« 藤本、明日にもFA行使へ。他球団との交渉へ。 | トップページ | 鳥谷が選手会長に就任。真のチームリーダーへ。 »

2009年11月16日 (月)

戦力分析【巨人編・09終了】

Image0911g セリーグ戦力分析。今回は1位の読売ジャイアンツ。2008年末のジャイアンツの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。投打ともにリーグトップの数字を残し、圧倒的なチーム力を見せ付けた。チームの連敗も今季は「3」どまりで、故障者も少なかった。チームも崩れることもなくシーズン89勝と独走。リーグ3連覇を成し遂げ、7年ぶりの日本一の座に。

【野手編】
Image0911gorder 小笠原、ラミレスの2人が今年は3割30本100打点超え。阿部も32発と打ちまくった。20歳の坂本が5月から1番に座り、3割18本をマーク。育成出身の松本も粘り強い打撃と持ち味の俊足で、2番センターを奪取。亀井が手薄なファーストも守るようになり、キャリアハイの25発と打ちまくって、すっかり5番の座に。ベテランの谷も少ない出場機会を勝ち取り、打率3割3分をマーク。不振を極めたイ・スンヨプもCSから合流し、日本シリーズも下位ながら大当たり。

【投手編】
スワローズから移籍したゴンザレスが外国人枠の関係で5月から1軍昇格すると、15勝2敗とチームの柱に。グライシンガーは13勝ながら、シーズン終盤にひじ痛を訴え、ポストシーズンは投げれず。新加入のマイケル中村(日本ハム)は良い仕事ができなかったが、越智、山口のWセットアッパーは今年もフル回転。クルーンが2度離脱した間は、抑えも務めた。オビスポや木村正など、若手もしっかり育ってきており、あと1枚左の中継ぎが出てくれば今後も手強い。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 内 海 ゴンザレス 高橋尚 東 野 オビスポ
中継 山 口 越 智 豊 田 藤 田 木村正 野間口
抑え クルーン
次点 金 刃 M.中村 久 保 福 田 栂 野 古 川 深 田
故障 グライシンガー 西村健 木佐貫 辻 内 解雇 歌 藤 バーンサイド
野手
捕手 阿 部 鶴 岡 加 藤
内野 小笠原 脇 谷 古 城 坂 本 寺 内 木村拓 大 道
外野 ラミレス 亀 井 松 本 鈴木尚 工 藤
次点 小田嶋 李承燁 大 田 中 井 隠 善 加治前
故障 高橋由 矢 野 解雇 アルフォンゾ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 藤本、明日にもFA行使へ。他球団との交渉へ。 | トップページ | 鳥谷が選手会長に就任。真のチームリーダーへ。 »

コメント

そういえば我らがタイガースは、グライシンガー相手のときは散々でしたね・・・

まあでも読売キラー、内海キラーの能見が頭角を現してきたわけですから、来年こそは・・・

投稿: 拉麺 | 2009年11月16日 (月) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/46781925

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【巨人編・09終了】:

« 藤本、明日にもFA行使へ。他球団との交渉へ。 | トップページ | 鳥谷が選手会長に就任。真のチームリーダーへ。 »