« 球児、ウッズに完敗。岡田監督ラストゲームに。 | トップページ | クライマックス・セ 巨人が2年越し日本シリーズへ。 »

2008年10月22日 (水)

クライマックス・パ 西武が日本シリーズへ!

20081022 西武が4年ぶりの日本シリーズへ。プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は22日、西武ドームでパ・リーグ第2ステージ(6試合制)第5戦が行われ、西武がアドバンテージの1勝を含めて4勝目(2敗)を挙げ、日本シリーズ出場権を獲得した。パは3年連続でリーグ覇者が日本シリーズに出場する。 今年新設されたCS最優秀選手(MVP)には涌井が選ばれた。


第1戦 西武○10-3●日本ハム(大宮) 勝利打点:中島
西武は初回、中島のソロで先制すると、3回には中島の2打席連続となる2ランや石井義、細川のタイムリーなどで5点を追加。さらに4回には4番・後藤がバックスクリーンへ3ランを放つなど、序盤で大量10点を奪った。投げては先発の涌井が6回1失点に抑えた。日本ハムは先発のグリンが大誤算。3回途中10失点KOと、首脳陣の期待を裏切る結果となった。打線は3番・田中が3安打、4番・スレッジがソロを含む2安打3打点と主軸に当たりは見られたが、1番・糸井、2番・森本が無安打で、つながりを欠いた。

第2戦 西武●0-5○日本ハム(西武ドーム) 勝利打点:森本
日本ハムはエース・ダルビッシュが好投。序盤に走者を出しながらも要所を締めてリズムに乗ると、リードをもらった中盤以降は危なげないピッチングで強打の西武打線を3安打完封した。打線は3回に森本のタイムリーで先制。4回には金子誠の2ランなどで4点を奪って試合の主導権を握った。西武はチーム最多勝(12勝)の岸が4回5失点KOと誤算だった。打線は中島、後藤、中村のクリーンアップが無安打に抑えられるなど、ダルビッシュを打ち崩すことができなかった。

第3戦 西武●4-7○日本ハム(西武ドーム) 勝利打点:なし
日本ハムは2回、中村の悪送球の間に1点を先制すると、3回にはスレッジの3ランなどでリードを5点に広げた。3度決めた送りバントがすべて得点につながるなど、効率のいい攻撃が光った。先発の武田勝は5回2失点で先発としての役割を果たし、その後は小刻みな継投でリードを守った。西武は4回まで無安打に抑えられ、試合の流れをつかむことができなかった。先発の帆足は苦手とする日本ハムを抑えることができず、打線が反撃を開始し、2点差まで詰め寄るも、後半にはリリーフ陣が失点を重ねた。

第4戦 西武○9-4●日本ハム(西武ドーム) 勝利打点:中島
西武は初回に中島のタイムリーなどで4点を先制すると、3回には細川の2ランで7点目を奪った。先発全員安打を記録。先発の石井一はキレのいいストレートとスライダーを軸に、7回13奪三振と力投を見せた。日本ハムは初回に2四球でチャンスをつくるも、高橋、スレッジが連続三振に倒れて、石井一をリズムに乗せてしまったことが悔やまれる。森本のタイムリーなどで終盤に反撃したが、序盤の失点が大きすぎた。スウィーニーは3回までに7点を失って、先発の役割を果たすことができず。

第5戦 西武○9-0●日本ハム(西武ドーム) 勝利打点:後藤
西武は2回に後藤のソロ本塁打で先制すると、3回に4点を奪って試合の主導権を握った。後藤は4打点の活躍で、チームとしても12安打を放った。圧巻だったのが先発・涌井のピッチング。日本ハム打線を7回途中まで無安打に抑え込み、無四球完封勝利。日本ハムは先発のグリンが第1戦に続いてKOされたのが痛かった。3回までに5点のリードを奪われると、打線が沈黙。左ふくらはぎ肉離れの稲葉が強行出場し、1安打を放って勝利への執念を見せたが、3年連続の日本シリーズ進出はならなかった。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 球児、ウッズに完敗。岡田監督ラストゲームに。 | トップページ | クライマックス・セ 巨人が2年越し日本シリーズへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライマックス・パ 西武が日本シリーズへ!:

« 球児、ウッズに完敗。岡田監督ラストゲームに。 | トップページ | クライマックス・セ 巨人が2年越し日本シリーズへ。 »