« 東京D空中戦。両軍6発乱れ飛び、巨人が2勝1敗。 | トップページ | 終盤の粘り。武田久から逆転サヨナラで巨人王手。 »

2009年11月 4日 (水)

両軍24安打の打撃戦。ひちょりのスクイズが効いた。

20091104 日本シリーズ第4戦
巨人●4-8○日本ハム(2勝)(東京ドーム
勝利打点:高橋信

よみうりTVで完全中継。先発は巨人・高橋尚、日本ハム・八木。仕事だったので、中盤あたりからTVで見れました。3回には1死1,2塁から田中賢が三盗に成功。満塁から高橋信が2点タイムリーで先制すると、2死後、小谷野にも2点タイムリーが飛び出し、4点先行。

5-1で迎えた7回、1死から田中賢の3塁打で回ってきた森本。意表を突いたスクイズがファールとなりながら、次の球も続けてスクイズ。これが決まって、貴重な6点めをゲット。8回にも2点を追加して、8-1と大量リードとしながら、ここからジャイアンツの反撃開始。

ファイターズもセットアッパーの金森を出して、万全を期したかに見えました。稲葉がライトのエキサイトシートにダイブしながらキャッチして1死。ところが1,2塁となって、ラミレスに流し打たれて3ラン。さらに1,2塁となり、危険な展開になりましたが、ここでスイッチしたが古巣相手にピシャリ。

最後は小笠原がライトフェンス直撃の当たりで一気に2塁を狙うも、タッチアウトでゲームセット。ジャイアンツは7度のノーアウトのランナーを生かせず。2勝2敗のタイになり、週末の札幌ドームまで勝負がもつれることに。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 東京D空中戦。両軍6発乱れ飛び、巨人が2勝1敗。 | トップページ | 終盤の粘り。武田久から逆転サヨナラで巨人王手。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/46674575

この記事へのトラックバック一覧です: 両軍24安打の打撃戦。ひちょりのスクイズが効いた。:

» 【日本シリーズ】 第4戰 讀賣4−8日本ハム (東京ドーム) [仙丈亭日乘]
4番・高橋3安打3打點、6番・小谷野3安打4打點! [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 00:52

« 東京D空中戦。両軍6発乱れ飛び、巨人が2勝1敗。 | トップページ | 終盤の粘り。武田久から逆転サヨナラで巨人王手。 »