« 戦力分析【広島編・08終了】 | トップページ | 戦力分析【中日編・08終了】 »

2008年11月 9日 (日)

総力戦。必死の継投、逆転で西武が日本一!

20081109 日本シリーズ第7戦
巨人●2-3○西武(東京ドーム) 勝利打点:平尾

BS-hi、よみうりTVで完全中継。今日の先発は巨人・内海(中4日)、西武・西口(初登板)。初回、片岡がヒット&盗塁成功。1死3塁で中島のショートゴロでホーム突入もタッチアウト。そのウラ、飛ばしまくる西口ですが、ボールが少しずつ外れていくと、1死満塁から自慢のスライダーが暴投となり、ジャイアンツ先制。さらにビッグイニングのニオイもしましたが、後続を打ち取って1点どまり。

2回、坂本の一発で点差を2点に広げると、渡辺監督が3回から早くも石井一(中4日)にスイッチ。第3戦の時とは違い、今日はキレの良いストレートで2回をパーフェクト。それでも5回に回ってきた打席で、代打・ボカチカを送ると、豪快な一発で反撃。

5回ウラからは涌井(中2日)が登板。疲労もありながら、短いイニングということで球速も先発の時よりも早かったです。マスクがこの回から野田になったことで、逆にジャイアンツ打線も迷ったか。こちらも2回パーフェクト。1点差の7回、ジャイアンツは越智にスイッチ。1死1,2塁で涌井に代打・石井義を送りますが、得点ならず。

8回、先頭・片岡が死球を選び小さくガッツポーズ。超警戒の中、シリーズ5コめの盗塁を決めると、栗山がバント成功。1死3塁で中島のサードゴロ。前進守備の小笠原でもバックホームが間に合わず、ついにライオンズが同点。これで気落ちしたか、越智が乱調。2死から連続四球で、シリーズ男の平尾がセンター前タイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功!

9回、途中出場の赤田がフェンス直撃の3塁打。無死3塁からジャイアンツ・豊田が粘りの投球で得点を許さず。ライオンズも8回から抑えのグラマンがマウンドへ上がり、力強い投球でジャイアンツ打線を圧倒。気がつけば、2回以降、24人連続アウトと封じ込め、ライオンズが逆転で日本一に!

MVPはシリーズ2勝の岸。優秀選手は平尾、中島、鈴木尚。敢闘賞はラミレス。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【広島編・08終了】 | トップページ | 戦力分析【中日編・08終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/43064524

この記事へのトラックバック一覧です: 総力戦。必死の継投、逆転で西武が日本一!:

« 戦力分析【広島編・08終了】 | トップページ | 戦力分析【中日編・08終了】 »