« 新井、「背暗向明」で自主トレを再開! | トップページ | 虎と高校野球の歩み、甲子園歴史館を設立 »

2009年1月20日 (火)

蕭一傑が初ブルペン「力まず投げられた」

20090120 阪神のドラフト1位の新人、蕭一傑(奈良産大)が20日、鳴尾浜球場で初めてブルペンに入った。

本人が「4、5、6(割)ぐらい」という力の立ち投げで、38球を投げ込み「久々のブルペンなんで、力まずに投げられてよかった」。

球を受けた捕手の小宮山は「フォームもいいし、コントロールもいい。軽く投げただけですけどね」。
山口投手コーチは「全力で投げたときに評価してやりたい」と話した。(サンスポ) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 新井、「背暗向明」で自主トレを再開! | トップページ | 虎と高校野球の歩み、甲子園歴史館を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/43802352

この記事へのトラックバック一覧です: 蕭一傑が初ブルペン「力まず投げられた」:

« 新井、「背暗向明」で自主トレを再開! | トップページ | 虎と高校野球の歩み、甲子園歴史館を設立 »