« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

熱血!タイガース党(07~08)#9

党首・福本豊 党首補佐・湯浅明彦 秘書・伊藤加奈子
党員代表・$10 特派員・小浜英博 デイリースポーツ虎番記者

11月30日(金)の「熱血!タイガース党」は・・・
江草仁貴投手が生出演

◆ウィークリータイガース
デイリースポーツ紙面で振り返る今週のタイガース!
今週のデイリー虎番は松下雄一郎記者

◆特集
①タフネス左腕・江草!今季振り返り
②“虎”マチックゆあぴー

◆虎のメモリアルソング(新コーナー)
虎戦士それぞれが抱く思い出の曲を紹介
第7回は濱中治選手。コブクロの「YELL~エール~」

◆福本豊の何でも聞いてや~(新コーナー)
毎週視聴者の素朴な疑問に福本党首が生電話でお答えします!
番組で採用された方には「おっ!サンTシャツ」(非売品)をプレゼント!

◆福本豊の「びゃっと書け!」
毎週党首が魂の一筆を生披露
江草選手に対して・・・・・・ もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

濱中、新背番号「7」で再出発!

阪神からオリックスへトレード移籍する濱中治外野手(29)の背番号が「7」に決まったことが28日、分かった。阪神で背負っていた「5」は清原が付けているため、球団側が提示した「2、7、9、25」などの候補から本人が選択し、決定した。

「7」は今季限りで引退し、1軍打撃コーチに就任した水口が背負っていた番号。その番号を託した上で中村本部長は「阪神ファンに忘れられないような活躍をしてもらわないとね」と期待を寄せた。

新天地には心強い先輩もいる。阪神から近鉄に移籍した経験を持つ選手会長・北川は「浜ちゃんと吉野から“来年からお願いします”と電話をもらった。今まで通りやればいいんですよ」とエール。浜中とともに加入する吉野は背番号「48」に決定した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

桜井、大幅4.5倍増で一発サイン!

Obb0711290801ns 阪神の桜井広大外野手(24)が29日、兵庫・西宮市の球団事務所で第1回契約更改交渉を行い、推定年俸2500万円で1発サインした。今季の560万円から1940万円アップの大幅増に本人も驚き顔。

「こんなのは想像していなかった。すごく満足してます。来季レギュラーをとって優勝できるよう頑張りたいです」。

クライマックスシリーズで痛めた左ひざも順調に回復しているようで「しっかり治して、けがしない体をつくりたい」と、今オフは体質改善に取り組む決意を示した。(金額は推定) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月28日 (水)

死のロード消滅・・・3季連続遠征なしの“ゆとり日程”。

阪神の来季日程から、悪名高き「死のロード」が完全消滅した。セ・リーグは27日、08年シーズンの公式戦日程を発表。阪神は5試合のスケジュールが未発表ながら、現段階では3カード連続の遠征が1度もない“ゆとり日程”となった。

驚くべきは、8月もその例に漏れなかったことだ。例年、阪神は本拠・甲子園を高校球児に明け渡すために、おのずと遠征が多くなる。かつての虎がそこで疲弊し、力尽きていったさまは「死のロード」と名付けられた。近年は屋根のある京セラドーム大阪などで積極的にホームゲームを開催。“オアシス”を設けることでナインの負担軽減に努めているが、それでも今季は10泊11日という長期遠征が存在した。

来季に関しては、炎天下の8月を余力十分で乗り切れる。南球団社長は「オリンピックのことで日程は楽になる」と話した。北京五輪の野球競技日程に配慮して日程が編成されたために空白が多く、遠征は22、23日の休養日に帰阪しない想定での最長8泊で済む。

南社長は「試合数が同じ以上、しわ寄せはどこかで出てくる」と決して楽観視はしていない。9月以降は、JFKトリオが最後に力尽きた今季同様の過密スケジュールが予想される。ただ、8月にうまくスタミナ温存できれば…。せっかく決まった日程を、V奪回へ生かさない手はない。(スポニチ) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月27日 (火)

セリーグ新人王の上園、3000万円で契約更改!

Fbb0711270803 今季8勝を挙げてセ・リーグ新人王に輝いた阪神の上園啓史投手が27日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円増の年俸3000万円でサインした。(金額は推定)

開幕は2軍スタートだったが、相次ぐ投手陣の故障で6月に先発の座をつかんだ。17試合の登板で8勝5敗、防御率2・42の成績を残し、中日とのクライマックスシリーズ第2戦(ナゴヤドーム)にも先発した。「それなりに評価をしていただいた。来年はチームに頼られる先発になりたい」と話した。

さらに「今年の働きは、自分でも『まさか』という感じだった。来年は、普通に活躍したと思われるように頑張りたい。2ケタ勝利が目標?それはもちろん。」と語った。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

石井一FA放出。ツバメが狙うは・・・?レオプロテクト考。

ヤクルト・高田監督はFA補償は選手で。と「1軍クラスの選手」の補強を明言しました。荒木投手コーチ(前西武)の発言力も影響してきそうです。

参考までに、プロテクト作成にあたってのルールがあるそうで。
・今シーズンオフに新入団した選手は対象外(例:種田、谷中)
・外国人は対象外(カブレラ、グラマン、許銘傑の3選手)
・今シーズンオフのドラフト新入団選手は対象外
・今オフFA宣言した選手は対象外?(例:和田)
・育成選手は対象外
他に暗黙の了解として、今シーズン1年目を終えたドラフト選手には手を出さない。でも、ルール上は外れていれば指名可能(例:岸、岩崎、大崎)

<<プロテクト予想選手(28人)>>
【投手】涌井、西口、帆足、三井、小野寺、山崎、大沼、山岸、松永、星野、岸、岩崎
【捕手】細川、銀仁朗、野田、上本
【内野】中島、片岡、石井義、中村
【外野】GG佐藤、栗山、福地、佐藤友、高山、赤田、大島、大崎

これで28人になりましたが・・・いかがでしょうか?投手では、正津長田山本歩岡本。内野では、江藤平尾後藤武高木浩水田。外野手では貝塚松坂健というところが枠から漏れてきそうです。

1塁、3塁を守れる後藤武が松坂世代の27歳ということもあり、面白そうですね。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FA選手、獲得の代償。虎の人的補償枠を考える。

※11/8に1度アップした記事です。
ついにカープ・新井がFA宣言し、タイガース入りが有望視されています。

FA移籍では当該選手の旧球団への補償が義務づけられている(野球協約第二百五条)。人的補償の場合、選手1人と旧年俸の80%(新井の場合は約9800万円)を支払うことが定められている。

カープサイドの判断にもよりますが、新井の今季年俸(推定:1億2300万円)x1.2倍の金額補償を受けるのか?それとも、上に載っているようにタイガースから選手を1人獲得するのか?が今後のポイントになってきます。気が早いですが、タイガースが作成するプロテクト枠28人(未公表)を考えてみましょう。

参考までに、プロテクト作成にあたってのルールがあるそうで。
・今シーズンオフに新入団した選手は対象外(例:金村暁)
・外国人は対象外(シーツ、ウィリアムス、ジャン、ボーグルソン、ダーウィンの5選手)
・今シーズンオフのドラフト新入団選手は対象外
・今オフFA宣言した選手は対象外?(例:下柳)
・育成選手は対象外
他に暗黙の了解として、今シーズン1年目を終えたドラフト選手には手を出さない。でも、ルール上は外れていれば指名可能(例:小嶋、上園、野原)

<<プロテクト予想選手(28人)>>
【投手】藤川、久保田、福原、安藤、江草、渡辺、杉山、能見、上園、岩田、小嶋、
     正田、若竹
【捕手】矢野、野口、浅井、狩野
【内野】鳥谷、今岡、関本、藤本、野原
【外野】金本、赤星、林、桜井、赤松、葛城、濱中

これで28人ですが、さて・・・どうでしょうか??
ここから漏れた選手を挙げてみると、ピッチャーでは橋本健筒井和吉野太陽玉置桟原伊代野ら。左投手がノドから手がでるほど欲しいカープを考慮してみました。キャッチャーは岡崎。野手では庄田秀太藤原前田忠大和高橋光桧山(さすがに獲らないでしょう・・・)らが有力かと思われます。

鶴や高橋勇などの若手をプロテクトした場合によっては一部紙面で上がっている濱中もプロテクト枠から漏れる可能性も少なくないですね。

追記:11/26 濱中、吉野のトレードを受けて
◎:太陽 ○:橋本健 △:筒井和 大穴:藤本 としておきます。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

濱中、吉野がオリックスへ。平野恵、阿部健とトレード合意

阪神の浜中治外野手(29)、吉野誠投手(30)とオリックスの平野恵一内野手(28)、阿部健太投手(23)の2対2の交換トレードが両球団で合意したことが26日分かった。同日中にも発表される。

浜中は今季、主軸として期待されたが、右肩痛の再発などもあり62試合、打率・196、6本塁打と不振に終わった。しかし、2006年には打率・302、20本塁打をマーク。オリックスは長打力が魅力の浜中に人気面とともに早くから注目、内外野をこなせる平野恵を放出することで、野手強化を目指す阪神と話がまとまった。

平野恵は02年に東海大からオリックスに入団。昨年5月に顔面からフェンスに激突し大けがを負い、今季は58試合の出場に止まったが、04年はレギュラーとして打率・279をマーク。走攻守がそろい、身体能力の高さでは定評があった。

阪神の左腕、吉野は2000年に日大から阪神に入団。今季7試合の登板に終わったが、通算190試合1勝6敗1セーブ、防御率4・09。

右腕の阿部健は03年に松山商から近鉄に入団。1年目に2勝を挙げ注目されたが、今季は1軍登板がなかった。通算成績は15試合2勝1敗、防御率4・54。

■濱中選手のコメント
「タイガースファンの皆さんには温かいご声援を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。とにかくオリックスでは心機一転、頑張ります。引き続き濱中治を応援してください。」

■吉野選手のコメント
「タイガース在籍中はファンの皆さんに多大なご声援頂き、ありがとうございました。オリックスでは気持ちを新たに切り替え、阪神と交流戦で対戦できるように頑張りたいと思います。」 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年11月23日 (金)

熱血!タイガース党(07~08)#8

党首・福本豊 党首補佐・湯浅明彦 秘書・伊藤加奈子
党員代表・$10 特派員・小浜英博 デイリースポーツ虎番記者

11月23日(金)の「熱血!タイガース党」は・・・
上園啓史投手が生出演

◆ウィークリータイガース
デイリースポーツ紙面で振り返る今週のタイガース!
今週のデイリー虎番は吉田風記者

◆特集
①おめでとう新人王!!上園今季振り返り
②“虎”マチック

理想の女性のタイプは、しっかりした、少しキツめの人がいいらしいですよ。

◆虎のメモリアルソング(新コーナー)
虎戦士それぞれが抱く思い出の曲を紹介
第6回は上園啓史投手。湘南乃風の「覇王樹(サボテン)」

◆福本豊の何でも聞いてや~(新コーナー)
毎週視聴者の素朴な疑問に福本党首が生電話でお答えします!
番組で採用された方には「おっ!サンTシャツ」(非売品)をプレゼント!

◆福本豊の「びゃっと書け!」
毎週党首が魂の一筆を生披露
上園選手に対して・・・・・・ もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石井一のFA補償は選手で ヤクルト、高田監督示唆

ヤクルトの高田繁監督は23日、フリーエージェント(FA)で西武に移籍する石井一久投手のFA補償として、選手を求める意向を示唆した。

高田監督は「人的補償をもらおうと思っている。1軍の戦力になるかどうかが目安」と話した。

西武からプロテクト名簿(外国人を除いた28人)が届いた後、名簿から外れた選手の中から、今季まで西武に在籍した荒木大輔投手コーチの意見などを判断材料として決定する方針。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年11月21日 (水)

新井、阪神入りが決定!さぁ補償は選手か金銭か?

2007112100000010jijpspothum000 プロ野球・広島からフリーエージェント(FA)宣言した新井貴浩内野手(30)が21日、福岡市内のホテルで阪神と2度目の交渉を行い、4年10億円(推定)で阪神移籍に合意した。会見した新井は「(球団に)よろしくお願いしますと伝えた。(甲子園でのプレーは)想像しただけで楽しみ。勝負強いバッティングができれば」と抱負を語った。新井は北京五輪アジア予選(決勝リーグ12月1~3日、台湾・台中)の最終候補選手で、正式な入団発表は同予選を終えて帰国する12月4日以降になる。

この日、新井は午前11時前から阪神の南信男球団社長らと約1時間の交渉に臨んだ。南社長は「年齢的にも円熟期に入る。クリーンアップとして勝負強さに期待している」と語った。背番号は未定。

新井は広島工高から駒大を経て、99年にドラフト6位で広島入り。05年に43本塁打でタイトルを獲得。06、07年には2年連続で100打点以上を記録するなど広島の中心打者として活躍した。通算成績は打率2割7分9厘、194本塁打、574打点。(毎日新聞)

◇新井の一問一答
新井の会見などでの主なやりとりは次の通り。

--事実上、阪神の新井選手と呼んでいいか

はい。

--決断のポイントは。

阪神から熱意が伝わった。

--移籍を決めたのはいつか。

1回目の話をいただいて、自分で考え、相談して決めた。

--家族は何と言っているか。

自分が選んだ道を(家族は)ついていくので、と言ってもらった。

--阪神のイメージは。

投手力があって、まとまりがある。甲子園は雰囲気がすごく、熱狂的なファンが多い。今まで以上に気持ちを強くしなきゃいけない。

--広島で一緒だった金本選手とともに戦うが。

まさか、同じユニホームを着て戦えるとは夢にも思っていなかった。

--ポジションはサードがいいか。

個人的にはそうだけど、監督が決めること。ポジションが空いていると思っていない。

--阪神ファンに一言。

精いっぱい頑張るのでよろしくお願いします。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年11月20日 (火)

上園、トラで6年ぶりの新人王!

プロ野球コンベンションが20日、福岡市内のホテルで開かれ、今季の表彰選手が発表された。

パ・リーグの最優秀選手(MVP)は、日本ハムを2年連続日本シリーズ出場に導いたダルビッシュ有投手で初受賞。セは巨人の小笠原道大内野手が、日本ハムに在籍していた昨季に続く2年連続の栄誉に輝いた。両リーグでのMVPは1979年に広島、81年に日本ハムで受賞した江夏豊以来で2人目。

パの最優秀新人(新人王)は11勝を挙げた田中将大投手(楽天)、セは8勝した上園啓史投手(阪神)が選ばれた。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月19日 (月)

虎の恋人・大場、ソフトバンクが交渉権。

大学生・社会人選手を対象にしたプロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)は19日、東京都内のホテルで開催され、東洋大の本格派右腕、大場翔太投手はソフトバンク、北京五輪アジア予選代表候補の長谷部康平投手(愛知工大)は楽天が交渉権を獲得した。

希望入団枠の廃止に伴い、1巡目は入札抽選方式で実施。大場にはオリックス、横浜、阪神、日本ハム、巨人を合わせた6球団が競合し、抽選でソフトバンクの王監督が当たりくじを引いた。

長谷部は楽天のほか西武、広島、ロッテ、中日の指名が重複した。東京六大学リーグ通算30勝の加藤幹典投手(慶大)はヤクルトが単独指名で交渉権を確定した。

1巡目は全12球団が投手を指名。ロッテは服部泰卓(トヨタ自動車)、広島は篠田純平(日大)、横浜は小林太志(JR東日本)、阪神は白仁田寛和(福岡大)、中日は山内壮馬(名城大)、オリックスは小林賢司(青学大)、西武は平野将光(JR東日本東北)、日本ハムは大リーグ経験を持つ多田野数人(元3Aサクラメント)、巨人は村田透(大体大)に決まった。

34人が指名され、最多はヤクルトの5人。中日、西武など5球団は2人で終了した。10月の高校生ドラフトで指名された39人と合わせた指名選手は73人で、昨年の90人から大幅に減った。3年間続いた高校生ドラフトとの分離方式は今年で最後とし、来年は一括開催に戻す予定。  もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月18日 (日)

阪神は東洋大・大場を1巡目指名へ 大社ドラフト

阪神は18日、東京都内でスカウト会議を行い、大学生・社会人ドラフトの1巡目で東洋大の大場翔太投手を指名することを決めた。複数球団が競合するのは間違いなく、抽選では岡田監督がくじを引くことも決まった。

加藤幹典(慶大)、長谷部康平(愛工大)の両投手とあわせて「ビッグ3」と称される大場。阪神だけでなく、巨人、横浜が獲得の意向を示し、パリーグからの指名もあわせると5~7球団による競合が予想され、まぁ過去のクジ運からすると、外して当たり前くらいの気持ちで見ておかないと。もちろんハズレ1位のリストアップも怠りなく。

今年は逆指名や自由獲得枠など、有力選手が希望の球団に進めないケース。15年ぶりということで、明日の抽選は注目ですね。3巡目以降は今季の成績下位からのウエーバー順に従って指名し、3巡目は日本シリーズで敗れたパ・リーグの最下位のオリックスから始まります。タイガースは8番目かな? もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪市長選、民主など推薦の平松氏が初当選確実

大阪市民として残しておかないと。
大阪市長選は18日、投開票が行われ、無所属で新人の元毎日放送アナウンサーの平松邦夫氏(59)(民主、国民新推薦)が、現職の関淳一氏(72)(自民、公明推薦)、元大阪市立大教授の橋爪紳也氏(46)、元共産党市議団長の姫野浄氏(72)(共産推薦)、派遣会社員の藤井永悟氏(31)の無所属4人を破り、初当選を確実にした。

同市では公選制になって以来、初の民間出身市長が誕生することになる。(読売新聞)

出口調査によると、現職の関さんが自民支持層の約7割、公明支持層の約9割の支持を獲得しながら、結果的には無党派層で約半数の支持を集めた平松さんが当選、勝敗を分ける形になりました。

逆に前回、前々回よりも投票率が高く、助役ばかりが当選したいたこれまでの市長選とは一味違う形に。焦げ付きかけている財政難や市政の改革。いろいろ山積みですが、自らの生活に直結してくるので、何とかしてもらいたいというのが、正直なところでしょうか。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年11月17日 (土)

ファンの集いで岡田監督が奪回宣言

Obb0711170801 阪神タイガースのファン感謝イベント「ファンの集い2007」が17日、インテックス大阪(大阪市住之江区)で行われた。岡田監督は、集まった約3000人のファンを前に「今年は皆さんの期待に応えられなかったが、来年は新しい力を加え、V奪還に向けてスタートしたい」とあいさつ。

選手会長の赤星も「今年の悔しさを来年ぶつけたい。来年は必ず優勝します」と力強く誓った。

TVでは25日の日曜日、夕方(16:30~17:25)にABC朝日放送で放送される予定。虎バンでもおなじみの田中花子アナウンサーが進行されてましたね。球団公式HPでのダイジェスト動画配信も要チェックですね! もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

横浜・クルーン退団へ。条件折り合わず。

横浜の抑えのエース、マーク・クルーン投手(34)の退団が16日、決まった。同日未明に同投手の代理人から、「横浜の提示条件は受け入れられない」と返答があり、交渉を打ち切った。村上忠則チーム運営部門統括は、「過去3年間、抑え投手として頑張ってもらったので残念だが、次の一歩に踏み出したい」と話した。

球団はクルーンが右ひじや股関節に故障を抱えているため、単年契約を基本とした数種のオプション契約を提示。数度の電話交渉を続けたが、完全2年契約を望む同投手側との溝は埋まらず、交渉が決裂した。

クルーンは2005年に横浜入り。今季31セーブを挙げるなど、主に抑えとして3年間で145試合に投げ、8勝8敗84セーブ、防御率2.82をマーク。05年7月19日の阪神戦(甲子園)では、日本球界最速の161キロを初めて計測した。

◆横浜、3選手の獲得を発表
横浜は16日、元米大リーグ・ブルージェイズ傘下2Aの入来祐作投手(35)、前ソフトバンクの斉藤秀光内野手(32)、前巨人の小関竜也外野手(31)の入団が決まったと発表した。

手薄な先発陣、さらには内外野の守備面に不安があるだけに、地味に脅威かも。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福留、阪神と初交渉 前向きな姿勢は見られず

中日からフリーエージェント宣言した福留孝介外野手(30)が16日、大阪市内のホテルで阪神と初交渉を行った。4年総額20億円(推定)の条件提示を受け、「高い評価をいただいた」としながらも、「(巨人、阪神と)国内球団は話を聞いたので、今後は海外球団の話も聞きたい」と述べるなど、入団に向けた前向きな姿勢はほとんど見られなかった。

また、阪神側が以前から早期の返答を要求していたことには、「そう簡単に出るものではないので了承してほしいと頼んだ」と長期化を示唆。交渉役の沼沢球団本部長は、「『ありがとうございます』という言葉はあったが…。手応えは正直分からない」。長期化すれば新外国人選手獲得との絡みもあり、福留との交渉からの脱落も余儀なくされそうだ。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月16日 (金)

熱血!タイガース党(07~08)#7

党首・福本豊 党首補佐・湯浅明彦 秘書・伊藤加奈子
党員代表・$10 特派員・小浜英博 デイリースポーツ虎番記者

11月16日(金)の「熱血!タイガース党」は・・・
中村豊2軍守備走塁コーチが登場

◆ウィークリータイガース
デイリースポーツ紙面で振り返る今週のタイガース!
今週のデイリー虎番は楊枝記者

◆特集
①中村豊が語る引退とコーチ業
②第2回 ゆあぴーアワード「葛城育郎」

◆虎のメモリアルソング(新コーナー)
虎戦士それぞれが抱く思い出の曲を紹介
第5回は葛城育郎選手。H2Oの「想い出がいっぱい」

◆福本豊の何でも聞いてや~(新コーナー)
毎週視聴者の素朴な疑問に福本党首が生電話でお答えします!
番組で採用された方には「おっ!サンTシャツ」(非売品)をプレゼント!

◆福本豊の「びゃっと書け!」
毎週党首が魂の一筆を生披露
中村コーチに対して・・・・・・ もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

神宮球場が改修工事、両翼は101メートルに拡張

神宮球場は14日、グラウンド拡張やスコアボードの改修工事の内容を発表、ホームから両翼までの長さが、現在の91メートルから101メートルに伸びることになった。外野席の一部を削ることで対応する。工事期間は今月下旬から来年2月末まで。

また、スライディング時に天然芝と同じ衝撃吸収性を持つ人工芝を、プロ野球が使用する球場としては初めて導入する。スコアボードも、これまでの放電管方式から全画面フルカラーの大型映像装置に変わる。表示面積は縦12メートル、横27メートルで屋外野球場では最大という。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コイ・新井とあす交渉。福留獲りは巨人が先手の初交渉。

阪神は14日、広島からフリーエージェント(FA)宣言した新井貴浩内野手と15日に宮崎市内のホテルで入団交渉すると発表した。

阪神は同日午前に、宮崎で日本代表の合宿に参加している新井へ連絡を入れた。新井は報道陣に対し「話をいただいてありがたい。できるなら早く決まった方がいい」と話した。交渉には沼沢正二球団本部長と黒田正宏編成部長が臨む予定。

一方、中日からFA宣言した福留孝介外野手にも連絡を取ったが、交渉の日程はまとまらなかった。沼沢球団本部長は「明日(15日)以降、代理人からの連絡を待ちたい」と言い、早ければ16日にも交渉を行う。

また巨人が東京都内で福留と交渉を行ったことに関し、南信男球団社長は「後手を踏んだという気はしない」と話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月11日 (日)

中日、苦しみぬいてアジアシリーズ制覇!

KONAMI CUP アジアシリーズ2007
予選ラウンド
中日●3-6○SKワイバーンズ(韓国)
中日○4-2●統一ライオンズ(台湾)
中日○9-1●チャイナスターズ(中国)

決勝戦
中日○6-5●SKワイバーンズ(韓国)

決勝戦はドラゴンズ・山井、SK・レイボーン(元広島)の先発。初回に2点を失ったドラゴンズは、2回に井上のソロ(4試合めで3号)で追撃。5回には、藤井の右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打、荒木の内野ゴロの間に3-2と勝ち越し。6回には予選で打てなかった左腕キム・グァンヒョンから李炳圭が2ランを放ち、5-2。

先発した山井は7回3失点とまずまずの内容。2点リードの8回に岡本がマウンドに上がるも、2ランを許し・・・まさかの同点。9回、SK・ロマノ(元阪神)を相手に、2死2塁から井端がセンター前タイムリーを放ち、貴重な勝ち越し点。最後は岩瀬が締めて、ヒヤヒヤながらアジアシリーズを制した。

ウッズ不在で得点力が望めないなか、持ち味のディフェンス力も今シリーズでは発揮できず、苦しい戦いでした。05年から始まったアジアシリーズも、ロッテ、日本ハムと続いて3年連続で日本勢が制しました! もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

阪神狩野、赤松が休日返上トレ

高知・安芸秋季キャンプに参加している阪神の狩野恵輔捕手(24)、赤松真人外野手(25)が11日、休日を返上し、室内練習場で自主トレを行った。

2人は前日の練習試合で岡田監督からしかられており、狩野は約1時間、トレーニング室にこもり、ウェートに専念。赤松もマシン打撃を行い「(監督に)教えてもらって、それを1軍の試合で活躍することが恩返し。監督に信頼してもらえるように頑張りたい」と自分に言い聞かせるように話した。

◆10日のオリックス戦での赤松・狩野
初球盗塁のサインにスタートを切れず、2球目にあわてて走塁用グラブをはめた赤松を「アホやろ」と岡田監督がバッサリ。状況判断が甘く投手のリードや野手陣への指示が乱れた捕手の狩野にも首をひねった。「情けないミスばっかり、ええもん見せてもらったわ」と今キャンプ唯一の実戦で、最大級のカミナリを落とした。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

戦力分析【ヤクルト編・07終了】

Image0710s セリーグ戦力分析、今回は6位の東京ヤクルトスワローズ。06年末のスワローズの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。岩村の抜けた穴を攻撃面、守備面ともにカバーすることが出来ず、チームは低迷。昨季39発のリグスも長期離脱・・・投手陣のコマ不足も深刻で21年ぶりの最下位に終わり、古田プレイングマネージャーが現役引退&退団。

【野手編】
Image0710sorder 青木が首位打者(.346)に加え20HRとパンチ力も向上。3番のラミレス(.343)も打点王(122打点)と大きく貢献した。死球率の高い4番・ガイエルが低打率ながら35発。脇役の田中浩や宮本も3割近いアベレージをマーク。真中が驚異の代打成功率(.330)も残している。問題はサードで早々に宮出を諦め、2年目・飯原を外野からコンバート。23盗塁ながら18失策といずれもチームトップ。ポスト古田としては、福川がマスクを被り、後半戦では3年目・川本が強肩とパンチ力を見せた。

【投手編】
グライシンガーがチェンジアップを武器に最多勝(16勝)&209イニングと助っ人として大車輪の活躍。ベテラン・石井一も9勝をマークしたが、後が続かず。5年連続2ケタ勝利中の石川も4勝に終わった。後半戦は川島が復帰したが、今オフに再手術。抑えを任されていた大ベテラン・高津もリリーフ失敗&故障で、館山が先発に抑えにとフル回転。12敗と負けが込んだが、来季は起用法を固定したい。リリーフ陣も左右共に安定した成績を残せず、投手陣の建て直しが急務とされている。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 グライシンガー 石井一 藤 井 石 川 川 島 松 岡
中継 木 田 花 田 高 井 シコースキー 吉 川
抑え 館 山
次点 松 井 鎌 田 遠 藤 増 渕 佐 藤 高 津
野手
捕手 福 川 米 野 川 本
内野 宮 出 田中浩 飯 原 宮 本 城 石 度 会
三 木
外野 青 木 ラミレス ガイエル 真 中 ユウイチ 志 田
次点 古 田 リグス 畠 山 川 端 鈴木健 武 内
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「優勝請負人に」 阪神移籍の金村が会見

20071110 日本ハムとの交換トレードで阪神に移籍した金村暁投手(31)は9日、兵庫県西宮市内の球団事務所で入団会見し「優勝請負人と言われるようにタイガースに尽くしたい」と意気込みを述べた。背番号は未定で、年俸は6000万円減の推定1億2000万円。

今季の阪神は規定投球回数に達した投手が1人もいないなど先発陣の不振が目立った。金村は2002年から4年連続で2けた勝利を挙げ、通算88勝の実績十分な右腕。「JFKの負担を軽くしたい。1イニングでも長く投げられるように」と話した。

ここ2年は故障もあって、不本意な成績が続いた。「チャンスをもらったので、阪神に骨をうずめる覚悟」と力を込めた。

◆日本ハム・中村泰が入団会見
阪神から金村との交換トレードで移籍してきた日本ハム中村泰広投手の入団会見が9日、千葉・鎌ケ谷で行われた。阪神5年間で3勝だが貴重な左腕。球団側からは先発起用の方針が掲げられ「その期待に応えられるよう、開幕から1軍で活躍したい。北海道の皆さんに応援してもらえるように、力のあるチームの中で頑張りたい」と抱負を話した。背番号は「19」に決定した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年11月 9日 (金)

熱血!タイガース党(07~08)#6

党首・福本豊 党首補佐・湯浅明彦 秘書・伊藤加奈子
党員代表・$10 特派員・小浜英博 デイリースポーツ虎番記者

11月9日(金)の「熱血!タイガース党」は・・・

◆ウィークリータイガース
デイリースポーツ紙面で振り返る今週のタイガース!
今週のデイリー虎番は吉田風記者

◆特集
秋季キャンプ 若手投手に注目!
岩田、若竹、赤松、坂にゆあぴーがインタビュー。

◆虎のメモリアルソング(新コーナー)
虎戦士それぞれが抱く思い出の曲を紹介
第4回は渡辺亮投手。ブルーハーツの「TrainTrain」

◆福本豊の何でも聞いてや~(新コーナー)
毎週視聴者の素朴な疑問に福本党首が生電話でお答えします!
番組で採用された方には「おっ!サンTシャツ」(非売品)をプレゼント!

◆福本豊の「びゃっと書け!」
毎週党首が魂の一筆を生披露
若手選手に対して・・・・・・ もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

カープが好きだから・・・広島・新井、涙のFA宣言

200711081 プロ野球、広島カープの新井貴浩内野手(30)が8日、広島市内のホテルで会見し、今季取得したフリーエージェント(FA)権の行使を表明した。同日、球団にFA宣言書を提出した。「カープのユニホームをもう着られないのがさびしい」と他球団へ移籍する考えを示した。右の長距離打者を補強のポイントに挙げている阪神への入団が決定的とみられる。

会見の席に座ったときから目は潤み、心境を聞かれると「つらいです。カープが好きだから…」と声を詰まらせ、悩みぬいた末の苦渋の決断であることをうかがわせた。

宣言の理由を「自分を厳しい環境に置き、そこでどう変わっていくか、挑戦する気持ちが出てきた」と優勝争いができない広島の現状にあると説明。ファンに対しては「気持ちを裏切るかたちになり、申し訳ない。喜んで出ていくわけではない」と涙ながらに話した。

北京五輪野球のアジア予選(12月、台湾)に臨む日本代表候補に選ばれている新井は11日に強化合宿の行われる宮崎に入る。FA交渉解禁の14日は宮崎で迎えるが、早ければ同日にも「阪神・新井」が誕生する。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月 5日 (月)

日本ハム金村-阪神中村泰がトレード

日本ハム・金村暁投手(31)と阪神・中村泰広投手(29)の1対1の交換トレードが5日、成立した。両球団から発表された。金村は今季は05年オフの手術の影響もあり、右ひじ痛などで低迷。わずか5勝に終わっていた。2年間で計14勝と全盛時より低迷しており、今季はフリーエージェント権を取得したが行使しないことを決めていた。札幌の球団事務所を訪れた金村は「(阪神は)先発がいないということですし、フル回転できるように頑張りたい」と話した。

4年連続2ケタ勝利を挙げるなど実績十分。全盛期ほどの勢いは見られないものの、環境が変わることで、まだまだいけるんじゃないか?金村といえば、あのヒルマン監督との確執がクローズアップされてしまいますが・・・先発の柱としてやってくれる。そう思いたいですね。

◆阪神タイガースを離れる中村泰のコメント
「これまでお世話になりました監督、コーチ、スタッフの皆さんには大変感謝しています。ファンの皆さん、温かいご声援を頂き、ありがとうございました。阪神では、悔しいことが多かったですが、日本ハムでは心機一転、がんばります」と話した。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

戦力分析【広島編・07終了】

Image0710c セリーグ戦力分析、今回は5位の広島東洋カープ。06年末のカープの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。GW中の快進撃で一時は3位にも浮上したものの、交流戦で借金13と大きく負け越してしまい、例年のごとく下位をさまよってしまった。リーグ最下位のチーム防御率や得点力不足も問題だが、114→91→74と失策数が減ってきているのが救いか。

【野手編】
Image0710corder 新井(28HR)、栗原(.310、25HR)と中軸を固めたが、嶋、前田の不振を受けて、シーズン途中にアレックス(元中日)、喜田(阪神)を獲得。規定打席には達していないが3割をマークし、ドラゴンズ時代と同様の活躍。シーズン後半、調子を上げた前田が2000本安打を達成。梵も18HRを放ち、終盤6番に座ったりもしたが、チームに求められるのはトップバッターとしての出塁率。右打ちの廣瀬も強肩を武器に出場機会が増えてきたが、故障が響いた形に。若手の打撃向上も今後のカギ。

【投手編】
エース・黒田が12勝、大竹も9勝を挙げたが、毎年のごとく先発不足。ルーキー・青木高も1年間ローテで投げぬき、5勝。フェルナンデスもナックルが見破られると打ち込まれた。リリーフ陣では横山、林がフル回転。昨年の活躍から最も期待された梅津が5点台と打ち込まれたが、青木勇がコースを突く投球で厳しい台所事情を助けた。しかしながら、左のリリーフ不足は深刻で広池、佐竹では心もとない。抑えに座った永川のリリーフ失敗が目立ったが、31セーブと過去最高の数字。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 黒 田 大 竹 長谷川 青木高 高橋建 宮 崎
中継 横 山 青木勇 梅 津 広 池 上 野
抑え 永 川
次点 フェルナンデス 佐 竹 マルテ 小山田 河 内 佐々岡
野手
捕手 石 原
内野 栗 原 東 出 新 井 松本高
外野 前田智 アレックス 森 笠 廣 瀬 喜 田
尾 形 井 生
次点 中 東 山 崎 大須賀 鞘 師 天 谷 緒 方
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦力分析【横浜編・07終了】

Image0710yb セリーグ戦力分析、今回は4位の横浜ベイスターズ。06年末のベイスターズの戦力を青で、現在の戦力を赤で表しています。10年ぶりにベイスターズを指揮する大矢監督の下、リリーフ陣の活躍で3位をキープするも、1年間戦える力もなく、夏場に失速。8月以降、タイガースにかわされた。「守りの野球」を掲げながら、91失策とリーグワーストに終わった守備力の改善もカギ。

【野手編】
Image0710yborder 仁志が開幕から1番を守り好調をキープしたが、終盤に失速。それでも古巣・ジャイアンツには打率3割と見返した。主砲・村田が36HRで涙の本塁打王を獲得し、吉村も24HRとまずまず。ベテランでは佐伯が3年ぶりに打率3割に乗せたが、監督の期待が熱かった鈴木尚はシーズン半ばでヒットすら出ず。石井琢が不調や故障でスタメンを外れることがあったが、6年目・野中が右打ちに専念し、持ち前の快足で15盗塁と結果を出した。相川も初めて打率3割に乗せたが、リード面に課題が残る。

【投手編】
三浦が11勝、寺原(ソフトバンク)が12勝をマークするも、後の先発陣が故障で続かず。そのなかで44歳・工藤が7勝を挙げるなど、チームの危機を救った。川村の故障離脱を受けて、先発で結果が出なかった加藤が後半戦にリリーフに回し、チームに厚み。最近では珍しい一人一殺で投入するなど、勝利への執念を見せた。木塚は主にワンポイントリリーフながら、76試合登板。今年はリリーフに専念させた那須野も63試合登板と、貴重な左の中継ぎとして結果を残した。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 三 浦 寺 原 工 藤 土 肥 吉 見 三 橋
中継 加 藤 木 塚 那須野 マットホワイト 横 山 ホセロ
抑え クルーン
次点 川 村 高 崎 高 宮 山 口 牛 田
野手
捕手 相 川 鶴 岡
内野 吉 村 仁 志 村 田 石井琢 藤 田 野 中
外野 金 城 佐 伯 内 川 鈴木尚 古 木 下 窪
小 池
次点 新 沼 石 川 木 村 種 田 下 園 西 崎
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

桧山、来季も虎・・・年俸6500万円から大幅ダウン受諾

阪神・桧山進次郎外野手(38)の来季契約が基本合意に達していたことが2日、分かった。1日に2度目の下交渉に立ち会った沼沢球団本部長は「来季も残ることは間違いない。まだ細かい点で詰めていかないといけない部分はありますが」と大筋で話がまとまったことを明かした。

桧山は年俸6500万円から、限度額の25%を超えるダウン提示を受け入れる形となったが、ある球団幹部は「条件を満たせば、今季と同等の年俸になる」と、出来高を含んだ契約となることを明言。生え抜きのベテランが、来季も縦じまに袖を通すことになった。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 2日 (金)

熱血!タイガース党(07~08)#5

党首・福本豊 党首補佐・湯浅明彦 秘書・伊藤加奈子
党員代表・$10 特派員・小浜英博 デイリースポーツ虎番記者

11月2日(金)の「熱血!タイガース党」は・・・

◆ウィークリータイガース
デイリースポーツ紙面で振り返る今週のタイガース!
今週のデイリー虎番は楊枝秀基記者

◆特集
①秋季キャンプが安芸でスタート!
②藤川球児 独占ロングインタビュー
  「ファンのため、自分のために・・・」

「3年続けて活躍して一人前」という言葉も。05年の80試合登板から丸3年。10連勝、10連投した9月、月曜日を挟んだ次の試合に大敗したチームのふがいなさにショックを隠せなかったことを話されてました。プロ野球選手であることとともに、エンターテイナーである必要性も。

◆虎のメモリアルソング(新コーナー)
虎戦士それぞれが抱く思い出の曲を紹介
第3回は江草仁貴投手。「獣神サンダーライガーのテーマ」

◆福本豊の何でも聞いてや~(新コーナー)
毎週視聴者の素朴な疑問に福本党首が生電話でお答えします!
番組で採用された方には「おっ!サンTシャツ」(非売品)をプレゼント!

◆福本豊の「びゃっと書け!」
毎週党首が魂の一筆を生披露
藤川球児投手に対して・・・・・・ もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

賛否分かれる山井→岩瀬の完全試合リレーで日本一!

200711011 日本シリーズ第5戦
中日(4勝)○1-0●日本ハム(1勝)(ナゴヤドーム
勝利打点:平田

テレビ大阪で完全中継。今日の先発は中日・山井、日本ハム・ダルビッシュ(中4日)。2回、先頭・ウッズのヒット、中村紀が高めに浮いた変化球に逆らわず、右中間オーバーの2塁打で無死2,3塁のチャンス。1死後、平田がきっちりライトへ犠牲フライを放ち、値千金の活躍。ドラゴンズが先制。

ポストシーズン初登板となった山井でしたが、得意のスライダーを中心にファイターズ打線は凡打の山。荒木のスーパープレーも。6回を終わって未だ1人のランナーも出さないパーフェクトピッチング。球場内が大記録達成へ向けて、期待が集まりました。

Htop07110197 中4日ながら好投を続けるダルビッシュですが、7回1失点(11奪三振)で降板。8回はセットアッパーの武田久を投入し、必勝体勢のファイターズは最後まで諦めず。

8回まで山井がパーフェクトに抑え、村山実(タイガース)の7回1/3を越えるパーフェクトのシリーズ記録に到達。最後まで行ってあげてほしい、という声もあれば・・・1点差での9回・岩瀬投入に関しては賛否が分かれるのでしょうか?「ランナーが1人出るまで」というのがセオリーでしょうが、わずか1点差でスキも与えたくない。そんな落合監督の日本一への思いがそうさせたのではないでしょうか。

もちろん岩瀬もプレッシャーのなか、3人で抑えてゲームセット。最後のセカンドゴロも荒木の好プレイで締めました。ドラゴンズ53年ぶりの日本一!!

シリーズMVPは中村紀洋が涙のお立ち台。優秀選手には山井、荒木、森野。敢闘賞にはダルビッシュが選ばれました。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »