« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

ブラゼル、待望の逆転弾!4連勝で4位浮上!

20090731 阪神○3-2●巨人(甲子園) 勝利打点:ブラゼル④

毎日放送で6回表から中継。今日の先発は能見(再昇格)、巨人・内海。初回、先頭・赤星の内野安打で、続く関本がバント。中軸が続かず、無得点。さらに3回、1死から赤星が10球粘ってのヒットで出塁すると、すかさず盗塁成功!しかし関本にアクシデント。完治してなかった右足の痛みが再発。内野ゴロに走れず、次の守備から退きました。明日の出場は微妙か。

0-0で迎えた6回、坂本が初球真ん中に入ってくるスライダーをレフトスタンドへ放り込み、ジャイアンツ先制。気落ちしたか、に見えましたが・・・ラミレスを高めストレートで三振を奪い、まだまだいける。

そのウラ、金本の顔面付近への投球。グリップエンド付近に当たりましたが、死球の判定で、無死1,2塁。1死後、ブラゼルが変化球に対応し、バックスクリーン左へ逆転の3ランに塁上でガッツポーズ!1ヶ月ぶりの一発がいい所で出てくれました。5回までで内海も97球も放っており、序盤からの粘りが活きました。

リードをもらった7回、1死1塁から阿部のファーストゴロ。3-6-1と渡り、能見もしっかりベースカバーで併殺に参加する好プレイ!8回はアッチソン。久々の登板で、力が有り余っていたのか152キロをマーク。2死から連続ヒットで小笠原まで回りましたが、きっちりライトフライ。

8回、ビハインドながらジャイアンツは山口。鳥谷の盗塁成功もあり、無死1,2塁のチャンスでしたが、新井が痛恨のゲッツーでダメを押せず。9回は球児矢野もリリーフキャッチャーで登板。いきなりラミレスにカーブを被弾されますが、ストレートの走りが戻ってきたか、後続を3人で抑えて、ゲームセット!

カープ・永川の炎上劇で、ついにタイガース(2ヶ月ぶり)4位浮上!4連勝で借金10。もう少し楽しみたい。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル 能見
赤星
鳥谷 桜井 アッチソン
金本 藤川
矢野 平野
関本 大和 狩野 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月30日 (木)

久保、ハマの番長に投げ勝ち、連夜の完封劇!

20090730 阪神○2-0●横浜(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(再昇格)、横浜・三浦。初回、先頭・赤星がヒット&盗塁を決めると、関本がバント。1死3塁から鳥谷の浅めのライトフライ・・・でしたが、果敢に赤星が「バックホームがそれる」と判断してホームを狙い、間一髪で先制のホームイン!

緩急をつけながら、丁寧に低めをつく久保。今日はコントロールも良く、落差の大きいフォークで三振の山。4回は1死1,2塁からのジョンソン三振ゲッツー。まさかの内川の三盗を刺し、5回まで8奪三振。

そのウラ、1死から狩野の右中間への当たり。センターとライトがお見合いとなり、一気に3塁へ。続く平野がバットの先っぽでうまくライト前へ落とし、2点めのタイムリー!さらに赤星も、という良い当たりのライトライナーで追加点ならず。

6回は関本四球でノーアウトのランナーを出しながら、中軸が沈黙。7回は先頭・ブラゼルのヒットで、代走・大和を投入し、あと1点を狙う仕掛け。続く狩野には死球となり、無死1,2塁のチャンスを作りながら、得点できず。1死後、久保を打席に立たせて、首脳陣は続投指令。

9回も久保がマウンドへ。結局5回以降は1人のランナーを許さず、12奪三振で完封勝利!2時間14分の最短ゲームでチームは2夜連続のシャットアウト。最下位ベイスターズを3タテし、良い形でジャイアンツ戦へ。うまく戦えるか。
「点差が点差ですし、9回は球児が行くんだと思ってました」 by 久保
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
久保
 
赤星 狩野
関本 鳥谷 平野 ブラゼル
金本 大和
新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保康友投手(ローテ生き残りへ。1年間投げきりたい。)
IN 能見篤史投手(一躍、後半戦ローテの軸へ。目指せGキラー。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2009年7月29日 (水)

岩田、完封でやっとの初勝利!新井にも久々の一発!

20090729 阪神○8-0●横浜(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑥

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は岩田(中6日)、横浜・マストニー。初回、金城の左中間へのフライを金本が弾き落球(記録は2塁打)。1死3塁の大ピンチで内川、村田を抑え込んだ岩田も見事。そのウラ、関本のバスターが決まって、無死1,3塁のチャンス。ここから鳥谷金本の連続タイムリーで2点先制!(なお無死1,3塁でしたが・・・)

3回、先頭・赤星がヒットを放ち、今度は関本がバント。2死2塁となり、金本が敬遠気味の四球で歩かされ、注目の新井。クソボールの外角スライダーに2度空振ってから、高めに浮いてきた変化球をフルスイングし、レフトポール際への10号3ラン!1ヶ月半ぶりの一発で復活なるか?

毎回(なんと1、2、4~7回まで)、先頭バッターを塁に出す岩田。4回はイレギュラーして鳥谷が弾いたボールが2塁ベース上の関本のグラブに収まりゲッツー完成!というラッキーなプレーも。6回は村田を今日3三振に抑えた後、7球連続ボールでハラハラしましたが、ここも無失点ピッチング!

5-0の7回、大差の場面で工藤が登板。1死から連打で1,3塁のチャンスを作ると、金本が初球ストレートをバックスクリーン右まで持っていき、とどめの15号3ラン!(AKアベックアーチは2度め?)今日4打点でクリーンアップが全打点をたたき出しました。疲れのある関本ブラゼルをベンチへ早めの交代。

ボールは散らばっていましたが、要所でインコースへのストレート、低めのスライダーが抜群で、岩田は今季初勝利がプロ初完封のおまけつき。久々の快勝でこのまま勢いに乗っていきたい!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 鳥谷 新井 関本 岩田
 
赤星 狩野
大和
葛城
平野 ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 金村暁投手(緩急をつけたピッチングで後半戦ローテ入りへ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2009年7月28日 (火)

新井、がけっぷちの同点打!最後は関本サヨナラ打!

20090728 阪神○5x-4●横浜(甲子園) 勝利打点:関本③

サンテレビで完全中継。今日の先発は安藤(中5日)、横浜・寺原。後半戦が始まり、不振の鳥谷と新井を元の3番、5番に戻してきたタイガース。初回、金本がレフトフライを落球してしまうと、直後に村田が通算200号の先制3ラン。重苦しい立ち上がりに。そのウラ、1死2,3塁から金本の内野ゴロの間に1点反撃。

3回、先頭・赤星がヒット&盗塁成功。1死後、鳥谷がうまくレフト前タイムリーを放ち、1点差。さらに5回、またも先頭・赤星がヒット&盗塁成功!続く関本が送れず、2死3塁から、やはり金本敬遠。期待が新井にのしかかりましたが、初球ショートゴロ。

6回、平野のセーフティバントが寺原のファンブルを誘って、1死1,2塁のチャンス。ここで代打・桧山が見逃し三振に倒れますが、赤星が左の石井裕の球を引っ張って、右中間への同点タイムリー!今日は猛打賞で復調アピール。ただ直後の7回、江草が内川にカウントを悪くしてからの被弾。逆に無死1,2塁のチャンスでしたが、新井がまた凡退。ブラゼルもとんでもない空振り三振。

9回、前の回途中からベイスターズは抑えの山口。先頭・鳥谷が四球を選ぶと、暴投で2塁へ。1死後、ここまで3度チャンスを潰した新井。オープンスタンスに変えて、それでもアウトコース速球をライト前へ!鳥谷も思い切って3塁を回り、同点のホームイン!

10回は球児矢野の今季初バッテリー。153キロのストレートで3人で抑えると、そのウラ、代打・の1球後に、判断遅れて代走・大和登場。それでもエンドランが進塁打となり、2死2塁。当たっている赤星が敬遠され、3三振の関本。差し込まれながらも、センター前へ落とし、劇的なサヨナラタイムリー!もっと早く勝てたはず!
「忘れずに・・・(ゴミを)持って帰って下さい」 by 関本
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
赤星 鳥谷 藤川
渡辺
関本 桜井 安藤 筒井
平野 矢野 新井 大和 狩野 林威助
 
金本 桧山 ブラゼル 江草
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ウィリアムス投手(肩痛が再発。再び戻ってこれないようでは・・・。)
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 水田圭介内野手(もう少し1軍で見たかったが。腐るな。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2009年7月26日 (日)

野原祐也、1軍の試験突破し、支配下契約!

阪神は26日、育成選手の野原祐也外野手(24)=右投左打と支配下選手契約を結んだ。阪神では昨年のバルディリスに続いて2人目。新しい背番号は94。

野原祐は今季、独立リーグのBCリーグ・富山から育成ドラフト1位で入団し、2軍戦59試合に出て打率3割9厘、2本塁打、19打点だった。

桜井&林に続く、長距離ヒッター。虎風荘では一番の大食いと評判ということもあり、虎のおかわり君として、8月中に1軍チャンスも。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

プロ野球スピリッツ5査定(柴田講平)

柴田 講平 背番号:00 背名前:SHIBATA
所属:阪神タイガース 中堅手 左投げ 左打ち
ミート右:F(10) ミート左:F(9) 弾道:1
パワー:F(71) 走力:B(17) スローイング:E(11) 捕球:E(11)
肩力:C(15) 疲労回復力:F(10)
【守備レベル】左D(13) 中D(13) 右D(13)
【起用法】代走要員 守備要員
【プロスピ顔コード】23X P6E LJ4 X99 Y97 R6T もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月22日 (水)

大和、1軍定着へ。チームは11安打も完封負け。

20090722 阪神●0-5○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:デントナ

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(再昇格)、ヤクルト・館山。関本が右足つけ根の張りを訴えて欠場。初回、デントナのタイムリーでスワローズ先制。そのウラ、ヒットで出た赤星がまさかの牽制タッチアウト。直後、葛城が2塁打を放つチグハグさ。

3回、田中浩を振り逃げにしてしまった狩野の1塁悪送球。ノーアウトのランナーを出してしまうと、連打。またもデントナにタイムリー。三振の判定に不服のガイエル退場後、宮本にもタイムリーを許してしまい・・・もう0-3。今日の岩田は粘りがなく4回で降板。2回にふくらはぎに死球を受けた鳥谷に代わり、4回からは大和がショートの守りに。

4回、ブラゼルがノーアウトからゲッツー。この後、新井大和(プロ初ヒットはショート後方へポテン!)の連打。狩野四球で満塁となり、ピッチャーの打順で代打・を投入し、勝負をかけますがファーストゴロ。ヒット3本、四球1つで出塁しながら、無得点という見事な攻撃。

5回から2番手・ジェンが上がりますが、2死から飯原に一発。スライドの影響があったのかもしれませんが、球は悪くないと思うのですが・・・少し制球がぶれると持っていかれてしまう印象。セカンド・平野のスーパーダイブも飛び出しました。3イニングめの7回、福地に地面スレスレのセーフティバント&盗塁後、またもデントナにタイムリーを許し、今日は3回2失点。

6回は大和が積極的に振り抜きレフト線への長打!2,3塁のチャンスを作りますが、ここも無得点。7回、8回だけ三者凡退に抑えられ、9回も館山が続投。2死から代打・桧山&代打・桜井が連続ヒット。最後のチャンスも得点できず、11安打(3併殺)を放ちながらの完封負け。借金14でオールスターブレイク。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
平野 大和 渡辺 筒井
 
新井 桧山 桜井
金本 赤星 葛城 ブラゼル 岡崎 矢野
林威助 鳥谷 狩野 岩田 ジェン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(でん部の張りから復帰。故障がちで崩れていく気配。)
OUT 下柳剛投手(矢野復帰も結果が実らず。5連敗でリフレッシュ休暇。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2009年7月20日 (月)

生観戦。下柳&矢野バッテリー復活も・・・あと1本。

20090720 阪神●2-3○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:川島慶

サンテレビ、BS1で完全中継。今季5試合めの生観戦でした。先発は下柳(中7日)、ヤクルト・ユウキ。復帰の赤星が2番に入り、関本は3番スタート。史上初の40代バッテリーが完成。初回、1死満塁のチャンスも、ブラゼル新井が連続三振に倒れ、先制できず。すると2回、タイガースに強い川島慶がレフトポール際へ先制ソロ。

4回、ガイエルの止めたバットに当たり、打球はライト前まで抜けて行くと、デントナの好走塁もあり、1死1,3塁のピンチ。続く畠山の犠牲フライで2点め。さらに5回、1死満塁の大ピンチから福地にライト犠牲フライ。5回3失点で下柳降板。

5回、先頭・平野が1塁線を破る2塁打で出塁すると、1死1,3塁から金本が右中間へ特大の犠牲フライ。さらにブラゼルもヒットで続きますが、新井が惜しいファールの後、痛恨のショートゴロ&ヘッスラも及ばず。この時の新井に対する応援はめちゃくちゃ大きかったのですが・・・。

6回からスワローズも継投で押本との勝負。矢野がまたも左中間へ良い当たりを放ち、レフト・福地のダイブでボールがこぼれ、今度はヒット。2死2塁から平野のセンター前ヒットで、ホームに還れずじまい。ここで左の李にスイッチされ、赤星があえなく凡退。

7回、李が関本にいきなり四球。暴投もありながら金本ブラゼルを抑え、2死3塁で新井。左中間に弾き返し、ついに出た!1点差に迫るタイムリー!なんと今月初打点とは・・・すかさず単独スチールを試みますが、足ももつれ気味で2塁憤死。

ここで雨が降り出し、アッチソンが3人で8回を抑えると、そのウラは松岡との勝負。矢野が右中間へ痛烈な当たりを放つも、青木に追い付かれてあわやゲッツーという場面も。2死2塁でワッショイコールとなりますが、猛打賞の平野が決めれず。9回は金本のゲッツーで終了。毎回出塁、7度得点圏に進めながら、これぞ拙攻という試合でした。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
関本 平野 アッチソン
江草 筒井
渡辺 ウィリアムス
矢野 鳥谷
赤星 金本 大和 新井 葛城 桧山
ブラゼル 下柳
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
P1000531 P1000532 P1000533 P1000535



P1000540 P1000549 P1000558 P1000562



20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 赤星憲広外野手(5日以来の昇格。残り3連戦でチャンスを狙う。)
OUT 能見篤史投手(圧巻の投球だった。なんとか1年間投げ通したい。)
OUT 久保康友投手(明日先発だと思ったが・・・。アクシンデントの疑いも。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2009年7月19日 (日)

能見、復帰戦で9回0封!最後はやっぱりアニキ!

20090719 巨人●0-1○阪神(東京ドーム) 勝利打点:金本⑨

BS日テレで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、巨人・内海。矢野はベンチスタート。初回、昨日右ふくらはぎに打球を受けた金本が今度は右手甲に死球を受け、1死満塁のチャンスでしたが、先制できず。そのウラ、平野桜井がお見合いしかける場面も。三振ゲッツーで鈴木尚を刺した狩野のプレーも大きく、投手戦に。

ストレートも走り、今日は右バッターへのフォークが有効球。ホームベースのかなり前でワンバウンドする球でもどんどん空振りを奪う姿は圧巻。本当にローテを外されたピッチャーなのか・・・見事なピッチングを展開。

7回、球が少し上ずってきた能見。2死からラミレスにヒットを許し、ノーヒットノーランの夢が途絶えると・・・続く亀井にチェンジアップが高めに浮いた所を叩かれ、ライトポール際への大ファール。無失点で抑えきり、9回、2死から狩野がヒット。ネクストサークルに控えた高橋光を下げ、能見を打席に。初球スチール、即代打でもするのかと思いましたが、フライアウト。

9回、2死から鈴木尚がヒットで出塁し、盗塁で狩野の送球がそれてしまい・・・2死3塁の大ピンチ。有効球だったワンバウンドのフォークも使いづらく、バッテリーが選択したのはアウトコースいっぱいのストレート!小笠原を見逃し三振に抑え、延長戦に。能見は9回を投げぬき、被安打2、12三振!

10回はクルーン登場。いきなり平野がフェンス直撃の2塁打、あと30cmくらいでした。続く関本のバント、一度は3塁ホースアウトになりましたが、打球が足に当たっており、ファールの再判定。進塁打で1死3塁となり、代打・桧山は三振。2死後、金本が156キロのストレートを弾き返し、19打席ぶりのヒットでタイガース先制!ただブラゼルもヒットで続くも、新井(チャンスで4度凡退)がとどめを刺せず。

そのウラは球児。今日は変化球主体のピッチングで3者凡退でゲームセット!去年5月以来のジャイアンツ戦カード勝ち越し!
「能見じゃないと思った」 by 金本、「早くヒット打ってくれないかな」 by 能見
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
能見 藤川
ブラゼル 関本 金本
桜井 狩野
平野
葛城 大和
桧山 鳥谷 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2009年7月18日 (土)

矢野、復帰戦で2得点&盗塁阻止も・・・大敗。

20090718 巨人○11-4●阪神(東京ドーム) 勝利打点:谷

NHK総合テレビでサブチャンネルを使って中継。今日の先発は安藤(中6日)、巨人・グライシンガー。昨日、昇格した矢野が初出場、初スタメン。初回、いきなり連打を許し、2死まで行きながら、亀井に10球め、低めシュート(ボール球)を合わされレフト前2点タイムリーで先制。

3回、矢野が初ヒット。2死2塁から平野のセンター前ヒットで矢野がクロスプレー。スライディングでボールがこぼれ1点!打った平野も2塁へ進むと、続く関本もライト線へのヒット。バックホームがわずかにそれ、2-2の同点!

しかし毎回ピンチの安藤、小笠原の当たりを三遊間に寄っていた新井が捕れず、2塁打に。2死から谷がライトフェンス直撃(林も落下点に入りかけましたが・・・)のタイムリー2塁打。カウント2-0で大きく外したのに、シュート回転して入ってきました。勝ち越されると、続く脇谷も1塁線、ブラゼルのグラブ下を通過するタイムリー。

5回、矢野が左中間へのシングル。前の回は3人で抑えた安藤を打席に立たせ、ボークもあって2死3塁となり、トップの平野が今日2本めとなるタイムリーで1点差!2塁ベースに打球が当たり、坂本も後逸。しかしそのウラ、ラミレスにバックスクリーン右へ2ランを許し、3-6で安藤KO。しかも次のジェンが内容良かっただけに・・・交代機をミス。

6回、1死1塁でブラゼルの痛烈な当たりが1塁・金本の右ふくらはぎに当たってしまうアクシンデントでアウト。変な汗も出て、かなり痛そうでしたが、もちろんフルイニング出場か。7回、2死から代打・葛城がライト線へ2塁打。続く平野がセフティの構えで、鶴岡が大きく後逸。なんと葛城が2塁から一気にホームインし、4-6。

7回は予想外の筒井。2死1塁からラミレスに2打席連発となる2ラン。フルカウントから真ん中付近に入ってしまいました。気落ちする中、続く亀井も初球ホームラン。この回3失点でゲームが決まってしまいました。8回、ブラゼルのヒットで2塁・関本がホームタッチアウト。そのウラ、石川も2失点。鳥谷葛城に緩慢なプレーも出てしまい、大敗。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野
矢野 ジェン
葛城
関本 金本
ブラゼル 新井
狩野 水田 林威助 鳥谷 安藤 筒井 石川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 石川俊介投手(4月以来の昇格。先発チャンスを勝ち取りたい。)
OUT 金村暁投手(オールスターまで登板機会がないため。次も期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年7月17日 (金)

鳥谷、あと2人からの逆転弾!越智粉砕で劇勝!

20090717 巨人●1-5○阪神(東京ドーム) 勝利打点:鳥谷⑤

よみうりTVで4回表から9回表まで中継。今日の先発は金村暁(初登板)、巨人・ゴンザレス。右投手相手ながら、3番ライトには桜井を起用。2回、亀井がライトスタンドへ一発を放ち、ジャイアンツ先制。気落ちしたか、続く脇谷のファーストゴロでベースカバーが遅れて内野安打。ガタガタっといきそうでしたが、切り抜け。

3回は2死満塁、4回も2死1,2塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ないタイガース。金村暁もストライク先行、低めへのパームで球速差をつけていました。6回を1失点で投げぬき、約7割のアウトが内野ゴロとこれが真骨頂か。今日も勝利投手にはなれずも、次に期待を持たせる内容でした。(ブラゼルとの呼吸は全く合わず・・・。)

1点ビハインドの7回、先頭・鳥谷がストレートの四球。バントを構える狩野の右手死球で無死1,2塁。バントを引いてない、と原監督の抗議も実らず。ここで(水田かな?でも)送らせずに代打・桧山で勝負をかけ、右中間大フライでタッチアップ。1死1,3塁となり、さらにトップ平野に代打・葛城まで送りますが、痛恨のファーストゴロ併殺。

8回、2死から金本に合わせて山口がワンポイント。9回もブラゼルを抑えて1死を取った所で、ジャイアンツは越智にスイッチ。万全を期した継投がなんと裏目に。新井のボテボテ内野安打で出塁し、代走出してくれへんかなー、フルイニング出場続けさせるかぁ・・・と思っていたら、鳥谷がなんと逆転2ラン!さらに狩野ヒットで動揺隠せず、暴投で2塁に進むと、代打・も大ファールの後に2ラン!

アウト1つも取れず、越智KOでマイケル登場。なんと葛城が2者連続アーチを放ち、リードを4点に。1イニング3HRでゲームをひっくり返し、セーブの付かない場面でも最終回は球児。前回打たれた松本には97キロの超スローカーブを見せるなど、工夫のピッチング。粘られましたが、今日は打ち取り。守備固めでラミレスを下げていたのも少し大きかった。ナイスゲーム!!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 林威助 金村暁 江草
アッチソン 藤川
葛城
狩野 関本
新井 平野 大和 桧山
ブラゼル 金本 桜井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 金村暁投手(ようやく今季初昇格。負け運を取っ払いたい。)
IN ジェン投手(2ヶ月ぶりの昇格。2軍では結果を残し続けた。)
IN 矢野輝弘捕手(ひじ痛から復帰し、今季初昇格。チームの要。)
IN 水田圭介内野手(内外野の守備を評価され、入団すぐさま1軍抜擢。)
OUT 久保田智之投手(真っ直ぐも変化球も中途半端。出直したい。)
OUT 桟原将司投手(速球は戻ってきたが、リズムに乗り切れず。)
OUT 清水誉捕手(狩野と違うリードでも、出場機会に恵まれず。)
OUT バルディリス内野手(外野手挑戦も結果を残せず。次のチャンスに。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月16日 (木)

久保田、劇場の幕開け。乱打戦で競り負け-13。

20090716 阪神●4-6○中日(甲子園) 勝利打点:英智

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保田(初登板)、中日・朝倉。久々先発マスクに座った岡崎が初回から荒木の盗塁を刺しますが・・・2死からストレートの四球。続くブランコにライト線へ落とされ、ドラゴンズ先制。そのウラ、ブラゼルのタイムリーで追い付きますが、2回も2死から井端にタイムリー2塁打を許し、1-2。

2回、鳥谷の好走塁で無死1,3塁。久保田が3バント失敗で1死後、満塁のチャンスに広がり、関本の犠牲ライナーで同点とすると、続く葛城のタイムリーで勝ち越し!しかし3回、無死2,3塁から和田に犠牲フライを許して、3-3。なお1,3塁となり、久保田KO(ファンも交代を喜ぶのか、メガホンを叩いてました)。5年ぶりの先発チャンスを生かせず、代わった桟原も打たれ、再びリードされました。

3-5で迎えた4回、岡崎、代打・の連打で無死1,3塁のチャンス。平野のサードゴロ併殺崩れの間に1点を返しますが、後続が当たりなく・・・ここでは追い付くことができませんでした。

1点差となり、5回からは江草が2イニングを抑え、7回は昇格したてのウィリアムス。いきなり森野にストレートの四球を出し、半ば諦めながら見てましたが、3四球で1死満塁から英智のボテボテのサードゴロの間に1失点。さらに立浪に4つめの四球を出した所で、ジェフKO(今後、もし矢野のリードでも、制球難は直らないのでは?)。2死満塁からアッチソンがリリーフし、切り抜け。

打線の方は5回以降、1安打に抑えられてしまい沈黙。矢野復帰が有力ですが、次は東京ドーム3連戦。一方で、5連勝の最下位ベイスターズが3.5差まで接近。他人事ではなくなってきました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル
岡崎 江草 アッチソン
渡辺
葛城 林威助 関本 鳥谷
大和 金本 高橋光
平野 バルディリス 桜井 狩野 新井 久保田 桟原 ウィリアムス
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保田智之投手(肩痛から復帰して、今季初昇格。久々先発の座に。)
IN ウィリアムス投手(肩痛から約3週間ぶり復帰。慎重な起用を。)
OUT 福原忍投手(首脳陣の逆鱗に触れる乱調劇。再昇格は難しいか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月15日 (水)

福原、自滅でローテ剥奪か?リリーフ陣も失点。

20090715 阪神●1-6○中日(甲子園) 勝利打点:小笠原

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は福原(中7日)、中日・小笠原。3番に偵察メンバーを入れ、今日は桜井が今季初の3番。2回、うまく立ち上がったかに見えた福原が2死から連打。満塁からピッチャー・小笠原に左中間へ2点タイムリーを許し、ドラゴンズ先制。

そのウラ、金本がポテンヒットで一気に2塁まで進むと、ブラゼル進塁打で1死3塁。ここで新井がカウント1-3から振り切れずファーストゴロ。最後は鳥谷が見逃し三振に倒れ、無得点。逆に4回、和田に初球スローカーブを被弾。点差は3点に広がり、福原は5回で降板。このまま2軍行きが濃厚。

5回、新井がセンター右へ2塁打。鳥谷の連打で1死1,3塁のチャンス。狩野が凡フライに倒れ2死となった所で、代打・高橋光をコール。相手の小笠原との相性を買い、見事にピッチャー返しのセンター前タイムリーで1点を返しました!

大事な6回、マウンドには筒井。いきなり打球が足に当たりましたが、怖い中軸を抑えて無失点で切り抜け。しかし、続く7回には先頭・英智にライトポール際へ放り込まれ、痛すぎる失点。さらにアライバにかき回され、1死満塁の大ピンチで炎上寸前でしたが、ベンチは続投。それでもブランコ、和田を奇跡的に抑えてくれました。

反撃は6回、1死1,2塁からブラゼルの当たりは差し込まれ、右中間へのフライ。ここでドラゴンズは河原を投入し、新井との勝負。内角ストレートに詰まってしまい、無得点。4点ビハインドの8回も浅尾の制球が乱れ、連続四球。無死1,2塁のチャンスで金本ブラゼル新井(チャンスで3度)が凡退。

終盤は小刻みに点を取られてしまい、今日は完敗。明日、久保田の復帰戦は楽しく見たいですね。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
桜井 高橋光
鳥谷
金本
関本 新井 桧山 林威助 葛城 筒井
平野 狩野 ブラゼル 福原 桟原 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年7月14日 (火)

桧山&光信、久々の神降臨。久保12球団勝利!

20090714 阪神○5-4●中日(甲子園) 勝利打点:桧山①

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(中8日)、中日・中田。初回、平野関本の1,2番がヒットと送りバントを決めて、得意の形に持っていきますが、クリーンアップが先制できず。

4回、久保が先頭バッターに死球を与えると、続く森野に2塁打を許し、無死2,3塁。さらに初球が暴投になり、ドラゴンズが先制。後続のピンチを抑え、1点で止めると・・・そのウラ、中田が乱調。死球と四球で1死1,2塁からブラゼルがライト線へ2点タイムリー2塁打で逆転!さらに2死後、鳥谷もキッチリセンター前タイムリーを放ち、3-1と勝ち越し。

点をもらった直後、久保が三者連続三振で抑えましたが、6回に試練。2死2塁からブランコにバットをへし折りながらレフト前タイムリーを許すと、ここから和田、藤井と連打を浴びてしまい、3-3の同点に。それでも6回で降ろさず、7回も続投させて味方の援護を待ちました。(9連戦のアタマからなのか、もう無理して勝ちにいかないのか・・・。)

7回、1死1,2塁から代打・桧山がショートの左を破り、左中間へのタイムリー2塁打で勝ち越し(14打席ぶりのヒット)!さらに2,3塁で、トップの平野に代打・高橋光で勝負。左の速球派・パヤノからライトへ犠牲フライを放つ、職人の仕事。この1点が最後まで効きました。

2点リードの8回はアッチソン。ファーストゴロのベースカバーで送球が合わず、アッチソンが転倒する場面も。大丈夫とはいってましたが、ここからヒット、四球でピンチとなり、藤井がショート後方へ落とすタイムリーで1点差。なお代打・立浪でしたが、ライトフライで切り抜け。最終回は球児が3人で締め、連敗4でストップ!チームが変わるか?
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
桧山 ブラゼル 藤川
関本 高橋光
鳥谷 新井 狩野 久保
金本 平野 バルディリス 大和 清水 桜井 アッチソン
葛城
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岡崎太一捕手(再昇格。リード&ディフェンス面で修正できたか?)
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 藤本敦士内野手(出場機会に恵まれず。あのポップじゃ・・・。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月12日 (日)

下柳、好投実らず。巨人に負け越して自力V消滅。

20090712 阪神●1-2○巨人(甲子園) 勝利打点:小笠原

サンテレビ→ABCのリレー中継。今日の先発は下柳(再昇格)、巨人・内海。新井が4試合ぶりに3番復帰。今日は両左腕による投手戦を展開。2回はピンチを背負いましたが、その他はのらりくらりとしたピッチング。めったに見せないスローカーブも投げたり、と好調さがうかがえました。5回まで1安打ピッチング。

0-0で迎えた6回、1死から坂本の打ち取ったフライがセンター前へポトリ。後ろに守りすぎてた平野に対してか、マウンド上から「何やってるんや!」と聞こえそうなくらい吼える下柳。続く鈴木尚はピッチャーの頭を越えるボテボテの内野安打。1,2塁から、小笠原が右中間オーバーの2点タイムリー2塁打で先制されました。

そのウラ、好投の下柳に代えてバルディリスがヒット。平野のプッシュバントがピッチャー正面で普通の送りバントに。1死2塁から関本新井が凡退。

2番手・能見が2回パーフェクトでつないだ8回、先頭・狩野が2塁打。代打・高橋光の良い当たりのサードゴロで、飛び出した狩野が三遊間に挟まれてしまいタッチアウト。それでも2死後、関本が詰まりながらショート後方へ落とすタイムリーで1点差!不振の新井もヒットでつなぎましたが、金本は力のないセカンドゴロで万事休す。

9回はアッチソン。代走・松本に盗塁を許し、2死までこぎつけた所で代打・李。ここでなんと筒井をワンポイントで起用。大道が出てこないかヒヤヒヤしましたが、ライトフライで切り抜け。越智、山口がベンチ入りせず、内海が9回もマウンドへ。1死から桜井がヒットを放ちますが、何も出来ず。ついに自力V消滅。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
能見 筒井
桜井 下柳
バルディリス 狩野 アッチソン
関本 新井 大和 藤本
高橋光 平野 金本 ブラゼル 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(この日のために合わせてきた。余裕もって使っていきたい。)
OUT 岩田稔投手(でん部に張りを訴え降格。故障明けだけに無理できず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月11日 (土)

球児、8回投入も逃げ切れず。連夜の12回ゲーム。

20090711 阪神△2-2△巨人(甲子園

サンテレビで完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発は安藤(中7日)、巨人・グライシンガー。2回、早くも2つめのゲッツーで2死を取ってから、安藤がもたつきますが、満塁策&ピッチャー勝負で切り抜け。

5回、鶴岡に12球粘られノーアウトの出塁。1死1,3塁の大ピンチでしたが、最後は小笠原を打ち取り、ここも無失点。そのウラ、1死1,2塁から安藤のバントは3塁ホースアウトのタイミングながら、グライシンガーが後ろへそらしオールセーフ!2死後、関本がセンター前へ2点タイムリーを放ち、タイガース先制!

7回、またも鶴岡がノーアウトで出塁。続投のグライシンガーが3バント失敗で1死を取ると、続く坂本の痛烈な当たりを鳥谷がダイビングキャッチ!1塁ランナーも戻れず、3つめゲッツー完成!左バッターの外へ逃げるシュートが効果的で、安藤は7回無失点!

2点リードで8回はアッチソン。いきなり無死1,2塁となり、亀井にはアウトコースへ外しきれず(狩野のリードを無視したのか)タイムリーで1点差。なお1死1,2塁という所で、今季初めて球児が8回のマウンドへ。高めのストレート要求で、李、脇谷を抑えました。しかし9回、坂本は打ち取りましたが、2死3塁から松本にレフト前タイムリーを許し、まさかの同点。

10回はなんと筒井。ゆったりしたフォームで2死を取ってから1,2塁となり、鈴木尚のフルスイングであわやレフトオーバーという当たりでしたが、金本がギリギリ追い付きました!そのウラ、関本が四球。1球投げてから代走・大和をコールする間の悪さ。葛城バント後、金本はさすがに敬遠。1死1,2塁のチャンスで、途中出場の藤本が期待を裏切らないポップフライ。

11回の渡辺も2,3塁の大ピンチをしのぐと、昨日に続き越智との勝負。鳥谷がヒット、狩野が送るまでは昨日と同じでしたが、桜井が三振。3安打の平野は歩かされ、代打・高橋光はライトフライ。12回の江草も、2死から満塁まで行きましたが、ヒヤヒヤ。そのウラ、最後は代打・清水のゲッツーでドロー。今日も4時間半ゲーム。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
関本 安藤
鳥谷 平野
金本 筒井 江草
狩野 渡辺
ブラゼル 大和 林威助 桧山 バルディリス 藤川
新井 藤本 桜井 高橋光 清水 葛城 アッチソン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日、藤田太陽投手(29)とライオンズ・水田圭介内野手(28)とのトレードが発表。水田は珍しく1軍所属中のトレード通告で、今日のデーゲームも代走で出場。ボーンヘッドでアウトにはなりましたが、チームのサヨナラ勝ち後、ナインから胴上げされてました。右の俊足タイプなので、大和に少しだけパワーを加えた感じでしょうか。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月10日 (金)

虎の意地。2度の同点劇も実らず、12回力尽きる。

20090710 阪神●5-7○巨人(甲子園) 勝利打点:阿部

BS1で完全中継。よみうりTVでも7回表まで中継。今日の先発は岩田(中7日)、巨人・ゴンザレス。2回、無死1,2塁から脇谷のレフト前ヒット、3塁ホースアウトのタイミングでしたが、金本の送球がそれ満塁。古城の4-2-3と併殺コースながら、狩野がライト線へ悪送球。この後、ゴンザレスに2点2塁打を許し、3点先行。

4回、関本葛城の連打とパスボールで無死2,3塁とし、金本タイムリーとブラゼルの犠牲フライ。さらに不振の新井もヒットで続くと、1死満塁から狩野のライト前タイムリーで一気に同点!さらに岩田も痛烈なファールを放ちますが、勝ち越せず。

ランナーを出しながらの岩田、5回は金本のファンブルもあり、2死からラミレスのタイムリー内野安打で勝ち越されると、続く6回も2死からゴンザレスを歩かすと、坂本に左中間フェンス直撃のタイムリーを許し、121球で岩田KO。抜擢起用の筒井が後続のピンチを抑えて、持ち直し。

7回、M.中村から狩野がヒット&盗塁を決め、代打・が1点差に迫るフェンス直撃のタイムリー2塁打!これで山口を引きずり出しますが・・・平野の初球、ストライクながらバントを引いたせいか、藤本が戻れずアウト。流れが切れますが、ここから1,2塁のチャンスを作り直し、代打・高橋光の右中間への良い当たりを好プレイで捕られ2死。それでも金本のショートゴロがイレギュラーし、坂本が後逸する同点タイムリー!

8回をアッチソンが3人で抑え、9回は球児を投入して早めの勝負。中軸を3人で抑えてサヨナラに期待しますが、9回ウラは2死2塁で代打・桧山が三振。11回、越智から1死1,3塁とサヨナラのチャンスを作ると、原監督がマウンドへ。ここから猛打賞の平野(スクイズでもアリでしたが)、関本が凡退してしまい、一転して嫌な流れに。

12回は能見。1死からヒットを許し、代走・鈴木尚と亀井とのエンドラン。レフト前ヒットで一気に3塁を奪われてしまい、阿部が叩きつけるタイムリーで勝ち越し。さらに古城にも犠牲フライ(中継の鳥谷がホームを見ている間に李が2塁へ進塁)でとどめ。なんだ新井のラスト送球は。総力戦を落とし、明日敗れるとついに自力V消滅。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
アッチソン 藤川
関本 平野 林威助 江草
鳥谷 筒井
狩野 金本 桜井
新井 葛城 岩田 桟原
バルディリス 高橋光 桧山 藤本 ブラゼル 能見
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 杉山直久投手(せっかくの先発チャンスも生かせず。出直し。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年7月 8日 (水)

能見、リリーフ転向で圧巻の3回7K!3たび借金10。

20090708 広島○3-1●阪神(ハードオフ新潟) 勝利打点:栗原

今季3試合めの中継なし。今日の先発は杉山(中4日)、広島・ルイス。不振を極める新井がクリーンアップを外され6番降格。初回、先頭・平野のヒットですかさず関本がバント成功。1死2塁から代役3番に入った葛城がレフト前ヒットを放ち、タイガース先制!

そのウラ、2死3塁から栗原に甘く入ったスライダーをレフトスタンドへ持っていかれ、逆転2ラン。この後、満塁のピンチを背負いますが、追加点は許さず。2回は降格した新井がヒットを放ちますが、続く鳥谷がセカンドゴロ併殺で悪い流れに。そして3回、マクレーンに一発を許し、点差は2点に。

3回以降、ルイスの前にパーフェクトに抑えられてしまったタイガース打線。真弓監督も早めに杉山を諦め、5回からは筒井を投入。中軸を3人で抑えると、6回からは先発要員だった能見が中3日でマウンドに上がり、しかも3イニングの熱投!ピッチャーに打順が回らないから・・・それでも怒とうの7奪三振はお見事。

抑えの永川すら出してもらえず、不調と言われていたルイスは95球の完投勝利。8回の攻撃は打者3人がすべて初球打ちで凡退という素晴らしさ。今日は2時間16分、とスピードゲーム。これはもう秋なのか・・・。3たび、ワースト借金10となり、次の巨人3連戦は本当に厳しい戦いに。去年の今頃はマジック点灯に浮かれていたはずですが。。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
能見
筒井
葛城
平野 新井
関本 林威助 狩野 高橋光 桧山
金本 ブラゼル 清水 鳥谷 杉山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月 7日 (火)

福原、5回に大変身。バルも含め拙守炸裂。

20090707 広島○8-1●阪神(ハードオフ新潟) 勝利打点:石原

テレビ大阪で3回表途中から6回ウラまで中継。今日の先発は福原(中5日)、広島・斉藤。7月に開場し、新潟県営野球場こけら落としのゲーム。初回、自らのエラーと打撃妨害から、ノーヒットで満塁のピンチを背負いますが、立ち上がりの福原は球威があり無失点で切り抜け。逆に3回、2死から連打でチャンスを作りますが、新井が初球凡フライ。0-0のままゲームは中盤へ。

5回、梵がチーム初ヒットを放つと、エンドランをウエストで空振りを取りながら、盗塁成功。そして石原の当たりは、目測を誤りいったん前に出たライト・バルのグラブをかすめるタイムリー3塁打でカープ先制。さらに赤松タイムリーで2点め。次の東出の長打はエンタイトルとなり、救われました。福原は別人に。

6回、予報されていた雨が強く降り出してきました。1死から四球と内野安打2本(ブラゼルシフトならではのヒットと、桜井はボテボテ)で満塁のチャンス。続く鳥谷の1塁方向へボテボテのピッチャーゴロの間に1点を返しますが・・・後が続かず。

そのウラは雨の影響もあり、1-2から魔の6回に。2番手・江草が上がりますが、1死から3塁打を許した直後に暴投で1失点。さらにヒットを許し、渡辺にスイッチしますが・・・代打・小窪の右中間へのフライをバルディリスが落球。そして赤松のレフト線へ2点2塁打でとどめ。

雨による24分間の中断の後、東出のタイムリー3塁打。後続を抑えますが・・・1-6と勝負アリ。8回、いきなり狩野がファウルフライを落球。2死2,3塁から栗原のライトフライを今後は葛城が落球する間に2点追加。今日はチームで5失策とある意味「祭り」か?新井ももういいのでは?7番に落とすくらいなら、外すのもアリか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
 
金本 ブラゼル 桜井
桟原
鳥谷 関本 林威助 福原
平野 バルディリス 新井 狩野 葛城 江草 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年7月 6日 (月)

球児、監督推薦で球宴選出。今年は2人と低迷。

20090706 6日、オールスターゲームに出場する監督推薦の選手が発表され、両リーグそれぞれ28人の出場選手が決まった。タイガースからは、選手間投票で選ばれた金本に加え、監督推薦で藤川の2人が今季は出場。

藤川は05年からファン投票での出場が続いていたが、今年は監督推薦。「由規選手とか、ほかにも球の速い選手が多いので僕は控えめに」と淡々とした表情だった。

右ひじ痛で一時戦列を離れていたこともあり、まだ9セーブで、チームも5位に低迷。そんな中、ファン投票では抑え投手で3位に食い込んだ。

少し休みたい、ともコメントしたが、「こういう状況でたくさんの票をいただいたので、ファンの方のために少しでも頑張りたい」と最後は前向きに話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

バル、先頭打者弾!必死の継投でカード勝ち越し!

20090705 阪神○4-1●ヤクルト(甲子園
勝利打点:バルディリス①

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(中6日)、ヤクルト・石川。昇格してきたバルディリスがなんと「1番ライト」で先発出場。そのヒロシ(今季15打数ノーヒット)がいきなり先頭打者アーチを放つとは・・・。

今日は低めにボールを集める久保。デントナにライトポール際の大ファールこそありましたが、無失点のまま。3回、4回は得点圏にランナーを置きながらのピッチング。宮本のゲッツー崩れの間に、福地が3塁を回ってきましたが、ブラゼルが冷静にホームタッチアウト!

4回、1死から金本がスローカーブを振り抜き、ライトフェンス直撃の2塁打。ブラゼルもセカンド強襲ヒットで続くと、1,3塁で今日スタメンの桜井。フルカウントから低めの変化球に食らいつき、レフト前タイムリー!さらに満塁で狩野は最悪のショートゴロ併殺コースでしたが、川島慶が連夜のトンネル。一気に2者が生還し、4-0とリード。

6回、連打で無死1,3塁のピンチでしたが、福地のファーストゴロ、2塁封殺の1点でしのいだ久保。そのウラ、先頭・桜井がヒットで出塁し、鳥谷にはバントのサイン。送らせたものの、狩野、代打・桧山が続けて凡退し、得点できず。

7回はアッチソンがつなぎ、8回は江草。ジェフに代わる勝ちパターンでの登場で力んだか、ヒット2本を浴びて1死1,2塁のピンチ。福地との対戦、フルカウントからエンドランを仕掛け。痛烈な当たりがファースト正面、ブラゼルのグラブに入り、そのままゲッツー完成!この回途中からの球児投入も予想されただけに、大きいプレーでした。

最終回は球児。前回のドラゴンズ戦でつかんだのか、今日も三者連続三振!スワローズ表ローテとの3連戦で勝ち越しました。「(ライトも)ダイジョウブ」 by バルディリス
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
藤川
バルディリス 鳥谷 桜井 久保
金本 ブラゼル アッチソン
江草
藤本 関本 平野
桧山 狩野 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN バルディリス内野手(ファームでは打撃好調だが・・・。期待込みで3度めの昇格。)
IN 大和内野手(まずは代走要員からか。少ないチャンスをモノにしたい。)
OUT 赤星憲広外野手(中日戦で痛めた首が思わしくなく、10日空けることに。)
OUT 小宮山慎二捕手(せっかくの昇格もマスクの出番なし。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年7月 4日 (土)

金本、復活弾&3打点!関本エラーで反撃及ばず。

20090704 阪神●3-6○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:相川

サンテレビ、BS-hiで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、ヤクルト・由規。清水が今季3度めの先発マスク。初回、金本の犠牲フライでタイガースが先制!

しかし2回、能見がいきなり四球。ガイエルのもの凄い当たりがライト正面。1死1,2塁から相川に右中間オーバーの2点2塁打で逆転。続く3回にはカウントを悪くした後、青木にストレートを被弾。球が走らず、ここからスライダー主体に切り替え。

3回、1死から平野がフェンス直撃の3塁打。続く関本の浅い外野フライで帰れず2死。それでも新井金本が続けてフルカウントから四球を選んで満塁。しかしブラゼルが三球三振に倒れ、結局無得点。両手でバットを折りそうな仕草も。

1-3の5回、先頭・青木に四球を出した能見は1死2塁となった所でKO。しかし2番手・渡辺が2死からデントナにタイムリーに許し、痛すぎる4点め。6回、新井のショートゴロを川島慶がトンネル。暴投もあり、無死2塁から金本がライトポール際へ特大2ランで反撃!その後は鳥谷ゲッツーで3-4どまり。それでも由規を7回の打席も立たせたのは敵ながら見事。

筒井が2回パーフェクトでゲームを作り、1点ビハインドの8回はアッチソンがマウンド。田中浩のセカンドゴロを関本がファンブル。続くデントナに左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打(平野もフェンス激突)。2死後、相川にタイムリーを許し、これで勝負アリ。

8回も五十嵐を相手に、2死1,3塁のチャンスで鳥谷が凡退。そして9回は桟原が今季初登板。なんとか三者残塁で終わらせた感じです。フォームも変わっており、小さく沈むシュートを見ましたが、全体的に球速差がないのも気がかり。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 平野
新井 筒井
 
葛城
林威助 高橋光 渡辺 桟原
藤本 鳥谷 清水 狩野 関本 ブラゼル 能見 アッチソン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月 3日 (金)

ブラ砲、連夜の一発!苦手の館山攻略で連勝!

20090703 阪神○7-2●ヤクルト(甲子園
勝利打点:ブラゼル③

BS1で完全中継。毎日放送でも45分間のニュースを挟み、8回ウラまで中継。今日の先発は安藤(中6日)、ヤクルト・館山。雨の中、試合開始が9分遅れでスタート。赤星が5月31日以来のスタメン落ちで、代役は平野。2回、1死2,3塁のピンチで森岡のピッチャーゴロをランダンプレーの末、2死。なお2,3塁で続く館山が意表を突くセフティバントもアウト(虎では考えられない・・・)。

2回、ブラゼルが外角高めに浮いた球を左中間スタンドへ放り込む先制2ラン!これで気落ちしたか、続く葛城鳥谷の連続2塁打が飛び出し、1点を追加。2死1,3塁で関本の場面。いきなり顔面付近の球にのけぞって、ユニフォームがドロドロに。次の球をファーストが弾く間に、1塁スライディングがセーフとなり、4点め。

4回、1死2塁から平野がレフト線へのタイムリー2塁打で5点め。苦手の館山をKOさせると、続く5回。2死から葛城が左中間オーバーの2塁打を放つと、続く鳥谷が今日2打点めとなるライト前タイムリーを放ち、6点め。

立ち上がりから逆球が続き、苦しい内容だった安藤。無失点のまま粘っていましたが、6回でした。2死2塁からガイエルに低めのフォークをすくわれ、右中間オーバーのタイムリーで1失点。球数は80球程度、球速もがた落ちで交代も考えられましたが、続投指令。結局8回まで投げて2失点。

7回、スワローズ・一場をとらえ、金本が痛烈な2塁打。続くブラゼルもライト線へタイムリーを放ちますが、ガイエルの返球が決まり、2塁ベース手前でタッチアウト。足の具合も十分じゃないのですが・・・。最終回は杉山が今季初登板。変化球が抜ける場面もありましたが、最後はゲッツーでゲームセット。8日のカープ戦で先発チャンスも。

「ツカレタネ」 by ブラゼル
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル
平野 金本 葛城 安藤
鳥谷
狩野 杉山
関本 藤本
林威助 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 杉山直久投手(2軍戦で完封し今季初昇格。先発チャンスも。)
IN 桟原将司投手(今季初昇格。フォーム修正が成功するか。)
OUT 阿部健太投手(登板機会も少なく、リフレッシュの意味も。)
OUT 西村憲投手(1軍でのマウンド経験を活かしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月 2日 (木)

ブラゼル、これぞ助っ人!全得点を演出し逆転勝ち!

20090702 中日●3-4○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:ブラゼル②

関西テレビで2回表から8回表まで中継。今日の先発は岩田(再昇格)、中日・朝倉。初回、関本がバント失敗どころか併殺に倒れ、嫌なムードが流れると・・・そのウラ、アライバの連打で無死2,3塁の大ピンチでしたが、ブランコのバットへし折りながらのタイムリー1点でしのぎきり。最初は散らばってましたが、次第に力強い投球に。

4回、不振が続く兄弟の連打が飛び出し、無死1,3塁のチャンス。ここでブラゼルがアウトハイのボール球を引っ張り込み、セカンドゴロ併殺の間に1-1の同点!しかし5回、先頭のピッチャー朝倉にライト線2塁打を許すと・・・トップに戻って井端がサード前バントヒット(関本のベースカバーが遅れました)。ここから荒木、森野で2点を失い、再び勝ち越し。それでも荒木を刺した狩野のプレーも大きかった!

毎回ランナーを出しながら迎えた7回、ブラゼルがフォークをすくい打つ6号ソロ!そのウラ、渡辺がランナーを出しながら無失点に抑えると・・・勝負の8回。快速球セットアッパー・浅尾から赤星がヒットでノーアウトのランナー。続く関本がバスターに切り替え、ピッチャー強襲ゴロが進塁打の形に。そして新井が久々猛打賞となるヒットで1,3塁。2死後、ブラゼルが左中間フェンス直撃の2点2塁打で逆転に成功!!

1点リードに変わり、8回はアッチソン。ブランコの強烈なゴロに、この回からファーストに回った関本がダイビングキャッチ!テンポ良く3人で片付けてくれました。そして9回、2死1,2塁から関本のレフト前ヒットで、ホームを狙った鳥谷がタッチアウト。流れを渡してしまいそうな感じが・・・。

借金ワースト11阻止へ、頼みの球児。代打・立浪には苦労しましたが、ストレートとフォークの組立てで三者連続三振でゲームセット!ドラゴンズの連勝を8で止めました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ブラゼル 新井 藤川
赤星 狩野 アッチソン
金本 岩田 渡辺
 
葛城 藤本
関本 鳥谷 平野 桧山 桜井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(7月反抗のキーマン。安定した内容を期待。)
OUT 下柳剛投手(登板機会が空ける模様。少し休ませて粘りきりたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月 1日 (水)

福原、援護なく突如崩れ4失点KO。再び借金10。

20090701 中日○4-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:ブランコ

BS1で完全中継。今日の先発は福原(再昇格)、中日・小笠原。清水が今季2度めのスタメンマスク。初回、1死1,3塁のチャンスながら、金本の浅い外野フライで先制できず。立ち上がりのピンチを切り抜けた福原が2回以降は好投。スコアラーに研究された狩野のリードとは組立てが違い、ドラゴンズ打線をかく乱。

5回、先頭・清水がヒットで出塁しますが、福原がバント小フライで失敗・・・あわやゲッツーになる所でした。トップに戻って赤星もサード正面の併殺。3試合連続併殺、というのも珍しいですが、何かに呪われているのでしょうか。6回も2死からチャンスを作るも、桜井がカウント0-2からファウルフライ。

0-0で迎えた6回、先頭・荒木にヒット&盗塁を許し、リズムが乱れると・・・無死1,2塁からブランコ。得意のカーブが甘く入り、左中間スタンドへ特大3ランでドラゴンズ先制。さらに藤井に3塁打を許した所で、左の筒井へスイッチ。あっさり右の代打を出され、四球で1,3塁。ここで谷繁のサードゴロ。充分ホームクロスプレーでアウトを取れそうでしたが、新井の1塁送球の間に4点め。リミットの点差だけに勝負して欲しかった。

7回、この回から上がったパヤノから鳥谷が右中間スタンドへの一発(1ヵ月半ぶり)で反撃。以前もパヤノから一発を打っており、今後も期待したいですね。さらに清水がヒットで出ますが、代打・狩野が高めボール球を振ってしまい三振。この後は、あっさり反撃ムードが消えてしまいました。

3点ビハインドという微妙な場面ですが、8回にルーキー・西村を送り出したのは評価できると思います。大飛球も中軸を3人で抑えましたし、少しでも自信をつけてもらえば。でも再び借金10に逆戻り。CSの3位とは9ゲーム差に。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
鳥谷 阿部 西村
関本 清水
金本
平野 ブラゼル 福原 筒井
新井 桜井 桧山 高橋光 林威助 狩野 赤星
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(先発ローテ生き残りをかけて再昇格。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »