« 涌井、エースの貫禄。投手戦を制し、シリーズ先手。 | トップページ | 戦力分析【横浜編・08終了】 »

2008年11月 2日 (日)

リリーフ勝負で巨人が競り勝ち。サヨナラでタイに。

20081102 日本シリーズ第2戦
巨人(1勝)○3x-2●西武(1勝)(東京ドーム
勝利打点:ラミレス

朝日放送で完全中継。今日の先発は巨人・高橋尚、西武・帆足。我らがアニキ、金本選手がゲスト解説で出演。2回、ジャイアンツが連続四球から1死2,3塁とし、鶴岡が低めの難しい変化球を右中間へ運んでの犠牲フライ。今日もジャイアンツが先制!3回、ノーアウトで出塁した俊足・鈴木尚のスチールを細川が刺し、勝負はこれから。

4回、先頭・片岡の2塁打から1死3塁とすると・・・中島が甘く入ったスクリューを豪快にレフトスタンドへ。デーブ大久保コーチも大喜びの逆転2ラン!帆足の正念場は5回、1死2,3塁の大ピンチでラミレスをボテボテのファーストゴロに抑えて2死。が四球を選び、満塁でがサードゴロに倒れ、同点ならず。

1点リードの6回、無死1塁から片岡がキッチリとバント。栗山がファールで粘りながら四球を選んだ所で、ジャイアンツが西村にスイッチ。アニキの解説どおりシュート攻めで、中島中村と抑えられてしまい、原采配が成功。接戦に弱い2番手・大沼が1死2塁から、途中出場の亀井にライト線への同点タイムリー。

7回、ライオンズは左の星野が登板。小笠原に左手首へ死球を与えてしまい、結局ガッツも途中交代。「あれは関節がずれた感覚になる」「それでも試合に出させてもらった」by金本。2死を取った所で、小野寺にスイッチしますが代打・大道にも死球で、今日はチームで4死球・・・と今後のゲームが不安。

ジャイアンツは昨日に続き、西村越智の若手リリーフ陣が無失点で抑えこみ、ゲームは同点のまま9回ウラへ。ライオンズは岡本真が登板。1死後、ここまで当たりのなかったラミレスが打った瞬間、とわかるバックスクリーン左へのサヨナラアーチ!早くおかわり君に当たりが戻ってこないと。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 涌井、エースの貫禄。投手戦を制し、シリーズ先手。 | トップページ | 戦力分析【横浜編・08終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/42987980

この記事へのトラックバック一覧です: リリーフ勝負で巨人が競り勝ち。サヨナラでタイに。:

» 巨人が勝つのは予想外!! [JUMPページ]
小笠原のケガの状況が、このシリーズの鍵になりそうですね。がんばれ!!西武ライオンズ!![読売巨人軍]勝った!!!勝った!!!勝った!!!でも・・・(#゜Д゜ ... 順位 第3戦、グライシンガーと石井一久かな? 重要な試合になるのは間違い無いところ・・・. 石井も変なところで燃える男だけに怖いところ・・・. 巨人・小笠原、死球で途中交代 骨に異常なし - 野球 - SANSPO.COM. しかし1試合4死球って酷すぎやしないかい? ... 人気ブログランキングへ 楽天へシンジ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 00:41

« 涌井、エースの貫禄。投手戦を制し、シリーズ先手。 | トップページ | 戦力分析【横浜編・08終了】 »