« クライマックス・セ第2S、中日が全勝で突破! | トップページ | 戦力分析【阪神編・07終了】 »

2007年10月21日 (日)

久保田が先発視野に始動「僕が柱になれたら」

Sokuho040_1 今季90試合に投げ、シーズン最多登板のプロ野球記録をつくった阪神の久保田が21日、鳴尾浜球場でシーズン終了後初めて体を動かした。

「疲れはとれました」と久保田。今季は規定投球回数に到達した投手がいないなど、先発陣の柱の不在が優勝を逃す原因となったこともあり、「僕が(柱に)なれたらと思う」と昨年のオフ同様に先発転向も視野に入れて調整していく。


もしよければ1クリックお願いします。

|

« クライマックス・セ第2S、中日が全勝で突破! | トップページ | 戦力分析【阪神編・07終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久保田が先発視野に始動「僕が柱になれたら」:

« クライマックス・セ第2S、中日が全勝で突破! | トップページ | 戦力分析【阪神編・07終了】 »