« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

金本&新井、コンビ復活!お立ち台に葛城乱入!

20080929 阪神○5-3●広島(甲子園) 勝利打点:金本⑪

BS1で完全中継。毎日放送でも8回ウラまで中継。今日の先発は石川(中6日)、広島・青木高。復帰2試合めの新井が3番でスタメン出場し、これでベストメンバー。白い息も出そうな冷たい雨が降りしきるゲームでした。初回、無死満塁の大ピンチで栗原を5-5-2(挟殺)のサードゴロ併殺!次の回も併殺を取りました。

2回、今岡がバックスクリーンへの7号ソロで先制すると、次は4回。連打で無死1,2塁としながら、今岡が1-5-3の併殺。2死2塁となりますが、鳥谷がセンター前タイムリー!関本も連打で続くと、矢野がきっちりライト前タイムリー!3-0とリードし、大事な5回の石川。代打・喜田が特大の当たりでしたが、平野がフェンス際でジャンピングキャッチ!この回を投げきりました。

6回はアッチソンが7試合連続リリーフ。急に強くなった雨の影響もあったのか、マウンドに土入れを要求。1死1塁から連続四球で満塁とされ、シーボルに高めに浮いた球をライトポール際まで飛ばされ2点タイムリー。あっという間に1点差になり、続く石原がスクイズ敢行も・・・ファール(当たらなければ、逆に暴投でした)。かろうじて後続を連続三振。7回のウィリアムスも、2死から四球のランナーを出すと、ここから連打。栗原のタイムリーで同点に。

残り9試合、まさにスクランブル。同点の8回から球児が登板。ヒット1本こそ許しますが、アウト3つを全て三振に抑えて味方の援護を待ちます。8回、カープは2イニングめの上野。先頭・新井が猛打賞となるライト前ヒットで出塁し、バッターは金本!風にも乗ってライトスタンド最前列へ放り込む25号2ランで勝ち越し!!9回も球児が3人で締めて、80勝めの勝利を呼び込みました!

さぁお立ち台には師弟コンビが久しぶりにそろい踏み。
新井「さすが僕のアニキです!」 金本「言葉がありません。
アニキのフリで出番なしの葛城がお立ち台に乱入し、「1,2,3,ウォー!!」。
今日の試合の採点表(75点が基準)
金本 新井 藤川
今岡 鳥谷 石川
矢野 平野 関本
赤星 林威助 バルディリス
アッチソン ウィリアムス
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツはゲームなし。優勝マジックは1つ減らし。1差に拡大。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2008年9月28日 (日)

上原、1球に泣く。虎に7度めのマジック8点灯!

20080928 中日○1-0●巨人(ナゴヤドーム) 勝利打点:荒木

タイガース、ジャイアンツ同率首位で迎え、虎はゲームなし。中日・チェン、巨人・上原の両先発でスタート。初回、小笠原が右手に死球を受け、病院に直行。小指の打撲のようです。無得点のまま両先発による投手を展開。5回、2死2塁から上原がレフト前ヒットを放ちますが、2塁・阿部がホームでタッチアウト。

0-0の7回、無死1塁で李がなんとバントを試みますが、小フライで失敗。原監督も相変わらず凄いことさせますね。8回も上原がマウンドに上がり、2死をとってから荒木がレフトスタンドへ一発を放ち、土壇場でドラゴンズが先制!マウンド上でしゃがみこみ、ベンチに戻る際にグラブを投げつけた上原。

最終回はドラゴンズ守護神・岩瀬がしっかり3人で抑えて、このまま逃げ切り。

ジャイアンツ●で、優勝マジックはが7度めの点灯。0.5差で単独首位に。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年9月27日 (土)

新井、電撃復帰のタイムリーも・・・再び同率首位に。

20080927 阪神●4-6○巨人(甲子園) 勝利打点:李

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は岩田(中5日)、巨人・内海。1差で迎えた首位決戦。昨日、腰の診察を終え、極秘練習を行った新井が緊急昇格!2回、1死2,3塁から阿部のバックネットへのフライに矢野がフェンスをよじ登ってアウトにする好プレイ!そのウラ、先頭・金本が18打席ぶりヒット。2死1,2塁から矢野がレフト前タイムリーを放ち、タイガース先制!

3回、2死2塁からラミレスがレフト前タイムリーを放ち、同点とされると・・・続く李がバックスクリーンへ放り込む2ラン。浜風ではなくライト方向へ吹く風にも乗ってしまい、1-3と逆転。しかしそのウラ、先頭・赤星が四球を選ぶと、平野はバント失敗で追い込まれてからのヒット。ここで今岡、エンドランの形でセンター前タイムリーとなり1点差。なお無死1,3塁でしたが、金本が痛恨のファーストライナー併殺。

4回、鈴木尚はボテボテの内野安打コースでしたが、今岡が無理な体勢で1塁悪送球(高橋光が交錯)で1死1,3塁。2死から小笠原を歩かせ満塁となったところで、右の渡辺にスイッチ。150キロのストレートで押しましたが、際どくラミレスに押し出し。さらに李に2点タイムリーを許し、2-6。

反撃は6回。連続四球と鳥谷への顔面付近への死球で無死満塁。ジャイアンツは越智にスイッチすると、ここで勝負強い関本に代えて桧山が登場。三振で1死となりますが、今度は代打・新井!1,2塁間を破るタイムリーで早速結果を出すと、続く矢野は押し出しで2点差!たたみ掛けるように浅井に代打・葛城を送りますが、原監督もセットアッパー・山口を早めの投入であえなく三振(越智vs浅井のままでも・・・)。

5回から久保田が2イニング。7回からはアッチソンウィリアムス球児とビハインドながら必勝リレー。14安打と毎回ランナーを出す苦しい展開でしたが、ジャイアンツの追加点を許さず。2点ビハインドでクルーン勝負なら可能性もありましたが、今日は制球が比較的安定しており、三者凡退。残り9試合で同率首位に。
今日の試合の採点表(75点が基準)
矢野 新井
今岡 金本 平野 高橋光
アッチソン ウィリアムス 藤川
赤星 浅井 藤本 久保田
鳥谷 関本 桧山 葛城 岩田 渡辺
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジック9のまま。再度並ばれました。

27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 新井貴浩内野手(大一番で緊急昇格。無理はさせたくない。)
OUT 坂克彦内野手(1打席のみで降格。本当に申し訳ない。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年9月25日 (木)

安藤から久しい集中打。球児100Sで単独首位!

20080925 阪神○5-3●横浜(甲子園) 勝利打点:安藤①

BS1で完全中継。今日の先発は安藤(中5日)、横浜・阿斗里。2回、先頭・鳥谷が一気に3塁を狙うもアウトになりますが、その後、関本のヒットと葛城矢野の連続死球で満塁。ここで安藤がフルスイングながら浅めの外野フライで先制できず。逆に3回、ミスで無死1,2塁のピンチを背負いますが、石川のバントを3塁で刺し、無失点で切り抜け。

4回、先頭・鳥谷が四球で出塁し、続く関本はポテンヒット。ここから2死1,3塁まで行きますが、安藤がセンター前タイムリーを放ち、タイガース先制!これで乱れたか、赤星もヒットで続き満塁となると・・・続く平野がセンター前タイムリーで2点め。さらにさらに!今岡が初球を左中間へ弾き返す走者一掃の3点タイムリー2塁打で一挙5点!4連打で初顔の高卒ルーキー・阿斗里を攻略。

5回、2死1塁から石川にライト線へタイムリー3塁打を許し、1点を返されると・・・続く6回、内川と村田の連打で1点を失うと、さらに1死3塁から金城の犠牲フライで、じわりと2点差まで迫ってきました。安藤は苦しみながら6回まで投げぬき3失点。

2点リードの7回からはウィリアムスが登板。4人をパーフェクトに抑え、8回の1アウトを取ったところで、5連投のアッチソンへスイッチ。いきなり内川にヒットこそ許しますが、村田には三球三振!吉村も抑えて若手クリーンアップを封じ込みました。最終回は球児が3人で抑えて、通算100セーブ達成!

タイガース勝利後、カープがジャイアンツを1点差で破り、G連勝は12でストップ。この瞬間、タイガースが5日ぶりの単独首位に返り咲きました!
今日の試合の採点表(75点が基準)
今岡 鳥谷 平野 ウィリアムス 藤川
関本 アッチソン
赤星  安藤
矢野 林威助
金本 葛城
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは隠れて2つ減り。1差に広げ決戦。

25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 坂克彦内野手(ファームの首位打者。力をつけて1軍で暴れたい。)
OUT リーソップ投手(先発しながら育ってきたか?近日ボギー昇格も。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年9月24日 (水)

赤星、野次ニモマケズ。結果を残して番長攻略!

20080924 阪神○5-2●横浜(甲子園) 勝利打点:今岡⑧

朝日放送で2回表から完全中継。今日の先発はリーソップ(中6日)、横浜・三浦。初回、2死2塁から村田にセンター前タイムリーを許し、ベイスターズが先制。1回、2回と得点圏にランナーを進めながら、得点できずにいましたが・・・3回、1死から平野がピッチャー強襲ヒットで出塁すると、次は今岡。大ファールの後、バックスクリーンに放り込む6号逆転2ラン!!

4回、連続四球と暴投で無死2,3塁とし、矢野三振で1アウトとなったところで、リーソップに代打・を送って早めの勝負。セカンドゴロも本塁送球がフィルダースチョイスとなり、1点を追加すると、なお1,3塁から赤星がショートの頭を越えるタイムリーで貴重な4点め!昨日の野次られた悔しさをぶつけました。

5回からは福原が中3日で登板。2イニングめの6回、内川に一発を許しますが・・・結局5ヶ月ぶりの3勝め。この一発がなければもう1イニングいけたのでしょうが、まずはゲームを作ってくれました。7回は4連投のアッチソンが無失点に抑え、8回はウィリアムス。2死から内川にヒット、村田に死球を与え、1,2塁のピンチを背負いますが・・・最後は吉村を三振に抑えてくれました!(途中から球児投入も考えられましたが)

2点リードの8回、先頭・関本が際どく四球を選び、続く葛城は12球粘りながらレフトフライ。矢野の間一髪の内野安打で1死1,2塁のチャンスとなったところで、代打・桧山をコールすると、ベイスターズも左の高宮にスイッチ。しかし死球で満塁に。ここで赤星がライト前へポトリと落とすタイムリーで、ダメ押しの5点め。

最終回は球児が(横なぶりでスピードを落としながらも)しっかり3人で抑えて、35セーブめ。ジャイアンツとの直接対決まであと1試合。負けられない。
今日の試合の採点表(75点が基準)
赤星 今岡 関本 アッチソン 藤川
平野 葛城
桧山 リーソップ 福原 ウィリアムス
矢野 林威助 高橋光 バルディリス
金本 鳥谷
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは隠れマジック11。同率首位で併走。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008年9月23日 (火)

鳥谷弾でGT揃ってドロー。譲らず首位併走。

20080923 阪神△1-1△横浜(甲子園) 勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。毎日放送でも9回表まで中継。今日の先発は下柳中2日!)、横浜・小林。デーゲームでジャイアンツが引き分けた為、勝てば単独首位に返り咲く形に。初回、3四球で2死満塁と先制のチャンスでしたが、関本のヘッドスライディングも及ばず凡退。3回も2死満塁のチャンスでしたが、が痛恨のショートゴロ。

前回の炎上劇からのリベンジで気合の入る下柳。5回までノーヒットピッチングの好投を見せますが、6回でした。1死後、石川の当たりは前進守備の今岡を越えるヒット。2死2塁となり、内川がセカンド後方へふらふら~っとしたフライ。赤星懸命のダイブも及ばず(ベンチで握力がなくなったそぶりも・・・)、ついにベイスターズが先制。

そのウラ、先頭・鳥谷が右中間スタンドへ13号ソロを放ち、すかさず同点!急に良い当たりが出だしますが、結局ランナーこそ出せず。同点の7回はアッチソンが登板。いきなり吉村に2塁打を許し、1死3塁の大ピンチでしたが、大西を前進守備のセカンドゴロ、代打・鈴木尚を見逃し三振に抑えました!

10回からは再昇格の久保田。1死2塁となった所で、を下げてすかさず守備固め。2死3塁から斉藤俊のセンターへ抜けそうな当たりを途中出場の藤本がダイビングキャッチ&1塁送球(よく関本がすくいました!)が決まり、超ファインプレー!続く11回も1死1,2塁から村田のライトファールフライを平野がスーパーダイブ!フェンスを恐れないガッツあふれるプレーでここも抑えました。

12回も久保田続投。1死1,3塁の絶体絶命のピンチで、斉藤俊のライトファールフライを平野が捕ってすぐにバックホーム。見送ってファールにするという選択肢もありましたが・・・これで犠牲フライを阻止。石川に粘られますが最後はストレートで見逃し三振!(3イニングともに3塁まで進塁される始末)

7回以降はヒットすら出ない状態に。最後のバッター・赤星が凡退。戻るとベンチ上の観客とあわや小競り合いに。バットを持った赤星が周りのバルさんや平野から押さえ付けられてました(金本も眉間がピクッとしたのがもっと怖かったですが)。本人が一番悔しいはず。
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷 ウィリアムス 藤川
平野 藤本 下柳
葛城 アッチソン
今岡 金本 バルディリス 高橋光 桧山 浅井 久保田
赤星 関本 林威助 矢野
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ△も、優勝マジックは隠れマジック12。同率首位で併走。
ドラゴンズ●、カープ△で、CS進出が決定!さらに2位以上も確定しました。

23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保田智之投手(右肩の疲労は取れたか?いきなりフル回転で行く。)
OUT 玉置隆投手(敗戦処理としては文句なし。最終盤でチャンスがあるか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年9月22日 (月)

石川、男村田を抑えてプロ初勝利!連敗ストップ!

20080922 阪神○3-2●横浜(甲子園) 勝利打点:今岡⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発は石川(再昇格)、横浜・吉見。今日は平野がベンチスタート。初回、先頭・赤星がヒットで出塁すると、すかさず盗塁成功。1死1,2塁から今岡(初回にトンネル・・・)がレフト前タイムリーを放ち、タイガース先制!2回、石川もきっちりバント成功。2死1,2塁から関本がレフトフェンス直撃の2点タイムリー2塁打!3点を先行。

プロ初先発で大事な一戦を任された石川。スライダー、フォークのコンビネーションで、解説も上園タイプと。ストレートのノビが弱い分、コントロールは今日を見る限りではゾノより上でしょうか。序盤3回は1安打ピッチングでしたが・・・4回、1死1塁から吉村に特大2ランを許し、1点差。

勝負の5回。1死2塁となり制球を乱すと、四球で1,2塁から石井琢には会心のライトライナーで2死。高打率の内川も歩かせてしまい、満塁で村田との勝負。1球めを投げた後に、矢野からワインドアップで投げろと指示を受けると、ストレートが急に7キロアップ。最後はアウトコースのストレートに見逃し三振を奪い、ピンチ脱出!

1点リードの6回からはアッチソンが登板。少しバラつくも、2イニングを無失点。昨日の炎上したショックを振り払うと、8回から早くも抑えの球児がマウンドへ。右が続く中軸を抑えると、最終回も平野の好プレイで2死を奪いますが・・・石川のセカンドゴロで平野が悪送球。1塁・関本とバッターが交錯し、右ももの付け根を負傷。盗塁も許し、続く金城を歩かせ1,2塁になりますが、最後は斉藤俊をセカンドフライに抑えてゲームセット。

7回以外は全て得点圏に進めながら、なかなか点が取れず。それでも石川のプロ初勝利は大きい。
今日の試合の採点表(75点が基準)
赤星 アッチソン 藤川
浅井
関本 今岡 鳥谷 平野 石川
高橋光 林威助 葛城
金本 矢野
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは隠れマジック13。同率首位で併走。
ドラゴンズ○も、CS進出マジックは1つ減って。(対象はD、C) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年9月21日 (日)

5回勝負。アッチソン神話崩壊でついに同率首位に。

20080921 巨人○9-5●阪神(東京ドーム) 勝利打点:鈴木尚

BS-hiで完全中継。よみうりTVでも4回ウラから9回表途中まで中継。今日の先発は岩田(中5日)、巨人・上原。2回、金本が片手でライトスタンドに放り込む一発で、この3連戦初めてタイガースが先制!岩田は立ち上がりから際どいハーフスイングに泣き、フルカウントの連続。それでも序盤3イニングをノーヒットに。すると4回、金本が2打席連続アーチで2点をリード。

5回、先頭・李に左中間へ2塁打を許し、初めてのピンチ。野口のパスボールから、谷のタイムリーで1点差。1死1,2塁で上原に代打・大道を送り、原監督が勝負。結局死球で満塁になり、鈴木尚に右中間へ2点タイムリー2塁打で逆転され、好投の岩田が逆に無念のKO。

右の渡辺を送ると、ジャイアンツも代打・高橋由が登場。得意のチェンジアップで三振を奪い、次は小笠原。ワンポイントで左の江草が上がりますが・・・スライダーが決まらず四球で満塁。4番のラミレスを迎え、アッチソンまで投入。キャッチャーも矢野に代わりますが、詰まりながらセンター前へ2点タイムリー。気落ちした所を李に特大3ランを許し、2-8。この瞬間、アッチソンの無失点記録も29・1/3回でついにストップ。

6回も続投したアッチソンが阿部にレフトスタンドへ一発を許し、点差が離れる一方。大量リードでもジャイアンツは6回からセットアッパー・山口を送り、見事に沈黙。反撃ムードをなかなか出せず。

8回、無死1塁から代打・葛城は最悪のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、野間口の送球がそれオールセーフ。矢野がセカンド内野安打で無死満塁とし、赤星がレフト線へ犠牲フライ。さらに2死1,3塁で今岡でしたが、フルカウントから高めのボール球を振ってしまい、1点どまり。

9回、無死1,2塁から関本のセンターへ抜けそうな当たりを古城がダイブ。ボールがこぼれる間に金本が生還。鳥谷も一気に3塁まで進むと、ジャイアンツは越智にスイッチ。暴投でさらに1点を返しますが、代打・高橋光、代打・桧山矢野が三者連続三振に倒れ、クルーンを引きずり出せず。
巨人10連勝の勢いを止めれず、天王山で3タテを食らいました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
金本
渡辺
矢野 阿部 玉置
赤星 関本 林威助 鳥谷 葛城
平野 今岡 野口 高橋光 桧山 岩田 江草 アッチソン
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジック14のまま。ついに並ばれました。
ドラゴンズ○で、CS進出マジックは2のまま。(対象はD) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年9月20日 (土)

下柳、大炎上。紙一重で2度の満塁機を生かせず。

20080919 巨人○9-1●阪神(東京ドーム) 勝利打点:ラミレス

よみうりTVで3回表から中継。今日の先発は下柳(中6日)、巨人・内海。初回、金本の右ふくらはぎへの死球で1死満塁のチャンス。しかし鳥谷が痛恨の初球ファールフライ。無得点で終わると、そのウラ、相性の悪い谷が先頭バッターとして、ヒットで出塁。1死1,2塁からラミレスにバックスクリーン左に先制3ラン。続く李にも一発を許し、初回からいきなり4点のビハインド。

2回、無死1,2塁で下柳をそのまま打席に立たせますが、3バント失敗。赤星がヒットでつなぎ、2度めの1死満塁から平野のファースト強襲のゴロの間に1点を返しました。しかしそのウラ、1死3塁から小笠原に2ラン。2死1,2塁から阿部にもタイムリーを許し、1-7となった所で下柳KO。ところが2番手・阿部も3回に木村拓への頭部死球で危険球退場

4回、3番手・渡辺が1死2塁から阿部に2ランを許し、ゲームを作り直せず。大差となった中、5回からは先発要員の福原が登板。1死後、脇谷のレフトライナーを金本が落球するハプニングも。福原自体、そんなに良い様には見えなかったのですが、バックの好プレイもあり、2イニングを無失点に抑えました。

6回、金本が体勢を崩しながらのヒットでチーム2回以来の出塁。2死2,3塁まで行きますが・・・得点ならず。7回も1死1,2塁のチャンスを作りますが、代打・金本が続けて凡退。立ち上がりに苦しんだ内海は結局8回まで投げぬき、1失点ピッチング。

またしても岩田に託す展開に。明日負けると首位に並ばれるだけに、総力戦で上原を攻略しないと。
今日の試合の採点表(75点が基準)
高橋光
赤星 平野
バルディリス 福原 玉置
矢野 今岡 金本
鳥谷 関本 林威助 下柳 阿部 渡辺
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジック14のまま。1差に接近。
ドラゴンズ●で、CS進出マジックは1つ減って。(対象はD)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年9月19日 (金)

ジェフ、痛恨の被弾。反撃及ばず、G2差に接近。

20080918 巨人○6-4●阪神(東京ドーム) 勝利打点:坂本

BS-hiで完全中継。よみうりTVでも4回ウラから中継。3ゲーム差で迎えた首位攻防第1R。今日の先発は安藤(中6日)、巨人・グライシンガー。2回、2死1塁から坂本がレフトフェンス際への大飛球。タイムリー3塁打でジャイアンツ先制。4回、2死から安藤が連続四球を許すと、またも坂本に左中間オーバーの2点タイムリー2塁打で0-3。

5回、先頭・の2塁打&暴投から1死3塁とすると、早くも安藤の代打・葛城がレフトへ犠牲フライ。しかしそのウラ、代わった江草がいきなり鈴木尚に被弾。引き寄せた流れを逃がしたかに見えましたが、6回に反撃。先頭・今岡のフェンス直撃2塁打から、金本が進塁打。2死3塁から関本がセンター前タイムリー!さらに牽制で誘い出されるも2塁セーフ!ここでがセンター前タイムリーでつなぎ、1点差!

先発要員の福原もブルペンで投球練習に入ってましたが、点差が詰まり登板なし。1点ビハインドの7回、右の渡辺が登板。2死2塁となったところで、左のウィリアムスを投入。小笠原との勝負、カウント1-3から左中間スタンドへ豪快に放り込まれ、通算300号の2ラン。

8回、越智の初球を今岡がライトスタンドへ放り込む5号ソロで反撃。1軍復帰後、逆方向へ強い当たりが出ました。たまらず左の山口にスイッチされ、後続が凡退。2点差の9回、クルーンとの勝負。1死1塁から代打・桧山のあわやホームランか?!という当たりのセンターフライで去年9月の再現はならず。大事な初戦を落としました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
今岡 林威助
葛城
関本 平野
赤星 矢野 高橋光 桧山 江草
金本 鳥谷 安藤 渡辺 ウィリアムス
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジック14。2差に接近。
ドラゴンズ●、カープ○で、CS進出マジックは1つ減って。(対象はD)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月17日 (水)

鳥谷、初の満塁弾!乱打戦を金本が制し天王山へ。

20080917 中日●6-11○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:鳥谷⑨

サンテレビで完全中継。今日の先発はリーソップ(中5日)、中日・山本昌。初回、1死満塁のチャンスで鳥谷がプロ初の12号満塁アーチ!いきなり4点を先制。2回、2死1塁から平野がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打!送球が乱れる間に3塁まで進塁すると、続く今岡が高めのストレートをレフト前へ弾き返し、6-0。3回も1死1,2塁から矢野のフェンス直撃のタイムリー2塁打が飛び出し、山本昌をKO。

3回に1点を返されますが、直後の4回。1死1,2塁から鳥谷が左中間オーバーのタイムリー2塁打で5打点め。さらに関本の犠牲フライで9-1。これで大勝ムードになるはずでしたが・・・リーソップが乱調。4回、1死1,2塁から谷繁にストレートを狙い打ちされ3ラン。早くも江草にスイッチし、この回を切り抜けました。

5回は昨日3イニングの阿部が登場。疲労が心配されましたが、ウッズに死球。2死までこぎつけますが、小池に軽く振りぬかれた打球がレフトスタンドへ吸い込まれ2ラン。9-6と3点差まで追い上げられ、嫌なムードが漂ってきました。

6回、鳥谷の3塁打でサイクルヒットまであとシングル1本とリーチをかけると、続く関本に死球。こう続いては少しムッとしてましたが、得点ならず。そのウラ、アッチソンが登板。いきなり谷繁に良い当たりを許しますが、赤星が自慢の俊足で追い付き好プレイ!ここからはリズム良いピッチングで2イニングを今日も無失点!完全に悪い流れを断ち切りました。

3点リードの8回、ドラゴンズは左の小林が登板。1死1塁から金本がライトスタンドへ22号2ランを放ち、待望の追加点。あまりキレイなスイングでは無かったですが、この際どうでもいい!1週間ほど降下気味だったので、東京ドームでは期待したいです。5点差でも、ジェフ球児で締め、いよいよ天王山ですね。
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷 金本 平野 アッチソン
今岡 矢野 ウィリアムス 藤川
関本 赤星 林威助 桧山 江草
高橋光 バルディリス
葛城 リーソップ 阿部
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは隠れマジック14。3差で天王山決戦。
ドラゴンズ●、カープ●で、CS進出マジックは2つ減って。(対象はD、C)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年9月16日 (火)

鳥谷弾から追い上げムードも・・・痛すぎる走塁ミス。

20080916 中日○5-2●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:森野

テレビ大阪で2回ウラから8回ウラ途中まで中継。今日の先発は福原(中5日)、中日・チェン。6試合ぶりに右ひじ痛の関本が送球負担の少ないファーストで先発復帰。初回、1死3塁の先制チャンスを潰してしまうと・・・3回、2死から森野に一発を許し、ドラゴンズが先制すると、さらに李に2ランを許し、この回3失点。

4回、先頭・金本のレフト線へふらふら~っと落ちる2塁打で出塁すると、鳥谷が右中間の最深部へ放り込む11号2ラン!一気に1点差に迫り、さらに連打&バントで1死2,3塁のチャンスを作った所で、ピッチャーに代打・(実は15打席ヒットなし)を投入。しかしファーストゴロに倒れると、3塁・矢野が自重してしまい・・・3塁付近でランナーが渋滞。結局、挟まれてダブルプレー。痛い走塁ミスが出ました。

4回から阿部が3イニングをパーフェクトピッチング!1点ビハインドのまま迎えた7回、1死から赤星の四球と平野のバントヒット&ヘッドスライディングが決まり1,2塁。何とかしてもらいたい所でしたが、今岡金本が揃って凡退。

7回、3番手・渡辺が登板。2死から谷繁に四球を許し、代打・立浪が登場したのを見て、左の江草にスイッチ。しかし立浪がピッチャー強襲の内野安打。1,2塁から森野にレフト線への2点タイムリー2塁打(今岡・・・)を許してしまい、勝負アリ。

3点リードの9回、岩瀬との勝負。先頭・高橋光のファーストゴロをノリが弾き出塁すると、続く赤星が10球粘ってヒットでつなぎ、無死1,2塁。ここで平野に代打の切り札・桧山がコールされますが、センターフライ。さらに今岡金本が凡退しゲームセット。明日はリーソップで大丈夫なのか。。。
今日の試合の採点表(75点が基準)
阿部
鳥谷 赤星
関本 玉置
矢野 金本 平野 浅井 バルディリス 高橋光
今岡 林威助 葛城 桧山 福原 渡辺 江草
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジック15のまま。3差に接近。
ドラゴンズ○、カープ○で、CS進出マジックは6のまま。(対象はD、C)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年9月15日 (月)

高橋光、ナゴヤで爆発!12安打で湿る打線に光。

20080915 中日●4-7○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:高橋光④

BS1で完全中継。今日の先発は岩田(中5日)、中日・小笠原。右のバルディリスを2度めのセカンド起用。2回、高橋光がカーブをためてバックスクリーンに放り込み、先制の4号ソロ!さらに3回、無死1,3塁から金本のライトへ抜けそうな打球。荒木のダイブ&1塁送球も際どくタイムリー内野安打!

3回、無死1,2塁のピンチで小笠原のバントが空振り。2塁・デラロサがアウトになりますが、2死後、荒木に左中間へのタイムリーを許し1点差。しかし4回、先頭・野口の右中間への当たりで藤井と李が重なり後逸。一気に3塁に進むと、1死後、赤星がレフト前へポトリと落とすタイムリー!続く平野はセーフティ&ヘッド(指をつめた様子で、守備に付かず)も及ばず・・・結局送りバントの形。そして今岡が高めのボール球を狙い打ち、特大の4号2ラン!

5回も小笠原が続投しますが、1死2,3塁から野口が左中間真っ二つの2点タイムリーまで飛び出し、7-1と大量リード。正念場は5回、連打で無死1,3塁となる場面でしたが、李のオーバーランを3塁・笘篠コーチが触れてしまいアウト。2死後、代打・小池に2ランを許しただけに大きなプレイでした。

前の回から乱れ始めた岩田を6回も続投。連打で無死1,3塁のピンチとなったところで、アッチソン投入。イニング途中とあって不安視されましたが、1球でウッズのバットをへし折りゲッツー(この間に1失点)に抑えてくれました。7回も続投し、先頭打者を出しますが、田中を落ち着いてピッチャーゴロ併殺に抑えて、今日も無失点。

3点リードになってしまっては、必勝のJAFリレー。8回はウィリアムスが3人で片付けると、最終回は球児。1死後、ウッズにヒットを許しますが、続く和田を良い当たりの4-6-3ゲッツー!今日4コめのダブルプレーに仕留めて先手を取りました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
高橋光 赤星 今岡 野口 アッチソン ウィリアムス 藤川
 
平野 金本
バルディリス 矢野 林威助 藤本 岩田
鳥谷 葛城
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは隠れマジックで15。4差のまま。
カープ○も、CS進出マジックは1つ減って。(対象はD、C)

15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 玉置隆投手(ファームで結果を残し、苦しい台所事情を救えるか。)
OUT 金村暁投手(復帰して3度勝ち運に見放される。今年勝てるか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年9月14日 (日)

金村暁、8度めの先発も逆転負け。4回KOで未勝利。

20080914 阪神●1-3○広島(甲子園) 勝利打点:梵

サンテレビで完全中継。今日の先発は金村暁(中6日)、広島・青木高。左の先発を読み、浅井が8番ライトで先発出場。初回、先頭・赤星のヒットから、平野がセーフティ気味の送りバント。3番に入っている今岡がヒットでつないで1,3塁とし、金本がセンターへの犠牲フライを放ち、タイガースが先制!

3回、梵のショートゴロを鳥谷が悪送球。ノーアウトのランナーを出し、バントで1死2塁とされると・・・東出に右中間へのタイムリーを許してしまい、1-1の同点。そして4回、金村が捕まりました。1死満塁のピンチで、梵にライト前タイムリーを許し、カープが勝ち越すと・・・早くもピッチャーに代打・前田登場。三振にこそ抑えますが、ボールを後逸する間にもう1点。さらに満塁で天谷のライトオーバーかという当たりでしたが、浅井がジャンピングキャッチ!

5回からは渡辺が登板。先頭・アレックスのショートゴロにバウンドが変わり、鳥谷が弾いてしまい(記録はヒット)・・・2死2,3塁まで行きますが、最後は喜田を内角150キロのストレートで見逃し三振!これで波に乗ったか、6回は三者凡退に抑えました。

最大のチャンスは6回。カープ・ブラウワーから連打と暴投で無死2,3塁とし、代打・がストレートの四球を選んで満塁!ワッショイコールの中、期待の矢野でしたが、フルカウントから空振り三振。代打攻勢で桧山をコールしますが、1塁線ボテボテのピッチャーゴロでホーム憤死。最後は葛城が良い当たりのレフトフライに倒れ、まさかの無得点。

2点ビハインドの7回からは阿部が2イニング。中軸に連打こそ許しましたが、首脳陣のポジションアップの期待に応える無失点ピッチングでした。最終回はジェフが2死2,3塁のピンチを背負いますが、無失点。ただ終盤の3イニングは反撃できず、完敗です。
今日の試合の採点表(75点が基準)
赤星
金本
浅井 渡辺 阿部 ウィリアムス
平野 高橋光 今岡 林威助 関本
鳥谷 矢野 葛城 桧山 金村暁
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは6度めの消滅。4差に接近。
カープ○で、CS進出マジックは7のまま。(対象はC)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年9月13日 (土)

矢野がまた決めた!今週4度めのサヨナラ勝ち!

20080913 阪神○1x-0●広島(甲子園) 勝利打点:矢野⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は下柳(中7日)、広島・前田健。不振のが5試合ぶりのスタメン復帰。序盤は防戦一方。初回、2死満塁のピンチをしのぐと、2回にはノーアウトのランナーを置きながら、廣瀬のサードゴロに今岡が横っ飛びでゲッツー完成。粘りながら無失点ピッチングを続けます。

4回、1死1,2塁と初めてのチャンスを作りますが・・・葛城が良い当たりのセカンドゴロゲッツー。5回、1死から矢野が大きなカーブをライト線に落とす2塁打を放ちますが、続く下柳は強攻で空振り三振。赤星の打力を考えると、3塁へバントという手段も考えられましたが、ここも無得点。

5回以降はパーフェクトの下柳。6回、石原の強烈な初球打ちでセカンド・平野がジャンプ一番!両チームともに無得点で迎えた8回、先にタイガースがアッチソンへスイッチ。2イニングめの9回、先頭・栗原の強烈なゴロを鳥谷が弾く(記録はエラー)も、次の嶋の当たりを金本がスライディング&1回転キャッチの超スーパープレーが炸裂!しかし、石原のエンドランが決まり、1死1,3塁のピンチ。それでもしのぎきりました。

9回、カープはシュルツが登板。先頭・平野がヒットで出塁し、モーションの大きいシュルツだけに盗塁も考えられましたが・・・自重。今岡は良い当たりのセンターフライ、金本は強烈なセカンドライナーで2死。ここで盗塁をあっさり決めましたが、鳥谷は見逃し三振。18イニング無得点で延長戦へ。

10回は球児。1死から赤松にヒットを許しますが、格の違いを見せ付けるような牽制タッチアウト!そのウラ、カープは梅津。先頭・葛城がヒットで出塁し、代打・関本(負傷後、初打席)がバント失敗。ランナーが入れ替わり、バッターは矢野。甘く入った球を左中間フェンスまで飛ばし、嶋がもたつく間に1塁から関本が一気に還り、サヨナラ!
必死のパッチ」コンビが結成されたようです。
今日の試合の採点表(75点が基準)
矢野 下柳
金本 アッチソン 藤川
鳥谷 平野
赤星 葛城 藤本
関本 今岡 林威助
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは1つ減って16。5差のまま。
カープ●で、CS進出マジックは2つ減って。(対象はC)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年9月12日 (金)

安藤、一気に乱調4失点。元若トラ・喜田に被弾。

20080912 阪神●0-4○広島(甲子園) 勝利打点:石原

サンテレビで完全中継。今日の先発は安藤(中5日)、広島・斉藤。立ち上がりは3人で抑えた安藤ですが・・・2回、先頭・栗原に初球ヒットを許すと、いきなりの制球難。無死1,2塁から石原にエンドランを決められ、カープ先制。さらに喜田がライトスタンドへ豪快に3ラン(実は甲子園で初)を放ち、あっという間の4失点。

2回、2四球で2死1,2塁としバッター安藤はそのまま。初球、1塁線側のゴロを走りながら、自らの体に当ててしまい、自爆のようなアウト。これには塁上の矢野もムッとしたような表情でした。3回、無死1塁で天谷は4-6-3のゲッツーコースでしたが、鳥谷が赤松と交錯し悪送球。さらにカバーの高橋光が2塁へ返球しますが、今度は天谷と鳥谷が交錯。

5回、無死1塁で赤松の強烈な当たりを今岡が(ミニ)ジャンプ。すかさず矢のような1塁送球が決まりゲッツー完成!不安視されたサード守備もクルっと回ったり、好プレイが何度か出てますね。ひじ痛で休養中の関本をファーストに追いやるくらいの勢いが欲しいですね。

チャンスらしいチャンスは5回。先頭・赤星の強めサードゴロを喜田がファンブル。平野がサード後方のヒットで続き、1死1,2塁から今岡のゲッツーコースを喜田が弾き、オールセーフで満塁としますが・・・期待の金本が痛恨のセカンドゴロゲッツー。

3回以降は立ち直りの気配を見せた安藤が7回まで投げぬき、収穫としては・・・リリーフ陣の負担を減らしたくらいですね。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
阿部
平野 今岡
葛城 浅井 桧山 安藤
赤星 高橋光 矢野 金本 鳥谷
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは17のまま。5差に接近。
スワローズ●、カープ○で、CS進出マジックは9のまま。(対象はC)

12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 阿部健太投手(ロングリリーバーとして欠かせない戦力に。)
IN 石川俊介投手(2軍で抜群の内容。余裕のある時に試したい。)
OUT 久保田智之投手(疲労性の肩痛でリタイヤ。間に合うか?)
OUT 能見篤史投手(昨日の押し出し劇に見かねたか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月11日 (木)

今岡、最高のバースデー復帰戦!3夜連続サヨナラ!

20080911 阪神○5x-4●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:今岡⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発はリーソップ(再昇格)、ヤクルト・石川。3死球の関本がひじ痛でスタメン落ちし、鳴尾浜から緊急昇格の今岡が3番サードで先発出場!これだけで十分驚きましたが。初回、青木が右中間オーバーのタイムリー2塁打、飯原のタイムリーでスワローズが2点を先行しますが・・・そのウラ、今岡が左中間スタンドへ復活の3号2ランで同点!

3回、福地をゲッツーに抑え2死としてから、1,2塁のピンチでしたが切り抜け。過去4試合の登板よりも変化球(カーブ、チェンジアップ)でカウントが取れてました。5回、石川のヒットから暴投もあり、2死3塁まで行きますが、逆にクイックを気にしない分、球速が153キロまで回復。綱渡り気味でしたが、5回2失点。99球ながら初先発としては及第点でしょうね。。

6回、2番手・渡辺がピリッとせず。1死満塁から川島慶に犠牲フライを許し、勝ち越されると・・・7回はJでもKでもなく能見を抜擢。1死1塁から3連続四球で無念の押し出し。昨日に続きイニング途中でジェット風船が飛び交いました。たまらず江草にスイッチし、飯原の初球打ちは4-6-3のゲッツー!なんとか持ちこたえました。

2点ビハインドの9回、ウィリアムスが復帰登板。球速は普段より10キロ遅く、140キロ程度でしたがキレ重視なのでしょうか。最後は上からスライダーを投げて青木も面食らう形に。これで立ち直って欲しいです。

さぁ抑えのイムとの勝負。先頭の代打・桧山が左中間へのヒット。青木がボールを見失う間に一気に2塁へ。続く葛城がライトポール際へのタイムリー3塁打!場内ワッショイコールとなり、矢野がライト線へのタイムリー2塁打でついに同点!3塁に何とか進めたい場面でが三振に倒れますが・・・トップに返り赤星がレフト前ヒットで1,3塁。ここで平野を敬遠し、満塁策で巡って来た今岡がストレートの押し出し四球で3夜連続のサヨナラ!凄すぎる!!
今日の試合の採点表(75点が基準)
矢野 今岡 葛城 江草 ウィリアムス
赤星 桧山
リーソップ
金本 鳥谷 高橋光 平野
林威助 渡辺 能見
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは1つ減って17。6差のまま。
スワローズ●で、CS進出マジックは2つ減って。(対象はYs、C)

11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 今岡誠内野手(正午に緊急昇格。最高のバースデーに。)
IN リーソップ投手(クイックと変化球を修正し、先発挑戦。)
IN ウィリアムス投手(最短10日で復帰。立ち直れるか。)
OUT 狩野恵輔捕手(第3の捕手は浅井が外野と兼任の形に。)
OUT 橋本健太郎投手(ピリッとしない内容が続き降格。)
OUT 太陽投手(実は登板なしのまま降格。見たかったが・・・。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2008年9月10日 (水)

葛城、3度めのウォー!連夜のサヨナラ劇で再加速。

20080910 阪神○4x-3●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:葛城⑤

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は福原(中5日)、ヤクルト・館山。浅井が7番ライトで昇格即スタメン出場。初回、満塁のピンチをしのぐと・・・そのウラ、1死1,2塁から金本が左中間へタイムリー2塁打を放ち、タイガース先制!さらに鳥谷のライナー気味の犠牲フライと葛城のタイムリーで3点先行!

ピンチ連続の福原。3回、ヒットの福地を牽制で刺し1死。ここからヒット2本と四球で満塁とされ、飯原にタイムリー。なお満塁のピンチでしたが、田中浩をゲッツーに抑えて1点どまり。4回、2死3塁でスワローズ首脳陣は矢野を敬遠しピッチャー勝負としますが、早くも代打・を投入。四球で満塁としますが、追加点ならず。

5回は江草。2死1,3塁から川島慶にセンター前タイムリーを許し1点差。さらに6回も1死1,3塁のピンチ。ここで青木がキャッチャーフライで2死。さらに右の渡辺にスイッチし、満塁までいきますが・・・飯原をセカンドゴロに抑えてピンチ脱出!

1点リードで7回の久保田。暴投もあり、2死3塁から代打・ユウイチにセンター前タイムリーを許し、ついに同点に追い付かれました。ここから叩きつける内野安打と四球で満塁(今日4度めのようです)までいきますが・・・青木を何とか抑えてくれました。

8回、スワローズ・押本との勝負。2死から葛城、代打・桧山の連続ヒット。さらに昨日のヒーロー・矢野が四球を選び、満塁まで行きますが・・・途中出場のがキャッチャーフライに倒れてしまい、勝ち越せず。同点の9回は球児を投入し、勝負の継投。志田の盗塁を矢野が刺し、流れを引き寄せました。

9回は松岡がマウンドへ。先頭・赤星が粘って10球めをレフト前ヒットとしますが、続く平野はバント小フライ。さらに関本が3度めの死球にムッとしたところで、サヨナラの予感。金本が三振に倒れますが、2死から鳥谷がつなぎ満塁で葛城。こうなったら吼えてもらうしかないサヨナラ押し出し!「1,2,3、ウォー!!」 by葛城
今日の試合の採点表(75点が基準)
葛城 赤星 鳥谷 アッチソン 藤川
矢野 桧山 渡辺
関本 金本
高橋光 狩野 福原 江草
平野 林威助 浅井 久保田
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは2つ減って18。6差に拡大。
スワローズ●で、CS進出マジックは2つ減って11。(対象はYs)

10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浅井良外野手(貴重な右打者。パンチ力で再アピールしたい。)
OUT 桜井広大外野手(自慢の打撃面で精彩を欠く内容。CSに間に合うか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年9月 9日 (火)

矢野、元祖はオレや!必死のパッチでサヨナラ弾!

20080909 阪神○3x-2●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:矢野⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、ヤクルト・ゴンザレス。関本が3番に入り、右相手ながら桜井が先発出場。初回、先頭・赤星のヒット&盗塁悪送球で3塁に進むと、無死1,3塁から関本の内野ゴロ(送球がそれなければゲッツー気味でしたが)の間に先制すると、さらに1死1,3塁から鳥谷が右中間への犠牲フライで2点先行!

2回も赤星の今日2つめの盗塁もあり、1死2,3塁としますが・・・ここから平野関本が凡退し追加点を挙げれず。立ち上がりは2つのゲッツーでしのいできた岩田ですが、5回でした。先頭打者をヒットで許し、無死1,3塁のピンチ。福川の内野ゴロで1点を返されるまでは良かったのですが、暴投で3塁に進まれゴンザレスにタイムリーを許し、2-2の同点。

5回も1死1,2塁のチャンスでしたが、鳥谷はムービング系のストレートに三振。続く葛城も左中間へ抜けそうな当たりでしたが、レフト・飯原がダイビングキャッチ。なかなか流れを引き寄せられず。

同点の7回からアッチソンが登板。少し粘られる場面もありましたが、テンポ良いピッチングで今日も2イニングをパーフェクトピッチング!リリーフ転向後、無失点記録が20回を超えてきました。今は頼りになる存在ですね。8回、五十嵐との勝負。先頭・金本の内野安打から、2死2塁のチャンスで代打・桧山が登場!浅めのレフト前ヒットでしたが、金本の激走もむなしくタッチアウト。両ひざを負傷し、しばらく立ち上がれませんでしたが・・・チーム内で何かを感じれたのでは?。

9回は球児矢野のバッテリーが登場。MAX155キロもマークし三者凡退!1塁線へのピッチャーゴロで球児の落ち着いたフィールディングも見られました。そのウラ、スワローズ・押本が登板。先頭は途中出場の矢野。ファールで粘りながらタイミングを合わせ、11球めのストレートを右中間スタンドへサヨナラアーチ!!

元祖「必死のパッチ」として、自分の一振りから上昇気流に乗せたいですよね。
今日の試合の採点表(75点が基準)
矢野 赤星 アッチソン 藤川
金本 桧山
関本 鳥谷 葛城 岩田
林威助
平野 野口 桜井
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは20が6度めの点灯。5差に拡大。
ドラゴンズ○、スワローズ●で、CS進出マジックは13。(対象はYs) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年9月 7日 (日)

金村、7度めも勝てず。最後の広島市民球場は黒星。

20080907 広島○5-2●阪神(広島市民) 勝利打点:アレックス

朝日放送で3回表から7回表まで中継。今日の先発は金村暁(中7日)、広島・前田健。タイガースとしては最後の広島市民球場でのゲーム。毎回のようにランナーを出す苦しいピッチングの金村ですが、序盤は無失点で粘り続けます。3回、先頭打者を四球で歩かせると、ピッチャー前田のバントで一気に2塁アウトを狙いますが、フィルダースチョイス。しかしここは粘り切りました。

4回、1死2,3塁のピンチを抑えますが・・・ついに5回に捕まりました。先頭・東出のヒットもあり、1死2塁からアレックスにライト前タイムリーを許し、カープ先制。さらに嶋のピッチャー強襲ヒットで1,3塁から石原にタイムリーを許し、2点め。

反撃は6回。無死1,2塁からの強烈なファーストゴロは3-6-3のゲッツーコースでしたが、栗原が2塁へ悪送球し、オールセーフで無死満塁!金本の1,2塁間を破ろうかという当たりを東出がダイビング!1点こそ入りましたが、凄いプレーが出ました。続く鳥谷関本も良い当たりのライナーで倒れて、1点どまり。

昨日のリリーフ総動員もあってか、6回も金村続投。これが痛手でした。緩い球を狙われ、1死から前田健にヒット。さらに連打で満塁とされ、アレックスが強烈なショートゴロ。鳥谷のグラブトスがこぼれ、転がるボールを平野が手づかみでアウトにしますが・・・崩れた体勢で1塁悪送球の間に2点。ここで渡辺に代わりますが、栗原にタイムリー2塁打(金本もダイブも及ばず。。)を許してしまいました。

7回、2死から代打・高橋光がレフトスタンドへ3号ソロを放ち、3点差としますが・・・反撃もここまで。リズムもツキも無かったですね。
今日の試合の採点表(75点が基準)
高橋光
 
赤星 金本 葛城 江草 能見
鳥谷 平野
林威助 関本 矢野 金村暁 渡辺
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ雨で、優勝マジックは5度めの消滅。4差に接近。
ドラゴンズ○、スワローズ雨で、CS進出マジックは15のまま。(対象はD、Ys) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月 6日 (土)

鳥谷、延長12回あと1人で決めた!6連敗阻止!

20080906 広島●3-5○阪神(広島市民) 勝利打点:鳥谷⑧

関西テレビで3回ウラから7回表途中まで中継。今日の先発は安藤(中5日)、広島・斉藤。初回、2死2塁から金本がレフト前タイムリーを放ち、タイガースが先制すると・・・2回にも関本がレフトスタンド最前列へ放り込む7号ソロ!さらに3回にも1死満塁のチャンスでしたが、関本が痛恨のゲッツー。

3回、2死3塁から赤松がセカンドの横を抜けるタイムリーで1点差とされると・・・5回、2死1,2塁から栗原にライト前タイムリーで同点。さらにライト・桜井のまずい処理で3塁悪送球。転々とする間にもう1点入ってしまい、2-3とカープ逆転。6回、2死2塁から鳥谷が三盗に成功すると、矢野がライト線ギリギリの同点タイムリー!!

同点の7回からはアッチソンが登板。2イニングを今日も無失点で抑えると、9回ウラは抑えの球児を投入し勝負。四球で出した赤松を盗塁で刺し、延長戦へ。10回、カープも抑えの永川が登板。先頭・藤本がヒット、続く赤星がバント成功。1死1,2塁となった所で、代打の切り札・桧山をコールしますが、セカンドゴロ。2,3塁で金本はストレートの四球で満塁。しかし鳥谷がセカンドゴロで勝ち越せず。

11回からは久保田が登板。1死2塁のピンチを背負いますが、シーボルを三振に抑えて2死とすると、東出を敬遠。ピッチャーの打順で代打・緒方をセンターフライに抑えて、サヨナラのピンチをしのぎました。

12回、カープは左の大島。先頭・赤星がヒットで、平野が送って1死2塁。代打から守備についていた桧山が良い当たりのライトフライで2死3塁とし、金本敬遠。さらに金本の盗塁(なぜか記録は認められず)で2,3塁とした後、鳥谷がレフト前へ2点タイムリーを放ち、ついにタイガース勝ち越し!そのウラ、鳥谷のエラーで先頭打者を出しますが、栗原をゲッツーに抑えて勝負アリ。
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷 アッチソン 藤川 久保田
赤星 平野 金本 林威助
関本 矢野 藤本 安藤
高橋光 桧山
桜井 バルディリス 葛城
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは2つ減って22で5度めの点灯。4.5差に拡大。
ドラゴンズ○、スワローズ○も、CS進出マジックは15。(対象はD、Ys) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2008年9月 5日 (金)

試練の時。下柳5失点KO、5連敗でマジック消滅。

20080905 広島○6-3●阪神(広島市民) 勝利打点:なし(関本のエラー)

サンテレビで完全中継。今日の先発は下柳(中6日)、広島・篠田。不調の林がスタメンを外れ、桜井が3番に抜擢。初回、赤星が内野安打で出るも牽制タッチアウト。続く関本から3連打、金本が15打席ぶりの内野安打で1死満塁とし、新5番の鳥谷が1塁線を破る2点タイムリー2塁打でタイガース先制!

しかしそのウラ、下柳が乱調。赤松のセーフティ、アレックスのライト前ヒット(桜井の出だしが遅かったと真弓氏が指摘)を含む3連打で無死満塁から、栗原に三塁線を破る2点タイムリー2塁打で同点とされると、続く嶋の強烈なセカンドゴロを関本が大きく後ろへ弾く間に、さらに2失点。いきなり2-4とひっくり返されました。

3回にも、1死1,3塁から嶋にライト前タイムリーを許し、5点め。続くシーボルのセカンド後方のフライを関本が捕れず。しかしここはゲッツー(関本タッチ&スローで1人ゲッツー完成!)で切り抜け。今日は4回KOで矢野とバッテリーごと代えられました。

2回以降、7回までノーヒットに抑えられてしまったタイガース。ピンチを作りながら渡辺が5回、6回と無失点でしのぎましたが・・・3点ビハインドの7回、3番手・久保田がマウンドに上がりますが、栗原に高めのストレートを狙われレフトスタンドへ豪快な一発。

8回、先頭・関本が左中間フェンス直撃の2塁打で出塁。カープ・ブラウワーが連続暴投で関本がホームに還り、3-6。2死後、鳥谷、代打・桧山の連続ヒットで1,3塁としますが、ブラウン監督はここで早くも抑えの永川を投入。途中出場の葛城が凡退し、追加点はならず。今季2度めの5連敗。
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷
桧山 渡辺
関本 金本 林威助 能見
赤星 桜井 藤本
高橋光 矢野 バルディリス 葛城 野口 下柳 久保田
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは4度めの消滅。3.5差に接近。
ドラゴンズ○で、CS進出マジックは16のまま。(対象はD、Ys) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年9月 4日 (木)

福原、3回6失点。恵みの雨で5連敗免れる。

20080904 横浜※6-3※阪神(横浜スタジアム
3回終了降雨ノーゲーム

地上波中継は無く、ハマスタWAVEでの観戦。今日の先発は福原(再昇格)、横浜・吉原。4連敗中のタイガースは連敗脱出に向け、「3番・鳥谷、5番・」の打順を入替えてきました。初回、1死2塁で新3番のでしたが・・・ここは無得点。

初回、2死から内川、村田に連打を許すと、吉村にレフト前タイムリーを許しベイスターズ先制。さらに佐伯に右中間へ2点タイムリー2塁打を許し、いきなりの3失点。しかし2回、先頭・鳥谷がヘッドスライディングで2塁打とすると、1死満塁から福原がライト線タイムリー(2塁・関本はホームタッチアウト)。さらに赤星が左中間オーバーの2点タイムリー2塁打(福原が1塁から一気に生還!)を放ち、3-3の同点!

3回、1死から内川、村田の連打を許し・・・またも吉村が左中間スタンドへ初球3ラン。5連敗へまっしぐら・・・という所でしたが、この回が終了した直後、再度雨脚が強まり降雨ノーゲーム。リリーフ陣もつぎ込むことなく、タイガースには恵みの雨となりました。連敗脱出を下柳に託します。

今日は採点表はお休みです。

ジャイアンツ○で、優勝マジックは24のまま。4.5差に接近。
ドラゴンズ●、スワローズ○も、CS進出マジックは1つ減って16。(対象はD)

4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 太陽投手(相次ぐリリーフ陣の不調を救いたい。)
OUT 杉山直久投手(またも首脳陣の期待に応えれず。今季は厳しいか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

ハマの番長に完封負け。4連敗・・・G接近で5差に。

20080903 横浜○8-0●阪神(横浜スタジアム) 勝利打点:金城

サンテレビで完全中継。今日の先発は杉山(中5日)、横浜・三浦。2回、先頭・佐伯に四球を許すと、続く金城に2ランを浴びベイスターズが先制すると、さらに相川に連続アーチを許してしまい、いきなりの3失点。番長相手に重苦しいムードが漂いました。

4回あたりで早くも円陣を組みますが、今日は凡打の山。5回、杉山の打順で代打・高橋光を送り、早めの勝負を試みますが、ここも無失点。しかし2番手・橋本健が乱調。5回、1死から村田のエンドランが決まり1,3塁とされると、ここまで2三振の吉村に左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打。さらに佐伯の犠牲フライで、0-5となり敗戦処理ムードに。

圧巻だったのは6回、金本の1,2塁間への当たりでしたが・・・仁志のポジショニングが凄い。セカンドの定位置から1塁方向に寄り、さらに5~10m後方に守っていて、ヒット性ながら普通のセカンドゴロみたいにさばかれてしまいました。

3イニングめの橋本健。7回、無死1塁から村田に2ラン、吉村に連続アーチを許してしまい、この回も3失点。内容も良くなかったですが・・・79球も費やしてしまい、2~3日は使えそうにないです。完封ペースの9回、2四球でチャンスメイクしますが、葛城のフルスイングが追い風ながら失速して、ライトフェンス際のフライ。調子が落ちているのが気がかりです。

2位ジャイアンツがカープとの乱戦を制し、ついに5ゲーム差に接近。ここからの29試合が本当の勝負。頼むぞ福原。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
 
平野 関本 江草
赤星 葛城 矢野 高橋光 狩野
金本 鳥谷 林威助 桜井 杉山 橋本健
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは24のまま。
カープ●、スワローズ○も、CS進出マジックは17のまま。(対象はD、Ys)

3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(4ヶ月ぶり復帰。低迷するチームの救世主になるか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月 2日 (火)

岩田-野口バッテリーKO。2ケタ安打でも対ベイ5連敗。

200809021 横浜○5-3●阪神(横浜スタジアム) 勝利打点:仁志

テレビ大阪で3回ウラ途中から中継。今日の先発は岩田(中6日)、横浜・吉見。久しぶりに平野がスタメンを外れ、2番に関本が入るオーダー。初回、先頭・赤星のヒット&盗塁から、鳥谷のタイムリーでタイガース先制。しかし2回、金城の2点タイムリーで逆転され、なお無死1,3塁のピンチでしたが、吉見の当たりは6-4-2という形でゲッツーを完成。

3回、2死2塁から大西のタイムリーで1-3とされますが・・・4回、関本が右中間フェンス直撃の2塁打。1死3塁から金本の内野ゴロの間に1点を返すと、ここから連打。の好走塁もあり、2死1,3塁とするとバルディリスがセンター前タイムリーを放ち、3-3の同点!

しかしそのウラ、石川に早くも3安打めのヒットを許し、1死1,3塁となったところで、被安打10の岩田(解説の人によく3失点で済んでいたな・・・と言われてました)、さらにバッテリー(野口)ごと入替え。ここ2試合はめちゃくちゃ良かったのですが、先発22度めで初めてゲームを作れず。さらに代わった渡辺がカウント0-3から、仁志に右中間へ2点タイムリー2塁打を許し、再び勝ち越されました。

2点ビハインドの5回、9番に入った途中出場の矢野がいきなりヒットで出塁すると、ここから2死2,3塁としたところで、金本にはカウントが不利になると途中から敬遠。満塁でという場面でしたが、吉見の外角へ逃げるスライダーにタイミングが合わず、当てるだけのショートフライ。

終盤、久保田アッチソンと2点ビハインドながら勝負をかけましたが、ベイスターズの中継ぎ陣の前にチャンスメイクとはいかず・・・対ベイ5連敗。
今日の試合の採点表(75点が基準)
赤星
関本
鳥谷 バルディリス 高橋光 久保田 アッチソン
金本 林威助 矢野 桜井 桧山 能見
平野 野口 葛城 岩田 渡辺
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは1つ減って24
カープ○、スワローズ○で、CS進出マジックは17のまま。(対象はC、Ys)

1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ウィリアムス投手(連続失点で再調整。最短10日で復帰してもらわないと。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »