« 鳥谷、初の満塁弾!乱打戦を金本が制し天王山へ。 | トップページ | 下柳、大炎上。紙一重で2度の満塁機を生かせず。 »

2008年9月19日 (金)

ジェフ、痛恨の被弾。反撃及ばず、G2差に接近。

20080918 巨人○6-4●阪神(東京ドーム) 勝利打点:坂本

BS-hiで完全中継。よみうりTVでも4回ウラから中継。3ゲーム差で迎えた首位攻防第1R。今日の先発は安藤(中6日)、巨人・グライシンガー。2回、2死1塁から坂本がレフトフェンス際への大飛球。タイムリー3塁打でジャイアンツ先制。4回、2死から安藤が連続四球を許すと、またも坂本に左中間オーバーの2点タイムリー2塁打で0-3。

5回、先頭・の2塁打&暴投から1死3塁とすると、早くも安藤の代打・葛城がレフトへ犠牲フライ。しかしそのウラ、代わった江草がいきなり鈴木尚に被弾。引き寄せた流れを逃がしたかに見えましたが、6回に反撃。先頭・今岡のフェンス直撃2塁打から、金本が進塁打。2死3塁から関本がセンター前タイムリー!さらに牽制で誘い出されるも2塁セーフ!ここでがセンター前タイムリーでつなぎ、1点差!

先発要員の福原もブルペンで投球練習に入ってましたが、点差が詰まり登板なし。1点ビハインドの7回、右の渡辺が登板。2死2塁となったところで、左のウィリアムスを投入。小笠原との勝負、カウント1-3から左中間スタンドへ豪快に放り込まれ、通算300号の2ラン。

8回、越智の初球を今岡がライトスタンドへ放り込む5号ソロで反撃。1軍復帰後、逆方向へ強い当たりが出ました。たまらず左の山口にスイッチされ、後続が凡退。2点差の9回、クルーンとの勝負。1死1塁から代打・桧山のあわやホームランか?!という当たりのセンターフライで去年9月の再現はならず。大事な初戦を落としました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
今岡 林威助
葛城
関本 平野
赤星 矢野 高橋光 桧山 江草
金本 鳥谷 安藤 渡辺 ウィリアムス
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジック14。2差に接近。
ドラゴンズ●、カープ○で、CS進出マジックは1つ減って。(対象はD)
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 鳥谷、初の満塁弾!乱打戦を金本が制し天王山へ。 | トップページ | 下柳、大炎上。紙一重で2度の満塁機を生かせず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフ、痛恨の被弾。反撃及ばず、G2差に接近。:

» 投打噛みあわず初戦を落とす [パイプの部屋]
チームの勢いの差でこてんぱんにやられるんじゃないかと不安がありましたが、終わって見れば負けたもののほぼ互角の戦いでした。少なくとも打線はリードを奪われても何とか取り返そうという姿勢を見せてくれました。中盤になってグライシンガーを捉えて追いすがる。最後も...... [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 11:07

» 投打噛みあわず初戦を落とす [自由気ままに虎など ~ガンバレ!阪神タイガース]
チームの勢いの差でこてんぱんにやられるんじゃないかと不安がありましたが、終わって見れば負けたもののほぼ互角の戦いでした。 少なくとも打線はリードを奪われても何とか取り返そうという姿勢を見せてくれました。... [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 11:07

« 鳥谷、初の満塁弾!乱打戦を金本が制し天王山へ。 | トップページ | 下柳、大炎上。紙一重で2度の満塁機を生かせず。 »