井が前進守備を破るセンター前へ2点タイムリーで勝ち越し!!吉見KOで、左の高橋へスイッチしますが、2死後、城島が打った瞬間とわかる2ランで決定打。怒とうの一挙5点の猛攻。しびれました。

「タイガースファンは一番です」 by マートン 「東京で暴れてきます」 by 新井
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
安藤
平野 鳥谷 マートン 新井 城島
藤川俊 藤川球
桜井 西村
 
ブラゼル 林威助 金本 桧山 浅井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 安藤優也投手(2ヶ月ファームで調整。エース復活へ意地。)
OUT 高橋光信内野手(数少ない代打機会で、まだヒットなし。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »