« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

ジェフ、4失点炎上。首位攻防戦&8月度は負け越し。

20080831 阪神●1-6○巨人(甲子園) 勝利打点:阿部

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は安藤(中5日)、巨人・内海。初回、1死1,2塁のチャンスで金本が良い当たりのファーストライナーで無得点。1,2回と得点圏にランナーを置きながら、バルディリスの三塁線、華麗な守備もあり、抑えていた安藤ですが、3回、2死3塁からラミレスに内角のシュートを三遊間に弾き返され、ジャイアンツ先制。

4回、1死フルカウントから金本が四球。続くが三遊間、関本が1,2塁間への内野安打で満塁のチャンス!早くもワッショイコールとなりますが、矢野はハーフスイングを取られ三振。しかしバルディリスが低めの変化球を見極めて、押し出しの四球で1-1の同点!

6回、バルディリスがサインの読み取りに苦労し、和田コーチに呼び出される始末。なんとか送りバントを決め、2死2塁とした所で、粘投の安藤の代打・桜井がライト前ヒット。1,3塁としますが、赤星が空振り三振に倒れ、同点のまま。2番手・アッチソンが7回のマウンドに上がり、圧巻の三者連続三振!!あのテンポは凄まじいですよ。

クリーンアップからの打順を相手に8回はウィリアムス。先頭・小笠原にバットを折られながらセンター前ヒット。連打もあり、1死2,3塁のピンチ。ここで代打・谷が四球を選び満塁とすると、続く阿部にはカウント2-1からまさかの押し出し。まだここで粘れば、という所でしたが・・・2死後、代打・大道に右中間真っ二つの走者一掃3点タイムリー2塁打を許してしまい、痛すぎる4失点で勝負アリ。今年は右バッターによく打たれますね。

8月は9勝11敗で今シーズン初めての負け越し。さぁ残り31試合、再スタート!
今日の試合の採点表(75点が基準)
アッチソン
バルディリス 桜井 安藤
関本 金本
平野 赤星 林威助 葛城
鳥谷 矢野 ウィリアムス 橋本健
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは25のまま。
カープ●で、CS進出マジックは1つ減って17。(対象はC、Ys)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月30日 (土)

江草、痛すぎる2失点。クルーン劇場も1歩及ばず。

20080830 阪神●2-3○巨人(甲子園) 勝利打点:李

テレビ大阪で2回ウラから9回ウラ途中まで中継。今日の先発は金村暁(再昇格)、巨人・グライシンガー。初回、ラミレスのゲッツーコースを完成できず、続く李に1,2塁間を破られ先制タイムリー。そのウラ、先頭・赤星がバントヒットを決め、1死2塁としますが・・・無得点。3回、2死1,2塁から谷にレフト前ヒットを許しますが、痛々しい小笠原が加速せず、金本がストライク返球!

1ヶ月ぶりの金村。毎回ランナーを出す苦しい投球でしたが、時折100キロ台のパームでタイミングを大きくずらし、慣れてくるとフォークで緩急の差を付けて抑えるバッテリーの巧さが見えました。5回、無死1塁で関本が今季初ミスとなる痛恨のバント小フライ。2死1,2塁となり、代打・桧山を送りますが凡退。ここまでわずか2安打。

1点ビハインドの6回、左の江草が登板しますが・・・1死2塁から阿部にセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打を許すと、続く坂本にも三塁線を破るタイムリー2塁打で、痛すぎる2失点。坂本の三盗失敗で流れが変わったか、そのウラ、平野が止めたバットでレフト前へポトリと落とすヒットで出塁すると、鳥谷がライトポール際へのタイムリー3塁打!しかし続く金本で追加点を挙げれず。

7回、復帰後初登板の能見が3人でピシャリと抑え、8回は久保田。李のピッチャーゴロはジャンプした久保田の頭を越える内野安打。無死1,3塁とゲームが決まりかける大ピンチでしたが、ここからストレート勝負に切り替え、無失点に抑えました。

2点差で9回はクルーンとの勝負。140キロ台後半のフォークを多投し、鳥谷は三球三振。しかし金本がフォークをとらえて連続ヒット。関本が四球を選び1死満塁で場内ワッショイコール。最近当たりの出ていない葛城が強めのファーストゴロ。3-2-3というゲッツーコースでしたが、なんと阿部が1塁悪送球!ライト方向へ転々とする間に1点を返し、なお2死1,3塁で矢野。暴投未遂もありましたが、最後は空振り三振。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
鳥谷 能見
平野 金本 林威助 金村暁 渡辺
赤星 矢野 高橋光 藤本 久保田
関本 葛城 桧山 江草
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは25のまま。
カープ○で、CS進出マジックは18のまま。(対象はC)

30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 金村暁投手(2軍でストレートのキレを戻してきたが・・・。)
OUT 浅井良外野手(右の代打として最近は結果を残せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年8月29日 (金)

下柳に神のいたずら?G倒で優勝M25、4度め点灯!

20080829 阪神○7-5●巨人(甲子園) 勝利打点:林④

サンテレビで完全中継。今日の先発は下柳(中7日)、巨人・金刃。7ゲーム差で迎えた首位攻防戦。出場が続く高橋光に代わり、対左でバルディリスを起用。初回、先頭・赤星が四球。2死1,3塁からがセンター前のポテンタイムリーで先制すると、続く関本が右中間オーバーの2点タイムリー2塁打で、一気に3点先行!3回はの右中間フェンス直撃のタイムリー3塁打で4点め。

4回、初の四球を許しマウンド上で吼えた下柳。続く李の強烈な当たりはファースト・関本のグラブに収まり、本人もビックリ。そのウラ、1死からバルディリスがヘッドで2塁打とすると、下柳がしっかり進塁打。ここで赤星が初球、センター前タイムリーでガッツポーズ!5-0とし、金刃をKO。

5回、ジャイアンツは林が2番手。2死2塁から関本がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放つと・・・続く6回はバルディリスがど真ん中のストレートをレフトスタンドへ!甲子園初アーチとなる2号ソロで7-0とリード。

7回、ここまで被安打2と完封ペースの下柳でしたが、2死から李のピッチャーゴロがとてつもないイレギュラー。内野安打となり、ここからリズムを崩してしまいました。坂本の2点タイムリー、亀井のタイムリーを含む5連打を浴びてしまい、3点を失ったところでアッチソンにスイッチ(マウンド上で下さんが鳥谷に説教?)し、木村拓を三振に抑え、切り抜けました。

4点リードの9回、ウィリアムスが登板。1死1,3塁から代打・大道の内野ゴロの間に1点を失い、2死としますが・・・代打・高橋由に高めのスライダーをレフト前へ運ばれ、タイムリーで2点差。なお1,2塁でしたが、最後は小笠原をライトフライに抑え、逃げ切りました。「必死のパッチでイケイケでいきたいです!」by 関本
今日の試合の採点表(75点が基準)
関本 林威助 バルディリス 赤星 アッチソン
 
鳥谷 桜井 下柳
金本
平野 矢野 ウィリアムス
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは25が4度めの点灯!
カープ●で、CS進出マジックは2つ減って18。(対象はC)

29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(2軍では0点台。酷使気味のリリーフ陣を救えるか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008年8月28日 (木)

金本、4打点&サヨナラお膳立て。球児の失敗をカバー。

20080828 阪神○6x-5●中日(甲子園) 勝利打点:林③

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は杉山(中10日)、中日・チェン。初回、先頭・赤星がヒットで出塁し平野がバント。2死3塁から金本がサード後方へポトリと落とすタイムリーで先制!しかし3回、鳥谷の前でイレギュラーし、ノーアウトのランナーが出塁してしまうと・・・続くノリにストレートの四球で、李に逆転の3ラン。動揺がハッキリ出ました。

3回、先頭・赤星が四球を選ぶと、平野のバントヒットが決まり無死1,2塁のチャンス。1死後、金本が浜風のないライトスタンドへ逆転の21号3ラン!4-3とゲームをひっくり返し、ここから杉山も立ち直りの兆し。バックの守りで助けましたが、6回、ウッズに真ん中に入ったシュートを芯で捉えられ、特大の同点ソロ。さらにピンチを背負いますが、今日は投げきりました。

7回、左の小林との勝負。先頭・平野が四球を選ぶと、鳥谷がセーフティ気味のバント小フライ。さらに金本のショートゴロはゲッツーコースでしたが、全力疾走で1塁セーフ。これが活きました。の右中間へのヒットで1,3塁とし、ドラゴンズは右の浅尾にスイッチ。それでも関本が職人技とも言えるライト方向へのポテンタイムリーで勝ち越し!

1点リードの8回、ウィリアムスが2死からデラロサに対し際どいボール判定。結局歩かせ、この回は無失点でしのぎましたが・・・。最終回は球児が五輪終了後初登板。代打・立浪へのストレート勝負がヒットとなり、続く井端のバント処理で球児が2塁ホースアウト!しかし暴投とノリに多投したフォークを打たれ、同点。打順の巡りが悪い方に転びました。

9回、ドラゴンズは左の高橋聡が登板。先頭・平野が珍しくレフト前ヒットを放つと、今度は鳥谷がバント成功。敬遠も考えられましたが、金本と勝負。頭部付近に厳しいボールが来ましたが、それでもアウトコースを踏み込んで1,2塁間を破るヒットで1,3塁。最後はがセンターへ打ち上げてサヨナラ犠牲フライ!!
今日の試合の採点表(75点が基準)
金本 平野 ウィリアムス
林威助 関本 矢野 江草
赤星 鳥谷 渡辺
バルディリス 杉山 藤川
高橋光 桧山 葛城
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジックながら27
スワローズ●、カープ○も、CS進出マジックは1つ減って20。(対象はC)

28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ボーグルソン投手(5回もたない先発では・・・ペース配分の見直しを。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月27日 (水)

久保田劇場よりも手痛い拙攻。優勝マジック3たび消滅。

20080827 阪神●1-4○中日(甲子園) 勝利打点:荒木

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はボーグルソン(中10日)、中日・小笠原。2回、1死1,3塁のピンチで小池のセンターへ抜けそうな当たりを鳥谷がダイブ!2塁へのグラブトスから併殺を完成し、無失点。

しかし迎えた5回、ボギーの球威がわずかに落ちてきたか・・・1死満塁から荒木に右中間へ2点タイムリーを許し、ドラゴンズ先制。ここで早くも江草にスイッチし、1球で李をゲッツーに。

5回、先頭・関本がヒット&暴投で無死2塁とすると、高橋光がレフト線へタイムリー2塁打を放ち、反撃ののろし。ところが続く矢野がバント小フライ。しかも2塁ランナーも戻れず、痛恨のゲッツーで反撃ムードを潰しました。さらに6回、2四球で1死1,2塁とした所で、ドラゴンズも左の小林に早めのスイッチ。相性の悪い金本がヒットでつなぎ満塁としますが、が無念のピッチャーゴロ併殺。

6回からアッチソンが2イニングをパーフェクトに抑え、味方の反撃を待ちましたが・・・8回のマウンドに上がった久保田(3連投)が持ちこたえれず。1死1,3塁からウッズに対しストレートの四球で満塁。中村紀にはど真ん中のフォークで見逃し三振に抑え、2死まで行きますが・・・森野にはストレートの押し出し四球。さらに暴投も飛び出し、ここでの2失点は致命的でした。

3点ビハインドの9回、五輪組の岩瀬が復帰登板。スライダーでのバットを折るなど、今日は3人で抑えて韓国戦で炎上した嫌なイメージを少し払拭できたのではないでしょうか。連勝は5でストップし、優勝マジックも消滅。
今日の試合の採点表(75点が基準)
高橋光
金本 江草 アッチソン
鳥谷 赤星 関本 渡辺
桜井 桧山 バルディリス
矢野 平野 林威助 葛城 ボーグルソン 久保田
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは28で3度めの消滅。
スワローズ○、カープ●も、CS進出マジックは1つ減って21。(対象はC、Ys)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月26日 (火)

林威助、豪快な甲子園での今季初弾!虎5連勝!

20080826 阪神○4-0●中日(甲子園) 勝利打点:林②

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中5日)、中日・佐藤充。五輪代表の新井に腰椎の疲労骨折が判明し、レギュラーシーズンの復帰は絶望的。1ヶ月ぶりの甲子園は両先発による投手戦で序盤3イニングは無得点。初回、2死3塁で金本のセンターへ抜けそうな当たりを荒木に飛びつかれました。

4回、1死1,3塁のピンチを岩田がしのぐと・・・そのウラ、先頭・金本が全力疾走でファースト内野安打!ピッチャーのベースカバーとほとんど同時でした。そして続くが初球、真ん中高めのストレートをジャストミート!豪快な2ランでタイガース先制!

7回、連続四死球で1死1,2塁のピンチを背負いますが、ここも無失点でしのいだ岩田。前回登板の好調を維持し、8勝めで新人王も見えてきました。そのウラ、打順が回ってきた所で今日から五輪代表より復帰の矢野が登場。空振り三振にこそ倒れましたが、やっぱり1軍復帰は大きいですね。2点リードの8回、久保田が上位3人をピシャリと抑える好リリーフ。1000試合出場の赤星が右へ左へ走り回ってましたが。

8回、1死1,2塁のチャンスで場内ワッショイコール。ここで左の長峰から金本が左中間オーバーの2点タイムリー!1塁・鳥谷をホームに還すために、一気に3塁まで狙いましたが、惜しくもタッチアウト。

4点リードに変わり、9回は球児ではなくウィリアムス。先頭バッターを塁に出し、続く森野にも3ボールまで行きましたが・・・ここで踏ん張り。1死後、5-4-3のゲッツーコースながら、平野の1塁送球がややそれて、フライングのジェット風船も。(2点差だったらゾッとしますが)
今日の試合の採点表(75点が基準)
金本 林威助 岩田 久保田
平野 ウィリアムス
鳥谷
赤星 関本 矢野 高橋光 バルディリス
葛城 野口
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは1つ減って28。(対象はG)
スワローズ●、カープ○も、CS進出マジックは1つ減って22。(対象はC)

26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 矢野輝弘捕手(五輪組。不在こそ判るもの。やはり存在感は大きかった。)
IN 藤川球児投手(五輪組。登板間隔を空けながらの抑え起用か。)
OUT 小宮山慎二捕手(もう少しゲームでリードぶりを見てみたかったが。)
OUT 阿部健太投手(さほど悪くはないが、10日間で戻れるか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月25日 (月)

安藤、粘りの自己新12勝!4連勝で五輪組復帰へ!

20080825 ヤクルト●0-3○阪神(明治神宮) 勝利打点:桜井①

サンテレビで完全中継。今日の先発は安藤(中5日)、ヤクルト・石川。一塁・ボーグルソンの先発オーダーはさすがに偵察メンバーか(笑)前半戦は2回のチャンスを除き、ほとんど防戦一方。2回、鳥谷のエラーから1死1,3塁のピンチを背負いますが、最後は雨ながらハーフバウンドの難しい打球をさばいた鳥谷

5回、1死2,3塁のチャンスを作りますが、安藤が粘りながら三振で2死。続く赤星のセンターへ抜けそうな当たりをショート・川島慶が横っ飛びで追い付き、無得点。6回、先頭・ガイエルに2塁打を許し、続く福川のバントの構えに屈し四球。1死2,3塁の大ピンチでしたが・・・最後は高橋光がダイブ!ベースカバーに入った安藤へのトスが決まりました。11残塁の拙攻に追いやった粘りのピッチング!

7回、先頭・関本高橋光の連打から、野口が送って1死2,3塁。ここで代打・桜井がどん詰まりながらサードの頭をわずかに越すタイムリーで先制!続く赤星がレフトへ犠牲フライを放ち、石川から2点をもぎとりました。

2点リードの7回、アッチソンが登板。先頭・飯原のファーストゴロでトス失敗。続く畠山の打球が2塁ベース付近でランナーに当たり1死。さらに連打を浴びてしまい、1死満塁の大ピンチでしたが、ガイエルの当たりは3-6-1のゲッツー!1塁はホントに間一髪で、高田監督もたまらず猛抗議。

これで流れを引き寄せたか、続く8回には鳥谷がライトポール際へ10号ソロを放ち、貴重な3点め。8回は久保田が3人でピシャリと抑える好投を見せ、最終回はウィリアムス。1死1塁から畠山のセンターへ抜けそうな当たりを平野が追い付き、ジャンピングスローは山なりながら1塁へストライク送球の超ファインプレーが炸裂!これだけでヒーロー級でした。4連勝でオリンピック組が帰って来ます!
今日の試合の採点表(75点が基準)
安藤 久保田 ウィリアムス
関本 平野 鳥谷 野口 桜井
金本 高橋光
赤星 バルディリス 桧山 アッチソン
林威助
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、昨日点灯した優勝マジックは1つ減って29。(対象はG)
スワローズ●で、CS進出マジックは2つ減って23。(対象はYs、C)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年8月21日 (木)

下柳10勝!金本が攻守で支えてカープに3タテ返し!

20080821 広島●4-7○阪神(広島市民) 勝利打点:鳥谷⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発は下柳(中5日)、広島・大竹。初回、1死2塁から鳥谷が右中間スタンドへの9号2ランでタイガース先制!そのウラ、バント処理で下柳が悪送球し、無死1,2塁のピンチを背負いますが、クリーンアップを抑えて無失点。3回、2死1,2塁から金本が20号3ランを放ち、5-0とリード。

そのウラ、赤松の2塁打と暴投で無死3塁から、東出のセカンドゴロを平野がジャンピングスロー!この間に1点返されました。5回、1死2塁から東出にタイムリー2塁打を許すと、さらに2死から栗原にもタイムリーを許し、苦しい展開の下柳ですが・・・5-3で切り抜け。ここでマウンドを降りました。

2点リードの6回、悩める渡辺が上がりますが・・・いきなりの連打で無死1,3塁。1死後、代打・前田登場で左の江草にスイッチしますが、エンドラン&大きく開いた三塁線を破るタイムリーで1点差。なお1,3塁のピンチでしたが、赤松のハーフスイングに救われました。続く7回の久保田も苦しい投球。1死1,2塁から石原のファールフライを1塁ベンチ前で野口が落球。それでもストレートで押し、リードを守りました。

1点リードの8回は連投のアッチソン。2死2塁から東出がレフト前ヒットを放ち、自らのリリーフ無失点記録が途絶えたかに見えましたが、ここから金本がホームへバックホーム!2塁ランナー・梵が間一髪アウトで大ピンチをしのぎ、この判定をめぐってリブジー監督代行が退場処分。

9回、ビハインドながらカープは抑えの永川が登板。2死から代打・桧山が右中間へ2塁打を放つと、ここからコントロールが一変。赤星には敬遠気味に歩かせ、平野も粘って四球。満塁で鳥谷がセカンド後方へポトリと落とす2点タイムリーで貴重な追加点。センター・天谷が後逸する間に、1塁・平野まで還ってきそうでした。

3点差となり、9回ウラはウィリアムス。昨日2失点ということもあり、心配されましたが・・・今日も制球を乱しながら、1死1,2塁。石原のゴロはジェフのグラブをかすめ、バウンドが変わりますが平野がしっかりカバー。最後は小窪をレフトライナーに抑えて、カープに3タテ!
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷 金本 赤星 平野
桧山 久保田 ウィリアムス
葛城 江草
関本 桜井 狩野 下柳 アッチソン
林威助 野口 渡辺
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツはノーゲームで、優勝マジックは隠れマジックながら31。(対象はG)
スワローズ雨、カープ●も、CS進出マジックは1つ減って25。(対象はYs)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月20日 (水)

岩田、53球快投。打線がつながり、後半戦初の連勝!

20080820 広島●3-4○阪神(広島市民) 勝利打点:桧山②

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・ルイス。両先発による投手戦、前半5回まで両チーム共にヒットはわずか1本。少しゲームが動き始めたのが4回、2四球で1死1,2塁としますが、葛城の引っ張った当たりを東出がダイビングキャッチされ、無得点。そのウラ、平野の巧みなグラブトスで4-6-3のゲッツー完成でピンチをしのぎました。

6回、平野が四球を選んで3打席連続で出塁。右ひじ痛からの復帰登板となるルイス(93球)が2死を取ったところで、速球派・シュルツにスイッチ。金本が三振に倒れますが・・・そのウラ、小窪のピッチャーゴロが岩田のグラブを弾くと、1死2塁のチャンスでシュルツに代打。2死後、東出にタイムリーを許し、ついにカープが先制。

7回、カープはブラウワーが登板。葛城の連打で無死1,3塁とし、勝負強い関本がサードをかすめるレフト前タイムリーを放ち同点!続く野口がバント成功すると、1死2,3塁で代打・桧山が勝ち越しのレフト前タイムリー!(これには好投の岩田もガッツポーズ!)さらに赤星がフルカウントからエンドランの形でタイムリー!1,3塁の形が続き、平野にまで3連続タイムリーで、4-1と逆転に成功!

3点リードと変わり、7回からはアッチソンが2イニングをパーフェクトリリーフ。右打者へはスライダー、左打者へはカーブでタイミングを外していました。リリーフ転向後、5試合投げてまだ無失点を続けてますね。本職というか、新境地というか・・・。

最終回はウィリアムスが登板しますが・・・1死満塁のピンチ。ここで好調・栗原にレフト前へ2点タイムリーを許し、あっという間に1点差。一打出ればサヨナラ負けも考えられる場面でしたが、嶋、石原を打ちとってヒヤヒヤの勝利。この間の原監督みたいに抑え投手に代えてピッチャーを出さず、ジェフを信じきったのも大きい。
今日の試合の採点表(75点が基準)
平野 桧山 岩田 アッチソン
関本
赤星 林威助 葛城 バルディリス
金本 野口 狩野 高橋光
鳥谷 ウィリアムス
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○も、優勝マジックは隠れマジックながら32。(対象はG)
スワローズ●、カープ●で、CS進出マジックは2つ減って26。(対象はYs、C)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年8月19日 (火)

猛虎復活!14四球&15安打で連敗ストップ!

20080819 広島●5-14○阪神(広島市民) 勝利打点:鳥谷⑥

今季5試合めの地上波中継なし。今日の先発は安藤(中6日)、広島・宮崎。忌引でブラウン監督が緊急帰国したカープはリブジーコーチが監督代行。初回、1死2塁から鳥谷がライト前タイムリーを放ち、9試合ぶりにタイガース先制!さらに暴投で鳥谷が1塁から一気に3塁を狙いますが、ここはタッチアウト。

2回、が待望の1号ソロを放つと・・・2死満塁から平野が押し出し。さらに鳥谷の2点タイムリーで宮崎KO!2番手・牧野から金本もタイムリーで続き、6-0と大量リード。

3回まで無失点に抑えていた安藤ですが、4回、1死1,3塁から嶋にライトスタンドへ3ランを許してしまい、あっという間に3点差。ベンチでグラブを投げつけてました。一変して嫌なムードが出始めると、5回でした。東出にセーフティバントを決められて、1死1,2塁から天谷にレフト前へポトリと落とされタイムリー。2点差まで来ましたが、アレックス、栗原をなんとか抑え・・・5回で降板。

200808192 6回、1死からカープ・岸本が3連続四球で満塁とし、たまらず上野にスイッチしますが・・・ここからビッグイニング! 葛城の連続タイムリーから、とどめは関本が6号満塁アーチ!(満塁弾は今季2本め!)さらに2死2塁から赤星がレフト前タイムリーを放ち、13点め。打者13人、一挙7点の猛攻で試合を決めました。

8回、2死1,2塁から鳥谷が猛打賞&4打点めとなるライト前タイムリーで14点め。今日まで10打席ヒットがなかっただけに、ここから復調して欲しいですね。9回、5番手・阿部が2死から栗原にタイムリーを許しますが、今日は大勝!リーグ記録にあと1個に迫る14四球と、15安打もあの湿りきった打線からは信じられないですね。

この勢いでルイス、大竹のカープ主力投手を攻略しないと。
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷 林威助 赤星 平野 葛城 野口
関本
久保田 江草 橋本健
金本 桜井 浅井 阿部
バルディリス 安藤
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジックながら33。(対象はG)
スワローズ●、カープ●で、CS進出マジックは2つ減って28。(対象はYs、C)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月17日 (日)

杉山、救世主になれず。ベイに3タテ食らうとは。

20080817 阪神●1-5○横浜(京セラドーム大阪
勝利打点:吉見

サンテレビで完全中継。今日の先発は杉山(再昇格)、横浜・吉見。3ヶ月ぶりの先発マウンドとなった杉山、苦手の1,2回を三者凡退で片付けて、まずまずの立ち上がり。3回、先頭・相川のセンターへ抜けそうな当たりを関本がダイビング!好プレイでリズムを作りますが、束の間でした。藤田の2塁打で、1死2塁から吉見にライト前タイムリーを許し、今日もベイスターズ先制。これで8戦連続らしいです。

4回、1死3塁から金城にタイムリーを許すと、気落ちしたか・・・続く佐伯にライトスタンドへ2ランを許してしまい、0-4。得点力が落ちているだけに、もう限界ラインでした。さらに2死後、吉見に今日2本めのヒットを許すと、黙っていれず。ここでKOされ、スタンドから拍手される始末。続く江草が逆球の変化球ながらワンポイントリリーフ。

タイガースも初回、先頭・赤星が四球、関本のバントで1死2塁のチャンス。5回もノーアウトのランナーを出しますが、後続が続かず。連打が出る気配が無くなって来たのは心配ですね。

4点ビハインドの5回、不調が続く渡辺が登板。ピリッとしないなか2死満塁のピンチをしのぎきり、なんとか無失点リリーフ。6回は復帰していきなり連投の久保田。吉見の猛打賞を含む連打を浴び、2死1,3塁から内川にセンター前タイムリーを許し、5点め。終盤はアッチソンウィリアムスと総動員。

完封ペースの吉見に対し、ようやく8回。1死からバルディリスが2塁打で出塁すると、続く狩野が右中間オーバーのタイムリー2塁打を放ち、1点を返しました!連打が久しぶりの気がしますが、これで上向いてくれないと。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
 
狩野 バルディリス 江草 アッチソン ウィリアムス
赤星 関本 林威助 高橋光 桜井 平野 渡辺
鳥谷 金本 浅井 杉山 久保田
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは隠れマジックながら34。(対象はG)
ドラゴンズ○、スワローズ●で、CS進出マジックは1つ減って30。(対象はYs、C)

17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 杉山直久投手(2軍で結果を残しての先発復帰も・・・。)
OUT 庄田隆弘外野手(19得点の試合後は結果を残せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年8月16日 (土)

金本、2000試合出場も・・・零封負けで大阪D6連敗。

20080816 阪神●0-4○横浜(京セラドーム大阪
勝利打点:吉村

サンテレビで完全中継。今日の先発はボーグルソン(中9日)、横浜・桑原謙。右の先発を読み切り、1~6番まで左をズラッと並べてきたタイガース。昨日のブラッシュボールの反撃か、初回から内川に死球を与える始末。でも厳しい攻めは他はほとんど無かったと思います。

1回、2回と味方の好守備もあり、ピンチをしのいだボギーですが、3回でした。先頭・石川にヒットを許すと、2死2塁から吉村にレフトスタンドへ2ランを許してしまい、今日もベイスターズが先制。

タイガースは4回、平野のセーフティ気味の送りバントで1死2塁としますが、チャンスを潰すと・・・痛かったのは5回。先頭・が足の痛みを押しての右中間オーバーの3塁打を放ちますが、後続が凡退。セカンドゴロを打てば1点入る陣形だっただけに、葛城の見逃し三振は痛い。ネクストの9番に庄田が準備していましたが回らず。

打順が回らなくても、続投するケースではなかったボギーの6回。1死1,3塁から相川にタイムリーを許した所でKO。なお1,3塁の場面で、江草の変化球を野口がパスボールで4点め。この2失点が効きました。6回の頭から、久保田(今日2イニング投げて、バロメーターのスライダーも縦に曲がっていましたが・・・もう1つ?)かアッチソン投入も考えられましたが・・・。

7回、2死1,2塁とした所で代打・桧山が登場。場内ワッショイコールとなりますが、内角ストレートに空振り三振でため息。今日の桑原謙は左バッターのひざ下に落ちてくるスライダーが有効球となり、逆に左を並べたのが裏目に出た印象です。6回、8回のいずれも赤星を置く場面で、平野に惜しいファールがあっただけにツキもないですね。ルーキーに初完封されるようでは、明日の杉山にもかなりのプレッシャーが。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
赤星 
金本 関本 久保田 アッチソン
林威助 庄田 高橋光 江草
平野 葛城 鳥谷 野口 桧山 狩野 ボーグルソン
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックはまたも消滅。(対象はG)
カープ●、スワローズ○で、CS進出マジックは31のまま。(対象はYs、D)

16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保田智之投手(最短10日で復帰。リフレッシュになったか?)
OUT リーソップ投手(クイックもできず。今年はもういいんじゃないか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月15日 (金)

生観戦。シモの遅延行為?7失点のラッキー7で投壊。

20080815 阪神●4-11○横浜(京セラドーム大阪
勝利打点:内川

サンテレビで完全中継。今季7試合めの生観戦、先発は下柳(中6日)、横浜・ウィリアムス。1軍生き残りへ最終テストなのか桜井が先発出場。初回、2死1塁から吉村に左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打を許し、ベイスターズ先制。そのウラ、平野が初球牽制タッチアウトか?と思いきや、ボークの判定で二進も無得点。

2回、桜井の今季2本めのヒットが飛び出すと、野口が2塁打。点が取りにくい打順でしたが、バッター・下柳の際にウィリアムス暴投で同点。4回、ゲッツーの後に野口がヒットを放つ悪循環で2死1塁とした所で、下柳がバッターボックスに姿を見せず。場内から「アンダーシャツの交換を行っております。」にはスタンドから笑い。それがヒット打ってしまうんですから。さらに2死満塁までいきますが勝ち越せず。

5回まで8安打、8残塁と打ちあぐねていると・・・6回でした。1死2塁から内川にカウント0-3からライト前タイムリーを許すと、1,2塁から金城にセンター前タイムリー。しかも赤星がファンブルしてしまい散々。続く大西のサードゴロで三本間に挟んでアウト。残念な6回3失点の下柳でした。

2点ビハインドの7回、リーソップが登板。1死2塁から石川にタイムリーを許すと・・・ここから大炎上。仁志のショートゴロが2塁走者と重なって鳥谷がファンブル。内川、吉村に連続四球で押し出してしまい、1-5となり渡辺に遅すぎるスイッチ。もう勢いには逆らえず・・・ここから押し出しを含む5失点で1-10。失点が重なる度に、無情にもジェット風船が飛んでました。

9点差となった7回ウラ、左の石井裕へ最後の反撃。赤星平野の連続ヒットと鳥谷の四球で無死満塁としたところで、場内ワッショイコール!3打席フライアウトの金本がつないで押し出し、たまらず右の小山田にスイッチ。ここで代打・桧山が登場!鮮やかなセンター前タイムリーでつなぎますが、続く関本が痛恨のセカンドゴロ併殺(この間に1点)に倒れました。前の回の守備でのダイビングで腰を悪化させたのかも。

終盤は大量リードされながら、金本に対する内角攻めに場内騒然。2人とも怒りの空振り三振でした。リーソップ、使えないのが判っただけでも収穫でしょうか?渡辺と2人とも降格の危機。
今日の試合の採点表(75点が基準)
平野
赤星 桧山
鳥谷 野口 橋本健
関本 桜井 浅井 庄田 林威助 バルディリス 狩野 下柳
金本 高橋光 葛城 リーソップ 渡辺 阿部
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
P1000233 P1000247P1000248P1000260 P1000271P1000276 P1000279P1000282



ジャイアンツ●で、優勝マジックは1つ減って35。(対象はG)
カープ○、スワローズ○で、CS進出マジックは31のまま。(対象はC、Ys) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2008年8月13日 (水)

金本、主砲の一振り。値千金3ランで連敗ストップ!

20080813 巨人●2-4○阪神(東京ドーム) 勝利打点:金本⑩

BS日テレで完全中継。今日の先発は岩田(中7日)、巨人・内海。腰に不安を抱える関本をサードに置き、バルディリスがセカンド初先発。初回、暴投も重なって1死3塁となり、早くも前進守備シフトのタイガース。小笠原の強い当たりにバルディリスが飛びつくも1歩及ばず、センター前タイムリーでジャイアンツ先制。

4回、先頭・赤星のボテボテのサードゴロで二岡が悪送球。この間に一気に3塁を陥れると、2番に入った関本のサードゴロの間に1-1の同点。これも最初の2球は前進守備シフトでしたが、定位置に戻った直後の3球めでの1点でした。

5回以降は虎打線が沈黙。次第に内海のペースになりますが、岩田も負けじと気合の入ったピッチング。ラミレスから2併殺を奪うなど、約1ヶ月ぶりとなる野口とのバッテリーが成功。正念場は7回でした。2死から、四球とヒットで1,2塁のピンチを背負いますが、坂本を大きなセンターフライに抑えました。

同点の8回、リリーフ2試合めのアッチソンが登板。低めにボールが集まり今日も好投。9回も続投し、先頭・小笠原に四球こそ出しますが・・・1死後、谷を三振ゲッツーに抑え、流れを断ち切りました。セットアッパー役に固定してみたいですね。

10回、ジャイアンツはクルーンが登場。先頭・関本がフルカウントから四球を選ぶと、岡田監督が鳥谷に耳打ち。「バントのサインは無いから思いっきり打って来い」と、結局ストレートの四球を選び、無死1,2塁となったところで、原監督がなんと左の藤田にスイッチ。これにはベンチの岡田監督も満面の笑み。ここで金本が真ん中に入ったストレートをコンパクトに振り抜き、ライトスタンド上段へ突き刺さるような19号3ラン!!(涙)

3点リードに代わり、ウィリアムスが登板しますが・・・いきなり二岡に一発。続く鶴岡にもカウント0-3と嫌な雰囲気になりますが、ここから見逃し三振を奪い、アウト1つ取って落ち着くと問題なし。ついに連敗が止まりました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
金本 岩田 アッチソン
赤星 鳥谷
関本
野口 藤本 桧山 平野 ウィリアムス
林威助 高橋光 バルディリス
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは36が再点灯!(対象はG)
スワローズ●で、CS進出マジックは2つ減って31。(対象はYs、C) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2008年8月12日 (火)

リリーフ陣崩壊。安藤の粘投を活かせず、5連敗。

20080812 巨人○7-0●阪神(東京ドーム) 勝利打点:小笠原

BS日テレで完全中継。今日の先発は安藤(中8日)、巨人・グライシンガー。昇格の、腰痛の関本がスタメン復帰し、1~6番まで左をズラッと並べてきました。初回、1死1塁から小笠原にレフトスタンドへ2ランを浴び、ジャイアンツ先制。フォークが高めに浮き、2死満塁のピンチで坂本を三振に抑え、持ちこたえました。

2回以降はほぼ完璧な内容でゲームを立て直した安藤。打線の方は毎回ランナーこそ出るものの、チャンスを拡大できず。5回、内野安打の赤星を塁に置きますが、平野とのエンドランが決まらず。6回、先頭・金本の連続ヒットから、葛城がバントを決めて1死2,3塁としますが・・・期待の関本が三振。続く野口も連続して凡退。

2点ビハインドの7回、代打・桧山が9球粘って四球で出塁。2死後、鳥谷がカウント2-2から四球を選び1,2塁としたところで、ジャイアンツが左の山口にスイッチ。勝負所で金本との対戦でしたが、無念のショートゴロ。

7回、2番手・渡辺が登板しますが・・・先頭・鶴岡に四球、代打・亀井にセンターへ抜けそうな当たりのショートゴロを鳥谷が追い付き、2塁送球がフィルダースチョイス。ここでピッチャーの山口を打席に立たせ、渡辺が投球時に体勢を崩すハプニング。あわやボークという場面、次の球をバントさせられてしまい・・・江草にスイッチ。2死後、木村拓への内角攻めが裏目に出たか、レフト線へ2点2塁打を許し、0-4。とどめは阿部がラミレスに3ラン。

1回でゲームが終わりそうな感じの中、安藤が持ちこたえましたが・・・紙一重の差で集中打を浴び、大敗で5連敗。明日の岩田のピッチングに全てがかかってきました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
赤星
関本 鳥谷 林威助 桧山 安藤 橋本健
金本 葛城 高橋光 桜井 バルディリス 狩野 小宮山
平野 野口 渡辺 江草 阿部
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジックで38のまま。
スワローズ○、カープ●も、CS進出マジックは33のまま。(対象はYs)

12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 林威助外野手(足の故障から1ヶ月ぶりに復帰。救世主になるか?)
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 前田忠節内野手(スタメンのチャンスももらえたが・・・。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月 7日 (木)

下柳、連敗阻止への焦り。7回に乱れ、逆転負けで4連敗。

20080807 阪神●3-4○広島(京セラドーム大阪
勝利打点:石原

サンテレビで完全中継。今日の先発は下柳(球宴から中6日)、広島・宮崎。疲労性の腰痛を訴えた関本が欠場。連敗ストップへベテラン桧山も5番で約2ヶ月ぶりに先発出場しますが、初回のチャンスには凡退。3回、小窪にレフトスタンドへ一発を許し、今日もカープが先制。

そのウラ、四球で出塁した赤星が盗塁失敗。2死となり、平野がヒットで出塁すると・・・続く鳥谷が甘く入った球を見逃さず、右中間スタンドへ8号2ランを放ち逆転に成功すると、さらに金本が2者連続アーチを放ち、3-1と一気に宮崎を攻略。次の回からは元阪神の牧野がゲームを仕切り直し。

2点リードの7回、好投を続ける下柳が乱調。先頭・赤松に今日初めての四球を出し、吼えてしまうと、1死2塁から栗原がセンター前へのポテンタイムリー。必死に平野鳥谷が追いかけた為にがら空きの2塁ベースに栗原が進塁。さらに1,2塁からシーボルにレフト線へタイムリーを許し、同点。なお2,3塁から石原に犠牲フライ(赤星がよく追い付きました)を許して、ついに勝ち越し。

久保田、球児を欠く中、引っ張らざるを得ない状況で、連敗ストップへの意地が裏目に出てしまいました。まだ6回で65球でしたから、降ろす考えもなかったでしょうが。打線に反撃ムードが出ないまま、1点ビハインドの8回は渡辺が登板。悪いなりに2死2塁となった所で、後半戦初めてウィリアムスがマウンドへ。好調・嶋を打ち取り、9回も続投し無失点。次は勝ちパターンで見たいですね。

9回、永川との勝負で1死から野口が四球で出塁しますが、代打・高橋光がサードゴロ併殺に倒れてしまい、悔しい逆転負け。今季初の4連敗を喫しました。
今日の試合の採点表(75点が基準)
鳥谷 金本
平野
ウィリアムス
野口 赤星 桧山 庄田 狩野 下柳 渡辺
葛城 前田忠 高橋光
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○で、優勝マジックは隠れマジックで38のまま。
スワローズ●で、CS進出マジックは1つ減って33。(対象はYs、C) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月 6日 (水)

リーソップ、お前もか。3連敗もアッチソン中継ぎに収穫。

20080806 阪神●2-5○広島(京セラドーム大阪
勝利打点:天谷

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はボーグルソン(中7日)、広島・高橋。打線のテコ入れとして、6番で桜井を先発起用。初回、赤星がライト線へ長打を放ち、一気に3塁を狙いますが・・・まさかのタッチアウト。2回、桜井のレフトフライで金本が3塁へ激走タッチアップを見せますが、直後に野口がゲッツー。

4回、先頭・小窪にチーム初ヒットとなる2塁打を許すと、何故かいらだつボギー。突如、制球が乱れ急変し無死満塁の大ピンチを背負いますが、ここから嶋、シーボルを連続三振。しかし天谷には押し出しの四球で先制されると、さらにチェンジアップがとんでもない暴投となり2点め。60球に達しないままこの回で降板。

そのウラ、1死から金本がフェンス直撃の2塁打で出塁すると、続く高橋光もライトのグラブをかすめるタイムリー2塁打で1点差。さらに連続四球で満塁としますが、バルディリスは三球三振。代打・浅井も凡退し、チャンスを逃しました。5回、赤星のショート内野安打が悪送球を誘い、無死2塁。関本の絶妙バントから、鳥谷がセカンドの頭を越える同点タイムリー!

2番手・アッチソンが昇格即登板。ほぼ完璧なリリーフで2イニングを抑え、今日投げたピッチャーの中では1番の安定感。ロングリリーフも良いですが、もう少し良い場面でも見てみたい気も。早く後ろ3イニングの配置を固めたいですね。

同点の7回はリーソップが登板。しかし先頭・シーボルに高めのストレートをレフトスタンドへ持って行かれ、あっさり勝ち越し。ただ変化球でカウントを取れないのが痛いか・・・8回も続投し、喜田に3塁打。続くアレックスのピッチャーゴロで三本間に挟んでアウトにしましたが、嶋に高めストレートを多投した結果、2点タイムリーを許しジエンド。1イニング限定の方が・・・。
今日の試合の採点表(75点が基準)
赤星 金本 高橋光
アッチソン
鳥谷 関本 江草
平野 桧山 庄田 小宮山
桜井 野口 浅井 バルディリス 藤本 ボーグルソン リーソップ
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●。優勝マジックは隠れたまま38に。
スワローズ△で、CS進出マジックは34のまま。(対象はYs)

6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN アッチソン投手(五輪枠。久保田が抜け、中継ぎ起用か。)
IN 下柳剛投手(後半戦も左の柱として活躍に期待)
OUT 久保田智之投手(登板過多か?乱調に見かねて決断。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月 5日 (火)

久保田、ラッキー7で4失点炎上。優勝M消滅。

20080805 阪神●1-6○広島(京セラドーム大阪
勝利打点:なし(栗原のサードゴロ野選)

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は岩田(再昇格)、広島・前田健。初回、1死1,3塁から栗原がサードゴロ。三本間に東出を誘い出しましたが、挟殺プレーをかいくぐられてしまい・・・カープが先制。3フィートの抗議もなかったですね。さらに満塁のピンチでしたが、ここは1失点のみ。

1回、赤星のヒット&盗塁で無死2塁としますが、平野が送れず。次の鳥谷が外野フライだっただけにもったいない。さらに金本が敬遠ぎみの四球で歩かされ、1,3塁で関本が凡退し無得点。絶好調とはいえ、この状況が続くと参ってしまうかもしれません。

6回、1死1,2塁から小窪のショートいっぱいの当たり。ややバウンドが変わったか、鳥谷が弾いてしまい・・・レフト前へ。金本のバックホームもむなしく痛恨の2点めを許してしまいました。返球を受けた狩野もオーバーランした2塁ランナーを見逃さなかったのは見事。さらに前田健にも三塁線、関本のグラブを弾く当たりの間に2,3塁とされますが、ここは切り抜け。

金本がライトポール際へ一発を放ち、1-2とし勝負の7回。久保田がやらかしました。先頭・赤松にヒット&盗塁で2塁に進まれると、アレックスは怪しいハーフスイングの末に四球。栗原にぶつけて無死満塁。続く嶋にライト前へ2点タイムリーを許し、怒りのライトスタンドからジェット風船が飛んでしまいました。1死後、石原にレフトオーバーの2点2塁打を許し・・・KO。この回はリーソップくらいで勝負して欲しかったですね。

8回は阿部、9回は橋本健といずれも満塁のピンチを背負いながら、無失点でしのぎましたがピリッとせず。それにしても打てない。あと久保田の配置転換も考えないといけないでしょうね。
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
金本
岩田 渡辺
赤星 平野 狩野 高橋光 桧山 阿部 橋本健
鳥谷 関本 葛城 庄田 久保田
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツはゲームなし。優勝マジックはついに消滅。
スワローズはゲームなし。CS進出マジックは34のまま。(対象はYs)

5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 金村暁投手(先発で勝てず、負け運がつき始めてしまったか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年8月 4日 (月)

金村暁、3点リードを守れず・・・5回に息切れ。

20080804 横浜○6-3●阪神(横浜スタジアム) 勝利打点:吉村

サンテレビで完全中継。今日の先発は金村暁(中7日)、横浜・三浦。初回、2死1,3塁から関本がバックスクリーンへ連夜の5号3ランを放ち、タイガースが3点先行!しかしそのウラ、2死から振り逃げのランナーを出してしまうと、続く吉村にはライトフェンス直撃のタイムリー3塁打を許してしまい、3-1。

相棒・野口がヒットで出塁しても、金村がバント失敗。これも後で響いてくるのですが・・・そのウラの2回、先頭・石井琢に一発を許してしまい・・・これで1点差。立ち上がりは乱れていた番長も2回以降は別人のように尻上がりに良くなっていき、全くというほどチャンスメイクができませんでした。

1点リードの5回、2死2塁から仁志のヒットで1,3塁。ここからクリーンアップに3連続タイムリー。内川のライト前タイムリーで同点とされ、吉村にはレフト前ヒットで勝ち越し。さらに暴投が重なり、2,3塁としてからビグビーにフルカウントからセンター前へ2点タイムリーを許し、ここで金村KO。100キロ程度のパームで巧くカウントを取れてるなぁと思いましたが、最後は甘く入った変化球を痛打。この回一挙4失点で、ゲームをひっくり返されました。

3点ビハインドながら、7回は渡辺、8回は久保田と勝ちパターンとも思える継投。7回の渡辺もいきなり無死2,3塁のピンチを背負いますが、悪いなりに無失点でまとめる所は見事。8回の久保田も得点圏にランナーを置きますが、無失点で切り抜け。

昨日の19得点の後では仕方ないのかも。ハマの番長、今季4勝めのうち3勝がタイガースから・・・とキラーぶりを発揮。金村も早くも5度めの先発、初勝利が遠いですね。。
今日の試合の採点表(75点が基準)
関本
平野 江草
鳥谷 渡辺 久保田
庄田 野口 桜井
金本 赤星 葛城 金村暁
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ●で、優勝マジックは1つ減って39。(対象はG)
スワローズ●で、CS進出マジックは1つ減って34。(対象はYs) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月 3日 (日)

金本、5安打6打点の大暴れ!21安打でハマに爆勝!

20080803 横浜●2-19○阪神(横浜スタジアム
勝利打点:葛城④

サンテレビで完全中継。今日の先発は安藤(中8日)、横浜・真田。後半戦最初の試合、初回から赤星が幸先良くヒット&盗塁。金本敬遠後、関本にもなぜかストレートの四球としてしまい、2死満塁。ここで葛城がライトオーバーの走者一掃、3点タイムリー2塁打でタイガース先制!そのウラ、ファーストゴロで葛城のトスを安藤が捕れず・・・エラーとしてから、吉村に長打を許し、3-1と打ち合いの様相。

3回、1死2塁から金本のレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で1点を追加すると、2死後、庄田の当たりは左中間へのフライ。手を広げたビグビーに照明が入ったのか、捕球をやめてしまい・・・ボールが転々とする間にさらに2点を追加!(記録は2塁打)

ベイ2番手・吉見が2回を無失点で締めますが・・・6-1で迎えた6回、3番手・吉原が誤算。先頭・庄田にヒットこそ許しますが、ここから2死。しかし平野の右足レガースへ当ててしまうと、満塁で鳥谷がフルカウントから押し出し!さらに金本が球足の早い打球でセンター前へ2点タイムリー!そのウラ、安藤が先頭・吉村の手首に死球。無死1,3塁から石井にタイムリーを許しますが、この1点で抑え10勝め!

圧巻の7回。庄田の三本間へ高く跳ねたゴロがラッキー内野安打(なんと4安打)!無死満塁となったところで、ベイスターズは左の山北にスイッチ。1死後、赤星が左中間真っ二つの3点タイムリー2塁打!続く平野のファーストゴロで内川が1塁に悪送球する間にもう1点。2死3塁となってから、金本がこすりながらレフト前へ持っていくタイムリー!で終わったかと思いきや、関本が初球を振り抜き左中間への4号2ラン!!一挙7点の猛攻でとどめを刺してしまいました。

8回の守備から小宮山が初出場のマスク。阿部の堂々としたピッチング、ある程度サイン通りに投げてくれたこともあり、上々の内容。9回、無死2,3塁から金本が右中間オーバーの2点2塁打で今日5の5で6打点!1死後、代打・桜井が大歓声のなか登場!低めの変化球には手を出さず四球を選ぶと・・・2死2,3塁で小宮山がライト前へプロ初安打となるタイムリー!忘れられない1日になるんじゃないでしょうか。
今日の試合の採点表(75点が基準)
金本 赤星 庄田 関本 葛城 小宮山
平野 鳥谷 阿部
桜井 安藤 橋本健
野口 藤本 バルディリス 高橋光
桧山
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
ジャイアンツ○ながら、優勝マジックは1つ減って40。(対象はG)
スワローズ○も、CS進出マジックは1つ減って35。(対象はYs)

3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(後半戦も先発ローテの一角として。新人王も見えるか?)
IN 橋本健太郎投手(敗戦処理ではもったいない。ランクアップできるか?)
IN 桜井広大外野手(悩める大砲がついに復帰。一暴れしたい。)
IN 小宮山慎二捕手(矢野の不在の間、マスクを被る機会が増えそう。)
IN 前田忠節内野手(代走&守備要員でアピールできるか。)
OUT 藤川球児投手、矢野輝弘捕手、新井貴浩内野手(五輪派遣。)
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 上園啓史投手(先発で連続KO。5回持たないようでは・・・。)
OUT 石川俊介投手(悪くはないので、後半戦でもチャンスはもらえそう。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »