« ダル13K完投で先手!川上、セギノールの一発に沈む。 | トップページ | レッドソックス、4タテでワールドシリーズ制覇! »

2007年10月28日 (日)

中田快投!グリンが先に乱れ、タイでナゴヤへ。

2007102802 日本シリーズ第2戦
日本ハム(1勝)●1-8○中日(1勝)(札幌ドーム
勝利打点:森野

テレビ大阪、BS1で完全中継。今日の先発は日本ハム・グリン、中日・中田。初回、荒木が初球ヒッティング&盗塁成功。井端がつないで無死1,3塁から、森野が犠牲フライを放ち、ドラゴンズが先制。立ち上がりの悪い中田もセギノール(笑顔のセギ砲とは逆にウッズがピリピリ)に死球こそ与えましたが、「暴れ馬」と称される普段よりも制球難にはならず。

2007102801 4回、1死から3連続四球(これでグリンがエキサイト。)で満塁とし、中村紀が追い込まれてからライトフェンス直撃の2点タイムリー2塁打を放ち、グリンをKO。2番手・吉川も2死から連続四球で痛恨の押し出し。そのウラ、セギノールが中田の甘いフォークを見逃さず、左中間スタンドへ2試合連続アーチを放ち、1-4と反撃。

ロングリリーフのできるファイターズ3番手・押本が中盤のカギを握りましたが、3イニングめの6回、に2ランを許してしまい、ここで勝負あったか。ドラゴンズは守りでも中村紀がダイビング。谷繁、井端もファインプレーを見せ、リズムを作りました。セギノールvs中田の3打席めも見応えありましたが、思いっきり右に寄っていた井端の正面。

7回、荒木がヒットを放つと、すかさず2個めの盗塁。ピッチャーの投げる前からスタートを切ってました。井端がセーフティバントを失敗しますが、続く森野がライトスタンドへ2ラン。今季2試合しか1軍登板のない菊地には荷が重たかったか・・・。

結局、ドラゴンズ・中田も2四死球と最小限に抑え、8回1失点の好投。9回は石井が1アウト。クルス、高橋聡が1死満塁のピンチを作りますが、しのいで1勝1敗のタイに。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« ダル13K完投で先手!川上、セギノールの一発に沈む。 | トップページ | レッドソックス、4タテでワールドシリーズ制覇! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/16902161

この記事へのトラックバック一覧です: 中田快投!グリンが先に乱れ、タイでナゴヤへ。:

» 日本シリーズ第2戦 先発陣の層の厚さの違いか?ドラゴンズ勝ちタイに [しっとう?岩田亜矢那]
ファイターズはグリンの一人相撲で終わった。 勝手に四球を出して、怒りまくって自滅していった。 こんな事では来年タイガースに来た時 甲子園独特の雰囲気に呑まれてしまうぞ。 あのジャンの二の舞にならないか今から心配だ、 まあ、ジャンほど汗っかきではないと思うが。 それに比べてドラゴンズの中田賢一 シーズン中、CSでも散々タイガースがやれれた いつもの、いやいつも以上の出来であったか。 この辺は先発陣の層の厚さの違いがでたか? タイガースなんてCS2戦目の先発はルーキー上園だったからね。 そら負けるわ... [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 08:09

« ダル13K完投で先手!川上、セギノールの一発に沈む。 | トップページ | レッドソックス、4タテでワールドシリーズ制覇! »