« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

今岡激走!あと1人からの5連打で逆転サヨナラ!

20090430 阪神○3x-2●横浜(甲子園) 勝利打点:金本⑤

毎日放送で5回ウラから8回表まで中継。今日の先発は久保(中7日)、横浜・マストニー。映画「ROOKIES」公開、佐藤隆太の剛球始球式でスタート。立ち上がりのピンチは村田ゲッツーで切り抜けた久保。初めて狩野とのバッテリーを組みました。

4回、無死1,2塁のチャンスで、金本新井が凡退。さらに葛城のファーストゴロを弾き、満塁まで行きますが、藤本が凡退。直後の5回、久保が2死からヒットを許すと、続く梶谷にプロ1号2ランをライトスタンドへ被弾。ベイスターズ先制。

6回、四球で先頭打者を出した久保ですが、1死1塁で吉村がレフトフェンス際の大飛球を金本が捕ると、1塁へ村田が帰塁できず、ゲッツー完成!7回、1死3塁でマストニーを打席に立たせたベイスターズ。2死後、スイッチした左の江草が見事に火消し。

そのウラ、先頭・葛城が左足に死球を受け、負傷交代。さらに続投したマストニーが乱調。無死1,2塁で狩野がバント失敗(強烈なゲッツー崩れ)。ここで代打・桧山登場も、合わせて出てきたベイ・山口の快速球を前に良い当たりのライトライナー。これではタッチアップできず。さらに2死満塁まで行きますが、関本が得点できず。

2点ビハインドで、「サイレントK」石井裕との勝負。狩野が10球粘りながら凡退し、2死。しかし代打・今岡が三遊間いっぱいのショート内野安打で出塁すると、2死球と痛む平野が右中間オーバーの3塁打で1点差!続く関本もセカンド悪送球(追い付かれた時はヒヤリ)のタイムリー内野安打でついに同点!!鳥谷もヒットで続き、1,3塁で回ってきた、金本がセンター前タイムリーで月間30打点めは逆転サヨナラ打ぁ!!
「おいしい場面というより、打たなければいけないという気持ち。」 by 金本。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 平野
関本 江草 ウィリアムス
今岡 久保 アッチソン
金本 葛城
大和 藤本 浅井 桜井
桧山 新井 狩野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年4月29日 (水)

安藤、突然の6失点KO。関本がセカンド復帰。

20090429 阪神●4-7○横浜(甲子園) 勝利打点:村田

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は安藤(中5日)、横浜・ウォーランド。右の寺原先発と読んだか、左バッター主体のオーダー。逆に順番なら久保ですが、ローテを入替え。2回、新井がライトポール際への4号ソロで先制!左バッターが大きなカーブに苦戦している中で、貴重な一振りに。

不運な当たりが2本ありながら、問題なく立ち上がったように見えた安藤が3回2死から乱調。若い1,2番に連打(桜井の中継ミスも。)を浴びると、突如制球がままならなくなり、満塁から村田に初球の高めストレートをセンター左へ2点2塁打。逆転されると、さらに満塁から、吉村にフォークをすくわれてセンターオーバーの3点3塁打。直後パスボールもあり、一挙6失点KO。

3回、狩野のライトポール際大ファールの後、ヒットで出塁。5点差ながら盗塁成功が活き、2死から関本タイムリーで1点を返しました。次の回からは藤本を下げ、今季初めて「ファースト・今岡、セカンド・関本」をテスト。

5回、阿部を打席に立たせて四球を選ぶと、ボークで2塁へ。さらに関本がタイムリーで1点を返すと、不調の金本までもが右中間タイムリーで4-6。さらに1,3塁と攻め立て、ワッショイコールの中、新井がゲッツーで追加点ならず。

2塁からホームへの全力疾走(結構、足早かった)が効いたか、3イニングめの阿部。連打で無死1,3塁となった所で、アッチソンにスイッチ。三振が欲しい場面で、細山田を三振。さらに代打・佐伯の当たりはイレギュラー。体勢を崩しながら、関本が4-6-3のゲッツー完成!今季初のセカンドでも結果を残しました。

しかし7回、8回とベイスターズ・山口の150キロ台連発の前に打線が沈黙。逆にタイガースは8回、渡辺がマウンドに上がった途端、村田に右中間へ特大の一発。これでゲームが決まったか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 アッチソン
関本 筒井
阿部
桜井
狩野 新井 鳥谷 浅井
藤本 平野 今岡 葛城 安藤 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 清水誉捕手(今季2度めの昇格。リード面で狩野と勝負したい。)
OUT バルディリス内野手(1軍ではついにヒットなし。首脳陣、我慢できず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年4月28日 (火)

新井、4安打4打点で復活!アニキ敬遠に奮起!

20090428 阪神○8-4●横浜(倉敷マスカット
勝利打点:新井④

関西テレビで2回ウラから8回表まで中継。今日の先発は下柳(中6日)、横浜・小林。藤本が7試合ぶりのスタメン。0-0で迎えた3回、1死1,2塁から金本が三球三振に倒れますが、続く新井の当たりが伸びてライトフェンス直撃の2点2塁打でタイガース先制!

5回の守備から赤星が退き、センターには平野。腰の具合が思わしくないのでしょうか。かなり心配です。5回、1,2塁のピンチをしのいだ下柳ですが、6回に試練。代打・山崎にサードの下を抜かれるヒットを許し、先頭バッターが出塁。2死3塁からジョンソンにライト前タイムリーで1点差。ここから急にリズムが崩れてしまい、満塁から細山田にレフト線を破られ、走者一掃の3点2塁打で2-4と逆転。

そのウラ、新井のピッチャー強襲ヒットで小林が降板。ベイスターズは左の那須野が出ると、 バント用で代打・浅井が登場しますが、バスターに切り替えて三遊間を破り、無死満塁。ここで代打・今岡がバットを折りながら、ショート後方に落とすタイムリー!続く狩野がゲッツーに倒れますが、この間に同点に。

同点の7回は渡辺新井のハーフバウンド送球は関本が必死で捕球できましたが、次の鳥谷のワンバウンド送球を捕球できず、ここから1,2塁のピンチ。ストレートで村田を差し込んで2死を取り、ここで左の江草にスイッチ。ジョンソンに対し、インコースへものすごいストレートを投げてました。最後はフォークで打ち取り。

そのウラ、1死2塁で鳥谷がレフト後方へ大飛球を放ち、なんと内川が落球。2,3塁とした所で、金本敬遠で満塁策を取り、ここまで3の3の新井勝負。ベイ・吉川の内角シュート攻めに対応し、レフト線へ2点タイムリー2塁打で勝ち越し!さらに浅井もライト前タイムリー、桜井もセンター犠牲フライで続き、一挙4点のビッグイニング!

4点リードに代わり、ウィリアムス球児とつなぎ、5割復帰!(アッチソンや阿部ではなく、手堅く初戦を取りました)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
新井
浅井 関本 江草 藤川
鳥谷 今岡 ウィリアムス
金本 桜井 平野 藤本
バルディリス 下柳 渡辺
桧山 赤星 葛城 狩野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年4月27日 (月)

プロ野球スピリッツ5査定(ジェン・カイウン)

ジェン・カイウン(鄭凱文) 背番号:64 背名前:CHENG
所属:阪神タイガース 投手 右投げ(スリークォーター) 右打ち
球速:147km/h スタミナ:C(41) 先発調整力:D(14) 疲労回復力:E(12)

【ストレート】球威:E コントロール:C
【ツーシーム】球威:E コントロール:D
【スライダー】球威:D コントロール:D 変化レベル:3
【カーブ】球威:F コントロール:E 変化レベル:2
【チェンジアップ】球威:F コントロール:E 変化レベル:1
【シュート】球威:D コントロール:D 変化レベル:2

【起用法】先発 6回以上 3~5失点 スタミナ超え-
【プロスピ顔コード】5V9 6W3 W3V VK3 66L DEK もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ジェン、6回0封デビュー!アッチ炎上で逆転負け。

20090426 広島○2-1●阪神(マツダ) 勝利打点:喜田剛

毎日放送で7回表途中まで中継。今日の先発はジェン(初登板)、広島・篠田。ユニコーンの始球式で緩い球ながら赤星の腰に死球(苦笑)。初回、2死から連続四球でチャンスを作りましたが、新井のフルスイングでも大きなセンターフライ。

初登板のジェン。見るのは初めてでしたが、速球は140キロ前半。スライダーとシュート気味のツーシームを内外に投げ分ける技巧派。110キロ台のカーブかチェンジアップが今日は数球しかなく、真っ直ぐのスピードがもう少しあれば、今後広がりが出てきそう。初回、1死1,2塁のピンチでしたが、シーボルの当たりは5-5-3のゲッツーで切り抜け。

5回はジェンのプロ初ヒットを含む、ヒット3本を重ねながら無得点。そのウラ、2死から篠田の高く跳ねた内野ゴロがジェン新井の間に落ち、内野安打。ここからリズムを崩しかけますが、こらえました。6回、2死から鳥谷が盗塁を決めると、桜井が三遊間を破るレフト前タイムリーでタイガース先制!

1点リードの7回はアッチソン。逃げ切りに入りますが、1死から石井琢に10球粘られ歩かせてしまうと、連続四球と痛恨のボークで2,3塁とされ、代打・喜田剛にライト線へポテン2点タイムリーで逆転。江草が後続を抑えましたが、リリーフ失敗(アッチ投入はあってたと思いますが・・・)でゲームをひっくり返されました。

9回、永川との勝負。1死から新井のヒット&暴投で2塁まで進みますが、代打・葛城がサードフライで2死。続く代打・桧山を敬遠気味の四球で歩かせ、狩野がライト前ヒット。2塁・新井がホームへ向かいますが、タッチアウトでゲームセット。代走・大和を2塁でなく、1塁ランナーに起用したのが悔やまれるか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
ジェン
桜井 江草
鳥谷
桧山
狩野 赤星 平野 大和 金本 葛城 浅井 今岡
新井 バルディリス 関本 アッチソン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ジェン投手(初昇格して即、初先発。苦しい先発事情の救世主に。)
OUT 福原忍投手(先発勝利の翌日に抹消。GWの巨人戦回避に。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月25日 (土)

福原、大量12点の援護でがけっぷちの初勝利!

20090425 広島●1-12○阪神(マツダ) 勝利打点:新井③

NHK総合で完全中継。今日の先発は福原(中5日)、広島・長谷川。赤星が3週連続で土曜のデーゲーム欠場。初回、今季初の1番・平野が振り逃げで出塁。牽制悪送球もあり、2死1,3塁から新井が17打席ぶりヒットとなる左中間オーバーの2点2塁打で先制すると、6番で先発出場の葛城が1号2ランで4点先行!

福原の立ち上がりも紙一重か。東出に四球でノーアウトの走者を出しますが、赤松のバント失敗に救われた形に(栗原欠場もやはり大きい)。2回、1死1塁で鳥谷の場面で場内がどよめき。スコアボードに急に19点が入り、なかなか戻せず。金本の時にもう1度表示され、再び3塁側から歓声。満塁から新井ゲッツーで実際は無得点。

3回は平野タイムリー。5-0で前回やられた長谷川をKO。4回、左の青木高から葛城が早くも猛打賞のヒット。1,2塁から桜井がライト線へ2点3塁打!2試合続けて右方向に良い当たりが出ており、何かの兆しか?

5回終了時に、売り子の女の子が「CCダンス」という踊りを一斉に始めるなど、カープ新球場での新しい試み。6回、1死2塁から桜井がショートゴロ。石井琢の3塁送球の判断も、シーボルが追いタッチでオールセーフとなり、狩野の内野ゴロの間に追加点。

8-0の7回、点差もあったかドーマンが大乱調。2暴投を含む3連続四球で、無死満塁で金本。右太もも裏に死球を受けて押し出し。続く新井もショートタイムリー内野安打で10点め。さらに葛城(今日4安打!)、狩野にもタイムリーが飛び出し、カープファンにラッキー7の風船を持たせたまま、約30分攻撃。

完封を見えてきた福原ですが、8回、ノーアウトから連打を浴びて1失点。結局9回は筒井にマウンドを任せました。それでもがけっぷちの先発登板で今季初勝利。5割復帰を果たしました。明日のジェン昇格で誰を落とすか?
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
葛城 鳥谷 狩野 新井 平野 福原
関本 桜井
 
金本 筒井
大和
バルディリス
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年4月24日 (金)

能見、10残塁&10Kで粘りの今季初完封!

20090424 広島●0-4○阪神(マツダ) 勝利打点:新井②

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中5日)、広島・前田健。初のZoom-Zoomスタジアムでのゲーム、跳ねない天然芝に硬い土のグラウンド、雰囲気はボールパーク。バルディリスがセカンドで今季初スタメン。初回、鳥谷のイレギュラーヒットでチャンスを拡大すると、1死満塁から新井が犠牲フライを放ち、タイガース先制!続く桜井もライト前タイムリーで続き2点先行!

2回も、8番に入った狩野がまたもや攻撃の起点となり、2死3塁から関本がタイムリーを放ち、苦手の前田健から3点め。

立ち上がりとセットが課題とされる能見ですが、今日は先頭バッターを出しながら、粘りまくるピッチング。栗原が欠場したのも大きいのですが、序盤は要所で三振を奪う形に。3回はバルディリスへの内野安打&悪送球で2,3塁のピンチとなりますが、抑えきりました。天谷を3三振を抑え込んだのも大きい。

5回、先頭・赤星がヒット&初球スチール成功!次の球で関本が送る理想的な攻めで、3塁まで進むと・・・2死後、金本がレフト前へポテンヒット(後ろに守っていた嶋が追い付けず)を放ち、5試合ぶりの打点で4点め。前のドラゴンズ戦あたりから、スイングスピードが遅くなってきましたが、それでも4月で27打点め。

6回、7回も得点圏までランナーを進められますが、キレのある直球で抑えきった能見。既に120球を超えていましたが、首脳陣は完封指令。終わってみれば、149球の熱投、10奪三振で2年ぶりの完封勝利!今季のチーム初完投、初完封も能見とは。ちなみに今日はちゃんとお立ち台でしゃべれました♪
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
関本 能見
赤星
金本
狩野 桜井 鳥谷
新井
バルディリス
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月23日 (木)

鳥谷、あと1人からの決勝3ランで竜3タテ阻止!

20090423 中日●1-4○阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:鳥谷②

サンテレビで完全中継。今日の先発は安藤(中5日)、中日・吉見。0-0で迎えた5回、1死から荒木のセカンドゴロを平野が悪送球。盗塁も決められ、1,3塁から森野がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打でドラゴンズ先制。1塁からホームを狙った井端はアウト。次のブランコにも内野安打を許しただけに、この走塁も響きました。

6回、無死1,2塁から鳥谷の左中間への当たりを和田がスライディングキャッチ。中軸が凡退してしまい無得点。さらに7回も吉見続投ながら、平野(お仕置きか?)に右の代打・バルディリスを送り、次の守備からはセカンドに入りました。安藤が7回を投げきると、8回に代打・桧山がバックスクリーン右へ、見ていてしびれる同点ソロ!神が舞い降りた感覚なのか・・・球団代打HR13本で八木コーチに並びました。

「立浪封じ」なのか、右が続く打順でウィリアムスが8回を抑えると・・・9回は同点ながら岩瀬投入。先頭・金本が間一髪ライトオーバーの2塁打。1死後、代打・今岡のショートゴロをブランコ後逸で2,3塁まで行きますが、バル狩野で勝ち越すことができず。そのウラ、アッチソンが2死2,3塁の大ピンチをなんとか抑えて延長戦へ。

10回、2死から連打でチャンスメイクも、金本が空振り三振。こうなったら11回からは球児がマウンドへ。相性の悪い立浪に先頭ヒット。しかし小池のバント処理で果敢に2塁ホースアウトの好プレイ!井端、森野に粘られながらも、無失点ピッチング。

12回、藤本の盗塁失敗で打ち直しとなった先頭・狩野がヒット。ここで桜井に代打・浅井がバント成功。左のパヤノにスイッチし、2死1,2塁から鳥谷がやや高めの真っ直ぐを振り抜き、ライトポール際へ勝ち越しの3ラン!!
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 桧山 安藤
藤川
関本 赤星 ウィリアムス
藤本 金本 浅井 アッチソン
大和 今岡
桜井 狩野 葛城 バルディリス 平野 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年4月22日 (水)

メンチ抹消。拙攻続きで3連敗・・・救世主求む。

20090422 中日○6-2●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:野本

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(中5日)、中日・浅尾。開幕16試合めでメンチ抹消の決断。打順を開幕当時に戻してきたタイガース。初回、和田のタイムリーで先制を許しますが、3回に反撃。久保が初のバント成功で2塁に進めると、2死後、関本のライト前タイムリーで同点。

3回の久保は低めに集めながらの正念場。制球を乱し、連続四球で1死満塁の大ピンチ。最後はフルカウントからボール球を振らせた所はお見事。既に4四死球を与え、81球と根競べの様相。しかし5回、1死1,3塁から野本のゲッツー崩れの間に勝ち越し。さらに1,2塁から小山がレフト前ヒット。金本のバックホームがランナーに当たってしまい、ボールが転々とする間に手痛い2失点。

1-4で迎えた6回、1死1,3塁で金本は敬遠気味の四球で満塁。新井のゲッツー崩れの間に1点を返すのがやっと。さらにここで早くも代打・桧山を投入しますが、追加点ならず。そのウラ、阿部が2死から2失点を許し、苦しいゲーム展開に。

最後の見せ場は8回。左のパヤノ相手に、2死から鳥谷が猛打賞となるヒット。金本が四球を選び、右の斉藤にスイッチ。続く新井もフルカウントから四球を選び、満塁のチャンス。既に葛城も使っており、代打は今岡。少し雰囲気はあったのですが、外角高めへ抜けたスライダーを振ってしまい、万事休す。

そのウラ、筒井が今季初マウンド。四球こそ1つ出しましたが、無失点で切り抜け。9回は昇格したばかりのバルディリス(昼間、ナゴヤ球場のファーム戦で2の2)も打席に立ち、エラー出塁。バルちゃんの今後の起用法も注目です。まさかライトなんて・・・ないでしょうね。明日は3タテ阻止のためにも、エース・安藤が初の中5日か。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
赤星
鳥谷
筒井
平野
新井 金本 バルディリス 浅井
葛城 桜井 桧山 今岡 岡崎 狩野 関本 久保 阿部
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN バルディリス内野手(ひじ痛で出遅れるも、ファームで打ちまくり。)
OUT メンチ外野手(腎機能障害の疑いあり。快復後でも戻ってこれるか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年4月21日 (火)

下柳、中5日で粘り。チーム2安打と打線が見殺し。

20090421 中日○2-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田

テレビ大阪で2回表途中から中継。今日の先発は下柳(中5日)、中日・朝倉。平野が3試合ぶりにスタメン復帰。初回、先頭・赤星が初球ヒット&盗塁成功。1死3塁から鳥谷のショートゴロの間にタイガース先制。

3回、アライバのエンドランが決まってしまい、無死1,3塁の大ピンチ。続く森野のファーストライナーがなんとゲッツー。しかしブランコ四球(カウント2-1からのファウルチップが悔やまれるか・・・)で歩かせてしまい、和田には追い込んでから痛恨の左中間オーバー。逆転の2点タイムリーとなり、ひっくり返されました。

5回、3度めの先頭バッターになった荒木が2塁打。今度は井端に送られ、1死3塁のピンチでしたが、森野をアウトコースを振らせてキッチリ三振。ブランコもセンターへ抜けそうなショートゴロで打ち取り、ここも切り抜けた下柳。6回は赤星の好プレイに救われ、今日は6回2失点と孤軍奮闘。

適度に荒れていた朝倉ですが、次第に腕が振れ出し凡打の山。最近、7番メンチで攻撃が終わることが多く、6回は先頭・狩野がチーム2本めのヒット。1点差で大事な場面でしたが、下柳がスリーバント失敗。赤星のセーフティが間一髪アウト。2死後、1,2塁としましたが、鳥谷がセカンドゴロで無得点。

1点ビハインドの9回、岩瀬との勝負。先頭・赤星のサードゴロをブランコが弾き、ノーアウトのランナー。100%バントの場面で平野(右の代打も期待できず)が送り、1死2塁としますが・・・鳥谷が痛恨の三球見逃し三振。神がかっていた金本ですが、全球アウトコースの出し入れで攻められ、空振り三振で万事休す。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
赤星 平野
下柳 江草
狩野 渡辺
関本 葛城 浅井
鳥谷 新井 メンチ 金本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年4月20日 (月)

プロ野球スピリッツ5査定(ダン・ジョンソン)

ダン・ジョンソン 背番号:3 背名前:JOHNSON
所属:横浜ベイスターズ 一塁手 右投げ 左打ち
ミート右:E(11) ミート左:G(8) 弾道:6
パワー:C(130) 走力:F(9) スローイング:E(11) 捕球:E(11)
肩力:E(12) 疲労回復力:D(14)
【守備レベル】一F(10) 左G(8)
【起用法】スタメン 5番 ファースト
【プロスピ顔コード】MZC NTE BRE GIU SFZ 4DL もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

福原、こらえきれず4失点KO。対ベイ3タテならず。

20090419 横浜○4-2●阪神(横浜) 勝利打点:内川

毎日放送で完全中継。今日の先発は福原(中6日)、横浜・小林。制球がままならない状態で、立ち上がりから苦しい福原。初回は切り抜けたものの、2回は1死3塁から藤田が前進守備を越えていくセンター前ヒットで先制。さらに3回は、狩野の1塁悪送球で出塁されると、福原が牽制悪送球と無失点ながら散々。

序盤はヒット1本ながら、1回から小林に球数を投げさせており、4回にチャンス。無死満塁で新井、初球が暴投となり同点。さらに2,3塁とチャンスでしたが、追加点を挙げれず。結果的には関本がアウトローから逃げるスライダーに三振したのが痛かった。

同点の4回、プルヒッターのイメージが強いジョンソンがレフト線へポトリ。無死2,3塁の大ピンチでしたが、関本福原がそれぞれ決死の好プレー。満塁策でピッチャー勝負し、無失点で切り抜け。しかし5回、すんなり2死を取った後、内川に初球カーブを被弾。

6回、虎の恋人だった不調のルーキー松本にヒットを許し、1死1,2塁となった所で、左にスイッチも考えられましたが・・・続く石川に走者一掃の2点3塁打を許し、白黒ハッキリした状態で福原KO。1軍生き残りも厳しくなってきました。

3点ビハインドの7回、狩野がセカンドと交錯し守備妨害。2死1,2塁で代打・桧山と同時に、左リリーフかと思いきや、右の速球派・山口が登場し、フルカウントから凡退。そして8回、先頭・鳥谷が追撃の一発。金本凡退で連続試合安打が13でストップ。

9回、無死1塁で代打・浅井がセーフティのつもりで、ほぼピッチャー正面の送りバントという結果。あまり意図が見えなかったのですが、終了後ベンチで山脇コーチから説明を受けている姿も映ってました。土壇場でサイン違いか?
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷
渡辺
金本 阿部
藤本 狩野
赤星 新井 平野 葛城 江草
桧山 今岡 桜井 浅井 関本 メンチ 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月18日 (土)

能見、2年ぶり勝利。魔の7回も・・・打線が振り切り。

20090418 横浜●4-9○阪神(横浜) 勝利打点:新井①

毎日放送で7回ウラ途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、横浜・グリン。腰痛の赤星、不調の平野はベンチスタート。初回、2死から満塁のピンチを背負い、大西のサードゴロが間一髪でアウト。立ち上がりの不安に対する意識が強い能見。2回以降はストレートが走り、別人のようなピッチングを展開。

4回、新井が内角ストレートにうまく回転し、先制ソロ!5回も新井が際どいハーフスイングの末、四球で2死満塁とし、関本が得意の右打ちで2点タイムリー!6回、1死1,2塁で左の那須野へのスイッチを見て、代打・今岡登場も空振り三振。同時にダブルスチールが成功し、直後のパスボールで追加点につながるとは。7回はメンチにもタイムリーが飛び出し、5-0と大量リード。

5回、2度めの満塁をしのいだ能見。最後は疲れが見えましたが、6回を投げきり降板。満を持して7回は渡辺。しかし1死1,2塁となった所で、アッチソン投入。信用しすぎたか、3連投&イニング途中の投入は大誤算。金城の1,2塁間の当たりを平野が追い付くも、関本が中継プレーに回った為、1塁ベースを空けてしまい、満塁。鳥谷のダイブで2死めを取りますが、内川と大西にそれぞれ2点タイムリーを許し、簡単に1点差。

余裕がなくなった8回、1死満塁のチャンスで金本。センターフェンス直撃のタイムリーでしたが、3塁・桜井、2塁・平野がタッチアップ姿勢で止まった結果、2塁付近で渋滞。狭殺プレーの間に1点追加、しかもオールセーフというベイスターズ守備陣もひどいが、金本も驚く走塁ミス。さらに新井の高いサードゴロが本塁オールセーフで1点。続く関本もタイムリーでこの回4点。これで持ち直しました。

9回、江草が1死満塁のピンチを背負いますが、最後はゲッツーでゲームセット。7回はどうしても不安がよぎりますが、これでチームは3連勝&5割復帰。能見も592日ぶりの勝利。「不安な部分もあると思います・・・力を貸してください」 by 能見。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
関本 能見
新井 メンチ 狩野
桜井 鳥谷 金本 平野 ウィリアムス
葛城 藤本 江草
桧山 赤星
今岡 渡辺 アッチソン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2009年4月17日 (金)

安藤、粘りの投球。虎入り逃したハマの番長攻略!

20090417 横浜●1-5○阪神(横浜) 勝利打点:金本④

関西テレビで2回表から9回表まで中継。今日の先発は安藤(中6日)、横浜・三浦。不振のメンチが2度めのスタメン落ち。白い息が出る雨中ゲームでした。初回、赤星が盗塁こそ決めますが、平野が送りバント失敗。しかし1死1,2塁から金本がライトスタンドへの8号3ランで先制!去年は番長からヒットを打てなかったそうですが、なんのその。もう打点25ですよ(笑)

2回、2死3塁で平野のフラフラ~っと上がったレフトフライ。上空で風も舞っていましたが、ここで内川がまさかの落球。ラッキーな4点めを取りました。3回以降はハマの番長も立ち直り、全く打てず。

静かに立ち上がった安藤ですが、2回以降はピンチの連続。4回、先頭・佐伯にレフトフェンス直撃の2塁打を許すと、1死3塁から藤田にライトまで飛ばされ、犠牲フライで1失点。5回、1死1塁で山崎のショートゴロで2塁送球。捕球前に平野の足が離れてしまい、オールセーフ。この判定をめぐり、真弓監督も出てきましたが、判定代わらず。このピンチでも内川、吉村を抑えきりました。

7回、先頭・安藤の当たりは風に乗り、レフトフェンス直撃の・・・シングル。おろそかな走塁も重なりました。ランナーが赤星と入れ替わり、腰を抑えながら、2死1,3塁まで行きますが、追加点ならず。

9回、先頭・葛城がサードの頭を越える当たりで、一気に2塁へ好走塁。暴投で3塁に進み、代打・桧山がキッチリセンターへ犠牲フライを放ち、貴重な追加点。リードが4点となり、今日は球児を温存。「後ろの新井さんがしっかりしてないので」 by 金本。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 安藤 江草
ウィリアムス
狩野 赤星
葛城 桧山 平野 アッチソン
新井 藤本 鳥谷
関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年4月16日 (木)

鳥谷、復活の3打点!辛勝で連敗ストップ。

20090416 阪神○4-3●中日(甲子園) 勝利打点:鳥谷①

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(2日スライド)、中日・浅尾。初回、1死1塁から鳥谷が外角高めのストレートを振り抜き、ライトスタンドへ1号2ランで先制!さらに、2死1,2塁と畳み掛けるも、メンチが内野フライに倒れてしまい、追加点ならず。

静かに立ち上がった久保ですが、4回でした。先頭・井端の初球をライトポール際へ一発を許してしまい、1点差。さらに6回、森野に低めのストレートをジャストミートされ、バックスクリーンへ同点ソロ。5回にも連続四球でピンチを背負い、浅尾のバスターは危険でしたが、2発以外は抑えていただけにもったいない。

6回、あの関本が盗塁を決め、またしてもチャンスでメンチがライトポール際へのフライ。ここで真弓監督が決断し、同点の7回はアッチソン投入と同時にライト・桜井を送りました。今のチーム状況のままでは、さすがに早めの仕掛けは避けれらないか。

そのウラ、2死1,3塁から鳥谷がライト前タイムリーを放ち、ついに勝ち越し!続く金本との勝負で、ドラゴンズは左のパヤノを投入しますが、フルカウントからライトオーバーのタイムリー2塁打!さらに2,3塁で新井はショートゴロ、ファインプレーに阻まれました。

2点リードの9回、球児が登板。150キロを超えるストレートで岡崎も多投させましたが、連続三振で2死後、和田にバックスクリーンへ弾丸ライナーが入ってしまい、マウンド上でガックリ。最後も三振で抑え、連敗を4でストップ。明日のベイスターズ・三浦との勝負、負ければ最下位転落の試合、絶対に負けられない。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 金本 アッチソン
平野 関本
久保
桜井
赤星 葛城 岡崎 藤川
新井 メンチ
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 筒井和也投手(まずは敗戦処理からか。今年こそ1軍で生き残りたい。)
OUT 石川俊介投手(雨天により先発機会を失い、2軍で再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月15日 (水)

下柳、7回乗り切れず。アニキ失策からワンサイドへ。

20090415 阪神●2-9○中日(甲子園) 勝利打点:荒木

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は下柳(中6日)、中日・朝倉。初回、立ち上がり制球を乱した下柳。3四死球もあり、2死1,3塁から和田にタイムリーを許し、ドラゴンズ先制。2回も、2死2塁から荒木にセンターオーバーのタイムリー2塁打を許し、2点先行。

反撃は2回、先頭・金本が右中間フェンス直撃への2塁打で出塁すると、1死後、関本がサードの頭を越えるレフト線へタイムリー2塁打を放ち、1点差。さらに3回、先頭・赤星がレフト線への2塁打で出塁。暴投もあり、1死3塁から鳥谷の高くはねた内野ゴロの間に、2-2の同点に追い付きました!

チャンスは5回、先頭・狩野がヒット。下柳がキッチリ送って、トップの赤星がレフト前ヒット。ワッショイコールの中、盗塁成功もあり、1死2,3塁としますが平野が凡退。さらに2死満塁のチャンスで金本。カウント1-3という場面でしたが、痛恨のセカンドフライに倒れ、勝ち越しならず。

下柳が続投し迎えた7回、1死から連打で1,3塁とされ、荒木のレフト線へのフライを猛ダッシュしてきた金本がまさかの落球。さらに返球が悪送球となり、ダブルエラーで勝ち越し。ストレートの四球で満塁とし、森野に追い込んでから、走者一掃の3点タイムリー3塁打でジエンド。見かねたファンからジェット風船が上がりました。気持ちの切れた所でブランコにもタイムリーを許し、7点めを取られた所で渡辺にスイッチ。

5点ビハインドの8回からは先発機会のない石川がマウンドへ上がりますが、和田に2ラン被弾。途中までは良い試合だったのですが、急に一方的な展開になってしまいました。紙一重だとは思うのですが、4連敗か。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
狩野
赤星
 
関本 渡辺
鳥谷 大和 浅井 下柳 石川
桜井 金本 平野 新井 メンチ
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年4月14日 (火)

開始10分前に雨天中止。主催者側に課題。

20090414 阪神 - 中日(甲子園) 雨天中止

先発メンバーも発表され、今日の先発は久保、中日・朝倉。スタメンには赤星が3試合ぶりに1番センターで先発出場、岡崎も先発マスク・・・の予定でしたが、17時50分にまさかの中止発表。

ABCラジオで解説だった岡田前監督も、思わず絶句したと聞きます。試合開催の決定権がある阪神球団として、職人芸でもある阪神園芸さんの力を見誤ったかもしれませんが、もう少し前に決断できなかったのか残念です。

14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 大和内野手(初の1軍昇格。代走・守備固めからアピールしたい)
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 坂克彦内野手(オープン戦好調も打撃面でアピールできず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年4月13日 (月)

プロ野球スピリッツ5査定(ネルソン・パヤノ)

ネルソン・パヤノ 背番号:45 背名前:PAYANO
所属:中日ドラゴンズ 投手 左投げ(スリークォーター) 左打ち 
球速:150km/h スタミナ:E(29) 先発調整力:G(7) 疲労回復力:D(14)

【ストレート】球威:D コントロール:E
【ツーシーム】球威:E コントロール:F
【スライダー】球威:D コントロール:F 変化レベル:3
【カーブ】球威:G コントロール:G 変化レベル:1
【チェンジアップ】球威:F コントロール:G 変化レベル:1

【起用法】リリーフ ~1回 中盤以降● 僅差● 同点- 左右無視-
【プロスピ顔コード】VOW 3BM ZXP F3W 5LL BU7 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

新井、3タテ阻止へクルーン攻略!でも勝ち越せず。

20090412 巨人△6-6△阪神(東京ドーム) 勝利打点:なし

BS日テレで9回表途中まで中継。よみうりTVでも中継。今日の先発は福原(中6日)、巨人・高橋尚。初回、得意のカーブを狙われた福原。ラミレスの2点タイムリーで先制。関本が大きく弾き、続く李もタイムリーで3点先行。

しかし2回、新井がライトスタンドへの一発で反撃すると、狩野がピッチャー強襲ヒット。高橋尚の左腕に当たり降板、スクランブルに。2死後、代わった栂野から、カーブに合わなかった桜井が内角真っ直ぐを巧くたたんで逆転3ラン!

左打者の内角を突くスライダーが決まりだし、毎回ピンチを背負いながらも、2回以降は無失点で切り抜けた福原。今日は5回3失点、2度のバント失敗はいただけないか。1点リードの6回、アッチソンが登板。苦手の李に2ラン、続く阿部にも一発を許し、攻めあぐねている間に4-6とひっくり返されました。

8回、ジャイアンツはM・中村。2死後、代打・葛城には投げにくそうに四球。代走・赤星が盗塁成功すると、桜井がフルカウントからセンターフェンス直撃のタイムリー3塁打!そのウラ、ウィリアムスが1死1,3塁の大ピンチでしたが、ゲッツーで切り抜け。

1点ヒバインドの9回、クルーンとの勝負。先頭・鳥谷がこの3連戦初ヒットで出塁。続く金本のゲッツーコースを坂本がトンネルし、無死1,3塁。場内ワッショイコールとなり、ここで新井がレフト前タイムリーで同点!ところが関本がバント失敗(三進の犠打は苦手)、さらに奇策のダブルスチールを敢行しますが、3塁アウト。2塁に残り、期待できないメンチもヒットを放ちますが、関本がホーム憤死で勝ち越せず。

同点の9回からは中8日で球児。小フライのバント処理でゲッツーを奪った頭脳プレイも。しっかり2イニングを投げぬきました。11回からは渡辺がランナーを出しながらも無失点ピッチング。代打の切り札・桧山を出すタイミングを逸したのが残念な所か。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
桜井 新井 藤川
鳥谷 江草 渡辺
狩野 メンチ
葛城 金本 赤星 ウィリアムス
平野 浅井 藤本
 関本 福原 アッチソン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年4月11日 (土)

能見、10Kも好投報われず。7回に力尽きる。

20090411 巨人○4-1●阪神(東京ドーム) 勝利打点:谷

NHK総合でサブチャンネルを使って完全中継。今日の先発は能見(中6日)、巨人・東野。開幕8試合めで腰痛の赤星、不調のメンチがスタメン落ち。初回、1番に入った桜井が死球で出塁。2死3塁で金本は敬遠。続く新井がアウトローのスライダーを振らされて無得点。

そのウラの能見。先頭・鈴木尚に初球をヒットされ動揺したか・・・1死満塁の大ピンチ。ここで谷にレフト前へ2点タイムリーを許し、ジャイアンツ先制。それでも2回以降、ワインドアップからの投球で立ち直り、(ランナーを出さなければ)ほぼパーフェクト投球。チェンジアップとストレートが走り出し、5回まででなんと10奪三振!

対するタイガースも東野の前に打線が沈黙。ようやく7回、先頭・金本がチーム初ヒットとなる左中間へ2塁打。ブレーキの新井は右方向へ。あわや同点2ラン、というフェンス直撃の2塁打を放ちますが、打球の行方を見ていた金本が3塁ストップ。続く関本は12球粘るもファーストゴロ。ゴロゴーの金本が三本間で憤死。

ジャイアンツは左の山口をスイッチし、代打・今岡が三遊間へのゴロの間に1点を返しました。しかし、そのウラも能見を続投。腕を下げて投げたストレートを坂本に痛打され、嫌な予感が的中。苦手のセットポジションから制球を乱し、1死満塁の絶体絶命でアッチソン登場。2死後、木村拓に同じコースに続けたストレートを運ばれ、2点タイムリーで勝負アリ。えらく吠えてましたが、結果として、回のアタマからリリーフできれば・・・。

9回、クルーン相手に新井もあと1歩のライトフライ。右方向へ良い当たりが2打席続き、明日に期待したいです。結局、チームは2安打。金本はまだ超打率6割ですが、周りが奮起しないと厳しいか。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
金本
 
能見 阿部
平野 鳥谷 新井 藤本 今岡 桜井 浅井
狩野 葛城 関本 アッチソン
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月10日 (金)

金本、2度めの3連発!手痛い守備のミス多発。

20090410 巨人○6-5●阪神(東京ドーム) 勝利打点:亀井

BS-hiで完全中継。よみうりTVでも4回表から8回ウラまで中継。今日の先発は安藤(中6日)、巨人・内海。3回、2死1塁から金本がカーブを振り抜き、ライトスタンドへ先制2ラン!しかしそのウラ、2死2塁から鈴木尚の内野安打コース。関本が弾き、しかも1塁へ悪送球の間に1点。カバーに入った安藤も足をひねった模様。

5回、1死から不振の李が大ファールの後にヒット。連打で1,2塁とされると、スタメンマスクの鶴岡がレフトスタンドへ特大の逆転3ラン。2-4とゲームをひっくり返されました。

6回、先頭・金本がライトスタンドへ今日2本めの一発!さらに新井がピッチャー強襲ヒット。これで苦手の内海が降板し、ジャイアンツは越智。2死2塁から狩野がレフト前タイムリーを放ち、4-4の同点!そのウラ、江草がマウンドへ上がりますが、亀井がライト線へ長打。ここでメンチが送球時にまさかのお手玉・・・一気に1点を失いました。

さらに7回、鶴岡が打った瞬間、とわかる今日2本めの一発で点差は2点に拡大。前の回を抑えた山口が、次の回の先頭バッター金本の為に打席に立ち、続投。関本新井の相次ぐ守乱で炎上寸前の渡辺でしたが、何とか切り抜け。

今日の山口は球も来ていました。それを上回る最近のアニキ。8回、ファウルチップで逃げながらも、最後はスッと真ん中低めに来たストレート。もの凄いスイングスピードながら軽々と振り抜き、ライトスタンドへ。中1日で2度めの3連発、金本は開幕7試合で打率6割、7HR、21打点到達。

ジャイアンツはM・中村。得意のスライダーで新井を三球三振に抑えて、流れを引き戻す形に。メンチはアウトローへ曲がる変化球に体をのけぞる始末。今まで見たことない軌道でしょうが、これじゃ打てないですね。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本
狩野 ウィリアムス
 
新井 平野
関本 桧山
葛城 メンチ 鳥谷 赤星 安藤 江草 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年4月 9日 (木)

金本、6試合連続打点も1歩及ばず。5割で東京へ。

20090409 阪神●2-4○広島(甲子園) 勝利打点:赤松

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は石川、広島・長谷川。静かに立ち上がった初登板の石川ですが、3回、初めてのランナーを出すとリズムを乱してしまいました。1死2塁から赤松に先制タイムリーを許すと、すかさず盗塁。さらに東出に右中間オーバーのタイムリー3塁打で、この回2失点。

3回、1死2塁から鳥谷がライト線へタイムリー2塁打を放ち、反撃。歩かされる形で金本が四球を選ぶと、暴投もあって2,3塁としますが・・・新井が凡退。関本の初球攻撃も東出のファインプレーに阻まれました。

直後の4回、足の早くない嶋に盗塁を許してしまった狩野。握りそこねましたが、明らかに狙われている様子。1,3塁から石井琢が右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打。さらに2死2,3塁でピッチャー・長谷川にまで、1,2塁間を破られましたが、超前進守備のメンチがレーザービームで1塁アウト!タイムリーを防ぎました。5回も1失点で計4点を取られた石川ですが、7回まで続投。赤星も腰の違和感からか、一緒に退きました。

8回、先頭・平野が猛打賞となる2塁打で出塁すると、鳥谷がヒットで続き1,3塁。ここ2日間の雰囲気を持った中、金本がライトへ大きな犠牲フライを放ち、これで2点差。驚異の6試合連続打点、7打数連続安打を記録。たたみかける場面でしたが、続く新井が痛恨のショートゴロゲッツー。今日はブレーキでした。

2点ビハインドの最終回、またも永川を追い詰めるタイガース。代打・今岡が今季初ヒットとなる2塁打を放ち、2死2,3塁と盛り上げましたが、代打・がファーストゴロに倒れてゲームセット。(現時点では坂>藤本なのか・・・)
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
平野 金本
アッチソン
葛城 鳥谷 今岡 江草
桧山
狩野 岡崎 浅井 メンチ
 赤星 新井 関本 石川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 石川俊介投手(2軍で調整登板を経て、開幕ローテ入り。)
OUT 藤田太陽投手(今は7番めのリリーフ。次のチャンスを待ちたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009年4月 8日 (水)

金本、3連発&7打点の大当たり!シモもお立ち台。

20090408 阪神○8-2●広島(甲子園) 勝利打点:金本③

BS1で完全中継。朝日放送も1回ウラから中継。今日の先発は下柳、広島・斉藤。初回、平野がバント失敗で嫌な空気になりかけましたが、続く鳥谷がレフト線2塁打を放つと、金本が弾丸ライナー。右中間スタンドへの3ランでタイガース先制!

3回、2死満塁から栗原の当たりをサード・新井が横っ飛び。2塁送球がオールセーフとなり、1点こそ許しましたが、抜けていれば2点以上・・・と考えると救われました。そのウラ、金本が2打席連発!続く新井も低めのチェンジアップをすくって1号ソロ。アベックアーチで6-1と圧倒。アウトでしたがメンチも初めて右方向に飛ばしてきました。

5回、カープ・2番手の林から、金本がライトポール際へ特大の一発。異常なまでの3打席連続アーチはプロ18年めにして初めて、とのこと。そして7回に回ってきた第4打席。2死3塁ながら、少し狙ってみたようで、手を放しながらもポール際の大ファールでファンも大騒ぎ。その後、詰まりながらライト前タイムリー。今日だけで7打点、6打席連続打点というスゴイ記録が付いてきました。続く新井の長打でも、余裕をもって3塁で自重。

大量リードの中、7回は渡辺がマウンドへ。先頭・赤松に軽々とヒットを許し、少し不安になりましたが、1死1,2塁からの栗原との勝負。初球スローカーブも驚きましたが、低めのボール球で打たせて強烈なサードゴロ併殺。ボールがかかればキレの良いストレートが来るので、もう少しか。

お立ち台には大当たりの金本と、下柳が早くも登場。「今年はもう上がりません」と言ってましたが、果たして(笑)アラフォートリオの揃い踏みが待ち遠しいですね。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本
鳥谷 新井 下柳
 
メンチ 渡辺 阿部
平野 藤本 赤星 関本 狩野 桜井
今岡
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 下柳剛投手(満を持しての昇格。まだまだ元気、先発ローテで。)
OUT 清水誉捕手(1試合出場のみでも、若手捕手2人には負けられない。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年4月 7日 (火)

金本、5打点の大活躍!6点差逆転サヨナラ!

20090407_2 阪神○11x-10●広島(甲子園) 勝利打点:金本②

BS1で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発は久保、広島・大竹。リニューアル甲子園今季初ゲーム。初回、本塁クロスプレーをめぐりブラウン監督が退場!初スタメン・岡崎も巧くベースを隠していました。そのウラ、鳥谷がレフトフェンス直撃の先制のタイムリー2塁打。3回、金本のタイムリー2塁打、メンチにもシーズン初ヒットとなるタイムリーで3点先行。

2回以降は立ち直った久保ですが、4回、リズムを崩し・・・2死1,3塁から石井にタイムリー。5回には2死から栗原に同点2ラン。もったいなかった。次第にボールが高くなっていった印象ですが、5回のチャンスでも打席に立たせて6回も続投。三者連続三振で応え、真弓監督は続投を決断。これが乱打戦の始まりでした。

1点リードの7回、1死1,2塁となり、イニング途中でウィリアムスにスイッチ。満塁から栗原に2点タイムリーを許し、逆転されると・・・ここから乱れ打ち。シーボルには2点3塁打(メンチ後逸)、石井にもタイムリー内野安打を許し、4失点炎上。たまらず太陽を送りますが、止めれず・・・この回だけで7失点。4-10と一方的な展開に。

岡崎がお見合いを誘うタイムリーで1点を返し、迎えた8回でした。2死後、阿部が栗原へ危険球退場。これには真弓監督もすかさず平謝り。報復が逆に怖い。そのウラ、1死2,3塁から金本が2点タイムリーを放ち、これで3点差。分からなくなってきましたが、続く新井が凡フライ。

9回、抑えの永川をも攻略。先頭・メンチ(猛打賞!)、代打・葛城が連打。1死後、赤星のタイムリー内野安打で2点差!2死から、鳥谷もタイムリーで続き、これで1点差。1,2塁でフルカウントから金本の当たりはライト線へ。1塁・鳥谷がロングランで間一髪ホーム生還で、逆転サヨナラ!!走塁でアニキに認めてもらえました。信じられない奇跡の6点差逆転勝利、真弓監督まで飛び出してきました。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
鳥谷 金本 赤星
メンチ 岡崎 平野 江草
 
葛城
桧山 狩野 関本 久保
 新井 ウィリアムス 太陽 阿部
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月 6日 (月)

プロ野球スピリッツ5査定(ジェイミー・デントナ)

ジェイミー・デントナ 背番号:4 背名前:D’ANTONA
所属:東京ヤクルトスワローズ 一塁手 右投げ 右打ち
ミート右:D(13) ミート左:E(12) 弾道:6
パワー:B(141) 走力:F(9) スローイング:E(12) 捕球:F(10)
肩力:D(13) 疲労回復力:C(15)
【守備レベル】一F(10) 三F(9)
【起用法】スタメン 4番 ファースト
【プロスピ顔コード】M92 FGZ FNM ZJA IS7 QG7 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 5日 (日)

生観戦。福原、続投が裏目に。反撃及ばず連敗。

20090405 阪神●6-7○ヤクルト(京セラドーム大阪
勝利打点:川島慶

ABC→サンのリレー中継。今日の先発は福原、ヤクルト・川島亮。今シーズン初の生観戦でしたが・・・初回、先頭打者への死球から崩れた福原。青木、デントナのタイムリーで2点先行。続く2回も、2死ランナーなしから川島慶に2試合連発の2ラン。

タイガースも初回、2死3塁から金本タイムリーで反撃。さらに6番に入った関本がレフトポール際への2点タイムリー2塁打!ランナーの新井が金本を追い抜かさんとばかりに続けて生還!一時は逆転となり、さらに7番降格のメンチ。レフトポール際の大ファールも、結局三振。ある意味、打順入替えが活きました。2回は好走塁で出塁した狩野が3塁からスタート遅れたか、ホームで憤死。

3-4で迎えた4回、1死1塁の場面。3回以降、復調気配を見せた福原を打席に立たせますが、バント失敗。得点ならず、次の5回にはデントナに特大2ラン。ここは辛かった。そして7回、3番手・江草が登板。1死2塁から青木がピッチャーゴロ。川島慶が2塁から飛び出し、挟もうとした矢先に悪送球。鳥谷のグラブを弾き、レフト方向へ転々とする間に、1点献上。

4点ビハインドでも、ラッキー7。メンチ(6回の守備で平野と交錯)に代わり、前の守備から入った桜井が我慢の四球。1死1,2塁から、鳥谷が左中間フェンス直撃の2点2塁打!ミスを帳消しする活躍で、ようやく鳥谷にも初ヒットで開幕できました。

5-7の8回、スワローズ・押本を攻めて、無死満塁の大チャンス。ここで桜井が凡退(2安打の狩野に代打・桧山を1つ先に送りこんだ分、仕方なし)。それでも続く赤星が前進守備をもう少しで越えそうな左中間への犠牲フライ!1点差に迫り、なお2死1,3塁で今日ノーヒットの平野に代えて、代打・今岡を投入しますが・・・無念。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
関本 赤星
狩野 渡辺 アッチソン
金本 鳥谷 葛城 ウィリアムス
桧山 桜井
新井  平野 岡崎
今岡 メンチ 福原 江草
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
P1000368 P1000372 P1000376 P1000381 P1000388 P1000394 P1000404 P1000408



もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年4月 4日 (土)

メンチ、チャンスで2三振。ブレーキで早くも窮地に。

20090404 阪神●1-5○ヤクルト(京セラドーム大阪
勝利打点:川島慶

サンテレビで完全中継。毎日放送でも7回表まで中継。今日の先発は能見、ヤクルト・由規。初回、川島慶にカウントを悪くしてから、レフトスタンドへ先制ソロ。2回以降はセットポジションに切り替えたものの、ボール先行。毎回失点で3回までで3失点。

反撃は3回。能見がバットを折りながらチーム初ヒットで出塁するも、赤星の打球にガイエルがトリックプレー。ライトゴロでランナーが入れ替わると、赤星が球団新の351盗塁を成功。2死1,2塁から、金本が際どいハーフスイングをこらえ、センター前タイムリーで1点。さらに満塁でワッショイコールとなるも、メンチが全球スライダーで空振り三振。

5回、先頭打者に四球を許すと、青木がファーストゴロ。2塁送球を受けた鳥谷が落球してしまい、ピンチが広がると・・・2死2,3塁から宮本が右中間真っ二つ。前進守備だったこともあり、足がもつれながらの2点3塁打で、今日の能見は5回5失点。

8回、スワローズ3番手・松岡を攻め、金本新井(初めて右に飛ばしました)の連打で1死1,2塁。ここでもメンチが低めの変化球に引っかかり、空振り三振で場内から罵声も。直後、代打・桧山登場で大歓声に切り替わると、センター前ヒットで満塁。ネクストサークルに今岡が控える中、平野が良い当たりのセンターライナーで万事休す。

タイガースは6回以降、リリーフ陣が各1イニング。開幕2試合でアッチソン以外のピッチャーが登板でき、キャッチャーでは岡崎清水も登場。ある意味収穫ですね。太陽も1死満塁の大ピンチを切り抜けて、生き残った形に。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
 
金本 阿部
狩野 関本 渡辺 江草
新井 桧山 太陽
鳥谷 岡崎 清水 葛城  藤本
赤星 平野 メンチ 能見
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
巨人×広島戦をTVで見ましたが、石井琢朗のヒッティングマーチが横浜時代のものをそのまま使っていて、スクワット応援が加味されてました。もちろん栗原のマイケル撃ち、マエケンの好投はお見事。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年4月 3日 (金)

金本、開幕戦バースデー弾!真弓阪神、白星発進!

20090403 阪神○5-2●ヤクルト(京セラドーム大阪
勝利打点:金本①

よみうりTV、BS1で完全中継。開幕戦の先発は安藤、ヤクルト・石川。初回、連続四球からバースデーの金本がライト線へ球足の早いタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに2回、2死1,3塁から関本がストレートを叩き、左中間スタンドへ3ラン!カット系の球がコーナーに決まっていましたが、甘い真っ直ぐをとらえました。

差が出たのは先発ピッチャーのバント。安藤もよく失敗こそするのですが・・・今日はキッチリ成功。逆に石川が失敗し、チャンスを潰すケースも見られました。

そして3回、金本が高く入ったボールを見逃さず、ライトスタンドへの一発!見事なバースデーアーチで5-0と大量リード。スイスイと投げていた安藤ですが、5回は復活のガイエルが一発。開幕マスクの狩野が、苦手とされる高め真っ直ぐを2球(2打席連続ですが)続けて振り切られる所を見ると、大当たりの予感も。

7回、1死2塁から相川にタイムリーを許し、リードは3点に。なお1,2塁でトップに戻りましたが、ベンチは続投。5回降板だった去年の開幕投手も、中盤以降捕まりかけましたが、堂々と7回2失点。8回はウィリアムス(帽子に「30」の文字が・・・)が3人で抑えて、最終回は球児。151キロとスピードは出ていながら、タイミング良く打たれ、2死2,3塁まで行きましたが、なんとか逃げ切り。

ストッキングを上げてオールドスタイルで挑んだ鳥谷ですが、足技は不発。メンチも“守備は”OK。不安視された真弓新監督ですが、白星スタート!「みんな一緒に優勝しましょう!」 by 金本。
今日の採点表 出場の持ち点:50点。
金本 関本
安藤 ウィリアムス
 
鳥谷 平野 狩野 藤川
赤星 葛城
新井 メンチ
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2009年4月 2日 (木)

戦力分析【巨人編・09開幕】

Image09g 12球団戦力分析。今回はセリーグ1位の読売ジャイアンツ。2008年末のジャイアンツの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。シーズン後半の圧倒的な強さで逆転、リーグ2連覇を達成した原監督。WBC世界一の実績で監督としても新境地に。現状にとどまることなく、M・中村(日本ハム)の補強もかなりの脅威。下馬評では圧倒的優位か。

【野手編】
Image09gorder 高橋由が故障で開幕に間に合わないが、迫力十分の打線が完成。ラミレスも日本人扱いとなり、去年出遅れた李がオープン戦大当たりで手が付けられない。テスト入団のアルフォンゾも守備に難があるが、アベレージを残してくる。開幕は亀井、鈴木の1,2番で、スイッチの鈴木による機動力を活かした攻撃が今年もできるかがカギ。足だけでは工藤(日本ハム)、松本も引けをとらず、チャンスをもらえそう。実質2年目の坂本が飛躍できるかどうかにも注目したい。

【投手編】
上原(オリオールズ)が抜け、先発陣のコマ不足が気になるところ。3番手以降の入替えは頻繁に行われそうだが、外国人投手2人も2軍で控えており、多少打たれても・・・打力でカバーか。首脳陣は5年目・東野を先発ローテに抜擢する見込み。リリーフ陣では去年ブレイクした越智、山口には勤続疲労もあり、多くは望めない所。離脱するようなことがあれば、一転して厳しい戦いになる。やや安定感に欠けるM中村-クルーンのリレーで接戦をモノにしたい。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 グライシンガー 内 海 高橋尚 東 野 福 田
中継 M・中村 山 口 豊 田 越 智 藤 田 栂 野
抑え クルーン
次点 ゴンザレス バーンサイド 木佐貫 西村健 野間口 上 野 久 保
故障 辻 内
野手
捕手 阿 部 鶴 岡
内野 李承燁 アルフォンゾ 小笠原 坂 本 脇 谷 寺 内 円 谷
木村拓
外野 ラミレス 鈴木尚 亀 井 松 本 加治前
次点 小田嶋 古 城 大 道 中 井 隠 善 工 藤
故障 高橋由 矢 野
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »