« いざクライマックスへ!1軍メンバー発表。 | トップページ | スミ5は虎リリーフ陣の意地。追撃届かずCS敗退。 »

2007年10月13日 (土)

CS開幕。下柳乱調、とどめの久保田炎上で大敗。

Obb071013sat0501 中日○7-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:森野

BS1で完全中継。関西テレビでも2回表から8回表途中まで中継。今日の先発は下柳(中4日)、中日・川上。初回、先頭・荒木がセカンドゴロエラーで出塁すると、すかさず初球スチール。井端の進塁打で1死3塁とすると、森野がライト前タイムリーを放ち先制。さらにウッズへは外角高めに浮いてしまい、右中間へ2ラン。痛すぎる序盤の3失点でクライマックスシリーズがスタート。

20071013 制球が定まらず苦しい内容の下柳でしたが、3回の打席にも代打を送らず続投。交代機にも注目が集まりましたが、4回、1死3塁のピンチを背負ったところで無念の降板。もう1点もやれない場面で2番手は渡辺。うるさい荒木&井端を打ち取り、無失点でしのぎました。

それにしても川上が凄すぎた。コースぎりぎりにストレート、カットボール、シュートが決まり、良い当たりもほとんどなく、5回まで9奪三振のパーフェクト。抵抗は4回に赤星が11球投げさせたくらい。ヒッティングマーチとワッショイを織り交ぜる特別な応援スタイルも5回で止めてしまい、6回にようやく関本がチーム初ヒット。代打・桧山も甘い球を見逃し、結局セカンドフライ。

3点ビハインドの6回からは久保田が登板。ストレートが思うように走らず、1死1,3塁から井端にライト前タイムリーを許すと、続く森野には高めのストレートをライトスタンドに運ばれ、とどめの3ラン。4安打を浴び、まさかの4失点KO。このCS、久保田のフル回転が想定されただけに、明日以降の起用が不安です。

第2ステージを控え、好投の川上が7回で降板し、8回は左の石井。1死1,2塁としたところで、代打・濱中登場。ドラゴンズが右の鈴木にスイッチすると、すかさず代打の代打・葛城。ファーストゴロで2死2,3塁。またも左の久本にスイッチし、満塁までいきますが得点ならず。9回、2死から今岡桜井の連続ヒットで1,2塁としますが、最後は矢野が倒れゲームセット。

いきなりのがけっぷち。終盤、打線にようやく当たりが出だしただけに、なんとか明日につなげたい。上園&野口のコンビで流れを変えることができるか??
今日の試合の採点表(75点が基準)
 
桜井 渡辺
関本 ダーウィン 橋本健
金本 今岡 矢野 鳥谷 桧山 葛城
赤星 シーツ 林威助 下柳 久保田
100~90点90~80点80~70点70~60点60~0点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« いざクライマックスへ!1軍メンバー発表。 | トップページ | スミ5は虎リリーフ陣の意地。追撃届かずCS敗退。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/16750384

この記事へのトラックバック一覧です: CS開幕。下柳乱調、とどめの久保田炎上で大敗。:

» 調整十分だったはずがこの結果とは [パイプの部屋]
う〜ん、見事にまでやられてしまいました。某サイトだったら「どうも〜負けました」となるんでしょうか。打線がまったくというのも、下柳が初回3失点というのも今年よくありました。打線の状態が悪いのをわかりながら、打順を変えずに負けるというのも何度見たことでしょ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 23:52

» CS第一ステージ、竜が先取 ―― 対中日 7-0 ● [Excessive Words]
さあ、セリーグもいよいよCS開始! という訳で、今日の良かったところをピックアップ。 ・渡辺、二死三塁のピンチで登板するも、きっちり抑えて無失点。  次の5回裏には、ウッズや中村紀を迎えたにも関わらず、三者凡退の完璧リリーフ。 ・ダーウィン&橋本健太郎も、しっかり抑えて地味に試合を裏から支える。 ・6回表、関本が気合の一打で憲伸の完全試合を阻止。  (但し、初回先制点のきっかけとなったエラーもコヤツである......)... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 00:04

» <セ・CS第1戰> 阪神0−7中日 [仙丈亭日乘]
CSの緒戰は殘敗・・・ [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 17:02

« いざクライマックスへ!1軍メンバー発表。 | トップページ | スミ5は虎リリーフ陣の意地。追撃届かずCS敗退。 »