« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

小嶋、3回無失点で3年ぶりの開幕1軍へ。

201002283 オリックス○5-0●阪神(春野) 勝利打点:赤田

関西テレビで録画中継のはずが、昨日のチリ地震からの全国的な津波襲来に伴う報道特別番組に。ところがなんと最後の5分だけ、野球中継に戻してくれました。試合のハイライトを見せてもらいました。

先発は藤川球、オリックス・金子。7年ぶりの先発登板となった球児ですが、西武からトレード移籍された赤田にストレートを持っていかれ、先制2ラン。球児もこの後、変化球も交ぜながら、中軸を三者三振に抑えてくれました。

2回からは小嶋。メジャーから復帰した田口に高めに浮いたカーブをいきなりヒットされますが、打たれたのはこれだけ。3イニング無失点に抑えて、開幕1軍へ好アピール。

5回から、3番手は上園。6回、無死2塁からまたも赤田にライト線へ痛烈なタイムリー2塁打を許すと、2死後、代打・北川にレフト前タイムリー。上園は3回を投げて2失点。オリの新1,2番が揃って猛打賞と相手ペースに持っていかれました。

打線はバファローズ先発3本柱が3回ずつ登板。こうなると若手主体のオーダーでは太刀打ちできず。7回、初めて2塁まで進みチャンスでしたが、得点できず。最終回、代打・狩野がヒットで好調持続をアピールしたくらい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
小嶋
上本
狩野 鳥谷 葛城
林威助 藤川俊 平野 浅井 田上 清水
水田 小宮山 マートン 大和 桜井 野原将 藤川 上園 若竹
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2010年2月27日 (土)

マートン、先頭弾!大勝でオープン戦白星発進!

20100228 阪神○11-1●オリックス(安芸タイガース
勝利打点:鳥谷

関西テレビで録画中継。今日の先発は二神、オリックス・平野佳。2010年のタイガースオープン戦初戦は快勝で、岡田オリックスを圧倒!初回、マートンが初球ストレートを右中間スタンドへ特大アーチを放ち、タイガース先制!

1-1で迎えた3回、先頭・マートンがポテンヒットで出ますが・・・続く平野のバントで2塁ホースアウト。走塁の緩慢さが出ました。が、鳥谷がクルっと回って2ラン!勝ち越しに成功すると、新井ブラゼルの初球攻撃で連打。1,2塁から、DHの関本が粘ってセンター前で4点め。さらに桜井の抜けそうな当たりを、トレードで西武から来た赤田がナイスキャッチで犠牲フライに。とどめは狩野の2ラン。一挙6点で平野KO。

(新HMのチャンス襲来、ループアタックが流れてましたが、、、全然慣れない。)

先発の二神は140キロ前半のストレート、変化球(縦スラ、カーブ)が低めに決まりました。高めに浮いた所を痛打される場面もありましたが、4回2安打1失点と上々の出来。ルーキーのオープン戦開幕投手は、吉野以来10年ぶり。首脳陣の期待に応えました。

4回、鳥谷のランエンドヒットが決まり、1死1,3塁で新井。カウント0-3から打っていき、ライト犠牲フライ。5回には桜井がライトへ一発を放ち、9点め。終盤、浅井のタイムリーとなんと大和の一発(打った後、コケてましたが・・・)でダメ押し。

解説には赤星さんも来ており、インタビュー中はクールな鳥谷が、イアホン越しにレッドが出ると、思わず笑みがこぼれてました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 葛城 関本
新井 マートン 大和 二神
桜井 平野 狩野 メッセンジャー 筒井
ブラゼル 浅井 清水 白仁田 江草
田上
林威助 藤川俊 野原将 水田 上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010年2月26日 (金)

岡田オリックス、平野&金子で本気の虎斬り。

オリックスの岡田監督は今季初の対外試合となる27日の阪神タイガースとのオープン戦(安芸)に、復活を目指す平野佳を先発させることを明かした。ドラフト1位の古川(日本文理大)、5位の阿南(日本通運)も登板する。翌日28日の阪神戦(春野)にはエース・金子が先発する予定。

大阪もそうですが、高知ももの凄い雨でした。グラウンド状況がどうなるかわかりませんが、ようやく本格的に対外試合が始まりますね。濱ちゃん、バルちゃんはでるのかな?

情報がありませんが、タイガースの先発は二神、上園、小嶋あたりでしょうか?地上波でも、この土・日のオープン戦はテレビ中継があるので、楽しみです。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

新助っ投・フォッサム、実戦初登板。

阪神タイガースの新外国人左腕のフォッサムが25日、実戦初登板の紅白戦で2回を無失点。「ストライクをきっちり投げて(投球を)組み立てることを目指した。それができてよかったと思う」とアピールに成功して満足そうだ。

紅白戦、キャッチャーで先発出場した城島との対戦では、スライダーで空振り三振を奪ったとのこと。今日の城島は2打数ノーヒット。

真弓監督は緩急をうまく使う投球を見て「これから上がってくることを見越して、この時期ならいい」と新戦力の状態を評価。山口投手コーチは「力強さはないけど、駆け引きで抑えていくタイプ。一応、先発で考えている」と話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月24日 (水)

阪神、ジェット風船の自粛を解除。

阪神タイガースと甲子園球場は24日、新型インフルエンザの感染拡大を受けて、観客に自粛を求めていたジェット風船による応援について、27日のオリックスとのオープン戦(高知・安芸市営球場)から自粛の呼び掛けを解除すると発表した。

同日はグッズショップなどでジェット風船の販売を再開する。甲子園球場でのジェット風船を使った応援自粛の要請解除は3月13日の横浜とのオープン戦からとなる。

7回と9回の勝利時に飛ばすジェット風船、自粛期間中はまた違うスタイルで良かったんですが・・・。また江草と球児には酷ですが、ところどころで風船が割れる音に耐えてもらうしかないですね。

もちろん、「魔の7回」だけは再開してもらわなくて結構です。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

マートン、猛打賞&レーザービーム炸裂!

20100223 23日の紅白戦で、1番センターで出場した新外国人のマートンが、4打数3安打の大活躍。スランプを一掃する働きで浮上の兆し。「もちろん結果が出たのはよかったが、打席の中での感覚がよくなったのが一番」と話した。

1打席めは能見からセンターライナー気味の打球。ダイブした育成枠・田上のグラブをかすめて2塁打。2打席めは三遊間を破るヒット。3打席めは久保の高めストレート(140キロ)に対応。1死3塁から1,2塁間を破るタイムリーで、初めて右に打球が飛びました。

守りでも、野原将の(定位置よりやや浅めの)センターフライで、バックホーム。ワンバウンド送球でストライク返球を見事に行い、3塁ランナーの林がタッチアウト。場内からどよめきが起こりました。

真弓監督は「当たりが出たね。守備の方もね」とほっとした様子だった。ピッチャーは安藤、能見の両先発が3回無失点とまずまずの内容。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

田上、支配下登録への第一歩。明日スタメン。

23日に行われる、安芸で早くも3度めの紅白戦が行われます。オーダーも発表されました。浅井が練習中に腰痛を訴えたそうで、少し心配です。

<先攻・紅組>
浅井(7)、田上(8)、関本(4)、ブラゼル(3)、林(9)、水田(DH)、野原将(5)、狩野(2)、上本(4)
先発ピッチャー:能見

<後攻・白組>
マートン(8)、平野(4)、鳥谷(6)、新井(DH)、桜井(9)、葛城(3)、藤川俊(9)、小宮山(2)、大和(5)
先発ピッチャー:安藤

さらに球団ホームページでは、
>安芸組から帰阪せず1軍合流となった葛城、水田、小宮山、田上は引き続きアピールを続けます。

とありました。育成枠の田上が鳴尾浜帰還を免れ、俊足攻守でアピールできれば、支配下選手も夢ではなくなってきました。それでも野手で残留できたのはこの4人だけでしたか・・・。ピッチャーは小嶋、若竹、白仁田が残りました。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

岩田、蕭がキャンプ離脱。帰阪へ。

16日の練習中に左ひじを痛めた岩田は、キャンプを離れることが決まった。17日から投球練習を回避し、20日からキャッチボールを再開していた。

真弓監督は「慌てさせてもよくない。そんなに悪くないと聞いているのでしっかり治してもらう」と話した。蕭一傑も疲労を理由にキャンプを離れることになった。

安芸で1,2軍の合同キャンプ&紅白戦を行った2日間ですが、一足先に2軍メンバーがキャンプ打ち上げ。生き残れる選手、鳴尾浜に帰る選手、明暗分かれました。

今日の紅白戦、ネットで見れましたが、浅井・城島・桜井・坂に一発が飛び出しました。二神、上園の両先発がそれぞれ1失点に食い止めた一方、宜野座組の金村暁や杉山が大炎上。新外国人・マートンも三遊間を破る、(ようやく)実戦初ヒットに思わず1塁ベース上でガッツポーズ! もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月19日 (金)

真弓監督、高知入り。安芸キャンプ始まる。

阪神タイガースは19日、2次キャンプ地の高知県に入った。

紅白戦は4試合(20、21、23、25)の予定で、真弓監督は「(2軍の)元気な選手、いい選手を聞きました。紅白戦でしっかり見せてもらってオープン戦の振り分けをしていきたい」と若手の台頭に期待を寄せた。

2次キャンプは20日から26日まで安芸市で行い、27日にはオリックスを相手に初のオープン戦に臨む。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

西武・赤田⇔オリックス・阿部がキャンプ中トレード。

西武の赤田将吾外野手(29)とオリックスの阿部真宏内野手(31)の交換トレードが18日成立し、両球団が発表した。外野手の補強を目指すオリックスと片岡、中島ら若い内野陣のバックアップ役を求めていた西武の間で交渉がまとまった。

発表後、南郷スタジアムでナインに胴上げされた西武・赤田は「オリックスは能力が高い選手がそろっている。チームメートからは“頑張れよ”って言われました」と話した。(涌井、号泣でしたね。。)

阿部は「時期が時期だけにびっくりしている」と戸惑いを隠せず、「トレード自体は自分の中で(西武に)望まれて行くと思いたい」と話すのがやっとだった。移動日で、高知に到着した直後に通達された。子どもの入学、入園も間近に控えており、阿部は急きょ自宅へ戻り家族会議を開くという。

転落死した小瀬さんの影響がないといってしまうと、ウソになる。そんな想いをもってしまう今回のトレード。以前から赤田に触手していた岡田監督の希望が叶った形に。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

岩田、左ひじは軽症・・・帰阪。安芸合流目指す。

16日の投球練習中に左ひじに痛みを訴えた阪神・岩田稔投手が17日、沖縄・宜野座キャンプを離れて空路帰阪し、大阪市内の病院でCT検査を受けた。

「左ひじ変形関節炎」と診断され、3日間のノースローで患部の様子を見ることになった。幸い重症ではなく、報告を受けた真弓監督も「ちょっと(調整が)遅れるぐらいで、そんなに心配することはない」と話した。

またドラフト2位の藤原(立命大)は16日の練習中に左大腿(だいたい)部に痛みを感じ、沖縄市内の病院で「左内転筋筋挫傷」と診断された。

チームを離れた両左腕は20日から始まる2次キャンプで再び合流し、リハビリを行いながら調整する。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ハムとの練習試合、またも雨で中止。

16日は雨天のため、阪神と日本ハムの練習試合が中止になった。天候不良で外で行う実戦形式の練習が限られている。真弓監督は「遅れた分は取り返さないと」と渋い顔だった。

14日に予定されていた試合が中止となり、順延された今日のゲーム。若手の蕭一傑や西村、筒井、渡辺などが登板予定だっただけに、残念です。

確かに実戦形式の練習が遅れている感は否めず。挟殺プレーや投内連携、エンドランやバスター、ワンヒットで2コマ進む走塁など、タイガースが一番苦手としている所ですからね。大事な所で影響しないか・・・。

屋外で遠投をする予定だった城島は室内で調整。「あしたは投げたい。リズムが狂うしね」。17日も天気が悪ければブルペンで投球練習を行うとした。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月15日 (月)

蕭一傑、日本ハムとの練習試合に先発へ。

阪神タイガースの真弓監督は16日に名護で行われる日本ハムとの練習試合に2年目の蕭一傑投手を先発させると明言した。

ドラフト1位で入団した昨季は1軍の登板はなし。指揮官は「去年はファームで安定した力を出していた。ことしはもう一つ力をつけてくれれば。ブルペンで見ていても、力強さを感じている」。先発ローテーションを争う台湾出身の24歳に期待を寄せた。

さぁ二神に続いて、開幕ローテ入りへアピールできるかどうか?キャンプイン後、胃腸炎で休みましたが、果たして?イッチェの度胸あるスローカーブで、中田が屈する所を見てみたいですね。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

ポスト赤星、柴田が骨折。全治4週間で帰阪。

20100214 阪神タイガースの柴田講平外野手(23)が沖縄市内の病院で「右手第3中手骨の骨折」と診断された。4週間のギプス固定が必要で、宜野座でキャンプを行うチームを離脱することになった。

柴田は13日に行われた日本ハムとの練習試合で死球を受け、退場していた。15日に大阪に戻り、精密検査を受ける予定。真弓監督は「早く良くなってほしい。せっかくチャンスをつかみかけていたんだから」と話した。

さらに、「1番センターは今のところマートンと浅井が争っている。浅井は去年の後半良かったが、このキャンプでも動きが良い」とコメント。攻守ともに精彩を欠く、新外国人も早くもピンチか。

14日、名護で予定されていた日本ハムとの練習試合は、雨天中止。16日に順延される形になりました。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

二神、上々の無失点デビュー。試合は大敗。

20100213 阪神●5-11○日本ハム(宜野座) 勝利打点:陽岱鋼

朝日放送「虎バン」の中で録画中継。今日の先発はルーキー・二神、日本ハム・矢貫。対外試合、初登板の二神。140キロ台の真っ直ぐと縦スラの落差は今は充分。少しバラつきましたが、小谷野を見逃し三振を奪った内角ストレートは見事。2回無失点で上々のデビュー。

初回、2死からのタイムリー2塁打で先制すると、2回には狩野の2ランで3点を先行。2番手は新戦力のメッセンジャー。この時期で150キロを出しながら、痛打。空振りがとれず苦労しました。暴投もあり、1死2,3塁のピンチでしたが、内野ゴロの間の1失点でまとめました。

試合のほうは、金村暁が5回にまさかの7失点と大炎上。ルーキー・藤原も中田に2ラン被弾でプロの洗礼。大差のなかで、(久しぶりにファーストで先発出場)が3たびタイムリーを放ち、反撃してくれましたが・・・。

もう1人の新戦力・マートンですが、「1番」で先発した打撃面では3打席ノーヒットと良い所なし。センター守備でも目測を誤りながら捕球するなど、不慣れな一面を露呈しました。開幕までに間に合わせることができるのか??

途中出場の柴田が手首に死球を受けて、途中交代したそうです。折れてなければいいのですが・・・。明日は名護でファイターズ戦です。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
林威助 二神
浅井 平野
狩野
桜井 大和
鳥谷 関本 柴田 藤川俊
清水 上本 マートン 野原将 藤原 メッセンジャー 杉山 金村暁
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2010年2月12日 (金)

初の対外試合、ルーキー二神を先発指名!

20100212 真弓監督は13日に宜野座で行われる日本ハムとの練習試合の先発にドラフト1位の二神(法大)を指名した。「予定は2回。持っている力を出してくれればいい」と期待した。

午前の練習中に先発を告げられた二神は「持っている球をぶつけて、力がどれだけ通用するか確かめたい」と意気込んだ。

試合にはドラフト2位左腕の藤原(立命大)も登板し、同5位で外野手の藤川俊(近大)も途中出場する予定。

先発オーダーも発表され、マートン(8)、平野(4)、鳥谷(6)、桜井(7)、林(3)、関本(DH)、浅井(9)、野原将(5)、狩野(2)で明日のファイターズ戦がスタート。

天候が心配されますが、初の実戦、地上波でもテレビ中継もあるので楽しみです。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月11日 (木)

必死なマートン。「楽しみにしている」

阪神タイガース新外国人選手のマット・マートン外野手が日本の野球になじもうと必死だ。守備では山脇守備走塁コーチと入念に中堅の守備位置を確認。「楽しみにしている」と前向きだった。

居残りで打撃練習も行った。「ゲーム感覚を取り戻すため」と13日、14日に行われるファイターズとの練習試合への出場に意欲的。山脇コーチは「どんどん試合に出す。慣れてもらわないと」と期待を込めた。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(藤川俊介)

藤川 俊介 背番号:7 背名前:FUJIKAWA
所属:阪神タイガース 中堅手 右投げ 右打ち
ミート右:G(8) ミート左:G(8) 弾道:2
パワー:F(70) 走力:C(16) スローイング:E(12) 捕球:E(11)
肩力:C(16) 疲労回復力:F(10)
【守備レベル】左E(11) 中D(13) 右E(11)
【起用法】代走要員、守備要員
【プロスピ顔コード】5ZB JSQ LLV DCB QWF GEG もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プロ野球スピリッツ5査定(二神一人)

二神一人 背番号:18 背名前:FUTAGAMI
所属:阪神タイガース 投手 右投げ(オーバースロー) 右打ち
球速:150km/h スタミナ:C(40) 先発調整力:E(11) 疲労回復力:F(10)

【ストレート】球威:D コントロール:D
【カーブ】球威:E コントロール:E 変化レベル:2
【Vスライダー】球威:D コントロール:E 変化レベル:4
【フォーク】球威:F コントロール:F 変化レベル:1

【起用法】先発 5回以上 3~5失点 スタミナ超え-
【プロスピ顔コード】35Y YO4 UDU UAR ZQQ UEG もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

プロ野球スピリッツ5査定(ランディ・メッセンジャー)

ランディ・メッセンジャー 背番号:54 背名前:MESSENGER
所属:阪神タイガース 投手 右投げ(オーバースロー) 右打ち
球速:155km/h スタミナ:A(62) 先発調整力:C(16) 疲労回復力:C(16)

【ストレート】球威:B コントロール:C
【ツーシーム】球威:E コントロール:E
【カットボール】球威:D コントロール:E 変化レベル:2
【カーブ】球威:D コントロール:D 変化レベル:4
【SFF】球威:B コントロール:D 変化レベル:3

【起用法】先発 8回以上 3~5失点 スタミナ超え-
【プロスピ顔コード】OR3 GZ4 DRO MR7 OTK XKE もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(ケーシー・フォッサム)

ケーシー・フォッサム 背番号:58 背名前:FOSSUM
所属:阪神タイガース 投手 左投げ(スリークォーター) 左打ち
球速:145km/h スタミナ:C(41) 先発調整力:E(12) 疲労回復力:E(12)

【ストレート】球威:D コントロール:D
【スライダー】球威:D コントロール:D 変化レベル:2
【カットボール】球威:E コントロール:D 変化レベル:1
【Dカーブ】球威:E コントロール:E 変化レベル:3
【超スローカーブ(フォッサム・フリップ)】球威:G コントロール:F 変化レベル:3
【チェンジアップ】球威:F コントロール:E 変化レベル:1

【起用法】先発 5回以上 3~5失点 スタミナ超え-
【プロスピ顔コード】OWZ SJ2 NPA 7X4 FSR 6G7 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ハム、3・3阪神OP戦で小林氏を追悼。

日本ハムは10日、1月17日に急逝した前1軍投手コーチの小林繁氏をしのび、3月3日に札幌ドームで行われる阪神とのオープン戦の試合前に追悼セレモニーを行うと発表した。

試合には小林氏の遺族が招待され、三塁ベンチ内には日本ハムでの背番号79のユニホームが、一塁ベンチ内にはエースとして活躍した阪神時代の背番号19のユニホームが飾られる。ドーム内の大型ビジョンでは小林氏の野球人生を振り返る映像や、親交のあった人のメッセージが流れる予定。

梨田監督は「両チームとも精いっぱいのプレーを小林さんにささげられたら。中身のある試合にしたい」と話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

二神、スライダー切れ抜群!13日にもデビューへ。

阪神のドラフト1位のルーキー、二神(法大)がシート打撃に初登板し、打者6人を1安打に抑えた。アピールに成功した二神は「実戦に近い形で腕を振って投げられた。充実していた」と満足げに話した。

140キロを超える直球に加え、切れが抜群のスライダー。「大学時代から直球とスライダーがウイニングボールだった」と胸を張る二神に、真弓監督は「それなりにしっかり放れている」と、13、14日に行われる日本ハムとの練習試合に起用する方針を明かした。

体幹の弱さを指摘してきた久保投手コーチも「順調。疲れているだろうが、成果を残している」と評価。先発ローテーション入りが期待される22歳の新人は「できるだけの準備はしている。アピールしたい」と話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

城島、座ったままで送球。「強肩発動」

城島が強肩を披露した。シートノック前に、座ったまま一塁へ矢のような送球。

「左打者の後ろからは、あれが一番見にくい。ベースコーチャーにけん制があると言わせたい」と事もなげに話した。「どんどん投げる。最大の防御は(走者を)動かさないこと」と説明した。

この日は米大リーグ、マリナーズ時代にバッテリーを組んだメッセンジャーの球もブルペンで初めて受け「直球のコントロールがいい。うちのスカウトの目は節穴じゃないぞ」と笑みを交えて話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

金本、フリー打撃に初登場!好調アピール。

20100206 45スイングで6本のオーバーフェンス。雨模様の空に軽々と打球を飛ばした。真弓監督は「今日のを見ていると順調に来ている」と大黒柱の好調ぶりに目を細めた。

ここ2年はオフに受けた左ひざの手術の影響で、キャンプで満足な準備ができなかった。だが、今年は違う。

毎年恒例となった元日始動時に「トレーニング自体はできている。すごく充実している」と話した通り、今キャンプでは初日から精力的にマシン打撃を行った。

今日もベースランニングや守備練習をこなした後にバットを振り、和田打撃コーチも「去年、おととしとは全然状態が違う。数段いいよ。下(半身)がね」と絶賛した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年2月 5日 (金)

オリックス・小瀬選手、キャンプ宿舎で転落死。

5日午前11時45分ごろ、沖縄県宮古島市にあるホテル(12階建て)の2階部分の屋上で、このホテルを宿舎に春季キャンプ中のプロ野球オリックスの小瀬浩之外野手(24)が死亡しているのを駆け付けた救急隊員が見つけた。県警は飛び降り自殺したとみて、岡田彰布監督らチーム関係者から事情を聴いている。オリックスはこの日、キャンプは休みだった。

去年は規定打席に足りなかったものの、打率3割を超える成績を残し、俊足巧打の外野手として準レギュラー格の活躍。対右ピッチャーの時にはレギュラーでした。

チーム内、もしくはプライベートで何があったのか?全ては謎に包まれてますが、あまりにショッキングなニュースが夕方入ってきました。追い詰められる前に、他の選択肢がなかったのか・・・本当に残念です。

近大時代の監督、チームメイト、先輩・後輩からも訃報のショックは隠せない模様。オリックスのチーム状態もどうなってしまうのか。。。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月 4日 (木)

タイガース、充実の第1クール終了!

第1クールを終え、阪神タイガースの真弓監督は「順調にきている」と総括した。この日のあいにくの雨にも「あれだけの室内練習場があれば、それほどメニューを変える必要はない」と気にする様子はなかった。

ここまで目立った選手に「マートンやろうな」と新外国人を挙げた。具体的な説明は避けたが「いい意味で予想とは違った」と話す。打率を残すタイプとの前評判を覆し、打撃練習でパワーを見せつけるマートンに期待を膨らませている。

【今日の城島】
城島は「もう休み?」とおどけた。「向こうでは4年間、2カ月で1日という休みでやってきた。さみしいな」と米大リーグとの違いを冗談交じりに話した。

この日はブルペンで杉山、金村暁、江草の球を受けた後、マシン打撃などで汗を流した。休日返上で練習するのかと問われると「休みの日にやる元気があれば、このクールでもっとやっているよ」と本音を口にした。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2010年2月 3日 (水)

今岡、ロッテ入り決定!背番号はボビーの「2」

20100203 阪神から昨年、戦力外通告を受けた今岡は、入団テストを受けるためにロッテのキャンプに参加。この日の練習中に監督から直接、合格を伝えられた。

「最後の球団になることは間違いない。内に秘めた思いをバットに込めて、チームに貢献したい」と力強く語った。1億5千万からの大幅ダウンは確実で、年俸は2000万くらいでしょうか。

オリックスの岡田監督は、阪神時代の教え子、今岡のロッテ入りが決まったことに「ユニホームを着ないと、野球はでけへん。今岡本人にも、よかったんとちゃうか。最後、本人ももうひと踏ん張りという気持ちになったやろ」とエール。

それでも、ロッテ西村監督の「守備も問題ない」という談話が報道されたことに「びっくりしたで。どこで使うかは、チームによるやろ」と苦笑いしていた。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年2月 2日 (火)

マートン、予想外のパワー炸裂。デジャヴ?

20100202 キャンプ2日めは、新戦力の外国人2人が活躍。

メッセンジャーは初ブルペンで40球。低めに集めた制球力が光った右腕は「抜けた球もなかったし、いい感じだった」と納得の口ぶり。久保投手コーチは「初投げとしてはすごくいい」と評価し、近日中に打撃投手など実戦的な登板をさせる考えを明かした。

マートンが、フリー打撃で67スイング中13本(2度の3連発を含む)の柵越えを放ち、パンチ力を見せた。「打撃フォームをしっかりチェックするのが大事。当たれば飛ぶこともあるよ」と平然と話した。

「メンチもこの時期、良かったからな」 by 真弓監督・・・(笑)

【今日の城島】
2日めのブルペンでは岩田、福原、久保田、ルーキー・二神の投球を受けました。WBC以来、球を受けた岩田に対して、「あの直球の汚さがゴロを打たせるんでしょうね」とうならせた。カットボールにも及第点が出てました。

【今日の赤星】
キャンプ行脚2球団めはオリックス(宮古島)。岡田監督や正田コーチ、濱ちゃん、吉野など元チームメイトが多いですしね。逆にタイガースの様子を聞かれてしまったとか。。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月 1日 (月)

宜野座キャンプイン!「期待に応えて優勝を」

20100201 2年目の真弓阪神がスタートした。練習開始前の歓迎セレモニーで真弓監督は「チームは4年間、優勝から遠ざかっている。今年は何とか期待に応えて優勝したい」と力強く宣言した。

もう1人の“ジョー”は・・・チームのバスとは別に、練習開始の約1時間前に球場に着くと、ウエートの設備がある部屋へ。セレモニー後、矢野とキャッチボール。ブルペンで安藤、能見、上園の投球を受けた。今日は3人の球を受けたそうですが、キャッチャーが城島に代わった途端、球速アップした安藤が気負いすぎの感も。投球後はそれぞれの持ち球、得意の球などを聞き出し、熱心にメモ。

201002012 初日から赤星が阪神タイガース・宜野座キャンプを訪問。練習を見ると「体がうずいて仕方なかった」と少しさみしそうだったとも。12球団のキャンプを全て回ると公言するレッド。新しいスタートですね。

そして、背番号のないマリーンズユニをまとった今岡。石垣島は雨で室内練習ながら、サード守備では軽快な動きを披露。フリー打撃では安打性の当たりを連発!「今ある力を出す。それだけ」とも。西村監督は「動き的に全然問題ない」と高評価。その意気や。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »