« 今季初の消化試合も、ベイに連続の逆転負け。 | トップページ | クライマックス・パ第1ステージは日本ハム! »

2008年10月12日 (日)

生観戦は最終戦。岩田、自らの逆転劇で初の2ケタ!

20081012 阪神○4-1●中日(スカイマーク) 勝利打点:鳥谷⑪

サンテレビで完全中継。今季8試合めの生観戦、先発は岩田(中4日)、中日・チェン。昨日、岡田監督がV逸の引責辞任を表明し、異様なシーズン最終戦。個人的にも初めてのスカイマークでしたが、かなり寒かったです。近くにネオ・ゴメス河田さん(#53)がいらっしゃいました。ファンと写真撮影とかしちゃったりしてましたよ。

ドラゴンズはチェンが2イニングをパーフェクトに抑えると、3回からはエース・川上が登板。逆に毎回ランナーを出しながらの岩田。4回、先頭打者を四球で出すと、1死2塁からウッズにライト線へタイムリーを許し、ドラゴンズ先制。さらに2死満塁まで行きますが、川上を三振に抑えて追加点は許さず。

5回から先発要員の山本昌が登場。1点を追う6回、1死から10勝を目指す岩田に代打を送らず打席に立たせると、チーム初ヒットで出塁!さらに赤星がヒットで続き、関本はあわやセンターゴロかというハーフバウンドの打球がヒットとなり、1死満塁。新井は三球三振に倒れますが・・・金本鳥谷(80打点め)の連続押し出しで逆転!さらに代打・高橋光をコールすると、ドラゴンズも右の斉藤をマウンドへ。すると代打の代打・桧山も押し出しで3点め。

7回、2死から赤星が内野安打で出塁し、200%盗塁の場面。ここでやりきった赤星も見事で、今日2コめの盗塁で350盗塁に到達。すると2塁ベース上で何やら荒木と小話。スワローズ・福地が今日盗塁を1個決めており、盗塁王にはあと1コ盗塁が必要。と思ってたら、三盗へスタート・・・も、打率3割まであと1本の関本が打ってしまいファール。四球で1,2塁となり、新井の2球めに三盗を試みますが、失敗。それでも次の守備に向かう時には赤星コールで出迎えました。

8回、2死1,3塁となった所で、意外と今日初のワッショイコール。乱発するよりも効果があり、ドラゴンズ・高橋聡が矢野に四球を許し満塁とすると、続く平野がライト前タイムリーを放ち、貴重な4点め!最終回は球児が3人で締めて、レギュラーシーズン最終戦を白星で飾りました。

ゲーム終了後、監督・コーチ・選手が整列し、一礼。去年に引き続きスピーチは無かったですが、場内の大岡田コールは届いたでしょうか。
今日の試合の採点表(75点が基準)
赤星 岩田 藤川
関本 アッチソン ウィリアムス
鳥谷 平野 桧山
金本 矢野 今岡 林威助 バルディリス 藤本
新井 葛城 高橋光
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
P1000304 P1000318 P1000329 P1000346 P1000349 P1000351 P1000354 P1000360



もしよければ1クリックお願いします。

|

« 今季初の消化試合も、ベイに連続の逆転負け。 | トップページ | クライマックス・パ第1ステージは日本ハム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/42768965

この記事へのトラックバック一覧です: 生観戦は最終戦。岩田、自らの逆転劇で初の2ケタ!:

» 歴史的V逸で辞任 さて次は誰が [北海道から阪神タイガースを斬る!!]
■たしかに歴史的V逸ですね 今年のペナントは ■オリンピックで3人持って行かれ  ■挙げ句の果てには、新井の骨折と言うシンジラレナ... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 08:06

» 2008レギュラーシーズン終了 [パイプの部屋]
今シーズンの最終試合は中日戦。消化試合という事もあり、選手たちの記録のための試合であり、CSのための調整でもある試合。同時にCSの前哨戦でもありました。結果は4−1で勝利。岡田監督最後のレギュラーシーズン勝利となりました。と言いたいところですが、4得点...... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 08:56

» 2008レギュラーシーズン終了 [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
今シーズンの最終試合は中日戦。 消化試合という事もあり、選手たちの記録のための試合であり、CSのための調整でもある試合。 同時にCSの前哨戦でもありました。 [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 08:57

» さぁ、PSGに向かおう! [虎のおしゃべり堂]
 実は、岡田監督の辞任報道以来、ちょっと虚脱状態のようになっていた。 現時点で五年間指揮を執って、Aクラス四回、内一回はリーグ優勝を成し 遂げた。今季はジャイアンツに大逆転優勝を許してしまい、悔しい思いを したが、すでに二位通過でCS進出が決定しており、日本一の可能性をも 残している。これだけの戦績を残した監督が何人おったかな、と思う。  この五年間の岡田監督の勇姿の中で、僕が一番印象に残っているのは 交流戦で楽天にボコられた久保田の次の登板時に、マウンドの後ろで仁王 立ち、...... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 16:28

« 今季初の消化試合も、ベイに連続の逆転負け。 | トップページ | クライマックス・パ第1ステージは日本ハム! »