« ラッキー7の集中打で涌井KO。逆転で巨人王手。 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・08終了】 »

2008年11月 8日 (土)

岸、中2日の強行登板もG打線を手玉。レオ逆王手。

20081108 日本シリーズ第6戦
巨人●1-4○西武(東京ドーム) 勝利打点:平尾

BS-hi、よみうりTVで完全中継。今日の先発は巨人・高橋尚、西武・帆足(共に中5日)。前の試合で肩を痛めた細川はベンチ入りせず。初回、強行出場の中島が四球を選ぶと、その後、2死満塁から平尾がレフトオーバーの3点タイムリー2塁打を放ち、ライオンズが先制!そのウラ、鈴木尚の盗塁をスタメンマスクの銀仁朗が阻止。

2回、無死1,3塁から亀井が1塁線を破るタイムリーで1点を返し、なお無死2,3塁と同点のピンチ。2死を取った所で、不調の高橋尚に早くも代打の切り札・大道を投入しますが、得点ならず。3回、4回とライオンズがチャンスを潰し、リードを広げられず。

そのウラ、帆足の制球が乱れ出し、無死1,2塁から亀井のセカンドゴロ。ゲッツーコースながら、片岡がファンブルし、アウトは1つ。ここで完封勝利から中2日でが登場。外野フライの中継プレイの間にタッチアップとなりますが、2死2,3塁で鶴岡を三振で片付け、ここもピンチ脱出!

すると直後の5回、ジャイアンツ・西村健から平尾がレフトスタンドへ一発を放ち、貴重な追加点。さらに1死1,3塁のチャンスでしたが、併殺で追加点ならず。ここからはとジャイアンツ打線の戦いに。スローカーブにタイミングが合わず、ストライク先行。左バッターにはチェンジアップも有効で、7回までほぼ完璧。

8回、先頭・鈴木尚を抑えて気を緩めたのか、ここから1死1,3塁の大ピンチ。一発出れば同点、という場面に変わり、厳しい場面でしたが・・・ラミレスを完璧に抑え込み、ここも無失点。3点リードのまま、抑えのグラマンではなく、9回ウラのマウンドにもが上がり、代打・阿部にフェンス直撃の2塁打こそ許しますが、スローカーブで連続三振に抑えて、ライオンズが逃げ切り。

逆王手となり、4年ぶりのシリーズ第7戦。明日は総力戦での勝負に。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« ラッキー7の集中打で涌井KO。逆転で巨人王手。 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・08終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/43053345

この記事へのトラックバック一覧です: 岸、中2日の強行登板もG打線を手玉。レオ逆王手。:

« ラッキー7の集中打で涌井KO。逆転で巨人王手。 | トップページ | 戦力分析【ヤクルト編・08終了】 »