« プロスピ2 12球団実在選手査定 ポータル | トップページ | 五輪アジア予選、全勝で北京行き決定! »

2007年12月 2日 (日)

日韓戦は死闘。大接戦を制し、北京行きに王手。

<北京五輪アジア予選:日本4-3韓国>◇2日◇2日目◇台湾・台中

韓国は初回、高永民のソロで1点先制。だが日本は2回、サブローのタイムリーで追いつくと、森野のセカンドハーフライナーを大きく弾くエラーで逆転に成功。3回にも阿部のタイムリーで加点した。

韓国は4回、日本先発の成瀬から李宅根がタイムリー二塁打を放ち1点を返した。その後は両軍継投合戦となり、川上(4回2死~6回2死)、岩瀬(6回途中~8回)とつなぎ、日本が1点リードのまま終盤へ。

日本は8回、稲葉のタイムリーで4点目。最後は継投。4回から8回まで、毎回ピンチの連続を背負いながら抑えて、9回は抑えの上原で韓国を振り切った。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロスピ2 12球団実在選手査定 ポータル | トップページ | 五輪アジア予選、全勝で北京行き決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓戦は死闘。大接戦を制し、北京行きに王手。:

« プロスピ2 12球団実在選手査定 ポータル | トップページ | 五輪アジア予選、全勝で北京行き決定! »