« 野口、3番起用も不発。悔やみきれない4連敗で秋風。 | トップページ | 桜井、復活弾!決死のJFKリレーも球児が打たれ5連敗。 »

2007年9月24日 (月)

赤星、昨日の死球で骨折が判明。抹消は見送り。

阪神・赤星憲広外野手(31)が第2腰椎左横突起を骨折していたことが24日、明らかになった。

前日23日のヤクルト戦(神宮)で石井一から左腰に死球を受けて途中交代。試合中に球場を離れ、神奈川県内の病院でレントゲンやCT検査を受診。同個所の先端部分への骨折が認められた。腫れがある状態で、この日の横浜戦(横浜)は欠場。横浜市内のホテルで静養した。常川チーフトレーナー補佐は「普通には歩いています。背屈する動作がしんどいですね」と説明。

岡田監督も「ホンマにもう、こんなときになあ。抹消するかどうかはまだ分からん。本人は大丈夫と言っているから」と困惑していた。25日の回復状況から、今後について判断する。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 野口、3番起用も不発。悔やみきれない4連敗で秋風。 | トップページ | 桜井、復活弾!決死のJFKリレーも球児が打たれ5連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤星、昨日の死球で骨折が判明。抹消は見送り。:

« 野口、3番起用も不発。悔やみきれない4連敗で秋風。 | トップページ | 桜井、復活弾!決死のJFKリレーも球児が打たれ5連敗。 »