« 金本&新井が元日始動で汗を流す | トップページ | ロッテ、井口と交渉=将来の指導者含みも »

2009年1月 1日 (木)

プロ野球スピリッツ5 スターダム編

1人のプロ野球選手になりきって、プレーするというのがこのプロスピ5完全版のスターダム編。収録されている実在選手だけでなく、顔やバット・グローブなどの装備品を選んで作る架空選手でもプレー可能のようですが・・・

最初ということで、タイガースの坂克彦選手を選んでみました。ファームから上がっていった方が面白そうですしね。08年度は17試合の出場、1軍ヒットなしにこそ終わりましたが、俊足巧打の将来性ある23歳。

ファーム開幕戦は1番ショートで先発出場(2番は秀太でした)。桜井に先を越されましたが、打率4割、5HRと打ちまくって4月下旬には早くも1軍昇格。岡田監督も何を思ったのか、鳥谷を差し置いてショートのレギュラーに抜擢。10試合くらいやってみて、チームは下降線。このままではまずいか。。

コンバートの相談を持ちかけ、すんなりとサードにコンバート成功。関本&今岡がベンチに下がり、藤本&バルちゃんがファーム降格した様子。チームも上昇していき、7番だった打順も、終盤戦では2番に定着。赤星が体調不良でスタメンを外れたときには1番での出場も。

活躍するごとにコンピュータの強さが変動していくのも特徴。

チームは2位に7ゲーム差つけての1位通過。なんとカープも3位でしたが、2位ジャイアンツとのクライマックス第2ステージでまさかの4連敗。ピッチャーや他のバッターが操作できないのが裏目に出ました。

1年目の成績は・・・打率.317(リーグ5位) 5HR 51打点 16盗塁
契約更改の場で、1000万円→3100万にアップ。今度はピッチャーでやってみます。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 金本&新井が元日始動で汗を流す | トップページ | ロッテ、井口と交渉=将来の指導者含みも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/43606030

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球スピリッツ5 スターダム編:

« 金本&新井が元日始動で汗を流す | トップページ | ロッテ、井口と交渉=将来の指導者含みも »