« おかわり弾が炸裂!2年目・岸、10K完封でタイに。 | トップページ | 岸、中2日の強行登板もG打線を手玉。レオ逆王手。 »

2008年11月 6日 (木)

ラッキー7の集中打で涌井KO。逆転で巨人王手。

20081106 日本シリーズ第5戦
西武(2勝)●3-7○巨人(3勝)(西武ドーム
勝利打点:脇谷

朝日放送で完全中継。今日の先発は西武・涌井、巨人・上原(共に中4日)。不振の李がついにベンチスタート。 初回、ライオンズが3連打で無死満塁とし、1死後、石井義のゲッツー崩れの間に1点を挙げ、ライオンズ先制。直後の2回、5番昇格の阿部の一発で同点に。

3回、坂本の悪送球もあり、2死2塁から石井義のタイムリーで勝ち越し。さらに連打が続いて2死満塁まで行きますが、途中出場の銀仁朗が三振に倒れ、アップアップの上原をKOできず。それでも原監督が先に動き、4回から早くも山口を投入。中島が空振りをした際、左わき腹を痛めてしまい途中交代。細川も2回で退いてしまい、ライオンズにアクシデント。

ここまで2安打に抑えていた涌井ですが、7回に炎上。1死後、ラミレスのセンター返しが2塁ベースに当たり、大きく跳ねる間に一気に2塁を陥れると・・・タイミングの合っている阿部にライト前タイムリーを許し、同点。さらに亀井がセンターオーバーの2塁打で続くと、今日スタメンの脇谷が左中間オーバーの2点3塁打で勝ち越し。続く坂本までタイムリーが飛び出し、5連打で4得点。エースだけに交代機が難しかった。

9回、1死1,3塁から代打・がしぶとくライト前タイムリーで追加点を挙げると、続く鈴木尚がジャンピングスクイズを決め、とどめの1点。そのウラ、クルーン相手に平尾が一発を放ちますが、反撃もここまで。上原をスパッと諦めた原監督が王手をかけました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« おかわり弾が炸裂!2年目・岸、10K完封でタイに。 | トップページ | 岸、中2日の強行登板もG打線を手玉。レオ逆王手。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/43032420

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキー7の集中打で涌井KO。逆転で巨人王手。:

« おかわり弾が炸裂!2年目・岸、10K完封でタイに。 | トップページ | 岸、中2日の強行登板もG打線を手玉。レオ逆王手。 »