« 戦力分析【阪神編・08終了】 | トップページ | 三浦、阪神か横浜か?FA交渉、11月中に結論。 »

2008年11月19日 (水)

戦力分析【巨人編・08終了】

Image0810g セリーグ戦力分析。リーグ優勝の読売ジャイアンツ。2007年末のジャイアンツの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。原監督に抜擢された若手も起用に応えだし、実績あるベテランとも噛み合い。また故障明けの選手も揃いだし、8月下旬以降、23勝7敗という驚異の勝率で最大13ゲーム差をひっくり返し、メークレジェンドを完成。しかし日本一だけ獲り残した。

【野手編】
Image0810gorder ラミレス(ヤクルト)が45発。6年連続100打点でムードメーカーに。前を打つ小笠原も足をひきずりながらのシーズンも、夏場以降は4割近い打率で手が付けれない内容。課題のセンター守備は鈴木尚が台頭。3割30盗塁でリードオフマンの役割を果たし、谷を代打に追いやると、4年目・亀井も故障がちの高橋由に代わり、レギュラーに定着。19歳・坂本もショートで全試合出場を果たすなど、若手の活躍も目立った。2軍降格の李が五輪後、打ちまくりリーグ優勝の原動力に。

【投手編】
右の越智(69試合)、左の山口(11勝)の若手リリーフ陣の活躍で、終盤のもろさが減ったのが本当に大きい。西村健も夏場に肩の疲労で離脱したが、CSで復活し厚みを増した。先発陣ではグライシンガー(ヤクルト)が17勝、内海が12勝。先発復帰した上原がシュート修得から調子を崩し、2軍降格&中継ぎ転向もあったが、9月は先発に戻り、安定した内容でエースの役割を果たした。162km/hのクルーン(横浜)も足で揺さぶられ、制球を大きく乱したが、41セーブで初タイトル。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 グライシンガー 内 海 高橋尚 上 原 バーンサイド
中継 山 口 豊 田 越 智 西村健 藤 田 東 野
抑え クルーン
次点 久 保 木佐貫 野間口 栂 野 金 刃 門 倉 会 田
故障 福 田 辻 内 野 口
野手
捕手 阿 部 鶴 岡 加 藤
内野 李承燁 木村拓 小笠原 坂 本 古 城 脇 谷 寺 内
大 道
外野 ラミレス 鈴木尚 亀 井 高橋由
次点 実 松 小田嶋 岩 舘 円 谷 加治前 隠 善 清 水
故障 二 岡 矢 野 解雇 ゴンザレス
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【阪神編・08終了】 | トップページ | 三浦、阪神か横浜か?FA交渉、11月中に結論。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【巨人編・08終了】:

« 戦力分析【阪神編・08終了】 | トップページ | 三浦、阪神か横浜か?FA交渉、11月中に結論。 »