« 桧山、来季も虎・・・年俸6500万円から大幅ダウン受諾 | トップページ | 戦力分析【広島編・07終了】 »

2007年11月 4日 (日)

戦力分析【横浜編・07終了】

Image0710yb セリーグ戦力分析、今回は4位の横浜ベイスターズ。06年末のベイスターズの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。10年ぶりにベイスターズを指揮する大矢監督の下、リリーフ陣の活躍で3位をキープするも、1年間戦える力もなく、夏場に失速。8月以降、タイガースにかわされた。「守りの野球」を掲げながら、91失策とリーグワーストに終わった守備力の改善もカギ。

【野手編】
Image0710yborder 仁志が開幕から1番を守り好調をキープしたが、終盤に失速。それでも古巣・ジャイアンツには打率3割と見返した。主砲・村田が36HRで涙の本塁打王を獲得し、吉村も24HRとまずまず。ベテランでは佐伯が3年ぶりに打率3割に乗せたが、監督の期待が熱かった鈴木尚はシーズン半ばでヒットすら出ず。石井琢が不調や故障でスタメンを外れることがあったが、6年目・野中が右打ちに専念し、持ち前の快足で15盗塁と結果を出した。相川も初めて打率3割に乗せたが、リード面に課題が残る。

【投手編】
三浦が11勝、寺原(ソフトバンク)が12勝をマークするも、後の先発陣が故障で続かず。そのなかで44歳・工藤が7勝を挙げるなど、チームの危機を救った。川村の故障離脱を受けて、先発で結果が出なかった加藤が後半戦にリリーフに回し、チームに厚み。最近では珍しい一人一殺で投入するなど、勝利への執念を見せた。木塚は主にワンポイントリリーフながら、76試合登板。今年はリリーフに専念させた那須野も63試合登板と、貴重な左の中継ぎとして結果を残した。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 三 浦 寺 原 工 藤 土 肥 吉 見 三 橋
中継 加 藤 木 塚 那須野 マットホワイト 横 山 ホセロ
抑え クルーン
次点 川 村 高 崎 高 宮 山 口 牛 田
野手
捕手 相 川 鶴 岡
内野 吉 村 仁 志 村 田 石井琢 藤 田 野 中
外野 金 城 佐 伯 内 川 鈴木尚 古 木 下 窪
小 池
次点 新 沼 石 川 木 村 種 田 下 園 西 崎
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 桧山、来季も虎・・・年俸6500万円から大幅ダウン受諾 | トップページ | 戦力分析【広島編・07終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/16970871

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力分析【横浜編・07終了】:

« 桧山、来季も虎・・・年俸6500万円から大幅ダウン受諾 | トップページ | 戦力分析【広島編・07終了】 »