« メジャーの底力。最終戦でジェフ5失点炎上。 | トップページ | 戦力分析【中日編・08開幕】 »

2008年3月24日 (月)

戦力分析【巨人編・08開幕】

Image08g セリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨シーズン1位(CS敗退)の読売ジャイアンツ。2007年末のジャイアンツの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。ヤクルトからラミレス、グライシンガー。横浜からクルーンも獲得し、巨額の投資で投打の補強を重ねた。史上最強の布陣で挑む今年こそ、クライマックスシリーズ突破、日本一へ原監督もスキなし?

【野手編】
Image08gorder 昨年204安打のラミレスが主軸に座り、破壊力満点の打線にさらに厚みが増した。レフト守備に注目が集まるが、逆にセンターに回された谷の方が不安。内容次第で、鈴木尚や矢野などに代えられる可能性が高い。また、小笠原、李、二岡と手術明けで万全ではないレギュラーも多く、サブメンバーの活躍ぶりもペナント争いに影響しそう。高卒2年目・坂本の打撃センスを評価し、本職のショートではなく開幕セカンドでスタート。交流戦まで持つか?五輪期間のゴンザレスが不気味。

【投手編】
上原が先発復帰し、先発4枚はそれぞれ10勝できる力を持つ。木佐貫が故障で出遅れているが、4月には復帰する。2年目・金刃(昨年は夏バテ)の調子が落ちない限り、不安要素は見当たらない。スキがあるとすれば、右ひじに不安のあるクルーン(横浜)が連投に弱く、横浜時代よりもシーズン中、勝ちパターンの試合も多くなる。首脳陣は西村健の成長にも期待しているが決め球に欠けるか。上原が抑えをした昨年よりチャンスが生まれるかもしれない。リリーフ陣も手薄か。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 上 原 グライシンガー 内 海 高橋尚 金 刃 門 倉
中継 豊 田 西村健 藤 田 吉 武 山 口
抑え クルーン
次点 バーンサイド 野間口 野 口 久 保 福 田 会 田 栂 野
故障 木佐貫 辻 内
野手
捕手 阿 部 加 藤
内野 李承燁 坂 本 小笠原 二 岡 脇 谷 古 城 大 道
外野 ラミレス 高橋由 矢 野 木村拓 清 水 鈴木尚
次点 小田嶋 ゴンザレス 寺 内 円 谷 亀 井 松 本
故障 小 坂
もしよければ1クリックお願いします。

|

« メジャーの底力。最終戦でジェフ5失点炎上。 | トップページ | 戦力分析【中日編・08開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【巨人編・08開幕】:

« メジャーの底力。最終戦でジェフ5失点炎上。 | トップページ | 戦力分析【中日編・08開幕】 »