« 戦力分析【ヤクルト編・08開幕】 | トップページ | 新井、古巣コイ相手に2発!永川攻略で9回逆転勝ち! »

2008年3月20日 (木)

戦力分析【広島編・08開幕】

Image08c セリーグ開幕直前、戦力分析。今回は昨年5位の広島東洋カープ。2007年末のカープの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。黒田(ドジャース)、新井(阪神)と投打の柱が抜け、ここ数年で最も苦しい戦いシーズンになる。投打いずれも緊急補強を施した3年目のブラウン監督は、若手主体のメンバーで機動力野球でAクラス入りをかける。

【野手編】
Image08corder 新井に代わる4番は栗原が座る。勝負を避けられなければ、3割30発も狙える。問題は1,2番の出塁率で、オープン戦では赤松(阪神)、天谷の俊足コンビをテスト。振りが大きいのがネックか?アレックスも長打力が落ちてきており、ベテランの前田智や嶋、緒方にもポジションは与えられておらず、逆に若手中心のオーダーを組んでも、得点力が上がる気配もない。新外国人・シーボルもオープン戦で調子が上がらず、未だホームラン0。2軍で調整中の廣瀬が意外とキープレイヤーになりそう。

【投手編】
新外国人・ルイス(アスレチックス)が制球良く、2ケタを期待。黒田に代わるエース候補として、大竹(昨年9勝)が成長できるかどうかがカギ。残り4枚の先発に関しては固定は難しく、やりくりしながらのシーズンになる。高卒2年目・前田健もチャンスをもらえそう。リリーフ陣では、実績のある横山、林が万全の仕上がりを見せている。新戦力では岸本(横浜)も1軍をうかがう。待望の左腕助っ投・コズロースキーも良く、フォーム改造中の永川の調子次第で抑え役もあり得る。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 大 竹 ルイス 長谷川 高橋建 青木高 前田健
中継 コズロースキー 横 山 梅 津 岸 本
抑え 永 川
次点 宮 崎 青木勇 上 野 佐 竹 広 池 河 内 篠 田
故障 シュルツ
野手
捕手 石 原
内野 栗 原 東 出 シーボル 木 村 山 崎 喜田剛
外野 前田智 アレックス 天 谷 赤 松 森 笠 緒 方
次点 白 浜 中 東 松本高 尾 形 鞘 師 井 生 松 山
故障 廣 瀬 比 嘉
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 戦力分析【ヤクルト編・08開幕】 | トップページ | 新井、古巣コイ相手に2発!永川攻略で9回逆転勝ち! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【広島編・08開幕】:

» 赤松 健調査隊 [赤松 健とりまとめ]
赤松 健のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 09:02

« 戦力分析【ヤクルト編・08開幕】 | トップページ | 新井、古巣コイ相手に2発!永川攻略で9回逆転勝ち! »