« 「優勝請負人に」 阪神移籍の金村が会見 | トップページ | 阪神狩野、赤松が休日返上トレ »

2007年11月10日 (土)

戦力分析【ヤクルト編・07終了】

Image0710s セリーグ戦力分析、今回は6位の東京ヤクルトスワローズ。06年末のスワローズの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。岩村の抜けた穴を攻撃面、守備面ともにカバーすることが出来ず、チームは低迷。昨季39発のリグスも長期離脱・・・投手陣のコマ不足も深刻で21年ぶりの最下位に終わり、古田プレイングマネージャーが現役引退&退団。

【野手編】
Image0710sorder 青木が首位打者(.346)に加え20HRとパンチ力も向上。3番のラミレス(.343)も打点王(122打点)と大きく貢献した。死球率の高い4番・ガイエルが低打率ながら35発。脇役の田中浩や宮本も3割近いアベレージをマーク。真中が驚異の代打成功率(.330)も残している。問題はサードで早々に宮出を諦め、2年目・飯原を外野からコンバート。23盗塁ながら18失策といずれもチームトップ。ポスト古田としては、福川がマスクを被り、後半戦では3年目・川本が強肩とパンチ力を見せた。

【投手編】
グライシンガーがチェンジアップを武器に最多勝(16勝)&209イニングと助っ人として大車輪の活躍。ベテラン・石井一も9勝をマークしたが、後が続かず。5年連続2ケタ勝利中の石川も4勝に終わった。後半戦は川島が復帰したが、今オフに再手術。抑えを任されていた大ベテラン・高津もリリーフ失敗&故障で、館山が先発に抑えにとフル回転。12敗と負けが込んだが、来季は起用法を固定したい。リリーフ陣も左右共に安定した成績を残せず、投手陣の建て直しが急務とされている。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 グライシンガー 石井一 藤 井 石 川 川 島 松 岡
中継 木 田 花 田 高 井 シコースキー 吉 川
抑え 館 山
次点 松 井 鎌 田 遠 藤 増 渕 佐 藤 高 津
野手
捕手 福 川 米 野 川 本
内野 宮 出 田中浩 飯 原 宮 本 城 石 度 会
三 木
外野 青 木 ラミレス ガイエル 真 中 ユウイチ 志 田
次点 古 田 リグス 畠 山 川 端 鈴木健 武 内
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 「優勝請負人に」 阪神移籍の金村が会見 | トップページ | 阪神狩野、赤松が休日返上トレ »

コメント

ヤクルトの大きな敗因はピッチャーだと思います

先発ではグライシンガーしか勝算がなかったですしね。
(石井一久は勝ち星以上に黒星が多かったですし、石川の不調が大きすぎましたね)

中継ぎ抑えと安定した投手もいませんでしたし…

失点の多さは致し方なかったと思います

打線も1番と3番(4番もかな…)が強いだけにもう少し下位打線を改善したいとこでしょうか


古田の代わりはやはり現れなかったので

古田のことを忘れるわけではありませんが…

福川らは普通のプロ野球のキャッチャーと割り切っていくべきだと思います。


投稿: ある | 2007年11月10日 (土) 17:31

あるさんへ

ピッチングスタッフも若手が多いので、
思い切った補強もない球団だけに、底上げから始まるんでしょうね。

荒木、佐藤義コーチと実績十分の投手コーチがスワローズに来る分、見ものではありますが・・・。

投稿: PJ. | 2007年11月10日 (土) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/17029638

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【ヤクルト編・07終了】:

« 「優勝請負人に」 阪神移籍の金村が会見 | トップページ | 阪神狩野、赤松が休日返上トレ »