« 戦力分析【巨人編・08終了】 | トップページ | 揺れるハマの番長、ボギーに残留の可能性も。 »

2008年11月24日 (月)

三浦、阪神か横浜か?FA交渉、11月中に結論。

20081124 FA宣言している横浜・三浦大輔投手(34)の獲得を目指すタイガースですが、既に20日、22日と2回の交渉を終えており、3年契約でベイスターズの提示を上回る総額12億円とも言われる大型契約を提示。さらに背番号18まで提供する準備も。

しかしながら23日のファン感謝デーでは、残留を願うファンからの三浦コールも起こったとか。本人のアメーバブログ「ハマの番長」にも、沢山のコメントが寄せられており、移籍か?残留か?で悩んでいることでしょう。

タイガースにとっては完投能力のあるピッチャーはここ数年の補強ポイント。ただし移籍1年目の金村暁(32)(日本ハム)が足の故障で出遅れ、球威不足から今シーズン未勝利。三浦も被本塁打が多いだけに、広い甲子園球場が合えば良いのですが・・・。

「虎キラー」として、今季7勝のうち4勝を対阪神戦で挙げているのも、良い意味でも悪い意味でも、またポイントになるでしょうね。

もし三浦が阪神入りとなれば、ベイスターズが「人的補償+金銭」を選んだ場合、タイガースが作成したプロテクト枠28人からこぼれた選手を放出。去年、新井の補償として赤松がカープに移籍したような形が再び起こります。今回に関しては正直、そこまでして獲る必要があるのか?考えさせられてしまいます。

25日にベイスターズと最終交渉を行った末で、三浦本人が今月中にも最終判断を下します。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【巨人編・08終了】 | トップページ | 揺れるハマの番長、ボギーに残留の可能性も。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/43215398

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦、阪神か横浜か?FA交渉、11月中に結論。:

« 戦力分析【巨人編・08終了】 | トップページ | 揺れるハマの番長、ボギーに残留の可能性も。 »